Angel Heart USDJPY:システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【GogoJungle】

Angel Heart USDJPY
Angel Heart USDJPY
help
Angel Heart USDJPY
エリオット波動論に基づいた高勝率EAです!
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
エンジェル
  • 収益
    141,529
    収益率(全期間)help
    61.15%
  • 推奨証拠金help
    231,444
    勝率
    66.76% (249/373)
  • プロフィットファクター
    1.60
    最大保有ポジション数help
    4
  • リスクリターン率help
    3.60
    最大ドローダウンhelp
    11.44% (39,355)
  • 平均利益
    1,523
    最大利益
    3,070
  • 平均損失
    -1,916
    最大損失
    -10,140
  • 口座残高help
    1,141,529
    初期額help
    1,000,000
  • 含み収益
    -
    通貨
    円建て
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
【GogoJungleTV!】 MT4の基本操作を動画で解説中!
EAの設置方法
MT4の基本操作 ~その1~
MT4の基本操作 ~その2~
通貨ペア
  • [USD/JPY]
取引スタイル
  • [デイトレード]
  • [スキャルピング]
最大ポジション数
4
運用タイプ
複数枚運用
最大ロット数
50その他:ブローカーの最大ロット数による。
使用時間足
M15
最大ストップロス
100その他:任意に設定可能。
テイクプロフィット
30その他:任意に設定可能。
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
最大ストップロスに頼らず、適当な位置で損切りします。 トレーリングストップ機能搭載しております。
☆★更新情報・お知らせ★☆


トレーリングストップ機能を実装しました。

10年バックテストではトレーリングストップ機能を無効にしたほうが成績は良いですが、直近の成績を比較するとさほど変わりはありませんので、勝率が高く毎年の利益が安定していますトレーリングストップ機能有効をデフォルト設定としています。

公式バックテストもトレーリングストップ機能を有効にした際の結果を掲載しています。
参考までにトレーリングストップ機能を無効にした際の10年バックテストの結果を下記に掲載します。

運用者様はお好みの設定で運用していただくようお願いします。

ANGEL_05_trailOFF.jpg



☆★EAの特徴★☆




・USDJPY15分足を使用します。

・エリオット波動論に考え方に基づき、第3波を狙ったトレードをします。

・修正波ではエントリーしないように設計しているので、トレンドフォロータイプに多い、調整時にドカンと負ける事は本EAでは発生しにくいです。

・思惑通り行かなかった場合は撤退モードにて損失を最小限に抑えます。

・エントリーはローソク足が確定後に行いますので、公式フォワードとはかけ離れた結果にはなりにくいです。

・スプレッドの影響を受けにくいEAです。(影響を受けることが稀です)

故にバックテストはスプレッド10で行なった結果を掲載していますが、10ではリアルトレードの成績には到底及びません。(同時期の比較)





☆★エリオット波動論とは・・・★☆




相場はめちゃくちゃに動いているようで、実は法則に従って同じようなパターンを何度も何度も繰り返しており、そのパターンは大衆心理が渦巻くからこそ、その結果としての株価の値動きには法則が生まれます。

これは19世紀、ラフル・ネルソン・エリオットという人物が発表した理論です。



エリオット氏によると、相場は下図のようなパターンで動きます。

inparusu.jpg





数字で書かれた部分が推進波と呼ばれ、トレンド方向の動きとなります。

アルファベットで書かれた部分が修正波と呼ばれ、本格的な調整の動きとなります。

推進波と修正波を一纏めにして「インパルス波動」と呼ばれます。



推進波、修正波が発生する心理は下記のようになります。



■第1波

最初の上げです。たいていは、少数の人たちが「今が買いでしょ」と気づいて買い始めたことで上げ始めます。実際理由はいろいろでしょうけど(指標発表など)、このような先駆者の買いの影響が第1波の上げとなります。



■第2波

ここにくると第1波で勝っていたトレーダーが利食いを始めます。

しかしまたある程度下がると「割安」になり買われてきます。

基本的に第1波の安値は割り込みません。



■第3波

第3波が一番長く強い波動となります。

一番注目を浴びる時期です。

「俺も買いたい!私も買いたい!」となり、勢いを増して第1波の高値を超えて上げていきます。



■第4波

第2波と同じように利食いが始まります。



■第5波

ここでほとんどの一般大衆が買います。一般大衆が遅れて買う動機は「欲」です。

ここまで上げると、良いニュースが出たりします。それにつられてたくさんの一般大衆が買わずにいられなくなるのです。

この時が、最も割高となっている時です。



■a~c波

冷静なプロトレーダー達は第5波の上昇でタイミングを見計らい利食いや空売りを始めます。

これが原因でその後のa,b,cパターンという本格的な調整の動きが出るのです。







☆★第3波を狙ったトレードをします!★☆




本EAはエリオット波動論の考え方を参考に第3波を狙っております。

エントリーロジックにはボリンジャーバンド、ZIGZAGは使っておらず、上下のカウントも行なっておりません。

考え方はシンプルで、ある一定以上の大きさの変動があれば、その勢いの度合いからエントリーするタイミング(時間)を計算しエントリーする非常に独特なエントリー手法となっております。



