ユーロドル1分足高速スキャEA:システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

ユーロドル1分足高速スキャEA
ユーロドル1分足高速スキャEA
help
ユーロドル1分足高速スキャEA
コツコツ収益積み上げ型EA!!
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
komusa
  • 収益
    926.01ドル
    収益率(全期間)help
    20.36%
  • 推奨証拠金help
    4,547.08ドル
    勝率
    99.90% (3962/3966)
  • プロフィットファクター
    2,424.78
    最大保有ポジション数help
    18
  • リスクリターン率help
    0.51
    最大ドローダウンhelp
    32.61% (1,800.92ドル)
  • 平均利益
    0.25ドル
    最大利益
    126.54ドル
  • 平均損失
    -0.10ドル
    最大損失
    -0.17ドル
  • 口座残高help
    10,926.01ドル
    初期額help
    10,000.00ドル
  • 含み収益
    -1,681.90ドル
    通貨
    ドル建て
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
【GogoJungleTV!】 MT4の基本操作を動画で解説中!
EAの設置方法
MT4の基本操作 ~その1~
MT4の基本操作 ~その2~
通貨ペア
  • [EUR/USD]
取引スタイル
  • [スキャルピング]
最大ポジション数
12
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
0.12
使用時間足
M1
最大ストップロス
0その他:含み損が残高の47%以上(変更可能)
テイクプロフィット
0その他:エントリーロットの約2%(変更可能)
両建て
あり
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
1分足エンベロープでの逆張りロジックとなります。

薄利でコツコツと収益を上げていきます。

最適化したパラメータをデフォルトで設定しております。


▼推奨環境▼
推奨最低資金:$3,000 ~(30万円~)
対応口座通貨:USD口座・円口座
稼働時間足:1分足
対応通貨:EUR/USD
1ポジション辺りの推奨資金:0.01=$10(1000通貨)
※レート小数点以下桁数2桁4桁、3桁/5桁対応(EAで自動判別)
※USD口座・円口座対応(EAで自動判別)

▼動作確認FX業者▼
XM(888倍)
GEMTRADE(1000倍)

時間が取れずコミュに返信できていなくて申し訳ありません。
取り急ぎパラメータの説明を記載いたします。
※デフォルトは売りトレンドに強い設定になっています。(バックテストの設定値)

■パラメータについて
・パラメータを細かく設定できるようにとのご要望がありパラメータは細分化しております。

マジックナンバー1・・・どのEA(ロジック)がエントリーしたEAか識別する番号、当EAではエンベロープ偏差1のポジション識別番号(デフォルト:3001)
マジックナンバー2・・・どのEA(ロジック)がエントリーしたEAか識別する番号、当EAではエンベロープ偏差2のポジション識別番号(デフォルト:3002)
※当EAが稼働しているMT4で外EAもしくは裁量ポジションがあっても、マジックナンバーにより当EAのポジションのみ識別して決済等を行います。、
※当EA稼働同一MT4上で外EAが稼働している場合は、外EAと同じマジックナンバーにならないよう、任意の半角数字で変更をしてください

買いロット・・・エンベロープ偏差1、偏差2の買い1ポジション辺りのロット数(デフォルト:0.01)
売りロット・・・エンベロープ偏差1、偏差2の売り1ポジション辺りのロット数(デフォルト:0.01)

スリップページ(Pips)・・・約常時スリップ許容範囲(デフォルト:3)

エンベロープ期間・・・エンベロープの期間設定値(偏差1、偏差2共通)(デフォルト:33)

エンベロープ偏差1・・・エンベロープのアッパーとダウンの偏差値、第1エントリーラインになります。アッパー値を上回れば売り、ダウン値を下回れば買い(デフォルト:0.02)
エンベロープ偏差2・・・エンベロープのアッパーとダウンの偏差値、第2エントリーラインになります。アッパー値を上回れば売り、ダウン値を下回れば買い(デフォルト:0.07)

偏差1:買ポジション数・・・エンベロープ偏差1での最大買いポジション数(デフォルト:1)
偏差1:売ポジション数・・・エンベロープ偏差1での最大売りポジション数(デフォルト:5)

偏差2:買ポジション数・・・エンベロープ偏差2での最大買いポジション数(デフォルト:1)
偏差2:売ポジション数・・・エンベロープ偏差2での最大売りポジション数(デフォルト:5)

偏差1:ロットに対して買利確割合(%)・・・エンベロープ偏差1でエントリーした買いポジションの利確する金額の割合、0.01(1000通貨)の場合はデフォルトで20円(0.2ドル)(デフォルト:2)※買いロットの設定値を基本ロットとしています。
偏差1:ロットに対して売利確割合(%)・・・エンベロープ偏差1でエントリーした売りポジションの利確する金額の割合、上記同様(デフォルト:2)※買いロットの設定値を基本ロットとしています。

偏差2:ロットに対して買利確割合(%)・・・エンベロープ偏差1でエントリーした買いポジションの利確する金額の割合、上記同様(デフォルト:2)※買いロットの設定値を基本ロットとしています。
偏差2:ロットに対して売利確割合(%)・・・エンベロープ偏差1でエントリーした売りポジションの利確する金額の割合、上記同様(デフォルト:2)※買いロットの設定値を基本ロットとしています。

