Tomo_ArbMagic_Time_Sng:システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
Tomo_ArbMagic_Time_Sng
Tomo_ArbMagic_Time_Sng
help
Tomo_ArbMagic_Time_Sng
益をコツコツと貯めていきます
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
ゲン
  • 収益
    27,754.60ドル
    収益率(全期間)help
    88.06%
  • 推奨証拠金help
    31,517.60ドル
    勝率
    83.38% (1345/1613)
  • プロフィットファクター
    1.55
    最大保有ポジション数help
    5
  • リスクリターン率help
    2.34
    最大ドローダウンhelp
    28.34% (11,841.80ドル)
  • 平均利益
    57.88ドル
    最大利益
    2,161.60ドル
  • 平均損失
    -186.93ドル
    最大損失
    -4,254.40ドル
  • 口座残高help
    37,754.60ドル
    初期額help
    10,000.00ドル
  • 含み収益
    -ドル
    通貨
    ドル建て
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on Labo
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
通貨ペア
  • [EUR/USD]
取引スタイル
  • [スイングトレード]
初期証拠金額
10,000.00ドル
最大ポジション数
-
運用タイプ
複数枚運用
最大ロット数
-
使用時間足
-
最大ストップロス
-
テイクプロフィット
-
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
【バージョンアップのポイント】
損益を定数(stoploss)に依るのではなく、「ボラティリティ」を計算し、その可変指数で損益を計上する仕様に変更しました。
この事により計上・損切りのブレが非常に少なくなりました。
 ※「ボラティリティ」ATRstopはFX会社により変動する場合があります。
 バックテストで最適化を図って設定します
(下記推奨例に無い場合はお問い合わせください)
◆推奨例)
 Alpari Japan・・3.0
 Ava MetaTrader・・3.2
 FXDD・・5.5
 FXOpen・・1.8
 IFC Markets・・5.5
 InstaTrader・・3.4
 IronFX・・5.5
 Pepperstone・・1.8
 ThinkForex ・・1.8
 4xp・・ 3.4
 XeMarkets・・5.5
 FXPRO・・5.4 等

概要:
「Tomo_ArbMagic_Time_Sng」は谷で仕込み、山で売るシンプルで堅実な手法を実践しています。
損切りを可変指数(「ボラティリティ」を計算し)で行う方式でブレの少ない損益を計上します。
通貨は「EURUSDを使用、ナンピンは同時ポジション5まで行います。

1。自動売買ソフトウェア(EA)の特徴
①取引スタイル:スィング
②取引時間軸:EAは「EURUSD」のチャートに載せて(ドロップ)設定してください
③稼動時の「チャート時間足」は5分に設定してください
④ブローカー(FX会社)の指定はなく、ほぼ全社で使用可能できます。
⑤Profit factor は、テストで平均 2.5 以上を計上しています
⑥運用稼働は5分足、バックテストも5分足で検証してください。

2。システムの構成
  experts ・・  Tomo_ArbMagic_Time_Sng_vXX (プログラム)
   |
   libraries ・・ Tomo_MagicWaveLib2.dll

3。パラメータ設定
① Lots = 0.2; ロット数(標準 1万通貨)
② ATRProfit = 0.1; 利益pips(プラス数値pipsで指定)
③ ATRstop = 5.5; 損切りpips(FXDD社・・5.5で標準値は設定)
 ※上記ATRstopはFX会社により変動します。
 バックテストで最適化を図って設定します
(下記推奨例に無い場合はお問い合わせください)
◆推奨例)
 Alpari Japan・・3.0
 Ava MetaTrader・・3.2
 FXDD・・5.5
 FXOpen・・1.8
 IFC Markets・・5.5
 InstaTrader・・3.4
 IronFX・・5.5
 Pepperstone・・1.8
 ThinkForex ・・1.8
 4xp・・ 3.4
 XeMarkets・・5.5
 FXPRO・・5.4 等

④ マジックナンバー
Magic_no = 13022910;
上記Magic_noをゼロにするとそのナンバーを使用するロジックは未稼働となります
⑤ LOCALTIME_GMT = 9;(EAを運用しているPC設置場所のグリニッジ標準時差違)
 ※日本に設置しているPC,VPSをご利用の場合はデフォルトの9を指定
 ※FXの証券会社サーバの設置場所GMTではありません
⑥ Mail = false; (true・・メール発信、 false・・メール非発信) 
他のパラメータ(設定)は、内部に持ち意識する必要はありません。

