Re_Trap:システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
Re_Trap
Re_Trap
Re_Trap
複利運用でのトラップ&リピートでコツコツ
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
MSNR
  • 収益
    -1,220,390
    収益率(全期間)help
    -30.81%
  • 推奨証拠金help
    3,960,880
    勝率
    91.96% (343/373)
  • プロフィットファクター
    0.34
    最大保有ポジション数help
    47
  • リスクリターン率help
    -0.73
    最大ドローダウンhelp
    36.27% (1,677,700)
  • 平均利益
    1,812
    最大利益
    6,300
  • 平均損失
    -61,398
    最大損失
    -116,976
  • 口座残高help
    -220,390
    初期額help
    1,000,000
  • 含み収益
    -12,781
    通貨
    円建て
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on Labo
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
通貨ペア
  • [NZD/JPY]
  • [CAD/JPY]
  • [CHF/JPY]
  • [AUD/JPY]
  • [EUR/JPY]
  • [GBP/JPY]
  • [USD/JPY]
取引スタイル
  • [IFD注文方式]
初期証拠金額
1,000,000
最大ポジション数
100その他:システム上最大が100となります。
運用タイプ
複利運用
最大ロット数
-
使用時間足
H1
最大ストップロス
0その他:設定できます。
テイクプロフィット
0その他:設定できます。
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
マジックナンバーは、設定したナンバー以上ポジション数を使用いたします。
複利運用でのトラップ&リピートでコツコツ利益を積み上げられるように制作しました。

ご購入された方に
下記アドレスにて口座縛り解除版の配布をしております。
http://fx-on.com/ebooks/detail/?id=7814
パスワードは、説明書にてご確認ください。
*予告なしに配布を中止する場合もございますので予めご了承ください。

設定項目は、
売/買それぞれの上限価格と下限価格
*片方のみの注文の場合は、必要ないパラメータを有り得ない値にして下さい。
*例えば、AUD/JPYで買いのみにしたい場合、売を上限200・下限180などにする。
*想定レンジから外れた場合に両建てする場合は、両建て可能なブローカーでご利用ください。(バックテスト結果、下にございます。ご参考にして下さい。)
売/買それぞれのトラップ間隔(pips)
売/買それぞれの利食い幅(pips)
バージョンアップ後可能⇒ 売/買それぞれの損切り幅(pips)
(必要ない場合は、10000などと設定してください。)

初期パラメータは、AUD/JPY用に設定されています。

複利運用をすることで、余剰証拠金に対して自動で
ロット数を計算し、余剰証拠金に合わせた運用が可能です。
*但し、トレードスタイルの都合上、複利の割合が高いほどリスクが高まります。
また、現状では指値形式での注文のため一度入れた注文のロット数の変更はできません。

また、トラップ&リピート用の計算シート(エクセル)をお付けいたします。
計算シートは別途無料でお配りもしております。
興味のある方は、まずはそちらで計算して頂くと多少お役にたてるかと思います。

運用通貨ペアは、クロス円でお願いいたします。

ブローカーに関しては、どこでも可能だと思われます。
複利運用の場合、Riskの値が余剰証拠金に対して自動計算されますので、
レバレッジごとに必要証拠金も変わるため、バックテストなどを使用し
リスク管理を十分行った上でのRisk値の設定をお願いいたします。
但し、複利運用はマイクロ口座の対応はしておりません。

バックテスト結果は、トレードスタイルの都合上、最後が折れています。
予めご理解ください。

AUD/JPYを0.04ロットにて単利運用した結果です。
tanri.jpg
AUD/JPYを2%にて複利運用(初期ロット0.04ロット)した結果です。
hukuri.jpg
AUD/JPYを2%複利運用。買いを95~90。売りを90~85に設定した場合の結果です。
(想定相場より下回った時に、売り注文での両建てを想定した物です。)
aa.jpg
AUD/JPYを0.1ロットで単利運用。買いトラップのみ損切100pips設定の結果です。
aa1.jpg

続いてスプレッド幅の検証をしてみます。
AUD/JPYを3年間2%複利運用した結果での比較です。
スプレッド、1.6pipsのテスト結果。
s16.jpg
スプレッド、6pipsのテスト結果。
s6.jpg

