SCH-Trend system:システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
SCH-Trend system
SCH-Trend system
help
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
カワセ係長
  • 収益
    948,120
    収益率(全期間)help
    41.41%
  • 推奨証拠金help
    2,289,470
    勝率
    34.46% (285/827)
  • プロフィットファクター
    1.10
    最大保有ポジション数help
    5
  • リスクリターン率help
    1.32
    最大ドローダウンhelp
    22.24% (720,557)
  • 平均利益
    36,750
    最大利益
    123,360
  • 平均損失
    -17,575
    最大損失
    -79,890
  • 口座残高help
    1,948,120
    初期額help
    1,000,000
  • 含み収益
    -6,790
    通貨
    円建て
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on Labo
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
通貨ペア
  • [GBP/JPY]
取引スタイル
  • [スイングトレード]
最大ポジション数
2
運用タイプ
複数枚運用
最大ロット数
1
使用時間足
M15
最大ストップロス
120
テイクプロフィット
400
両建て
あり
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
内部ロジックにて指値/逆指値の変更や決済実行があります。
【EA名称】

SCH・トレンド・システム -GBPJPY 4H版-


【SCH-Trend systemのコンセプト】

このEAのコンセプトは極めて明確です。
それは、徹底したカーブフィットの排除にあります。

それを実現するための私の答えは、、、"トレンドに乗ること"

"トレンドに乗ること"は極めてシンプルな思想ですが、
一般にそれを的確に実行するのは簡単ではありません。

しかし私の開発した"SCHサイン"は、
トレンドに長く乗ることだけを狙って設計いたしました。


【SCHサインとは?】

長年の相場観察の末に編み出した、
究極とも言える、低カーブフィット・トレンドフォロー型ロジックです。
相場の転換点を強く意識しながらポジションを取りに行きます。

今後もいくつかのEAを私は開発していくでしょうが、
SCHサインを超えるロジックを開発できる可能性はゼロでしょう。
SCHサインについては、私の公式サイトで解説しております。


【で、SCH-Trend systemとは?】

ボラティリティの大きいGBPJPYの4時間足専用自動売買EAとなります。
ナンピンやマーチンゲールは行わず、片側1ポジションで勝負します。
過剰カーブフィット抑制のため、エントリーフィルターを最大限排除していますが、
多角的視点の決済ロジック採用により、利益を残せるように工夫しています。
1回あたりの損失幅は逆指値指定により限定されます。
利大損小のトレンドフォロー型ロジックにより利益をトコトン追い求めます。


【利大損小=レンジ相場に弱いのでは?】

順張りタイプの利大損小のシステムは、
トレンドの出ていないレンジ相場に弱いのが一般的です。

しかし、SCH-Trend systemはその弱点に対するアプローチが明確です。
戦略的に両建てを行い損失の拡大を回避、
チャンスがあれば、尚、薄利でも利益を取りに行きます。

販売開始直後の2014年7月,2014年8月、
激しいレンジ相場に見舞われましたが、しっかりと利益を残せました。


【フォワードについて】

リリース前に下記URLにて6ヶ月に及ぶ公開フォワードテストを行いました。
その半年間で100万円の資金を160万円に増やし、
満を持して、fx-onさんにてリリースさせていただきました。

 fx-onでの発売前公開実績はコチラ→fx-on
 myfxbookでの発売前公開実績はコチラ→myfxbook

本文執筆時点で、販売後4ヶ月が経過しましたが、
fx-onさんでのフォワードでは、
100万円の資金が140万円まで膨れています。


【長期間のバックテスト】

普通とは逆の順序になりますが、
上記フォワード実績の上で、バックテストの結果をご覧ください。

  バックテスト期間=2007.1月~2014.10月
  運用Lot=0.3Lot固定
  初期資金=100万円
  獲得収益=601万円

7年間で100万円→701万円になっています。

10万円の資金なら、0.03Lot運用で70万円です。
もしリスクを取りたくないのであれば、
更にロットを落として運用していくという手もあります。

尚、こちらで公開しておりますのはコントロールポイントでのバックテストです。
全ティックの長期間バックテストを何度も試みたのですが、
パソコンのデータ容量の問題からか、途中で終了してしまうためです。
(私の技術不足によるものです…誠に申し訳ございません)