4。開発コンセプト
①スィングでナンピンを行い、コツコツと益を積み上げていきます。
 最大同時ポジションは5です
②ナンピン時のロット数は1倍、1倍、1倍、1倍、8倍(5ポジション目が8倍)と変動します
※ポジションが損切り等で減少した場合、最終5ポジション目は条件が合致すれば補われます

5。バックテストについて
 EURUSD、5分足で行なってください。
本稼働前には、デモ・バックテストを行い、最適Lot数を決めご使用ください。

--------------------------------------------------------------------------
6。その他
 ・スプレッド(Spread)が 3.0より大きい時、処理を行いません。
 ・バックテストで異常値が出る場合、MT4で土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合があります。
  以下のページを参照され、スプレッドを最適にしバックテストを行ってください。
  http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20100227/1267196449

 ※土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合、バックテスト数値が想定値より極端に悪く表示されます。
  スプレッドを修正できない場合は、平日の運用稼働時間にテストを行ってください。

 ・ダウンロードファイル(3510_n_Tomo_ArbMagic_Time_Sng_01.zip)
--------------------------------------------------------------------------
[2013年7月17日 06時52分] 最新のコメント
2013年7月4日 20時38分 更新
【バージョンアップのポイント】
損益を定数(stoploss)に依るのではなく、「ボラティリティ」を計算し、その可変指数で損益を計上する仕様に変更しました。
この事により計上・損切りのブレが非常に少なくなりました。
 ※「ボラティリティ」ATRstopはFX会社により変動する場合があります。
 バックテストで最適化を図って設定します
(下記推奨例に無い場合はお問い合わせください)
◆推奨例)
 Alpari Japan・・3.0
 Ava MetaTrader・・3.2
 FXDD・・5.5
 FXOpen・・1.8
 IFC Markets・・5.5
 InstaTrader・・3.4
 IronFX・・5.5
 Pepperstone・・1.8
 ThinkForex ・・1.8
 4xp・・ 3.4
 XeMarkets・・5.5 等

概要:
「Tomo_ArbMagic_Time_Sng」は谷で仕込み、山で売るシンプルで堅実な手法を実践しています。
損切りを可変指数(「ボラティリティ」を計算し)で行う方式でブレの少ない損益を計上します。
通貨は「EURUSDを使用、ナンピンは同時ポジション5まで行います。

1。自動売買ソフトウェア(EA)の特徴
①取引スタイル:スィング
②取引時間軸:EAは「EURUSD」のチャートに載せて(ドロップ)設定してください
③稼動時の「チャート時間足」は5分に設定してください
④ブローカー(FX会社)の指定はなく、ほぼ全社で使用可能できます。
⑤Profit factor は、テストで平均 2.5 以上を計上しています
⑥運用稼働は5分足、バックテストも5分足で検証してください。

2。システムの構成
  experts ・・  Tomo_ArbMagic_Time_Sng_vXX (プログラム)
   |
   libraries ・・ Tomo_MagicWaveLib2.dll

3。パラメータ設定
① Lots = 0.2; ロット数(標準 1万通貨)
② ATRProfit = 0.1; 利益pips(プラス数値pipsで指定)
③ ATRstop = 5.5; 損切りpips(FXDD社・・5.5で標準値は設定)
 ※上記ATRstopはFX会社により変動します。
 バックテストで最適化を図って設定します
(下記推奨例に無い場合はお問い合わせください)
◆推奨例)
 Alpari Japan・・3.0
 Ava MetaTrader・・3.2
 FXDD・・5.5
 FXOpen・・1.8
 IFC Markets・・5.5
 InstaTrader・・3.4
 IronFX・・5.5
 Pepperstone・・1.8
 ThinkForex ・・1.8
 4xp・・ 3.4
 XeMarkets・・5.5 等

④ マジックナンバー
Magic_no = 13022910;
上記Magic_noをゼロにするとそのナンバーを使用するロジックは未稼働となります
⑤ LOCALTIME_GMT = 9;(EAを運用しているPC設置場所のグリニッジ標準時差違)
 ※日本に設置しているPC,VPSをご利用の場合はデフォルトの9を指定
 ※FXの証券会社サーバの設置場所GMTではありません
⑥ Mail = false; (true・・メール発信、 false・・メール非発信) 
他のパラメータ(設定)は、内部に持ち意識する必要はありません。