2017年9月から2ヶ月間はボラリティが小さく、第1波の大きさもあまり大きいものではありませんでした。

第1波の大きさが小さいとエントリータイミングは短くなる傾向にあり、そこが第2、第3波の間の押し目や戻りと外れており成績はトントン状態となっています。

バックテストを確認して頂けるとわかると思いますが、このような現象は定期的に起こり、その際でも収支はトントンで逃げています。

どのEAにも言えることですが、得意相場、不得意相場はあります。

もしご購入された際は一度バックテストを行なって頂き、どのようにエントリーを行なって利益を上げていくのかをご確認いただければ、不調期の状態も納得して長期的にご利用できるものと思います。



1波が大きければ大きいほど、2波の戻りで必ず大きなSLを食らうといった意見もありますが、最初の上げが大きいほどエントリータイミングも遅くなる傾向になりますので、2波の戻りで必ず大きなSLを食らうといった事は発生しません。



あと押し目でエントリーするタイプのEAは調整が入った途端にドカンと負けることが多いですが、本EAはダイバージェンスを認識し修正波ではエントリーしないように工夫されております。



雇用統計時は稼働停止を推奨するEAもありますが、本EAは大きく相場が変化する時は第1波と認識しますのでエントリーは起こりません。

故に稼働を止める必要はありません。

基本ほったらかしで大丈夫です。





☆★撤退モード搭載!損失を最小限に!★☆


マーケットで生き抜くには損切りは重要です。

損切りさえ上手くできれば市場で生き残って利益をあげられるのです。

エリオット波動は高勝率でうまくいく手法ですが、いつもうまくいくわけではありません。

第1波が実は第1波では無かったということも発生し思惑通りことが進まないことも起こりえます。

そのような場合には最良な場所で損切りし次のエントリーに備えるように設計しております。

具体的には、ある一定時間経つと発動するエントリーがあります。

このエントリーが発動後は撤退モードとなり最適な場所で決済を行うのです。

基本約12時間以内には撤退モード用のエントリーが入るように設計されています。

(必ずしも12時間とは限りません。)







☆★しっかりとフォワード計測を行いました★☆


最近出品されているEAはフォワード計測を行わずして出品されている方もおられるようです。



自分はバックテストだけ信じてフォワード計測がないEAに値段が安いうちに飛びついてしまい、結局EA代も回収できないままお蔵入りになった経験があります。

3ヶ月はフォワード実績を見てから購入したほうが良いと言われますが・・・

3ヶ月様子を見ている間に値段も上がってしまうし・・・

と、お悩みではありませんか?



安心してください!すでに3ヶ月以上測ってますよ!!


本EAは3ヶ月と決して長いとは言えませんが、フォワードテストを行ってからの出品となります。

自身が行ったフォワード結果を掲載いたします。

急激に上昇して急激に下降している結果は初期バージョンの結果です。

その後試行錯誤を繰り返し3/22より現バージョンに落ち着きました。

現バージョンになってから出品を行うまでの3ヶ月は右肩上がり継続中です。

撤退モードがうまく働き、DDを抑えています。



fx-on様でフォワード計測を行っていただけるため、上の計測は2017年7月末で停止しております。



ご要望がありましたのでリアル口座を公開します。

運用口座:外為ファイネスト

(↓クリックするとMYFXBOOKが開きます。)









☆★リアルの結果がバックテストと同じように推移するのが重要です!★☆


発売から3ヶ月以上が経過しておりますが、他のEAと比べ公式フォワードと乖離が非常に少ないと高評価を頂いております。



あと、下記レビューを頂きました。

*********************************

購入してバックテストしてみればわかるのですが、昨年や一昨年の成績はそんなに良くはなく、トントンぐらいです(その後、Ver.upで昨年、一昨年の収益はアップしています)。

今夏になって相場環境に合っているのか成績は抜群です!

