オンリーワン(スタンダート):システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

オンリーワン(スタンダート)
オンリーワン(スタンダート)
help
オンリーワン(スタンダート)
NO.1にならなくてもいい、投資家さまの特別なオンリーワン
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
CY
  • 収益
    45,400
    収益率(全期間)help
    3.24%
  • 推奨証拠金help
    1,403,140
    勝率
    32.26% (10/31)
  • プロフィットファクター
    1.12
    最大保有ポジション数help
    2
  • リスクリターン率help
    0.19
    最大ドローダウンhelp
    14.22% (237,800)
  • 平均利益
    43,320
    最大利益
    147,900
  • 平均損失
    -18,467
    最大損失
    -77,300
  • 口座残高help
    1,045,400
    初期額help
    1,000,000
  • 含み収益
    -
    通貨
    円建て
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
【GogoJungleTV!】 MT4の基本操作を動画で解説中!
EAの設置方法
MT4の基本操作 ~その1~
MT4の基本操作 ~その2~
通貨ペア
  • [USD/JPY]
取引スタイル
  • [スキャルピング]
最大ポジション数
1その他:複数のポジションを持つことがないのでリスクを管理しやすい。
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
1その他:各ブローカーの上限値となります(EA自体は制限がありません)
使用時間足
M15
最大ストップロス
100
テイクプロフィット
40その他:トレーリングストップしていく場合期待利益は無上限。
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
ナンピン・マーチンゲールのようなロジックは一切ございません。 ご安心ください。

cyea.jpg

↑クリック 2017年09月30日 3,000,000円 入金





cyea.jpg

↑クリック FAQやバージョンアップ履歴等をご確認いただけます


▌フォワードテストは下記のスタンダードパッケージにて計測しています

スタンダードパッケージ


▌EA概要


  • ・ドル円の15分足で稼働する逆張りストラテジー

  • ・リアルより厳しいスプレッドでバックテストを行っていた

  • ・バックテストは期間を選ばずFXDDデータの2005年~検証できる全ての期間

  • ・最大ポジが「1」で必要な証拠金が限定

  • ・週末リスクを回避するためポジションを翌週に持ち越さない設計

  • ・トレーリングストップ機能付きで、発動する場合期待利益が無限大

  • ・SL値があり最大損失は事前に把握できる

  • ・最大ポジが「1」だから最悪の場合、SL値×「1」までとなります

  • ・SL値以外に損失を最小限にする独自決済機能付き

  • ・GMTとの差は自動調整機能付きでパラメータ設定にはストレスフリー

  • ・指定時間でEAを停止する機能付きで事前に設定が可能


  • ※fx-on社のフォワード集計一覧表において古いバージョンで最大保有ポジション数は2が出ていますが、最新バージョンでは最大ポジション数が「1」です。ご安心ください。


  • ▌三つのパッケージが用意


  • ・とりあえず試してみたいなら、ライトパッケージがあります

  • ・自動売買システム(EA)に慣れているから一定のロット数で稼働したいなら、スタンダードパッケージがあります

  • ・複利モードで一攫千金したいなら、フルパッケージがあります


  • package1.4.jpg


    ▌スプレッドについて


  • ・どのEAでも言えることですが自動売買においてスプレッドは一つ無視していけないファクトであります

  • ・国内ブローカーはドル円において基本1pips(=10point)を切っていますが楽天証券等は固定0.5pipsを出しているところもあります

  • ・海外ブローカーを利用する場合、必ず事前にスプレッドを把握しておくことです

  • ・因みに0.5pips(=5point)でバックテストを計測する場合の成績は以下の通りです

  • spread_ver1.5.jpg

  • ・下記の通りスプレッドが小さければ小さいほど利益が大きい


  • compare_ver1.5.jpg



    ▌単利モードのオススメ証拠金

  • 私の考え方ご参考まで


  • ▌パラメータ設定(フルパッケージの例)


  • ・UseAutoTime

  • リアルでは初期値trueのままにしてください。全てのブローカーにおいて時間は自動調整

  • ※tureにした場合のデフォルトの取引時間は下記の通りです。
    03月01日~10月31日 
    日本時間 月曜日8時~金曜日20時 (取引が活発するロンドンとNYのタイムで働くタイプですので毎日09時 ~ 15時EAエントリーしない設計)

    11月01日~02月28(29)日 
    日本時間 月曜日9時~金曜日21時 (取引が活発するロンドンとNYのタイムで働くタイプですので毎日10時 ~ 16時EAエントリーしない設計)

  • ・OpenDay

  • ・OpenHour

  • ・ExitDay

  • ・ExitHour

  • ・ExitMinute

  • -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  • OpenDay~ExitMinuteはバックテスト用ですのでリアルでは無視してください

  • バックテストの場合は利用データGMT時間に基づきUseAutoTimeをfalseにし各パラメータを自分自身で設定するが必要です

  • 下記FXDDのデータであれば、バックテストの場合UseAutoTimeだけをfalseにすれば良いです。ご活用ください

  •  
  • ダウンロード先
  •  
  • -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  • ・Lots