4。開発コンセプト
①スィングでナンピンを行い、コツコツと益を積み上げていきます。
 最大同時ポジションは5です
②ナンピン時のロット数は1倍、1倍、1倍、1倍、8倍(5ポジション目が8倍)と変動します
※ポジションが損切り等で減少した場合、最終5ポジション目は条件が合致すれば補われます

5。バックテストについて
 EURUSD、5分足で行なってください。
本稼働前には、デモ・バックテストを行い、最適Lot数を決めご使用ください。

--------------------------------------------------------------------------
6。その他
 ・スプレッド(Spread)が 3.0より大きい時、処理を行いません。
 ・バックテストで異常値が出る場合、MT4で土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合があります。
  以下のページを参照され、スプレッドを最適にしバックテストを行ってください。
  http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20100227/1267196449

 ※土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合、バックテスト数値が想定値より極端に悪く表示されます。
  スプレッドを修正できない場合は、平日の運用稼働時間にテストを行ってください。

 ・ダウンロードファイル(3510_n_Tomo_ArbMagic_Time_Sng_01.zip)
--------------------------------------------------------------------------
2013年5月20日 13時02分 更新
【バージョンアップのポイント】
損益を定数(stoploss)に依るのではなく、「ボラティリティ」を計算し、その可変指数で損益を計上する仕様に変更しました。
この事により計上・損切りのブレが非常に少なくなりました。
 ※「ボラティリティ」ATRstopはFX会社により変動する場合があります。
 バックテストで最適化を図って設定します
(下記推奨例に無い場合はお問い合わせください)
◆推奨例)
 Alpari Japan・・3.0
 Ava MetaTrader・・3.2
 FXDD・・5.5
 FXOpen・・1.8
 IFC Markets・・5.5
 InstaTrader・・3.4
 IronFX・・5.5
 Pepperstone・・1.8
 XeMarkets・・5.5 等

概要:
「Tomo_ArbMagic_Time_Sng」は谷で仕込み、山で売るシンプルで堅実な手法を実践しています。
損切りを可変指数(「ボラティリティ」を計算し)で行う方式でブレの少ない損益を計上します。
通貨は「EURUSDを使用、ナンピンは同時ポジション5まで行います。

1。自動売買ソフトウェア(EA)の特徴
①取引スタイル:スィング
②取引時間軸:EAは「EURUSD」のチャートに載せて(ドロップ)設定してください
③稼動時の「チャート時間足」は5分に設定してください
④ブローカー(FX会社)の指定はなく、ほぼ全社で使用可能できます。
⑤Profit factor は、テストで平均 2.5 以上を計上しています
⑥運用稼働は5分足、バックテストも5分足で検証してください。

2。システムの構成
  experts ・・  Tomo_ArbMagic_Time_Sng_vXX (プログラム)
   |
   libraries ・・ Tomo_MagicWaveLib2.dll

3。パラメータ設定
① Lots = 0.2; ロット数(標準 1万通貨)
② ATRProfit = 0.1; 利益pips(プラス数値pipsで指定)
③ ATRstop = 5.5; 損切りpips(FXDD社・・5.5で標準値は設定)
 ※上記ATRstopはFX会社により変動します。
 バックテストで最適化を図って設定します
(下記推奨例に無い場合はお問い合わせください)
◆推奨例)
 Alpari Japan・・3.0
 Ava MetaTrader・・3.2
 FXDD・・5.5
 FXOpen・・1.8
 IFC Markets・・5.5
 InstaTrader・・3.4
 IronFX・・5.5
 Pepperstone・・1.8
 XeMarkets・・5.5 等

④ マジックナンバー
Magic_no = 13022910;
上記Magic_noをゼロにするとそのナンバーを使用するロジックは未稼働となります
⑤ LOCALTIME_GMT = 9;(EAを運用しているPC設置場所のグリニッジ標準時差違)
 ※日本に設置しているPC,VPSをご利用の場合はデフォルトの9を指定
 ※FXの証券会社サーバの設置場所GMTではありません
⑥ Mail = false; (true・・メール発信、 false・・メール非発信) 
他のパラメータ(設定)は、内部に持ち意識する必要はありません。