EAですから不調期があるのは当たり前ですから、その不調期でトントンならかなりいいEAなのかもしれません。

**********************************

成績の推移に関しても、8月とは一変、9月からは不調期に入りましたが、成績はトントンを維持しております。

この成績推移は過去のバックテストでの成績の推移と変わりがありませんので、バックテストどおりに成績が推移することが期待できます。



☆★設定値★☆




▶MAGIC1~8

 マジックナンバーです。



▶Main_Lots (初期値:0.1)

 基本エントリーのロット数です。

 ”MaxLots”のパラメータの値より大きい値だと”MaxLots”の値となりますのでご注意願います。

 

▶Tettai_Lots (初期値:0.01)

 撤退モード時にエントリーするポジションのロット数です。

 撤退モードの突入を示すためのエントリーですので利益を期待しておりません。

 故に最小Lotにするのがお勧めです。

 ブローカーの最小ロット数に注意してください。



▶Trail_Lots (初期値:0.01)

 トレーリングストップ機能が発動した際にエントリーするポジションのロット数です。

 トレーリングストップ機能が発動したことを示すためのエントリーですので利益を期待しておりません。

 故に最小Lotにするのがお勧めです。

 ブローカーの最小ロット数に注意してください。



▶StopLoss1 (初期値:100)

 基本エントリーのストップロス値です。

 

▶TakeProfit1 (初期値:30)

 基本エントリーのテイクプロフィット値です。

 ポジション数に関わらず個々のポジションに適応されます。

 TakeProfit2やTakeProfit3の設定値を大きくする場合はここの値は大きめに設定しておいたほうが良いです。

 

▶TakeProfit1P (初期値:30)

 ここに設定されたpips利益が出た場合に決済を行います。デフォルトは30です。

 (ポジションを1つ保有している場合。撤退モードポジションは含まない。)



▶TakeProfit2 (初期値:40)

 ここに設定されたpips利益が出た場合に決済を行います。デフォルトは45です。

 (ポジションを2つ保有している場合。撤退モードポジションは含まない。)



▶TakeProfit3 (初期値:50)

 ここに設定されたpips利益が出た場合に決済を行います。デフォルトは60です。

 (ポジションを3つ保有している場合。撤退モードポジションは含まない。)



▶TrailingStopMode (初期値:true)

 トレーリングストップの有効無効を設定するパラメータです。

 デフォルトは有効(true)となっております。

 falseを選択されますとトレーリングストップ機能が無効となります。



▶TrailingStopPoint (初期値:10)

 トレーリングストップの固定幅を設定するパラメータです。

 1ポジションに対しての幅になります。

 故にポジションが3つの場合は10pips×3ポジションの合計30pips利益が目減りした際に決済となります。



▶TrailingStartPoint_1P (初期値:20)

 ポジションが1ポジションの場合、設定した値の利益(pips)が発生した際にトレーリングストップ機能が発動します。



▶TrailingStartPoint_2P (初期値:30)

 ポジションが2ポジションの場合、設定した値の利益(pips)が発生した際にトレーリングストップ機能が発動します。



▶TrailingStartPoint_3P (初期値:40)

 ポジションが3ポジションの場合、設定した値の利益(pips)が発生した際にトレーリングストップ機能が発動します。



▶Slippage (初期値:50)

 設定したpips以上の発注のズレが発生した場合は発注を見送ります。

 レイテンシ(遅延時間)が大きい環境ではスリッページが大きくなりますので、ここの値を小さくしすぎると環境によって発注や決済が行われなくなります。(週末決済機能等にも影響を与えます。)

 値を小さくする場合はそのことを理解したうえで設定してください。



▶Max_Spread (初期値:50)

 スプレッドフィルターです。

 設定したpips以上のスプレッドが開いた場合は発注を見送ります。

 ここの値を小さくしすぎるとブローカーによって発注が行われなくなります。

 値を小さくする場合はそのことを理解したうえで設定してください。



▶TettaiTime (初期値:12)

 撤退モードに突入する時間を自由に設定できます。単位は(時間)です。

 12を入力すると12時間となります。



▶MM (初期値:false)

 trueで複利モードとなります。

  

▶Risk (初期値:5)

 "Risk"のパラメータで複利のロット調整が可能です。

 計算式は以下のようになります。



 Lots = 口座残高× (Risk ÷ 100) ÷ BaseLots ÷ (sl ÷ 100)