  • エントリーのロット数

  • ・TP

  • エントリーのテイクプロフィット値、デフォルトは40Pips

  • ・SL

  • エントリーのストップロス値、デフォルトは80Pips

  • ・TL

  • トレーリングストップ値、デフォルトは25Pips(トレーリングストップしていくかどうかシステム自動判断)

  • ・Comment

  • 発注に対するコメントを指定します。デフォルトはEA名が入っております

  • ・MagicNumber

  • MetaTraderでEAを使用した自動売買を行うとき、建てたポジションを管理するために使う認証機能です。複数EAを運用する場合は、各EAのマジックナンバーが異なるようにしておくこと

  • ・MaxSlippage

  • スリッページがこの値以上の時は、エントリーを行いません。デフォルトが3Pips

  • ・MaxSpread

  • スプレッドがこの値以上の時は、エントリーを行いません。デフォルトが3Pips

  • ・MM_Mode

  • 複利モード 複利機能をご利用いただけますのがドル口座または円口座です。
    複利モードは専用口座(1口座1EA)での運用をオススメいたします。
    複数のEAがあると片方の「含み損」または「含み益」が余剰証拠金となるため、発注ロット数が乱れる場合があります。
    複利モードで自動ロット数を算出するときは「必要な証拠金+SL場合の最大損失」を考慮しています。

  • ・MM_MoneyMode(FreeMargin)

  •  

  • 複利モードの発注ロット数の算出において、ベースマネーは何にするか(FreeMarginとBalance)を選ぶパラメータです。複利モードのみ機能します。

    【2種類があります】
    (1)FreeMargin = 余剰証拠金
    (2)Balance= 口座残高

    【両者の違いについて】
    同口座で他のポジションがある場合、そのポジションの含み損または含み益を含むのが余剰証拠金。一方、口座残高は含みません。

  • ・MM_MoneyDivide(100)

  • 複利モードの場合、ベースマネーより何割を複利運用に配分するのかを決めるパラメータです。単位が(%)

    例えば、上記でお決めたベースマネーは100万円があるとします。一本勝ちとColor Your Life V2を複利モードで同時に稼働したいとします。
    それぞれの運用資金は口座残高の4割と6割にしたい場合、パラメータの設定は下記の通りです。

    MM_MoneyMode = Balance
    MM_MoneyDivide = 40(一本勝ち)
    MM_MoneyDivide = 60(Color Your Life V2)となります。

    今までは、1口座1EAをオススメしてきましたが、MM_MoneyModeとMM_MoneyDivideとの組み合わせで同口座で複数の複利モードEAを稼働することができるようになりました。

  • ・RiskLevel

  • 複利モードを利用する(MM_Mode=true)場合、設定する必要があります。上記でお決めたベースマネーより何%までロット数算出の原資にするのか設定するものです。範囲1~100
    例:上記でお決めたベースマネーが100万円、1ロット発注には4万円の証拠金が必要、1ロットでSLがあった場合、最大損失が6万円とします。
    ※1ロット数に必要な証拠金とSLがあった場合の最大損失は便宜上のため、4万と6万にしました。あくまでも例でございます。

    複利モードでRiskLevel=100の場合、発注するロット数は「10」になります。
    100万 * (100/100) /  (4+6)= 10

    複利モードでRiskLevel=50の場合、発注するLot数は「5」になります。
    100万 * (50/100) /  (4+6)= 5

    複利モードで稼働する場合、事前にバックテストにて予定運用資金でシミュレーションをし発注するロット数を把握したうえで本番に投入したほうが宜しいかと考えます。

  • ・ChangeLeverage

  • 複利モードでレバレッジを小さく調整したい場合、trueを選ぶます

  • ・Leverage

  • 上記ChangeLeverageをtrueにし場合、運用したいレバレッジ値を指定します。例えば:XM社の本来888倍のレバレッジから25倍にしたい場合、ChangeLeverageをtrueにしたうえで25を入力します。
    複利モードで口座本来のレバレッジ(国内だと例えば25倍とか)で稼働したい場合、このパラメータを無視して結構です。

  • ・UseImpAnouStop

  • trueを選んで頂くと、下記のパラメータとセットで重要な指標を発表時にEAを停止することが出来ます

  • ・StopDayHourMinute

  • 複数の時間帯の登録が可能だが、次の入力ルールに従う必要があります。
    曜日/何時何分開始/何時何分終わりN曜日/何時何分開始/何時何分終わり・・・無制限
    曜日については、0=日 1=月 2=火 3=水 4=木 5=金 6=土)(NはNEXTを意味しています。複数の時間帯を設定する場合、必ず真ん中を挟むこと
    時間はすべてパソコンの時間です
    複数の時間帯を設定する場合、必ず先に来る時間順に入力ください
    時間は24時制です
    "/"は必ず入力を忘れないこと
    ポジションが保有している場合、入力した取引停止の開始時間になったら強制的にクローズを行います
    UseImpAnouStopをfalseにした場合は、無視して結構です
    例1:
    水曜日の11時30分の黒田さん発言の15分前に止めて、発言1時間後再開したい場合、
    3/1115/1230
    例2:
    火曜日と木曜日の午前9時から午後14時に取引をしたくない場合、下記のように入力
    2/0900/1400N4/0900/1400