総取引数・・・
スプレッド1.6⇒ 613回
スプレッド6 ⇒ 565回
その差は、48回

総損益・・・
スプレッド1.6⇒ 18238.69
スプレッド6 ⇒ 15957.72
その差は、2280.97
円換算⇒ 1ドル=100円とすると
初期証拠金を100万円用意して、3年間での総利益差は、
22万8097円となり、スプレッド幅も侮れないことがわかります。
[2015年7月8日 15時28分] 最新のコメント
2015年7月6日 23時46分 更新
複利運用でのトラップ&リピートでコツコツ利益を積み上げられるように制作しました。

ご購入された方に
下記アドレスにて口座縛り解除版の配布をしております。
http://fx-on.com/ebooks/detail/?id=7814
パスワードは、説明書にてご確認ください。
(新しい説明書アップしましたので、更新はfx-onの連絡待ち)
*予告なしに配布を中止する場合もございますので予めご了承ください。

設定項目は、
売/買それぞれの上限価格と下限価格
*片方のみの注文の場合は、必要ないパラメータを有り得ない値にして下さい。
*例えば、AUD/JPYで買いのみにしたい場合、売を上限200・下限180などにする。
*想定レンジから外れた場合に両建てする場合は、両建て可能なブローカーでご利用ください。(バックテスト結果、下にございます。ご参考にして下さい。)
売/買それぞれのトラップ間隔(pips)
売/買それぞれの利食い幅(pips)
バージョンアップ後可能⇒ 売/買それぞれの損切り幅(pips)
(必要ない場合は、10000などと設定してください。)

初期パラメータは、AUD/JPY用に設定されています。

複利運用をすることで、余剰証拠金に対して自動で
ロット数を計算し、余剰証拠金に合わせた運用が可能です。
*但し、トレードスタイルの都合上、複利の割合が高いほどリスクが高まります。
また、現状では指値形式での注文のため一度入れた注文のロット数の変更はできません。

また、トラップ&リピート用の計算シート(エクセル)をお付けいたします。
計算シートは別途無料でお配りもしております。
興味のある方は、まずはそちらで計算して頂くと多少お役にたてるかと思います。

運用通貨ペアは、クロス円でお願いいたします。

ブローカーに関しては、どこでも可能だと思われます。
複利運用の場合、Riskの値が余剰証拠金に対して自動計算されますので、
レバレッジごとに必要証拠金も変わるため、バックテストなどを使用し
リスク管理を十分行った上でのRisk値の設定をお願いいたします。
但し、複利運用はマイクロ口座の対応はしておりません。

バックテスト結果は、トレードスタイルの都合上、最後が折れています。
予めご理解ください。

AUD/JPYを0.04ロットにて単利運用した結果です。
tanri.jpg
AUD/JPYを2%にて複利運用(初期ロット0.04ロット)した結果です。
hukuri.jpg
AUD/JPYを2%複利運用。買いを95~90。売りを90~85に設定した場合の結果です。
(想定相場より下回った時に、売り注文での両建てを想定した物です。)
aa.jpg
AUD/JPYを0.1ロットで単利運用。買いトラップのみ損切100pips設定の結果です。
aa1.jpg

続いてスプレッド幅の検証をしてみます。
AUD/JPYを3年間2%複利運用した結果での比較です。
スプレッド、1.6pipsのテスト結果。
s16.jpg
スプレッド、6pipsのテスト結果。
s6.jpg

総取引数・・・
スプレッド1.6⇒ 613回
スプレッド6 ⇒ 565回
その差は、48回

総損益・・・
スプレッド1.6⇒ 18238.69
スプレッド6 ⇒ 15957.72
その差は、2280.97
円換算⇒ 1ドル=100円とすると
初期証拠金を100万円用意して、3年間での総利益差は、
22万8097円となり、スプレッド幅も侮れないことがわかります。
2015年7月6日 22時47分 更新
複利運用でのトラップ&リピートでコツコツ利益を積み上げられるように制作しました。