 BaseLotsはご使用のブローカーの最小通貨単位となります。

 1000通貨単位であれば100,000が入ります。



 "Risk"の単位は%となっており、これは口座残高に対する1ポジションあたりの最大損失の大きさとなります。

 例えば口座残高が50万円の場合で、Risk値を5%とした場合は1ポジションあたりの最大損失は25,000円となります。

 ここで最小通貨単位が1000で"StopLoss1"が100pipsに設定されている場合は、ロットの大きさが0.25となります。



▶MaxLots (初期値:1.0)

 複利機能をご使用の際に活用して下さい。

 ここで設定したロットより大きな設定値にはなりません。

 (複利を利用しない際も反映されますのでご注意ください。)



▶ExitTime (初期値:22:50)

 週末決済を行う時間です。

 曜日は金曜日固定となっています。

 時間はブローカーの時間となります。

 ※時間はMT4に表示されている時間となります。

 各ブローカーによって取引可能時間に違いがあるようですので、取引可能時間内に設定していただくようお願いします。

 ※注意 環境によっては上手く動作しないこともありますので、確実に週末持ち越しをさせたくない場合は手動決済や自動売買OFFを行なって下さい。



▶TradeEnd (初期値:22:30)

 週末取引停止時間です。

 曜日は金曜日固定となっています。

 金曜日の設定時間以降は条件が揃っても取引が発生しません。

 週末持ち越しポジションを発生させたくない場合は、ここの時間を"ExitTime"より前の時間にして下さい。

 ※時間はMT4に表示されている時間となります。



 週末持ち超しなし、雇用統計の15分前に週末決済してしまいたい場合は以下に設定していただければ良いです。

  GMT+3(冬時間+2)の場合

  ExitTime → 15:15 (冬 16:15)

  TradeEnd → 15:00 (冬 16:00)



▶COMMENT

 好きなコメントをご記入し管理するのにお使いください。

 デフォルトはEA名が入っております。





☆その他注意事項☆

・楽天証券は月曜のスタートの時間が他の証券会社と異なるため、月曜日の取引結果が若干変わる可能性があります。

・証拠金不足にはご注意願います。ポジションを3つ取得できる証拠金がないと正常に稼働いたしません。

 (証拠金不足になった際は異常と判断し保有しているAngel Heart USDJPYのポジションを全決済致します。)

・GMT+3(冬時間+2)を採用しているブローカーを推奨します。

 その他のブローカーでも使用可能ですが、週末決済時間や週末取引禁止時間の設定に関しては十分ご注意ください。



☆改訂履歴☆

▶AngelHeart_USDJPY_M15(初版 2017年7月6日~)

▶AngelHeart_USDJPY_M15_01(2017年8月24日~)

 ・同通貨を扱う他のEAと同口座で使用できない問題を改善しました。

 ・USDJPYの表示が特殊なブローカーでは動作しない問題を改善しました。

 ・週末持ち越しポジションを持たない仕様に変更しました。

 ・スプレッドフィルターを搭載しました。

▶AngelHeart_USDJPY_M15_02(2017年9月25日~)

 ・複利機能の追加(口座残高ベースのみ)

 ・週末取引停止時間を自由に設定できるようにしました。

 ・撤退モードの突入時間を自由に設定できるようにしました。

 ・最大ロット数を決めれるようにしました。

 ・決済ロジックを追加しました。

 ・不具合の修正(TakeProfitの問題)

▶AngelHeart_USDJPY_M15_03(2017年10月6日~)

 ・撤退モード時の決済ロジックを追加しました。

 ・パラメータのデフォルト値を変更しました。

▶AngelHeart_USDJPY_M15_04(2017年10月**日~)

 ・不具合の修正(FXTF、OANDA東京のようなUSDJPYの表示が特殊なブローカーに対し)
▶AngelHeart_USDJPY_M15_04(2018年3月26日~)

 ・トレーリングストップ機能の追加。 

 ・パラメータの変更

[2018年3月26日 00時51分] 最新のコメント
2018年3月26日 00時51分 更新
2018年3月26日 00時49分 更新
2018年3月24日 21時28分 更新
2017年12月22日 00時03分 更新
2017年10月18日 01時08分 更新
口座開設キャンペーン
購入
購入
help
Angel Heart USDJPY
販売開始日
2017年7月6日 15時56分
在庫数
13
申込み数
520 help
利用者数
467 help
¥24,800(税込)
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
銀行振込手数料お戻し中
masterカードvisaカード銀行振込コンビニ決済
コンビニ決済サークルkサンクスコンビニ決済デイリーヤマザキコンビニ決済スリーエフコンビニ決済ヤマザキデイリーストアビットコイン決済
バージョンアップ
更新日時
2018年3月26日
バージョン情報
05