  • ・NewYearStopMode

  • デフォルトがtrueで年末年始(12/20~1/5)は取引しない設計


  • IsOrderDivide(No)
    発注分割機能、次の3種類を選べます。

    【No】にした場合、発注分割機能を利用しない
    発注ロット数 > ブローカーの1回あたり最大発注ロット数の場合、発注できません。
    ブローカーの1回あたり最大発注ロット数を把握しており単利モード等で最大値を超えることがなければ、
    Noのままで結構です。

    【Auto】にした場合、自動分割発注
    例:発注ロット数が100、ブローカーの1回あたり最大発注ロット数が40とします。
    発注が3回行います
    1回目:40ロット
    2回目:40ロット
    3回目:20ロット

    【Manual】にした場合、OrderMaxLotsで1回目の最大発注ロット数を自分で決め分割発注
    例:発注ロット数が100、OrderMaxLotsを25にした
    発注が4回行います
    1回目:25ロット
    2回目:25ロット
    3回目:25ロット
    4回目:25ロット
    ※OrderMaxLotsがブローカーの1回あたり最大発注ロット数が超える場合、1回あたりブローカーの最大発注ロット数になります。
    例:発注ロット数が100、OrderMaxLotsを50にしたがブローカーの1回あたり最大ロット数が40とします。
    発注が3回行います
    1回目:40ロット
    2回目:40ロット
    3回目:20ロット

    ※分割注文ができるかわりに分割回数が多くなるとパスコンの負担も大きくなります。
    MT4自体もバックテスト用のファイルがあり一定のサイズを超えてしまうと、バックテストが停止する場合があります。バックテスト時は、少額から計測して頂きますようお願い申し上げます。

    OrderMaxLots(20.0)

    1回あたり最大発注ロット数を設定するパラメータです。
    IsOrderDivideを「Manual」にした場合のみ、機能します。
    使い方は上記を御参考ください。




  • 各情報チャートの表示

  • ・稼働していますEAが多くなるとたまには設定したパラメータは「なんでしたっけ」という時はありませんか

  • ・より安心してEAを稼働して頂きたく各情報を可視化しました


  • para_ver1.3.jpg

  • ・表記しています各情報の説明は以下の通りです


  • para_shokaiver1.3.jpg

    ▌注意事項等について


  • ・表示域の都合でEA運用可能会社は一部しか表示されていないが基本はMT4があればブローカーを問わず当EAの利用が可能です。ご安心ください

  • ・すべてEAが言えることではございますが、回線の状態やスプレッド等による同じブローカーでもトレードの結果が異なる場合もありますので、ご了承ください

  • ・MT4を閉じて再起動する場合は、このEAが保有するポジションが決済される場合があります。やむを得ない場合以外はMT4を再起動しないこと

  • ・重要な指標を発表する前にMT4を閉じないままEAの自動売買を停止し再稼働する場合、すぐエントリーされてしまう場合があります。重要な指標を発表時にEAを止めたい場合、UseImpAnouStopをご利用ください

  • ・当EAは私自身も運用しているので将来十分に期待できるEAではないかと思いますがすべての投資商品と同様で必ず儲かることを保証致しませんので自己責任でご運用して下さい

  • ・ご購入後は是非一度バックテストまたはデモ口座で各機能を十分に試して頂いて問題がなければリアル口座で運用を始めたほうが良いかと存じます

  • ・バックテストは1Pipsで実施したものでございますので、リアルでは1pips以下推奨

  • ・接続方法等はfx-on社のお問合せフォームよりお気軽にお問い合わせいただけます

  • [2017年10月18日 11時18分] 最新のコメント
    2017年10月10日 22時27分 更新
    2017年10月10日 22時21分 更新
    2017年10月7日 18時36分 更新
    2017年10月7日 18時35分 更新
    2017年10月4日 20時55分 更新
    口座開設キャンペーン
    購入
    購入
    help
    オンリーワン(スタンダート)
    販売開始日
    2017年9月18日 11時12分
    利用者数
    3 help
    ¥35,000(税込)
    DVD郵送オプション対応
    DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
    ■お支払い方法
    銀行振込手数料お戻し中
    masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済サークルkサンクスコンビニ決済デイリーヤマザキコンビニ決済スリーエフコンビニ決済ヤマザキデイリーストアビットコイン決済
    バージョンアップ
    更新日時
    2017年10月18日
    バージョン情報
    1.5