オンリーワン(フル):システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

オンリーワン(フル)
オンリーワン(フル)
オンリーワン(フル)
NO.1にならなくてもいい、投資家さまの特別なオンリーワン
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
CY
  • 収益
    -
    収益率(全期間)help
    0.00%
  • 推奨証拠金help
    -
    勝率
    0.00% (/0)
  • プロフィットファクター
    0.00
    最大保有ポジション数help
    0
  • リスクリターン率help
    0.00
    最大ドローダウンhelp
    0% (-)
  • 平均利益
    -
    最大利益
    -4,600
  • 平均損失
    -
    最大損失
    -4,600
  • 口座残高help
    1,000,000
    初期額help
    1,000,000
  • 含み収益
    -
    通貨
    円建て
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
【GogoJungleTV!】 MT4の基本操作を動画で解説中!
EAの設置方法
MT4の基本操作 ~その1~
MT4の基本操作 ~その2~
通貨ペア
  • [USD/JPY]
取引スタイル
  • [スキャルピング]
最大ポジション数
1その他:複数のポジションを持つことがないのでリスクを管理しやすい。
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
1その他:各ブローカーの上限値となります(EA自体は制限がありません)
使用時間足
M15
最大ストップロス
100
テイクプロフィット
40その他:トレーリングストップしていく場合期待利益は無上限。
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
ナンピン・マーチンゲールのようなロジックは一切ございません。 ご安心ください。

▌フォワードテストは下記のスタンダードパッケージにて計測しています


スタンダードパッケージ

▌EA概要


・ドル円の15分足で稼働する逆張りストラテジー
・リアルより厳しいスプレッドでバックテストを行っていた
・バックテストは期間を選ばずFXDDデータの2005年~検証できる全ての期間
・最大ポジが「1」で必要な証拠金が限定
・週末リスクを回避するためポジションを翌週に持ち越さない設計
・トレーリングストップ機能付きで、発動する場合期待利益が無限大
・SL値があり最大損失は事前に把握できる
・最大ポジが「1」だから最悪の場合、SL値×「1」までとなります
・SL値以外に損失を最小限にする独自決済機能付き
・GMTとの差は自動調整機能付きでパラメータ設定にはストレスフリー
・指定時間でEAを停止する機能付きで事前に設定が可能

※fx-on社のフォワード集計一覧表において古いバージョンで最大保有ポジション数は2が出ていますが、最新バージョンでは最大ポジション数が「1」です。ご安心ください。


▌三つのパッケージが用意


・とりあえず試してみたいなら、ライトパッケージがあります
・自動売買システム(EA)に慣れているから一定のロット数で稼働したいなら、スタンダードパッケージがあります
・複利モードで一攫千金したいなら、フルパッケージがあります
package1.4.jpg


▌パラメータの設定、()内がデフォルト値 ※フルパッケージの例


パラメータの設定が簡単です!下は長く書かれていますが、リアルではデフォルト設定のままとなるパラメータが大半です。ご安心ください。


・UseAutoTime(true)
リアルではtrueにしてください。ブローカーを問わずGMTの調整を自動で行えます。
デフォルトの取引時間は下記の通りです。
03月01日~10月31日 日本時間 月曜日8時~金曜日20時(取引が活発するロンドンとNYのタイムで動くタイプですので毎日9時~15時はEAがエントリーしないように設計しています)
11月01日~02月28日 日本時間 月曜日9時~金曜日21時
(取引が活発するロンドンとNYのタイムで動くタイプですので毎日10時~16時はEAがエントリーしないように設計しています)

・OpenDay(1) ←バックテスト用
取引開始曜日指定、0=日 1=月 2=火 3=水 4=木 5=金 6=土

・OpenHour(2) ←バックテスト用
取引開始時間指定

・Use_WeekClose_Function(true) ←バックテスト用パラメータ
週末ポジション強制クローズ機能、true=利用する、false=利用しない

・ExitDay(5) ←バックテスト用
週末クローズ機能利用する場合、クローズ曜日指定

・ExitHour(14) ←バックテスト用
週末クローズ機能利用する場合、クローズ時間指定

・ExitMinute(1) ←バックテスト用
週末クローズ機能利用する場合、クローズ分指定

※MT4では一部時間系の関数はリアルしか利用できなく時間の設定が必要となりますためバックテスト用のパラメータを存在させています。但しバックテストのやり方の動画で紹介されているFXDD社のデータを利用した場合、デフォルト設定のままでよくUseAutoTimeをfalseにするだけで結構です。

※FXDD社以外のデータでバックテストを行う場合、UseAutoTimeをfalseにした上で下記GMTの早見表を参考しながらバックテスト用のパラメータをそれぞれ設定する必要があります。
summertime.jpg

・Lots(1.0)
発注ロット数のこと。複利モードではロット数が自動で算出されるため無視されます。

・TP(40)
エントリーのテイクプロフィット値

・SL(100)
エントリーのストップロス値

・TL(25)
トレーリングストップ値(トレーリングストップの発動につきシステム自動判定)