4。開発コンセプト
①スィングでナンピンを行い、コツコツと益を積み上げていきます。
 最大同時ポジションは5です
②ナンピン時のロット数は1倍、1倍、1倍、1倍、8倍(5ポジション目が8倍)と変動します
※ポジションが損切り等で減少した場合、最終5ポジション目は条件が合致すれば補われます

5。バックテストについて
 EURUSD、5分足で行なってください。
本稼働前には、デモ・バックテストを行い、最適Lot数を決めご使用ください。

--------------------------------------------------------------------------
6。その他
 ・スプレッド(Spread)が 3.0より大きい時、処理を行いません。
 ・バックテストで異常値が出る場合、MT4で土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合があります。
  以下のページを参照され、スプレッドを最適にしバックテストを行ってください。
  http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20100227/1267196449

 ※土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合、バックテスト数値が想定値より極端に悪く表示されます。
  スプレッドを修正できない場合は、平日の運用稼働時間にテストを行ってください。

 ・ダウンロードファイル(3510_n_Tomo_ArbMagic_Time_Sng_01.zip)
--------------------------------------------------------------------------
2013年5月20日 13時00分 更新
【バージョンアップのポイント】
損益を定数(stoploss)に依るのではなく、「ボラティリティ」を計算し、その可変指数で損益を計上する仕様に変更しました。
この事により計上・損切りのブレが非常に少なくなりました。
 ※「ボラティリティ」ATRstopはFX会社により変動する場合があります。
 バックテストで最適化を図って設定してください
(下記推奨例に無い場合はお問い合わせください)
◆推奨例)
Alpari Japan・・3.0
Ava MetaTrader・・3.2
FXDD・・5.5
FXOpen・・1.8
IFC Markets・・5.5
InstaTrader・・3.4
IronFX・・5.5
Pepperstone・・1.8
XeMarkets・・5.5 等

概要:
「Tomo_ArbMagic_Time_Sng」は谷で仕込み、山で売るシンプルで堅実な手法を実践しています。
損切りを可変指数(「ボラティリティ」を計算し)で行う方式でブレの少ない損益を計上します。
通貨は「EURUSDを使用、ナンピンは同時ポジション5まで行います。

1。自動売買ソフトウェア(EA)の特徴
①取引スタイル:スィング
②取引時間軸:EAは「EURUSD」のチャートに載せて(ドロップ)設定してください
③稼動時の「チャート時間足」は5分に設定してください
④ブローカー(FX会社)の指定はなく、ほぼ全社で使用可能できます。
⑤Profit factor は、テストで平均 2.5 以上を計上しています
⑥運用稼働は5分足、バックテストも5分足で検証してください。

2。システムの構成
  experts ・・  Tomo_ArbMagic_Time_Sng_vXX (プログラム)
   |
   libraries ・・ Tomo_MagicWaveLib2.dll

3。パラメータ設定
① Lots = 0.2; ロット数(標準 1万通貨)
② ATRProfit = 0.1; 利益pips(プラス数値pipsで指定)
③ ATRstop = 5.5; 損切りpips(FXDD社・・5.5で標準値は設定)
 ※上記ATRstopはFX会社により変動します。
 バックテストで最適化を図って設定します
(下記推奨例に無い場合はお問い合わせください)
◆推奨例)
Alpari Japan・・3.0
Ava MetaTrader・・3.2
FXDD・・5.5
FXOpen・・1.8
IFC Markets・・5.5
InstaTrader・・3.4
IronFX・・5.5
Pepperstone・・1.8
XeMarkets・・5.5 等

④ マジックナンバー
Magic_no = 13022910;
上記Magic_noをゼロにするとそのナンバーを使用するロジックは未稼働となります
⑤ LOCALTIME_GMT = 9;(EAを運用しているPC設置場所のグリニッジ標準時差違)
 ※日本に設置しているPC,VPSをご利用の場合はデフォルトの9を指定
 ※FXの証券会社サーバの設置場所GMTではありません
⑥ Mail = false; (true・・メール発信、 false・・メール非発信) 
他のパラメータ(設定)は、内部に持ち意識する必要はありません。

4。開発コンセプト
①スィングでナンピンを行い、コツコツと益を積み上げていきます。
 最大同時ポジションは5です
②ナンピン時のロット数は1倍、1倍、1倍、1倍、8倍(5ポジション目が8倍)と変動します
※ポジションが損切り等で減少した場合、最終5ポジション目は条件が合致すれば補われます

