トレンド・サーファー Trend Surfer EA Ⅲ型 最大4ポジションで損益安定化:システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

トレンド・サーファー Trend Surfer EA Ⅲ型 最大4ポジションで損益安定化
トレンド・サーファー Trend Surfer EA Ⅲ型 最大4ポジションで損益安定化
トレンド・サーファー Trend Surfer EA Ⅲ型 最大4ポジションで損益安定化
トレンドフォロー 損小利大 大相場に強い 実現利益重視 通貨ペア・時間軸フリー
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
FXサバイバル
  • 収益
    -380,375
    収益率(全期間)help
    -24.33%
  • 推奨証拠金help
    1,563,260
    勝率
    26.80% (339/1265)
  • プロフィットファクター
    0.88
    最大保有ポジション数help
    4
  • リスクリターン率help
    -0.68
    最大ドローダウンhelp
    33.12% (556,500)
  • 平均利益
    8,514
    最大利益
    52,650
  • 平均損失
    -3,528
    最大損失
    -38,875
  • 口座残高help
    619,625
    初期額help
    1,000,000
  • 含み収益
    -11,300
    通貨
    円建て
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
【GogoJungleTV!】 MT4の基本操作を動画で解説中!
EAの設置方法
MT4の基本操作 ~その1~
MT4の基本操作 ~その2~
通貨ペア
  • [SPX500]
  • [NASDAQ]
  • [HK50]
  • [UK100]
  • [DAX30]
  • [CAC40]
  • [EUROPE50]
  • [AUSSIE200]
  • [DJ30]
  • [BTC/NZD]
  • [BTC/GBP]
  • [BTC/AUD]
  • [BTC/EUR]
  • [BTC/USD]
  • [BTC/JPY]
  • [GBP/CAD]
  • [SGD/JPY]
  • [CrudeOIL]
  • [NZD/CHF]
  • [CAD/CHF]
  • [GBP/NZD]
  • [GBP/AUD]
  • [EUR/NZD]
  • [ZAR/JPY]
  • [JPN225]
  • [AUD/NZD]
  • [USD/SGD]
  • [EUR/TRY]
  • [USD/INR]
  • [USD/CNY]
  • [OIL/USD]
  • [EUR/CAD]
  • [USD/HKD]
  • [USD/TRY]
  • [USD/KRW]
  • [XAG/USD]
  • [USD/CNH]
  • [USD/MXN]
  • [USD/TWD]
  • [XAU/USD]
  • [GBP/CHF]
  • [AUD/CAD]
  • [AUD/CHF]
  • [EUR/CHF]
  • [EUR/AUD]
  • [EUR/GBP]
  • [USD/CAD]
  • [USD/CHF]
  • [AUD/USD]
  • [NZD/USD]
  • [GBP/USD]
  • [EUR/USD]
  • [NZD/JPY]
  • [CAD/JPY]
  • [CHF/JPY]
  • [AUD/JPY]
  • [EUR/JPY]
  • [GBP/JPY]
  • [USD/JPY]
取引スタイル
  • [デイトレード]
  • [スイングトレード]
最大ポジション数
4
運用タイプ
複数枚運用
最大ロット数
-
使用時間足
H1
最大ストップロス
0その他:相場により変動します
テイクプロフィット
0その他:オープン
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
あり
特記事項
エントリー可能時間制御・週末エグジット機能を使用するときは、日足5本のFX業者で運用してください。



本EAは「トレンド相場でドカンとゲット。」インジケーターのロジックを用いています。
本EAは証券会社接続を前提として開発しました。
同じロジックを用いた1ポジションのEA「トレンド・サーファー Trend Surfer EA Ⅱ型」もあります。個人投資家の方にはこちらをお薦めします。

【特徴】
順張りタイプのEAです。
トレンドの初動・終焉を上手く捉えるロジックを採用しています。
最大4ポジション使用します。ポジション最大数は設定可能です(1~4)。
第1ポジション~第4ポジションは、通常、ばらばらにエントリー・エグジットしますが、
相場状況により、同時にエントリーまたはエグジットすることもあります。
エントリーと同時にSLを設定します。
エグジットは成り行き決済またはSLヒットになりますが、大抵は成り行き決済になります。

勝率を追求したEAではありません。
大きなトレンドが出れば、大きく勝ちます。
トレンドがはっきりしないと、小さな損切の連続になります。
所謂、損小利大です。
トータル損益はプラス(プロフィットファクター1.2程度)になります。
リスクリワード比が優れています。
含み損は抱えません。