・Comment(Only One EA By CY)
複数のEAを運用している場合、適宜なコメントを入れることで保有しているポジションはどのEAから発注したものかを把握することができます。設定が任意です。

・MagicNumber(20170817)
マジックナンバーです。EAより建てたポジションを管理します。0以外の整数値を設定してください。複数EAを運用する場合、各EAのマジックナンバーが異なるようにしてください。

・MaxSlippage(3)
スリッページがこの値以上の時は、エントリーを行いません。単位Pips

・MaxSpread(3.0)
スプレッドがこの値以上の時は、エントリーを行いません。単位Pips

・MM_Mode(false)
trueが複利モードを利用します。ロット数は自動で算出されます。
利用できるのがドル口座と円口座のみです。

・MM_MoneyMode(FreeMargin)
複利モードで機能します。ロット数の自動算出において、ベースマネーは何にするかを選ぶパラメータです。2種類があります

1)FreeMargin = 余剰証拠金
2)Balance  = 口座残高

両者の違いについて
同口座で他のポジションがある場合、そのポジションの含み損または含み益を含むのが余剰証拠金ですが、口座残高は含みません。

・MM_MoneyDivide(100)
複利モードで機能します。選択したベースマネーより何割を複利運用に配分するかを決めるパラメータです。単位(%)
例:
口座に100万円があり一本勝ちとColor Your Life V2を同時に複利モードで稼働したいとします。それぞれの運用原資を口座残高の4割と6割にしたい場合、パラメータの設定は下記の通りです。

一本勝ちのパラメータ
MM_MoneyMode = Balance ←ベースマネーを先に決めます
MM_MoneyDivide = 40

Color Your Life V2のパラメータ
MM_MoneyMode = Balance
MM_MoneyDivide = 60

今までは1口座に1EAをオススメしてきましたが、MM_MoneyModeとMM_MoneyDivideとの組み合わせで同口座でも複数のEAを複利モードで同時に稼働することができるようになりました。

・RiskLevel(100.0)
複利モードで機能します。自動で算出されるロット数は万が一SLが発生した※損失をベースマネーの何%まで抑えたいかを設定するパラメータです。範囲1~100
※当EAが指している損失は「必要な証拠金+SL時の損失」となります。

例:
ベースマネーが100万円があり1ロット発注には4万円の証拠金が必要とします。さらに1ロットでSLが発生した場合、最大損失が6万円とします。すると1ロット数における最大損失が10万(4万+6万)となります。

RiskLevel=100の場合、自動で算出されるロット数が「10」になります。
100万 * (100/100) /  (4+6)= 10

RiskLevel=50の場合、自動で算出されるロット数が「5」になります。
100万 * (50/100) /  (4+6)= 5

※計算をしやすいために1ロット数において4万円の証拠金と6万円のSLとしています。
複利モードで稼働したい場合、事前にバックテストで予定の運用資金をもとにロット数のシミュレーションをしておいてください。大体のロット数を把握したうえで本番に投入してください。

・ChangeLeverage(false)
複利モードで機能します。trueでレバレッジを小さく調整できます。

・Leverage(25)
ChangeLeverageをtrueにした場合、調整したいレバレッジ値を指定します。
例:
XM社において本来888倍のレバレッジから25倍にしたい場合、ChangeLeverageをtrueにした上で25を入力します。
口座本来のレバレッジで稼働したい場合、このパラメータを無視してください。

・UseImpAnouStop(false)
trueを選んで頂くと、重要指標発表の間で取引をさせないことができます。
利用しない場合、falseにするのを忘れないでください。

・StopDayHourMinute()
UseImpAnouStopの利用で機能します。指定時間になりましたらポジション強制クロース。複数の時間帯の登録が可能ですがルールは下記の通りです。

曜日/何時何分開始/何時何分終わりN曜日/何時何分開始/何時何分終わり・・・無制限
※曜日については、0=日 1=月 2=火 3=水 4=木 5=金 6=土
複数の時間帯を設定する場合、Nを必ず真ん中に挟むこと。時間はすべてパソコンの時間です。ブローカーの時間ではありません。また、複数の時間帯を設定する場合、必ず先に来る時間順に入力ください。
例1:
水曜日の11時15分~12時20分の間で取引をさせない。
3/1115/1230

例2:
火曜日と木曜日の午前9時から午後14時の間で取引をさせない。
2/0900/1400N4/0900/1400

・NewYearStopMode(true)
デフォルト設定では12/20~01/05はエントリーしない。

・IsOrderDivide(No)
分割発注機能、3種類があります。

【No】にした場合、発注分割機能を利用しない

【Auto】にした場合、自動分割発注
例:
設定したロット数が100とします。ブローカーの1回発注あたり最大可能ロット数が40とします。すると発注は3回を分けて行われます。
1回目:40ロット
2回目:40ロット
3回目:20ロット