偏差1:損切割合(%)(残高に対する含損)・・・エンベロープ偏差1でエントリー中のポジション総損益額が残高のn%(設定値)を超えたら、エンベロープ偏差1のポジション全てクローズ(デフォルト:47)
偏差2:損切割合(%)(残高に対する含損)・・・エンベロープ偏差2でエントリー中のポジション総損益額が残高のn%(設定値)を超えたら、エンベロープ偏差2のポジション全てクローズ(デフォルト:47)

偏差1買ポジションコメント・・・ポジションコメント欄に表示する任意の文字を入力することでどのEA(ロジック)のポジションかわかりやすくなります。(デフォルト:空白)
偏差1売ポジションコメント・・・上記同様(デフォルト:空白)

偏差2買ポジションコメント・・・上記同様(デフォルト:空白)
偏差2売ポジションコメント・・・上記同様(デフォルト:空白)


■----------------------------------------
エンベロープ偏差1の売りと買い、エンベロープ偏差2の売りと買いとを独立した感じのパラメータになっております。、

■----------------------------------------
推奨資金は$3000(30万円)としておりますが、口座種類 1Lot=100,0000通貨、1Lot=10,000通貨、1Lot=1,000通貨 及び 円口座、ドル口座を自動で判別するようになっておりますので、以下の方法で低資金からでも運用可能です。

例)
XM マイクロ口座(1Lot=1000通貨) → 資金$300(3万円)~ パラメータ設定:買いロット 0.10(100通貨) 売りロット 0.10
XM マイクロ口座(1Lot=1000通貨) → 資金$30(3千円)~  パラメータ設定:買いロット 0.01(10通貨) 売りロット 0.01


XM口座はこちら

■----------------------------------------
基本は高回転でのスキャルピングとしておりますが以下のような使い方もできます。

例1)
 1時間足チャートで稼働
 パラメータのエンベロープ偏差1(買いと売り)0.5、エンベロープ偏差1(買いと売り)1.0
 パラメータの偏差1:ロットに対して買利確割合(売り利確割合) 10  (エントリーロット0.01(1000通貨)の10%=100円)
 パラメータの偏差1:ロットに対して買利確割合(売り利確割合) 20  (エントリーロット0.01(1000通貨)の20%=200円)

エントリー数は少なくなりますが、1ポジションあたりの利幅は増える


上記のようにチャートの時間軸とパラメータの変更によって、短期、中期、長期の取引も可能となります。
また、強い下降トレンドと判断して(仮に)売りを強くしたい場合、売り買い独立したポジション制御とロット数制御もできますので、
当EA稼働チャートと同一MT4で外EAもしくは裁量トレードのポジションが多くあるときはわかりやすいようにロット数だけ上げてポジション数を下げる、
値動きが激しく少しでも有利なポジションを撮りたい時は、ロットは変更せず、ポジション数を増やすなどアイデア次第で色々とできるようになっております。


■今後のバージョンアップ予定内容
・スキャルピングサイクルの向上化・・・逆張りの弱点である強いトレンドに入った場合、トレンドと逆方向のエントリー数が激減するためEA内で自動判別し取引数を(最大ポジション数)を増やす。
 現行では、大きな上下後のヨコヨコになった時に手動で最大ポジション数を増やすか、稼働済みEAとは別のチャートでマジックナンバーを変更したEAを稼働する方法になってしまいます。

例)いわゆる股裂け状態

 2016/1/4    1.17000 買いポジション(1本 最大ポジション数1の場合)

 2016/2/1    1.11000 売りポジション(1本 最大ポジション数1の場合)

 2016/2/2    1.12000 ヨコヨコ期間
  /
 2016/2/15    1.11500 ヨコヨコ期間

買いと売りの未約定ポジションがあり、最大ポジション数(設定値)を超えているため
ヨコヨコ期間はポジションエントリーされない。
そのため手動での設定変更が必要となる。

・上記スキャルピングサイクルの向上化に伴い滞留するポジションが増えるので、相殺または損切りするためのエントリーロジックと決済ロジック追加
・ECN口座用対応→決済額に手数料を上乗せする機能



以上、よろしくお願い致します。
[2016年5月22日 16時29分] 最新のコメント
2016年5月18日 23時24分 更新
2016年5月18日 23時10分 更新
2016年5月18日 23時06分 更新
2016年5月14日 21時29分 更新
2016年5月14日 21時14分 更新
口座開設キャンペーン
購入
購入
help
ユーロドル1分足高速スキャEA
販売開始日
2016年4月14日 11時41分
利用者数
234 help
¥10,000(税込)
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
銀行振込手数料お戻し中
masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済サークルkサンクスコンビニ決済デイリーヤマザキコンビニ決済スリーエフコンビニ決済ヤマザキデイリーストアビットコイン決済
バージョンアップ
更新日時
2016年5月5日
バージョン情報
0.03