原則としてローソク足確定時にしか動かないEAですので、
コントロールポイントでのバックテストでも精度に影響ありませんが、
全ティックのバックテスト結果については、期間を分割し、
カワセ係長のEA バックテストサイトで公開しております。


【使用上の心構え】

ストップロス=120pipsの損失を喫することもあります。
円口座0.1Lotで運用していれば、12,000円の損失です。
円口座0.1Lot運用で、2007年~現在までに記録した最大ドローダウンは14万円です。
また、勝率は40%弱ですので常に勝ち続けられるシステムではありません。
バックテスト結果からも読み取れますが、
利益を積めないフラット期間やドローダウン期間があることも必ず想定して下さい。


sch_030_usd_200701-201403.gif

【運用Lotsについて】

fx-onでのバックテスト及びフォワードは、1万ドルに対して0.3Lotsです。

この運用Lotsは最大ドローダウンの観点から、
1万ドルスタートの資金がドローダウンにより「5,776ドルまで減る可能性がある」Lots運用となります。
約半減を許容しますので、言うなればリスクを負った運用Lotsと言えます。
また、「最大ドローダウンは未来に来る」という格言もございます。

ユーザー様各位におかれましては、
「自分の資金が最悪、どこまで減っても耐えられるか?」
…をご勘案の上で運用Lotsをご判断いただきますよう、宜しくお願い致します。


【最後に伝えたいこと】

1つのEAに依存しないで下さい。
SCH-Trend systemは可能な限りカーブフィットを低減していますが、
勿論、万能ではありません。完全な聖杯なんて存在しないのです。

ただ、利大損小のスイングタイプであるSCH-Trend systemが不調な時、
EURUSDのスキャルピングEAなどは好調に推移しているでしょう。

…そして、その逆も然りです。

世界中の多くのプロトレーダーが実践していると言われる
利大損小のトレンドフォロースタイル・・・
この考えに基づいて開発したSCH-Trend systemは、
EAポートフォリオの一角として、私の大きな力になっています。



【SCH-Trend system解説書】

SCH-Trend systemをご利用の全ての方がダウンロード可能な解説書になります。
PDF50ページを超えるボリュームになってしまいましたが、
EA設定方法やMT4ダウンロード方法に終始するような物では無く、
敢えてウィークポイント等にもフォーカスした、
結構中身の濃い物に仕上がっております。

EAご購入後にご自身のマイページの、
「サービス」→「購入履歴」→「インセンティブ」から、
解説書ダウンロードページのアクセスパスワードを入手できます。

是非、解説書もダウンロードいただき、投資の一助としていただければ幸いです。



【導入上の注意】

1、0時の注文全てが無効になる証券会社

pepperstoneやmyfxmarketsなどの証券会社では0時の全ての注文が無効になります。
この影響により、0時,4時,8時,,,20時の全6本中、1本のエントリーがスルーされる事により、
得られる収益が6分の5になります。(詳しくは、コチラの情報を参照下さい)
そのため、0時の注文が無効になる証券会社においては、
下記『Retrytime_Duration』や『NY_Closetime_Entry_Offset』の入力で対応して下さい。


2、GMT+2の証券会社でのパフォーマンスが高いです

4時間足という比較的長い時間足を用いますので、
証券会社ごとに異なるGMTの影響を比較的大きく受けます。
バックテスト及びフォワードの結果では、GMT+2のパフォーマンスが極めて高いです。
(何故そのような状態になるかの見解は、コチラの情報を参照下さい)
GMT+2タイムの4時間足に合わせるために、パラメータにGMTの入力欄がございます。


3、実稼働前に

どのようなEAにも言える事かもしれませんが、
実稼働前にバックテストやデモ口座での稼働でご確認下さい。


【digits差について】

小数点以下が2桁/3桁、どちらの証券会社にも対応しております。


【パラメーター】

・MagicNumber:マジックナンバー(初期:2328101)
  他EA等と重複しないよう、適宜設定して下さい。

・Lots:取引ロット数(初期:0.3)
  最小単位についてはブローカーや口座種類により異なります。
  自己の取れるリスクを勘案して設定して下さい。

・TakeProfit:利食い値(初期:400)
  初期値=推奨値で400pipsです。

・StopLoss:損切り値(初期:120)
  初期値=推奨値で120pipsです。

・Exit:含み益決済値(初期:300)
  初期値=推奨値で300pipsです。
  4時間足確定時に300pips以上の含み益を持っていたら決済します。

・SaftyMODE:安全モード(初期:false)
  初期値=falseです。
  「true」にすると、相場に勢いがある時にエントリーが厳選されます。

・Slippage:スリッページ(初期:20)
  許容スリッページを設定できます。
  初期設定値の20pipsが広いと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
  機会損失を被らないため、このような設定値になっております。