ご購入された方に
下記アドレスにて口座縛り解除版の配布をしております。
http://fx-on.com/ebooks/detail/?id=7814
パスワードは、説明書にてご確認ください。
*予告なしに配布を中止する場合もございますので予めご了承ください。

設定項目は、
売/買それぞれの上限価格と下限価格
*片方のみの注文の場合は、必要ないパラメータを有り得ない値にして下さい。
*例えば、AUD/JPYで買いのみにしたい場合、売を上限200・下限180などにする。
*想定レンジから外れた場合に両建てする場合は、両建て可能なブローカーでご利用ください。(バックテスト結果、下にございます。ご参考にして下さい。)
売/買それぞれのトラップ間隔(pips)
売/買それぞれの利食い幅(pips)
バージョンアップ後可能⇒ 売/買それぞれの損切り幅(pips)
(必要ない場合は、10000などと設定してください。)

初期パラメータは、AUD/JPY用に設定されています。

複利運用をすることで、余剰証拠金に対して自動で
ロット数を計算し、余剰証拠金に合わせた運用が可能です。
*但し、トレードスタイルの都合上、複利の割合が高いほどリスクが高まります。
また、現状では指値形式での注文のため一度入れた注文のロット数の変更はできません。

また、トラップ&リピート用の計算シート(エクセル)をお付けいたします。
計算シートは別途無料でお配りもしております。
興味のある方は、まずはそちらで計算して頂くと多少お役にたてるかと思います。

運用通貨ペアは、クロス円でお願いいたします。

ブローカーに関しては、どこでも可能だと思われます。
複利運用の場合、Riskの値が余剰証拠金に対して自動計算されますので、
レバレッジごとに必要証拠金も変わるため、バックテストなどを使用し
リスク管理を十分行った上でのRisk値の設定をお願いいたします。
但し、複利運用はマイクロ口座の対応はしておりません。

バックテスト結果は、トレードスタイルの都合上、最後が折れています。
予めご理解ください。

AUD/JPYを0.04ロットにて単利運用した結果です。
tanri.jpg
AUD/JPYを2%にて複利運用(初期ロット0.04ロット)した結果です。
hukuri.jpg
AUD/JPYを2%複利運用。買いを95~90。売りを90~85に設定した場合の結果です。
(想定相場より下回った時に、売り注文での両建てを想定した物です。)
aa.jpg
AUD/JPYを0.1ロットで単利運用。買いトラップのみ損切100pips設定の結果です。
aa1.jpg

続いてスプレッド幅の検証をしてみます。
AUD/JPYを3年間2%複利運用した結果での比較です。
スプレッド、1.6pipsのテスト結果。
s16.jpg
スプレッド、6pipsのテスト結果。
s6.jpg

総取引数・・・
スプレッド1.6⇒ 613回
スプレッド6 ⇒ 565回
その差は、48回

総損益・・・
スプレッド1.6⇒ 18238.69
スプレッド6 ⇒ 15957.72
その差は、2280.97
円換算⇒ 1ドル=100円とすると
初期証拠金を100万円用意して、3年間での総利益差は、
22万8097円となり、スプレッド幅も侮れないことがわかります。
2015年7月3日 18時14分 更新
複利運用でのトラップ&リピートでコツコツ利益を積み上げられるように制作しました。

設定項目は、
売/買それぞれの上限価格と下限価格
*片方のみの注文の場合は、必要ないパラメータを有り得ない値にして下さい。
*例えば、AUD/JPYで買いのみにしたい場合、売を上限200・下限180などにする。
*想定レンジから外れた場合に両建てする場合は、両建て可能なブローカーでご利用ください。(バックテスト結果、下にございます。ご参考にして下さい。)
売/買それぞれのトラップ間隔(pips)
売/買それぞれの利食い幅(pips)
バージョンアップ後可能⇒ 売/買それぞれの損切り幅(pips)
(必要ない場合は、10000などと設定してください。)

初期パラメータは、AUD/JPY用に設定されています。

複利運用をすることで、余剰証拠金に対して自動で
ロット数を計算し、余剰証拠金に合わせた運用が可能です。
*但し、トレードスタイルの都合上、複利の割合が高いほどリスクが高まります。
また、現状では指値形式での注文のため一度入れた注文のロット数の変更はできません。

