レバレッジかけてドルコスト!:システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

レバレッジかけてドルコスト!
レバレッジかけてドルコスト!
レバレッジかけてドルコスト!
FXでドルコスト平均法投資を実現しました!こつこつ運用にどうぞ!
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
しがないあらさー
  • 収益
    -370,360
    収益率(全期間)help
    -27.56%
  • 推奨証拠金help
    1,344,050
    勝率
    0.00% (0/4)
  • プロフィットファクター
    0.00
    最大保有ポジション数help
    4
  • リスクリターン率help
    -0.61
    最大ドローダウンhelp
    45.44% (610,679)
  • 平均利益
    -
    最大利益
    -54,850
  • 平均損失
    -92,590
    最大損失
    -130,340
  • 口座残高help
    629,640
    初期額help
    1,000,000
  • 含み収益
    -262,439
    通貨
    円建て
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
【GogoJungleTV!】 MT4の基本操作を動画で解説中!
EAの設置方法
MT4の基本操作 ~その1~
MT4の基本操作 ~その2~
通貨ペア
  • [GBP/CAD]
  • [SGD/JPY]
  • [NZD/CHF]
  • [CAD/CHF]
  • [GBP/NZD]
  • [GBP/AUD]
  • [EUR/NZD]
  • [ZAR/JPY]
  • [AUD/NZD]
  • [USD/SGD]
  • [EUR/TRY]
  • [USD/INR]
  • [USD/CNY]
  • [EUR/CAD]
  • [USD/HKD]
  • [USD/TRY]
  • [USD/KRW]
  • [USD/CNH]
  • [USD/MXN]
  • [USD/TWD]
  • [GBP/CHF]
  • [AUD/CAD]
  • [AUD/CHF]
  • [EUR/CHF]
  • [EUR/AUD]
  • [EUR/GBP]
  • [USD/CAD]
  • [USD/CHF]
  • [AUD/USD]
  • [NZD/USD]
  • [GBP/USD]
  • [EUR/USD]
  • [NZD/JPY]
  • [CAD/JPY]
  • [CHF/JPY]
  • [AUD/JPY]
  • [EUR/JPY]
  • [GBP/JPY]
  • [USD/JPY]
取引スタイル
-
最大ポジション数
-
運用タイプ
複利運用
最大ロット数
-
使用時間足
M1
最大ストップロス
0その他:資産状況と設定に応じて自動実施
テイクプロフィット
0その他:資産状況と設定に応じて自動実施
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
初回に大量のポジションを持つ場合があるため、必ずデモ口座で動作確認してからご利用ください。少額運用可
【レバレッジを掛けて外貨預金運用を実現!毎月のドルコスト積み立てや使っていない余剰証拠金のスワップ運用に!】

毎月、外貨預金をドルコスト平均法で積み上げている方はいらっしゃいますか?
・・・それ、非常にもったいないです!!

それが何故かと言うと・・・、[私のブログ記事(クリックでリンク先へ)]で紹介していますが、外貨預金はFXとくらべて、たとえ同じ額の外貨を持っていても、金利面でもスプレッド面でも比較にならないレベルで劣ってしまうからです!

今からでも遅くありません、外貨預金をするくらいならFXで積み立てをしましょう!
それを半自動的にアシストするツールが、本EAです!

1)毎月の給料の一部をドルコスト平均法で運用する!
2)トレードで使っていない分の余剰証拠金だけスワップ通貨で運用する!

というような使い方が、このEAで実現できます!


【このシステムの仕組み】

口座内の純資産に対して常に一定範囲の実効レバレッジを保つように、セットした通貨ペアのポジションを持つようにするEAです。

イメージとしてわかりやすくするため、以下の図で説明します。
まずはじめの状態として、口座残高が10万円、基本的に実効レバレッジ5倍、上下の許容は4~6倍の範囲でランド円ロング運用したいケースを想定します。
口座残高(=運用資金)が10万円のため、レバレッジ25倍運用だと250万円分の取引を潜在的に行うことができます(下図のイメージ)。

leverage.jpg

ただし、今回のケースではレバレッジ5倍運用のため、50万円分のランドを購入します(下図)。1ZAR=10円の場合だと、5万ZARのエントリーを行います。

zar_initial.jpg

Case1として、この後に積み立て目的で口座に3万円を追加したとします。
この時、50万円(=5万ZAR)/(10万+3万) ≒ 3.85倍となり、実効レバレッジが目標とする4倍~6倍運用のレンジを割り込みます。
こうなった場合、エントリーのトリガがかかり、実効レバレッジ5倍にするために新たに15,000ZARを追加エントリーすることになります。

zar_plus3.jpg

また、Case2として、ランド円の価値が下がることで純資産が減少してしまった場合のケースを考えます。
ZAR/JPY=9円まで下落した場合を想定しましょう。
そうすると、純資産として5万円の含み損を抱えることになるので、純資産額は5万円に減少してしまいます。
つまり、45万円(=5万ZAR)/(10万-5万) ≒ 実効レバレッジ9倍となってしまうので、目標とする4倍~6倍運用のレンジを超過します。
この時、22,000ZARの決済を行うことで、実効レバレッジを5倍に戻します。
#実際は、この計算方法で実効レバレッジが6倍を超過した時点で本機能が働きます。

fukumi5man.jpg

このような機構を入れることで、実効レバレッジを常に一定範囲に保って外貨預金運用をすることが可能になります。


【こんな使い方に!】

以下のような使い方に適しています。

1)毎月の給料の一部をドルコスト平均法で運用する!
 →口座に入金した時点で実効レバレッジが下がることになるので、この時点でポジション追加が行われます。
  月々の外貨積立預金をレバレッジを掛けて行えるようになるので、豪ドルやランドといったスワップ通貨を外貨運用する際に効果を発揮します。
  もちろん、「TargetLeverage = AddPositionThreshold = 1」に設定することで、通常の外貨預金運用と同等のことを行うことも可能です。