【Manual】にした場合、1回あたりの発注ロット数を自分で決められます。
後程出てくるOrderMaxLotsと組み合わせて利用することが必須です。
例:
設定したロット数が100とします。OrderMaxLotsを25にしております。
すると発注は4回を分けて行われます。
1回目:25ロット
2回目:25ロット
3回目:25ロット
4回目:25ロット

※OrderMaxLotsがブローカーの1回あたり最大発注ロット数が超える設定が不可です。その場合1回あたりの発注ロット数をブローカーの上限値に修正されます。
例:
設定したロット数が100とします。OrderMaxLotsを50にしており本来は50*2回で済むですがブローカーの1回あたりの最大発注可能ロット数が40ですので、発注は3回を分けて行われます。
1回目:40ロット
2回目:40ロット
3回目:20ロット

・OrderMaxLots(20)
上記で紹介したパラメータです。IsOrderDivideを「Manual」にした場合、機能します。


▌推奨運用資金について



この記事をご参考ください

各情報チャートの表示


稼働していますEAが多くなるとたまには設定したパラメータは「なんでしたっけ」という時はありませんか。より安心してEAを稼働して頂きたく各情報を可視化しました
para_ver1.3.jpg

表記しています各情報の説明は以下の通りです。
para_shokaiver1.3.jpg


▌注意事項


・表示域の都合でEA運用可能会社は一部しか表示されていないが基本はMT4があればブローカーを問わず当EAの利用が可能です。ご安心ください。

・すべてEAが言えることですが回線の状態やスプレッド等による同じブローカーでもトレードの結果が異なる場合がありますので、ご了承ください。

・月曜日市場オープンまでに必ずEAを稼働させること(ニコチャンマークが出ている)です。曜日を問わず土曜日でも日曜日でも問題ないです。この作業はあくまでも金曜日等でEAを停止していると想定しています。VPS等を利用しておりそもそもEA稼働を停止していなくニコチャンマークがずっと出ている場合、何もしなくてもよいです。

・MT4を閉じて再起動する場合、このEAが保有するポジションが決済されます。また、指標を発表する直前にEAを一旦停止しそのあと再稼働した瞬間ですぐにはエントリーされてしまうことがありますのでご注意ください。指標発表の間でEAの自動売買をさせたくない場合Ippon_UseImpAnouStopをご活用ください。

・FAQやバージョンアップ履歴等はブログよりご確認いただけます。

・口座認証方法等はfx-on社のお問合せフォームにてお気軽にお問い合わせいただけます。


▌PR商品



一本勝ち(ドル円)
http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=8815

利用者数が全てです。

俺の一目
http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=11863

右肩上がりの推移を形成中、一本勝ちのスタートと似ています。
10,000円を切ったお手頃な価格でポートフォリオの一つには如何でしょうか。

臥薪嘗胆
http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=10956

ブレイクアウト手法で12年間のバックテストが全て黒字、フォワードテストも裏切らず推移中。
損少利大で綺麗な右肩上がりにはなっていないがコツコツと利益を積み重ねっていくことが間違いなく期待出来ます。

一本勝ち(ユーロドル)
http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=12013

”薄利多売”で積極的に取引をしていく点は一本勝ちドル円との主な相違点。
コアロジックは変わっていないので成績もそれほど変わらないはず、まだ一本勝ちの半額の今がチャンス。

Color your life
http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=5503

フォワードテストは3年以上経過し成績の波があったが右肩上がりの傾向が変わっていません。
長く使えるEAの特徴かもしれません。

Color Your Life V2
http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=5561

こちらも3年以上のフォワードテスト経過。ドローダウンがあってもすぐ立ち上がれるのが”強み”です。
5,000万円の実現は夢ではないかも、

オンリーワン(ドル円)
http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=12263

実績はまだ短いのですが逆手に取れば、今はチャンスかも。

オンリーワン(ユーロドル)
http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=12336

9,999円!お手頃な価格で投資家さまのポートフォリオの構築に一助したい。
相場で生き残るのがリスク管理が欠かせない以外では、ポートフォリオの構築が必要とも言われています。

[2017年12月10日 12時05分] 最新のコメント
2017年12月2日 17時49分 更新
2017年12月2日 16時28分 更新
2017年12月2日 16時17分 更新
2017年11月25日 14時23分 更新
2017年10月18日 11時18分 更新
口座開設キャンペーン
購入
購入
help
オンリーワン(フル)
販売開始日
2017年9月18日 11時12分
利用者数
4 help
¥50,000(税込)
※EAの計測は停止しております。
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
銀行振込手数料お戻し中
masterカードvisaカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済サークルkサンクスコンビニ決済デイリーヤマザキコンビニ決済スリーエフコンビニ決済ヤマザキデイリーストアビットコイン決済
バージョンアップ
更新日時
2017年10月18日
バージョン情報
1.6