Forex Earth Robot の製作者さんからメッセージ! | GogoJungle

Forex Earth Robot の製作者さんからメッセージ!
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
永吉です。

海外のシステムトレード、Forex Earth Robotをご存知ですか?
内部ロジックで負けをキッチリと処理しつつ、安定したナンピン方式でトレードを行うEAとして実績を残しているEAです。

高い勝率と切っては切れない関係とも言える狭いTPと広いSLを持つため敬遠されることもありますが、フォワード結果を見る限りでは上記の通り、内部ロジックで早々にポジションを切ることで大きなDDを受けにくい状態を作り出すという特徴的な設計になっているようです。
負けを負けとして認めることで損失を抑えているという真摯なロジックは、ナンピンという仕組みの優位性を高めてくれるということで非常に好印象です。

ただ、こちらのEAは残念ながら詳細説明がなく、バックテストも複利ということで曲線が見辛く、みなさんにとっては手出しのしにくいものとなっていました。

そ・こ・で!
不肖私めが突撃メールを送り、製作者様より商品概要と各種パラメーター、さらに単利運用時の損益グラフも提供していただきました。
製作者様サイトの引用にご本人の注も加わり、中には『実は』の話も書いてあったりとノリノリな様子でした。(笑)
こちらのメッセージは親しげに語る形に意訳させていただき、EAの商品概要に原文と共に載せてありますので、詳しくはそちらをご覧ください。

今回はそのメッセージとは別に、私からの質問に対してお答えいただいた内容をいくつか掲載しつつ、このEAの魅力について書いていきます。

Q.これってマーチンゲールっていうより、複利のナンピンじゃない?
A.ん? マーチンになってたかな? ごめんよ、そこの設定は任せちゃってたからさ! ついでに直しておいてよ!

すみません、すみません……たぶん最初にやり取りして設定させてもらった子がナンピンを訳せなかったんです。
ちなみにナンピンは『Averaging』です。複数ポジションを持つことで、損益を平均化するというイメージでしょうか。

Q.これってポジションの取り方はトレンドフォロー? 逆張り?
A.実は結構古臭いタイプのトレンドフォローなんだよ。でも、ずっと親しまれてる手法だから有効性は間違いないと思うな。そこは実績で示していくから楽しみにしててよ!

トレンドフォローの方がいい、というのは本当に長い間言われてることですよね。人間の心理的には(ここまで来たんだからそろそろ……)というのが働きますが、EAはそんなことはありませんもんね。

Q.そういえば複利運用が前提なの?
A.そんなことないけど、日本では複利はあんまり好まれないのかな? 単利でもちゃんと利益は出るから信じてくれていいよ。

う~ん、さすが海外。複利の英訳が『Dynamic』ということを考えると、やっぱりダイナミックな取引に燃える人が多いんでしょうか。(笑)

Q.単利のバックテスト結果ってある?
A.もちろんあるよ。これ、持ってっちゃって。期間と通貨は複利と同じだからさ。

というわけで受け取りました。
残念ながら私の環境では激しく文字化けしてしまうので、取り急ぎ損益グラフだけでも……

時折薄緑のラインが下に伸びているのが気になりますが、それでも決して長すぎず。
これなら十分に許容できる範囲ですね。

Q.他の通貨ペアって使える?
A.おいおい、君は欲張りだなぁ! 僕たちのサイトでも出してるけど、GBP/USDでも使えてるよ。損益については、実際に見に来て欲しいね。(笑)

というわけでサイトは下記URLより。
http://www.forexearthrobot.com/
ポンドドルでも使用して大丈夫らしいです。実際にサイトに見に行きましたけど、ナイス右肩上がり。
……もしかして、あれダイナミックに複利運用してたのかしらん? あとで確認にいかなきゃ。

Q.パラメーターで変更可能なところが多いんだけど、これ特に注目なところってどれ?
A.触っておいてほしいのは取引時間のパラメーターかな。こっちはAlpariで19時から7時までを取引時間に指定してるんだけど、日本だとどうなるか、どんな会社があるか調べきれないからね。悪いんだけど、そこばっかりは自分でGMTを調べて対応させてほしい。もちろん、僕たちの設定を順守しなくても、好みに合わせて時間帯を変えてくれてもいいよ。時間の設定以外だと『risk』で資金に対する許容損失%の設定が出来て、あとは相対取引かNDD方式ならtrue、そうじゃないスタンダードならfalse切り替えておいてほしい『ecn』っていうパラメーターもあるね。

なるほど。これは聞いておかないとなかなか気付けなかったかもしれませんね。
いかんせん、パラメーターの数が多いので……
ちなみに取引時間は開始が『starthour』、終了が『endhour』のようです。

Q.じゃあ、触っちゃいけないのってある?
A.心の底から触っちゃいけないパラメーターはさすがに非表示かな。(笑) でも、さっき言ったやつ以外はできれば触らないで欲しいね。パラメーターの意味が解って触るようならEAを使い慣れてるだろうからいいんだけど、そういう時は十分なバックテストを行って検証してもらいたい。最適化をするなら最高点を狙うような形じゃなくて、次点かそれ以下の……そうだね、最高点の60%ぐらいを狙えば悪くない普遍性を持てるんじゃないかな。

最高点の60%を狙うことは、いわゆる過剰最適化に対する警鐘とも言えそうですね。
自分もEA作りたてのころは最高のパラメーターを求めてましたけど、そうするとやっぱり未来に弱くなっていくんですよねぇ。激しく同感です。

Q.最後に、日本のトレーダーに何かメッセージちょうだい!
A.このEAは売るためじゃなくて、僕たちが汗水流して貯めた大事なお金を増やせるように力を尽くして作ったものなんだ。利己的かもしれないけど、自分に直接関わる部分だったからさ、そりゃあ真剣で必死だったよ。(笑) いわゆる丁寧なサポートは言葉の壁もあって難しいかもしれないけど、そこはMr.永吉が翻訳とかしてくれるんだよね? だから是非、日本のみんなにもこのEAを使いこなしてハッピーになって欲しいな。


さて、いかがでしたでしたか?
実績で語ろうという姿勢や、バックテストと最適化の見解を見ても、キッチリと相場に向き合ってきたであろう人物であることが感じられると思います。
海外のFXにおけるMT4普及率は70%を超え、80%近いとも言われています。それを思うと、EA製作者にとって海外はまさに激戦区。そんな中で評価されているEAということが、何よりもForex Earth Robotの実力を物語っているのではないでしょうか。

是非、この機会にForex Earth Robotを手に取ってみてくださいね!


P.S.
質問の英訳って……そこまで高度な英語は私には使えません。
パラメーターの内容程度ならこっちで返答できるとは思いますけど、それ以上の過度な期待は禁物ということでご了承ください。
コメント
 武者 陵司月光為替特集
MT4を動かす快適な環境!
MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
為替レートは
経済指標