小額の証拠金でも運用できます。
通貨ペア・時間軸は自由に選べます。
マジックナンバーを変えれば、1口座で複数運用可能です。

【推奨通貨ペア】
初期設定はUSDJPYを想定した設定値としてあります。
その他の通貨ペアでも使用可能です。

【推奨タイムフレーム】
60分
その他の時間足でも使用できます。
日足が週6本のFX業者では、日足と4時間足での運用は避けるほうが無難です。

【証拠金とロットの目安】
100万円で0.25ロット(2万5千通貨)が適正と思われます。

【設定項目】
tsbdialog120.png

Position Count:最大ポジション数(1~4で設定する)
Magic Number #1:第1ポジションのマジックナンバー
Band Deviation #1:第1ポジション用の偏差(正の実数を設定する)
Period #1:第1ポジション用の期間(2以上を設定する)
Magic Number #2:第2ポジションのマジックナンバー
Band Deviation #2:第2ポジション用の偏差(正の実数を設定する)
Period #2:第2ポジション用の期間(2以上を設定する)
Magic Number #3:第3ポジションのマジックナンバー
Band Deviation #3:第3ポジション用の偏差(正の実数を設定する)
Period #3:第3ポジション用の期間(2以上を設定する)
Magic Number #4:第4ポジションのマジックナンバー
Band Deviation #4:第4ポジション用の偏差(正の実数を設定する)
Period #4:第4ポジション用の期間(2以上を設定する)
Lots:発注ロット数
Max Spread:発注可能な最大スプレッド
Slippage:発注時のスリッページ
Use Trailing Stop:トレーリング・ストップ機能を使用するかどうか
Use Entry Time Control:エントリー可能時間制御をするかどうか
Entry Start Time:エントリー可能時間始め(hh:mm形式で指定する)
Entry End Time:エントリー可能時間終わり(hh:mm形式で指定する)
Use Weekend Exit:週末エグジット機能を使用するかどうか
Weekend Exit Time:週末(金曜日)のエグジット時刻(hh:mm形式で指定する)
Comment:コメント
BUY Arrow Color:買いエントリー矢印色
SELL Arrow Color:売りエントリー矢印色
Close Arrow Color:クローズ矢印色

初期設定値は画面コピーの通りです。

エントリー可能時間帯・週末エグジット時刻について
時間の設定はチャートの横軸に従います。
0時を跨いでエントリー可能時間を設定することはできません。エントリー可能時間終わりはエントリー可能時間始めより後になるように設定してください。
エントリー可能時間と週末エグジット時刻を両方設定するときは、週末エグジット時刻がエントリー可能時間終わりより後になるように設定してください。
本EAはバーの始めにしか動かないEAです。これは、エントリー可能時間の指定、週末エグジット機能にも当てはまります。
週末エグジット機能の初期値は、60分足以下の運用に適した設定にしています。4時間足以上で運用する場合は、機能自体をオフにするなどしてください。

【最適化について】
本EAは、各ポジションの期間を少しづつずらせることで、分散エントリー・エグジットを行い、これによる損益安定化を企図しています。期間は10が最も良いはずなのですが、相場によっては9が良かったり11が良かったりします。この相場と期間パラメーターの微妙なずれに対処する一つの方法として、本EAは4ポジションによる分散方式を採用しています。

最適化の手順は以下の通りです。
まず、各ポジションの期間を決定します。通常はデフォルト設定が適当です。
次に、各 Band Deviation を使用したい時間軸で最適化します。なお、Band Deviation の最適化前の値は、通常は1.0(値動きの荒い通貨ペア・銘柄(例:GBPUSD)は2.0)です。
初期設定値は既に最適化していますが、最適化前の設定でも、分散エントリー・エグジットの効果により、1ポジションと比較して損益が安定する効果は見られます。

ドル円 1時間足 各 Band Deviation = 1.0

tsbdefault.png
tsbdefault.gif


ドル円 1時間足 各 Band Deviation 最適値(初期値)

tsboptimisation.png
tsboptimisation.gif



【フォワードテストとバックテストの差異について】
フォワードテストとバックテストに差異が生じる要因は以下の通りです。
1.週マタギの窓
 週初めの窓により、保有ポジションが損切りになった場合、フォワードテストでは実際のレートで損切りされますが、バックテストではSLで損切りされ、損失が少なくなります。
週末エグジット機能を有効にして、週マタギのポジションを持たないようにすると、この問題を解消できます。Ver.1.20からは初期値で週末エグジット機能を有効にしています。参考情報⇒Trend Surfer EA II型 週末エグジット機能の有効性について
2.スプレッド拡大
 ロウソク足の開始時にエントリー条件が満たされていても、スプレッドが拡大していて、エントリー制限に引っかかると、その足でのエントリーは見送られます。バックテストでは、スプレッド拡大は起こりませんので、スプレッド拡大がフォワードテストとバックテストの差異の要因になっています。この事象は、ドル円1時間足での運用の場合、FOMCと日付が切り替わる直後に起きやすいです。
3.約定価格の滑り
 フォワードテストではプライスが滑る場合もありますが、バックテストではプライスの滑りは起きませんので、両テストの差異の要因となっています。

【バージョンアップ情報】
2017.08.26 Ver.1.20
1.トレーリング・ストップ機能を追加
2.パラメーター初期値変更
 週末エグジット機能をオン

[2017年9月25日 15時52分] 最新のコメント
2017年9月22日 08時35分 更新
2017年9月13日 07時17分 更新
2017年9月7日 10時21分 更新
2017年8月26日 23時27分 更新
2017年8月26日 16時20分 更新
口座開設キャンペーン
購入
購入
help
トレンド・サーファー Trend Surfer EA Ⅲ型 最大4ポジションで損益安定化
販売開始日
2017年4月12日 12時03分
利用者数
0 help
¥120,000(税込)
※EAの計測は停止しております。
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
銀行振込手数料お戻し中
masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済サークルkサンクスコンビニ決済デイリーヤマザキコンビニ決済スリーエフコンビニ決済ヤマザキデイリーストアビットコイン決済
バージョンアップ
更新日時
2017年8月28日
バージョン情報
1.20