ホワイトフェニックス:システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

ホワイトフェニックス
ホワイトフェニックス
help
ホワイトフェニックス
まるで裁量トレーダーのような売買!バックテストと実運用の差が少ない始値、終値で判別するロジック!
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
LONE
  • 収益
    266,270
    収益率(全期間)help
    42.05%
  • 推奨証拠金help
    633,238
    勝率
    64.46% (243/377)
  • プロフィットファクター
    1.50
    最大保有ポジション数help
    9
  • リスクリターン率help
    2.34
    最大ドローダウンhelp
    15.2% (114,000)
  • 平均利益
    3,288
    最大利益
    11,610
  • 平均損失
    -3,975
    最大損失
    -10,240
  • 口座残高help
    1,266,270
    初期額help
    1,000,000
  • 含み収益
    -2,960
    通貨
    円建て
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
【GogoJungleTV!】 MT4の基本操作を動画で解説中!
EAの設置方法
MT4の基本操作 ~その1~
MT4の基本操作 ~その2~
通貨ペア
  • [USD/JPY]
取引スタイル
  • [デイトレード]
  • [スイングトレード]
最大ポジション数
9その他:変更可能。
運用タイプ
複数枚運用
最大ロット数
-
使用時間足
M15
最大ストップロス
100その他:各ポジションごとに100pipsとなります。変更可能
テイクプロフィット
350その他:各ポジションごとに350pipsとなります。変更可能
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項

top-1.jpg

setsumei-1.jpg


ロジックの細かい仕様


・このEAはドル円15分足専用のEAとなります。


・売買方法は長い時間足でトレンドを感知し、その押し目もしくは戻りを狙いエントリーを行います。

そのエントリーにエッジがあると判断した場合、追加エントリーを行います。追加エントリーのタイミングは最初のエントリーより低い場合も、ほぼ同値の場合も、高い場合もあります。最初のエントリーに比べて値が高い低いはあまり関係なく、1回1回のエントリーにエッジがあると判断してのエントリーです。

・ポジションはデフォルトで9個まで保有します。(変更可能です)

・損切は1個のポジションにつき100pipが最大損切です。

・損失が出ている際は早めにイグジットを行います。

・同値付近の場合は値が伸びたところでイグジットを行い、利益が大きく出ている場合は長時間保有します。

・大きく利益が出ている場合はトレールで利益を追います。

・保有期間は30分程度の時もあればトレンドが長い場合は3日程度持つこともございます。


・週末に持ち越しても持ち越さなくてもリスクリターンを検証したところ、大きな違いがなかったので週末に決済はなく持ち越しを行います。




上記の通り特殊な売買はいたしておりません。裁量トレーダーがするようなごくごく普通の教科書通りの売買を行います。


バックテスト年利(最大ドローダウンを20%以下に設定した場合です。)


snapcrab_noname_2017-7-18_23-40-56_no-00.png

12年間のバックテストで年間負けなしのロジック!





正直な売買を目指して


私はいくつもEAを購入して騙されてきました。

ナンピン系やマーチン系は買わないにしてもネットにはバックテストは良いのに実運用は稼げないフォワードテストは良いのに実運用は稼げない。というようなEAが溢れています。



原因は


・MT4のティックと実運用のティックの値動きが違うこと。

・スパイク系やブレイクアウト系のEAは実運用だとスリッページが発生する確率が高い。

・スパイク系やブレイクアウト系のEAは実運用だと約定しない確率が高い。

などが挙げられます。



このEAはそれらをできるだけ防ぐためにトレードのほとんどを15分足が確定した時に売買するロジックにしました。
※損切の100pipやトレールに引っかかった場合はその足の途中での売買となります。

15分足が確定した状態ですので、製作者はズルができないEAとなります。







設定について


パラメータについて説明いたします。

MaxBuyPosition   買いの最大ポジション数です。デフォルトだと9に設定してあります。

MaxSellPosition 売りの最大ポジション数です。デフォルトだと5に設定してあります。

(ポジションは2005年から近年までの相場で一番バランスの良いポジション数に設定してあります。)


Lots   1ポジション辺りのロット数です。

Slippage   スリッページです。0にすればその価格で約定しやすくなりますが、滑った場合は約定しない確率が高くなります。。

MaxSpread  最大スプレッドです。スプレッドが拡大した時にどの程度まで売買基準にするかの数値になります。バックテストでは毎回1.0pipsのスプレッドを支払っていると仮定してバックテストをしております。なので1.0で設定しても十分優位性があります。オアンダだとベーシックコースだと0.4pips、プロコースでも0.8pipsなので1.0という設定がどれだけ大きいかわかると思います。

MM    マネーマネジメントです。設定すると口座残高を計算して自動的にロット数を変更いたします。



Risk    MMが有効な場合、口座残高に対してどの程度のリスクを取るかの数値となります。大きければロット数が大きくなりますが、リスクが大きくなります。小さいとロット数が少なくなり、リスクが小さくなります。推奨は2.5以下です。(取引口座の最大レバレッジが25倍の場合)


Magic   マジックナンバーになります。他のEAと区別するためにご自身のわかりやすい数値を入れてください。


BuyOrder_Limit_0    買いの時の利確用指値注文の幅を設定できます。

BuyOrder_Limit_1  こちらも同じです。基本的に上と同じ数値を入れてください。


BuyOrder_Stop_0  買いの時の損切用の逆指値注文の幅を設定できます。

BuyOrder_Stop_1  こちらも同じです。基本的に上と同じ数値を入れてください。



SellOrder_Limit_0    売りの時の利確用指値注文の幅を設定できます。

SellOrder_Limit_1  こちらも同じです。基本的に上と同じ数値を入れてください。


SellOrder_Stop_0  売りの時の損切用の逆指値注文の幅を設定できます。

SellOrder_Stop_1  こちらも同じです。基本的に上と同じ数値を入れてください。





BuyTrailClose_pips_0  買いの場合、何pips利益が出た時にトレール注文を動かすかを設定できます。

BuyTrailClose_Closepips_0  買いの場合のトレール幅を設定できます。

SellTrailClose_pips_0  売りの場合、何pips利益が出た時にトレール注文を動かすかを設定できます。

SellTrailClose_Closepips_0  売りの場合のトレール幅を設定できます。


Timeif_start_0    ある条件下における売買の時間設定となります。日本時間の23時を基準に設定してください。

デフォルトだとGMTが夏時間:GMT+3冬時間:GMT+2の業者の場合、17:00に設定してあります。夏時間と冬時間の1時間の差は成績にそこまで大きな変化を起こさないので夏、冬で変更しなくても問題ございません。

※お使いの証券口座がどのGMTに当たるかについては、当方では返答できかねます。ご自身でお調べになるか、お使いの証券会社にお問い合わせください。


Timeif_start_1    上記と同じ時間に設定してください。


[2017年8月20日 03時11分] 最新のコメント
2017年7月27日 16時58分 更新
2017年7月26日 12時55分 更新
2017年7月26日 11時42分 更新
2017年7月21日 12時21分 更新
2017年7月21日 10時48分 更新
LONEさんの現在販売中の商品
口座開設キャンペーン
購入
購入
help
ホワイトフェニックス
販売開始日
2017年7月17日 14時58分
利用者数
72 help
¥29,800(税込)
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
銀行振込手数料お戻し中
masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済サークルkサンクスコンビニ決済デイリーヤマザキコンビニ決済スリーエフコンビニ決済ヤマザキデイリーストアビットコイン決済
バージョンアップ
更新日時
2017年8月1日
バージョン情報
1.7