5。バックテストについて
 EURUSD、5分足で行なってください。
本稼働前には、デモ・バックテストを行い、最適Lot数を決めご使用ください。

--------------------------------------------------------------------------
6。その他
 ・スプレッド(Spread)が 3.0より大きい時、処理を行いません。
 ・バックテストで異常値が出る場合、MT4で土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合があります。
  以下のページを参照され、スプレッドを最適にしバックテストを行ってください。
  http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20100227/1267196449

 ※土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合、バックテスト数値が想定値より極端に悪く表示されます。
  スプレッドを修正できない場合は、平日の運用稼働時間にテストを行ってください。

 ・ダウンロードファイル(3510_n_Tomo_ArbMagic_Time_Sng_01.zip)
--------------------------------------------------------------------------
2013年4月16日 02時08分 更新
【バージョンアップのポイント】
損益を定数(stoploss)に依るのではなく、「ボラティリティ」を計算し、その可変指数で損益を計上する仕様に変更しました。
この事により計上・損切りのブレが非常に少なくなりました。
 ※「ボラティリティ」ATRstopはFX会社により変動する場合があります。
 バックテストで最適化を図って設定してください(不明点はお問い合わせください)
 推奨例)FXDD社・・5.5、Ava MetaTrader・・3.2、InstaTrader・・3.4 等

概要:
「Tomo_ArbMagic_Time_Sng」は谷で仕込み、山で売るシンプルで堅実な手法を実践しています。
損切りを可変指数(「ボラティリティ」を計算し)で行う方式でブレの少ない損益を計上します。
通貨は「EURUSDを使用、ナンピンは同時ポジション5まで行います。

1。自動売買ソフトウェア(EA)の特徴
①取引スタイル:スィング
②取引時間軸:EAは「EURUSD」のチャートに載せて(ドロップ)設定してください
③稼動時の「チャート時間足」は5分に設定してください
④ブローカー(FX会社)の指定はなく、ほぼ全社で使用可能できます。
⑤Profit factor は、テストで平均 2.5 以上を計上しています
⑥運用稼働は5分足、バックテストも5分足で検証してください。

2。システムの構成
  experts ・・  Tomo_ArbMagic_Time_Sng_vXX (プログラム)
   |
   libraries ・・ Tomo_MagicWaveLib2.dll

3。パラメータ設定
① Lots = 0.2; ロット数(標準 1万通貨)
② ATRProfit = 0.1; 利益pips(プラス数値pipsで指定)
③ ATRstop = 5.5; 損切りpips(FXDD社・・5.5で標準値は設定)
 ※上記ATRstopはFX会社により変動します。
 バックテストで最適化を図って設定します(不明点はお問い合わせください)
 推奨例)FXDD社・・5.5、Ava MetaTrader・・3.2、InstaTrader・・3.4 等
④ マジックナンバー
Magic_no = 13022910;
上記Magic_noをゼロにするとそのナンバーを使用するロジックは未稼働となります
⑤ LOCALTIME_GMT = 9;(EAを運用しているPC設置場所のグリニッジ標準時差違)
 ※日本に設置しているPC,VPSをご利用の場合はデフォルトの9を指定
 ※FXの証券会社サーバの設置場所GMTではありません
⑥ Mail = false; (true・・メール発信、 false・・メール非発信) 
他のパラメータ(設定)は、内部に持ち意識する必要はありません。

4。開発コンセプト
①スィングでナンピンを行い、コツコツと益を積み上げていきます。
 最大同時ポジションは5です
②ナンピン時のロット数は1倍、1倍、1倍、1倍、8倍(5ポジション目が8倍)と変動します
※ポジションが損切り等で減少した場合、最終5ポジション目は条件が合致すれば補われます

5。バックテストについて
 EURUSD、5分足で行なってください。
本稼働前には、デモ・バックテストを行い、最適Lot数を決めご使用ください。

--------------------------------------------------------------------------
6。その他
 ・スプレッド(Spread)が 3.0より大きい時、処理を行いません。
 ・バックテストで異常値が出る場合、MT4で土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合があります。
  以下のページを参照され、スプレッドを最適にしバックテストを行ってください。
  http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20100227/1267196449