また、トラップ&リピート用の計算シート(エクセル)をお付けいたします。
計算シートは別途無料でお配りもしております。
興味のある方は、まずはそちらで計算して頂くと多少お役にたてるかと思います。

運用通貨ペアは、クロス円でお願いいたします。

ブローカーに関しては、どこでも可能だと思われます。
複利運用の場合、Riskの値が余剰証拠金に対して自動計算されますので、
レバレッジごとに必要証拠金も変わるため、バックテストなどを使用し
リスク管理を十分行った上でのRisk値の設定をお願いいたします。
但し、複利運用はマイクロ口座の対応はしておりません。

バックテスト結果は、トレードスタイルの都合上、最後が折れています。
予めご理解ください。

AUD/JPYを0.04ロットにて単利運用した結果です。
tanri.jpg
AUD/JPYを2%にて複利運用(初期ロット0.04ロット)した結果です。
hukuri.jpg
AUD/JPYを2%複利運用。買いを95~90。売りを90~85に設定した場合の結果です。
(想定相場より下回った時に、売り注文での両建てを想定した物です。)
aa.jpg
AUD/JPYを0.1ロットで単利運用。買いトラップのみ損切100pips設定の結果です。
aa1.jpg

続いてスプレッド幅の検証をしてみます。
AUD/JPYを3年間2%複利運用した結果での比較です。
スプレッド、1.6pipsのテスト結果。
s16.jpg
スプレッド、6pipsのテスト結果。
s6.jpg

総取引数・・・
スプレッド1.6⇒ 613回
スプレッド6 ⇒ 565回
その差は、48回

総損益・・・
スプレッド1.6⇒ 18238.69
スプレッド6 ⇒ 15957.72
その差は、2280.97
円換算⇒ 1ドル=100円とすると
初期証拠金を100万円用意して、3年間での総利益差は、
22万8097円となり、スプレッド幅も侮れないことがわかります。
2015年6月29日 00時43分 更新
複利運用でのトラップ&リピートでコツコツ利益を積み上げられるように制作しました。

設定項目は、
売/買それぞれの上限価格と下限価格
*片方のみの注文の場合は、必要ないパラメータを有り得ない値にして下さい。
*例えば、AUD/JPYで買いのみにしたい場合、売を上限200・下限180などにする。
*想定レンジから外れた場合に両建てする場合は、両建て可能なブローカーでご利用ください。(バックテスト結果、下にございます。ご参考にして下さい。)
売/買それぞれのトラップ間隔(pips)
売/買それぞれの利食い幅(pips)
バージョンアップ後可能⇒ 売/買それぞれの損切り幅(pips)
(必要ない場合は、10000などと設定してください。)

初期パラメータは、AUD/JPY用に設定されています。

複利運用をすることで、余剰証拠金に対して自動で
ロット数を計算し、余剰証拠金に合わせた運用が可能です。
*但し、トレードスタイルの都合上、複利の割合が高いほどリスクが高まります。

また、トラップ&リピート用の計算シート(エクセル)をお付けいたします。
計算シートは別途無料でお配りもしております。
興味のある方は、まずはそちらで計算して頂くと多少お役にたてるかと思います。

運用通貨ペアは、クロス円でお願いいたします。

ブローカーに関しては、どこでも可能だと思われます。
複利運用の場合、Riskの値が余剰証拠金に対して自動計算されますので、
レバレッジごとに必要証拠金も変わるため、バックテストなどを使用し
リスク管理を十分行った上でのRisk値の設定をお願いいたします。
但し、複利運用はマイクロ口座の対応はしておりません。

バックテスト結果は、トレードスタイルの都合上、最後が折れています。
予めご理解ください。

AUD/JPYを0.04ロットにて単利運用した結果です。
tanri.jpg
AUD/JPYを2%にて複利運用(初期ロット0.04ロット)した結果です。
hukuri.jpg
AUD/JPYを2%複利運用。買いを95~90。売りを90~85に設定した場合の結果です。
(想定相場より下回った時に、売り注文での両建てを想定した物です。)
aa.jpg
AUD/JPYを0.1ロットで単利運用。買いトラップのみ損切100pips設定の結果です。
aa1.jpg

