現役トレーダーの志摩力男 現在もファンド筋などとの交流は活発で鋭く世界を分析 : 志摩力男の実戦リアルトレード | GogoJungle

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
プロフィール
志摩力男
慶應義塾大学経済学部卒。
1988年~1995年、ゴールドマンサックスでプロップトレーダー、外資系証券でファンドマネージャーを歴任。2006-2008年、ドイチェ証券でプロップトレーダーを歴任。その後、香港のマクロヘッジファンドでヘッジファンドマネージャーを歴任。独立した後も世界各地のヘッジファンドや外銀トレーダー、有名トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍する。
レビュー
有料としては失格
尊敬しており、購読しておりましたが、ポジション予想が当たらないうえに、ポジション解消するのが早朝のこともよくあり、迅速な対応が...
2018/09/11 23:30  みち
具体的な戦略が立てられます
売買のポイントや手仕舞理由など、具体的、実践的な内容で助かっています。流石プロです。
2018/08/06 16:01  v36
トレードが下手
この人、とにかくトレードが下手ですね。センスが感じられません。 これでよく外銀でトレーダーが務まったものだと思います。 過去のメ...
2018/04/13 02:35  Boss
プロの思考方法・ポジションの取り方が学べ...
このレビューでも色々な意見が散見されますね。それを踏まえて敢えて言えば、メルマガ通りのポジションテイクで勝てるほど甘い世界では...
2018/04/12 14:00  hirot1
勉強になります。
勝てるかどうかは、別にしてプロの考え方が分かり勉強になります。
2018/03/25 05:20  まさ
サンプル1
ダウ-580ドル
配信日:2018年03月23日 04時36分
豪ドル円のショート、そしてユーロ円を少額ショートにします。「噂で売って、事実で買い」的なショートカバー入りました。それは、関税措置が予想より小さかったことが理由だと思われますが、今後も追加で関税措置は入ります。

ストップロスは、豪ドル円82.50円、ユーロ円131円に置きます。
サンプル2
米政府500億ドル相当の知財侵害関税発表
配信日:2018年03月23日 01時26分
発表と同時にドル円は買い戻されてます。Sell the rumor, buy the fact (噂で売って、事実で買い戻し)の動きになってます。105円割れが遠のいた感じがしますので、少額売ったユーロ円、豪ドル円、買い戻してスクエアにします。
サンプル3
米国株、三角持ち合い下抜け
配信日:2018年03月23日 00時57分
米ダウの動きが怪しい感じです。2月の下げを演じたあと、持ち合い局面にありましたが、本日下抜けがはっきりしてます。

もう一つ、人民元も怪しい動きです。本日、米国サイドから対中国関税引き上げ措置が発表される予定になってますが、中国は人民元を切り下げて対抗するとの観測があります(個人的には、そうするとは思ってませんが)。USDCNHが6.3050から6.3350へと上昇してますが、0.5%程度とはいえ、これ以上上昇する(人民元は低下)すると、レンジを上抜けする格好になります。

ドル円は105.50円を抜けましたので、動きやすくなりました。105円割れがあるかもしれないところまで来てます。しかし、豪ドル円は本日82円台半ば前後から1円半近く下げており、さすがに下げ過ぎの感もありますが、少額だけ、売っておきます。ユーロ円も少額、売ります。

早朝の時点でどうして、売り推奨できなかったのか忸怩たるものはありますが、推移を見守りたいと思います。動きが良くなってきてますので、短期の売買には良い環境です。


サンプル4
本日、米国は対中国追加関税措置
配信日:2018年03月22日 17時39分
本日19時半より東郷証券様のセミナーがあります。お時間合うようでしたら、よろしくおねがいします。


FOMCは景気に対しては楽観的な見通しを示し、2018年の利上げ回数こそ3回にとどまりましたが、3名が4回にシフト、2019/2020の利上げ回数が増えました。市場は、当初2018年利上げが3回に留まったことでドル安、2019年以降の利上げ幅が増えたことでドル高、と当初は反応しました。しかしパウエル議長が「将来の利上げ幅はボトムアップ的に意見を集約しただけのものであり、確信があるものでもない」と発言するなど、将来の見通しが非常に不確かなものであるとの判断を示したため、ドルは下落して終わりました。結局、2019年以降の強気には根拠がなく、2018年の利上げが3回、インフレ圧力は決して強くない、こうした結論に終わったように思います。

タカ派的なFOMCが予想されるので、その前はドルのショートカバーで、FOMC後はドル売りとのシナリオをたてていました。そして結果的にはそのように動いているのですが、2019年以降の利上げ回数に惑わされて決断できましでした。

この105.60円前後は、このところの鬼門です。ゲーリー・コーン氏が辞任しても、ティラーソン氏が罷免されても、森友学園問題が急展開しても割れませんでした。106.00円のオプションは消えてますが、そもそもあまり関係なかったと思います。本日、対中国関税措置が発表され、そして中国側からその対抗措置が出てくると、さすがに割れそうな気もしますが、それでも105円が割れない場合、ちょっと今回のステージでは割れないのかな?と思ってしまいます。

カナダドルがNAFTA交渉において「自動車」が免除されたことで上昇してます。自動車が最も大きなところだったので、大きな成果と思われます。カナダドルは目先強いのではないかと思います。

現状ポジションはありません。
サンプル5
オプション情報
配信日:2018年03月22日 12時08分
3月22日、NYカットにて行使期限を迎える主なオプションは以下の通りです(公開情報をブルームバーグより引用)

ユーロ・ドル: 1.2200 (6.4億ユーロ)、 1.2250 (3.91億ユーロ)、 1.2300 (9.2億ユーロ)、 1.2325 (3.4億ユーロ)、 1.2350 (9.55億ユーロ)、 1.2400 (9.13億ユーロ)、 1.2440 (3.92億ユーロ)
注目のストライク: 1.2200 (10億ユーロ 期限3月23日)、 1.2250 (21億ユーロ 期限3月23日)、 1.2300 (19億ユーロ 期限3月23日)、 1.2400 (13億ユーロ 期限3月23日)
ドル・円: 105.75 (6.85億ドル)、 106.20 (7億ドル)、 106.50 (8.6億ドル)、 106.65 (4.6億ドル)、 107.25 (4.05億ドル)、 107.50 (4.6億ドル)
注目のストライク: 106.00 (12億ドル 期限3月23日)
ポンド・ドル: 1.3950 (2.34億ポンド)、 1.4170 (3.63億ポンド)
豪ドル・ドル: 0.7775 (2.11億豪ドル)、 0.7800 (8.23億豪ドル)
ドル・加ドル: 1.2750 (2.34億ドル)、 1.2850 (3.14億ドル)、 1.3050 (2.1億ドル)
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事