・GMT:各証券会社のGMT(初期:2)
  MT4の稼働GMT値を入力下さい。
   例:「2」と入力すると、0時,4時,8時,12時,16時,20時に動作
       summertime=trueで、夏時間期間も0時,4時,,,,20時に動作
   例:「9」と入力すると、7時,11時,15時,19時,23時,3時に動作
       summertime=falseで、夏時間期間は6時,10時,,,,2時に動作

・Summertime:サマータイム補正(初期:true)
  ご利用の会社がサマータイムを採用されておりましたら「true」として下さい。
  サマータイムの無い証券会社では「false」として下さい。

  サマータイムを「false」とした時のみ、
   サマータイム期間は動作時間が1時間繰り上がります。
  これはGMT+2&サマータイム(米国式)を適用した証券会社に動作を合わせる目的です。

  尚、一度設定すれば夏時間に自動で稼働時間が切り替わりますので、
   サマータイムを意識して、3月や10月にEAの設定を変更する必要はございません。

・EU_Summertime:EU式サマータイム(初期:true)
  サマータイムには大まかに米国式とEU式の2種類があります。
   ご利用の証券会社が米国式の場合は「false」として下さい。
   ご利用の証券会社がEU式の場合は「true」として下さい。

  当該EAは米国式の4時間足に合わせて設計されたEAですので、
  サマータイムへの切り替わりタイミングが異なるEU式ではEAの動作に誤差が生じます。
  この項目を「true」としますと、米国式=サマータイム/EU式=通常時間の限られた期間は自動で1時間補正します。

   例:「GMT=0」「Summertime=true」「EU_Summertime=true」
     3月第2週~最終週と10月最終週~11月第1週:MT4時間で21時,1時,5時,9時,13時,17時に動作
     (上記期間は米国式はサマータイム/EU式は通常時間の期間です)
     上記期間以外:MT4時間で22時,2時,6時,10時,14時,18時に動作

  尚、一度設定すれば夏時間に自動で稼働時間が切り替わりますので、
   サマータイムを意識して、3月や10月にEAの設定を変更する必要はございません。

・Retrytime_Duration:リトライ機能(初期:15)
  本EAは原則として4時間足の最初に動作するEAですが、
  何等かの影響により注文が通らなかった場合への対策として、当該パラメータを搭載しました。

  ここで設定した時間(分)、1分ごとに注文を試みます。
  例えば15(分)と入力した場合、8時の注文は8:00~8:15まで16回リトライします。
  リトライの対象は、エントリー、決済、指値及び逆指値の指定です。

・NY_Closetime_Entry_Offset:0:00のエントリーを任意で遅らせる(初期:0)
  ニューヨークタイム終了のロールオーバー時間に、
   当該時間帯の注文を受け付けない証券会社が散見されます。
  また、当該時間帯のスプレッドが急激に開く事で成績悪化が懸念されます。

  その対策として、ロールオーバー時間のみ注文を意図的に遅らせる事ができます。

  例えば6(分)と入力した場合、0時の注文は0:06となり、
   更に上記リトライで10(分)と入力していた場合、0:16までリトライされます。
  GMT+9の場合は、7時の注文は7:06となります。


※ver1.00では、必ずGBPJPYの4時間足に設定して下さい。
※ver1.10以降は、必ずGBPJPYの15分足に設定して下さい。
[2017年4月8日 09時33分] 最新のコメント
2015年8月14日 00時31分 更新
2015年4月4日 22時35分 更新
2015年3月25日 21時37分 更新
2015年3月25日 21時37分 更新
2015年2月25日 00時03分 更新
カワセ係長さんの現在販売中の商品
口座開設キャンペーン
購入
購入
help
SCH-Trend system
販売開始日
2014年6月6日 17時22分
利用者数
372 help
¥32,800(税込)
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済
バージョンアップ
更新日時
2017年1月25日
バージョン情報
1.24