続いてスプレッド幅の検証をしてみます。
AUD/JPYを3年間2%複利運用した結果での比較です。
スプレッド、1.6pipsのテスト結果。
s16.jpg
スプレッド、6pipsのテスト結果。
s6.jpg

総取引数・・・
スプレッド1.6⇒ 613回
スプレッド6 ⇒ 565回
その差は、48回

総損益・・・
スプレッド1.6⇒ 18238.69
スプレッド6 ⇒ 15957.72
その差は、2280.97
円換算⇒ 1ドル=100円とすると
初期証拠金を100万円用意して、3年間での総利益差は、
22万8097円となり、スプレッド幅も侮れないことがわかります。
2015年6月29日 00時42分 更新
複利運用でのトラップ&リピートでコツコツ利益を積み上げられるように制作しました。

設定項目は、
売/買それぞれの上限価格と下限価格
*片方のみの注文の場合は、必要ないパラメータを有り得ない値にして下さい。
*例えば、AUD/JPYで買いのみにしたい場合、売を上限200・下限180などにする。
*想定レンジから外れた場合に両建てする場合は、両建て可能なブローカーでご利用ください。(バックテスト結果、下にございます。ご参考にして下さい。)
売/買それぞれのトラップ間隔(pips)
売/買それぞれの利食い幅(pips)
バージョンアップ後可能⇒ 売/買それぞれの損切り幅(pips)
(必要ない場合は、10000などと設定してください。)

初期パラメータは、AUD/JPY用に設定されています。

複利運用をすることで、余剰証拠金に対して自動で
ロット数を計算し、余剰証拠金に合わせた運用が可能です。
*但し、トレードスタイルの都合上、複利の割合が高いほどリスクが高まります。

また、トラップ&リピート用の計算シート(エクセル)をお付けいたします。
計算シートは別途無料でお配りもしております。
興味のある方は、まずはそちらで計算して頂くと多少お役にたてるかと思います。

運用通貨ペアは、クロス円でお願いいたします。

ブローカーに関しては、どこでも可能だと思われます。
複利運用の場合、Riskの値が余剰証拠金に対して自動計算されますので、
レバレッジごとに必要証拠金も変わるため、バックテストなどを使用し
リスク管理を十分行った上でのRisk値の設定をお願いいたします。
但し、複利運用はマイクロ口座の対応はしておりません。

バックテスト結果は、トレードスタイルの都合上、最後が折れています。
予めご理解ください。

AUD/JPYを0.04ロットにて単利運用した結果です。
tanri.jpg
AUD/JPYを2%にて複利運用(初期ロット0.04ロット)した結果です。
hukuri.jpg
AUD/JPYを2%複利運用。買いを95~90。売りを90~85に設定した場合の結果です。
(想定相場より下回った時に、売り注文での両建てを想定した物です。)
aa.jpg
AUD/JPYを0.1ロットで単利運用。買いトラップのみ損切100pips設定の結果です。
aa1.jpg

続いてスプレッド幅の検証をしてみます。
AUD/JPYを3年間2%複利運用した結果での比較です。
スプレッド、1.6pipsのテスト結果。
s16.jpg
スプレッド、6pipsのテスト結果。
s6.jpg

総取引数・・・
スプレッド1.6⇒ 613回
スプレッド6 ⇒ 565回
その差は、48回

総損益・・・
スプレッド1.6⇒ 18238.69
スプレッド6 ⇒ 15957.72
その差は、2280.97
円換算⇒ 1ドル=100円とすると
初期証拠金を100万円用意して、3年間での総利益差は、
22万8097円となり、スプレッド幅も侮れないことがわかります。
口座開設キャンペーン
購入
購入
help
Re_Trap
販売開始日
2015年3月6日 11時56分
利用者数
2 help
¥7,500(税込)
※EAの計測は停止しております。
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済
バージョンアップ
更新日時
2015年7月8日
バージョン情報
ver1.01