 ※土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合、バックテスト数値が想定値より極端に悪く表示されます。
  スプレッドを修正できない場合は、平日の運用稼働時間にテストを行ってください。

 ・ダウンロードファイル(3510_n_Tomo_ArbMagic_Time_Sng_01.zip)
--------------------------------------------------------------------------
2013年4月14日 13時22分 更新
【バージョンアップのポイント】
損益を定数(stoploss)に依るのではなく、「ボラティリティ」を計算し、その可変指数で損益を計上する仕様に変更しました。
この事により計上・損切りのブレが非常に少なくなりました。
 ※「ボラティリティ」ATRstopはFX会社により変動する場合があります。
 バックテストで最適化を図って設定してください(不明点はお問い合わせください)
 推奨例)FXDD社・・5.5、Ava MetaTrader・・3.2、InstaTrader・・3.4 等

概要:
「Tomo_ArbMagic_Time_Sng」は谷で仕込み、山で売るシンプルで堅実な手法を実践しています。
損切りを可変指数(「ボラティリティ」を計算し)で行う方式でブレの少ない損益を計上します。
通貨は「EURUSDを使用、ナンピンは同時ポジション5まで行います。

1。自動売買ソフトウェア(EA)の特徴
①取引スタイル:スィング
②取引時間軸:EAは「EURUSD」のチャートに載せて(ドロップ)設定してください
③稼動時の「チャート時間足」は5分に設定してください
④ブローカー(FX会社)の指定はなく、ほぼ全社で使用可能できます。
⑤Profit factor は、テストで平均 2.5 以上を計上しています
⑥運用稼働は5分足、バックテストも5分足で検証してください。

2。システムの構成
  experts ・・  Tomo_ArbMagic_Time_Sng_vXX (プログラム)
   |
   libraries ・・ Tomo_MagicWaveLib2.dll

3。パラメータ設定
① Lots = 0.2; ロット数(標準 1万通貨)
② ATRProfit = 0.1; 利益pips(プラス数値pipsで指定)
③ ATRstop = 5.5; 損切りpips(FXDD社・・5.5で標準値は設定)
 ※上記ATRstopはFX会社により変動します。
 バックテストで最適化を図って設定します(不明点はお問い合わせください)
 推奨例)FXDD社・・5.5、Ava MetaTrader・・3.2、InstaTrader・・3.4 等
④ マジックナンバー
Magic_no = 13022910;
上記Magic_noをゼロにするとそのナンバーを使用するロジックは未稼働となります
⑤ LOCALTIME_GMT = 9;(EAを運用しているPC設置場所のグリニッジ標準時差違)
 ※日本に設置しているPC,VPSをご利用の場合はデフォルトの9を指定
 ※FXの証券会社サーバの設置場所GMTではありません
⑥ Mail = false; (true・・メール発信、 false・・メール非発信) 
他のパラメータ(設定)は、内部に持ち意識する必要はありません。

4。開発コンセプト
①スィングでナンピンを行い、コツコツと益を積み上げていきます。
 最大同時ポジションは5です
②ナンピン時のロット数は1倍、1倍、1倍、1倍、8倍(5ポジション目が8倍)と変動します
※ポジションが損切り等で減少した場合、最終5ポジション目は条件が合致すれば補われます

5。バックテストについて
 EURUSD、5分足で行なってください。
本稼働前には、デモ・バックテストを行い、最適Lot数を決めご使用ください。

--------------------------------------------------------------------------
6。その他
 ・スプレッド(Spread)が 3.0より大きい時、処理を行いません。
 ・バックテストで異常値が出る場合、MT4で土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合があります。
  以下のページを参照され、スプレッドを最適にしバックテストを行ってください。
  http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20100227/1267196449

 ※土日、祝祭日スプレッドが異常値の場合、バックテスト数値が想定値より極端に悪く表示されます。
  スプレッドを修正できない場合は、平日の運用稼働時間にテストを行ってください。

 ・ダウンロードファイル(3510_n_Tomo_ArbMagic_Time_Sng_01.zip)
--------------------------------------------------------------------------
ゲンさんの現在販売中の商品
口座開設キャンペーン
購入
購入
help
Tomo_ArbMagic_Time_Sng
販売開始日
2013年3月26日 12時00分
利用者数
18 help
¥30,857(税込)
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済
バージョンアップ
更新日時
2015年2月2日