2)余剰証拠金を効率運用する
 →ナンピン手法などの含み損を多く抱える運用を行う際に、初期のうちはあまりポジションも含み損もなく証拠金があまり余っている状態になているかと思います。
  そこで、余った証拠金でスワップ通貨を入れておくことで、無駄な証拠金が発生しないようにすることができます。
 →この場合のイメージは以下のとおりです。
  他のEAのポジションを含めてレバレッジ計算を行うので、他EAのポジションが増えて実効レバレッジが大きくなると、本EAが持つポジションを調整することでレバレッジを保ちます。

otherea.jpg


【設定パラメータの説明】

設定可能なパラメータは以下のとおりです(数値はデフォルト設定値です)。

■MagicNo = 12345
 →本EAに設定するマジックナンバーです。

■LongMode = true
 →trueでロングエントリー、falseでショートエントリーのポジションを積み上げます。
  実行前に設定に誤りがないか、十分確認してください。

■ProfitClearMode = true
 →trueにすると、含み益が多くなることでポジションを追加できなくなった際に、一旦全ポジションを決済することでポジション追加ができるようにします。

■TargetLeverage = 5
 →目標とするレバレッジです。
  AddPositionThresholdおよびPositionArrangeThresholdによるポジション調整条件が発生した際にこのレバレッジまで調整を行います。

■AddPositionThreshold = 4
 →実効レバレッジが本値を下回った場合、実効レバレッジがTargetLeverageになるまでポジションの追加を行います。

■PositionArrangeThreshold = 7
 →実効レバレッジが本値を上回った場合、実効レバレッジがTargetLeverageになるまで、古いポジションから決済を行います。

■MaxSegmentSize = 0.1
 →一度のポジション追加で入れるポジションサイズを設定します(Lot数指定)。
  デフォルト設定で例えば3万2千通貨を一度に追加する場合・・・
  「0.1Lotを3ポジション、0.02ロットを1ポジション」というエントリーになります。
 →値を大きくし過ぎると、決済条件を満たしてポジション決済した後に、実効レバレッジがエントリー条件を満たすことで再度ポジションを追加することになるので、スプレッド分だけ若干無駄になる場合があります。
 →ポジション数が多くなっても良ければ、できるだけ小さな値にすることを推奨します。

■Slippage = 1
 →許容するスリッページです(Pips指定)。


【バックテストについて】

バックテストはニュージーランド円を2013年から2015年4月末まで100万円を原資にレバレッジ5倍運用したイメージを示したものです。
当初運用は6万5千通貨、15円の上昇で約146万円のプラス益となっております。
含み益を更にドルコストで積み上げ運用するため、大きなプラス益となりました。

これが外貨預金であれば初期投資がおよそ100万/72円≒1万3,900通貨、外貨定期の利息が定期預金でも1%程度であることから、2年半複利では約2.52%となるため、
1万3,900NZD✕1.0252✕90円/NZD(スプレッド考慮)-100万円(原資) ≒ +28万2千円

外貨定期預金と比較して、レバレッジ相当にあたる約5倍の利益よりも、更に数万円程度の上乗せが効いていることが分かるかと思います。


【注意点】

<本EAについて>
本EAは「外貨預金運用にレバレッジを掛ける」ことを目的としたものです。
購入外貨の価値が上がった場合は、当然レバレッジを掛けてその利益を享受することが可能ですが、逆に価値が下がった場合は外貨預金と同様に損失となります。
購入外貨の価値が下がった場合のリスクを抑えるロジックは本EAにはありませんので、その点をご了承の上ご利用ください。

<エントリーロット数の計算について>
本EAをセットすると同時に、余剰証拠金があるとどんどんポジションを入れていくことになります。
セット時にどの程度のポジションが投入されるのか、同梱の「エントリーロット数計算機」を用いて事前に確認しておくことを推奨いたします。


【さいごに】

パラメータの設定の仕方やリスクの考え方など、ご質問あればコミュニティなどでご遠慮なくコメントいただければと思います。
よろしくお願いします。
[2015年5月10日 02時11分] 最新のコメント
2015年5月9日 15時54分 更新
2015年5月9日 00時33分 更新
2015年5月6日 15時03分 更新
2015年5月5日 03時15分 更新
2015年5月4日 04時25分 更新
口座開設キャンペーン
購入
購入
help
レバレッジかけてドルコスト!
販売開始日
2015年5月28日 11時30分
利用者数
2 help
¥5,680(税込)
※EAの計測は停止しております。
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
銀行振込手数料お戻し中
masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済サークルkサンクスコンビニ決済デイリーヤマザキコンビニ決済スリーエフコンビニ決済ヤマザキデイリーストアビットコイン決済