EAクリエイター無料版からの超シンプルロジックEA(WSPMUJ5M1):システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
EAクリエイター無料版からの超シンプルロジックEA(WSPMUJ5M1)
EAクリエイター無料版からの超シンプルロジックEA(WSPMUJ5M1)
help
EAクリエイター無料版からの超シンプルロジックEA(WSPMUJ5M1)
10年間で利益10000$以上・最大ドローダウン600$未満(シングルポジション。複利offの場合)
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
だぶるいー
  • 収益
    71,390
    収益率(全期間)help
    44.05%
  • 推奨証拠金help
    162,079
    勝率
    68.00% (85/125)
  • プロフィットファクター
    1.49
    最大保有ポジション数help
    2
  • リスクリターン率help
    1.99
    最大ドローダウンhelp
    17.28% (35,790)
  • 平均利益
    2,563
    最大利益
    5,230
  • 平均損失
    -3,661
    最大損失
    -21,010
  • 口座残高help
    1,071,390
    初期額help
    1,000,000
  • 含み収益
    -
    通貨
    円建て
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on Labo
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
通貨ペア
  • [USD/JPY]
取引スタイル
  • [デイトレード]
  • [スイングトレード]
初期証拠金額
1,000,000
最大ポジション数
1
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
0.1
使用時間足
M5
最大ストップロス
210その他:Buy=210pips,Sell=130pips
テイクプロフィット
50その他:Buy=50pips,Sell=50pips
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
内部ロジックによる決済あり(テクニカル・ブレークイーブン・トレーリング(ATR含む))、複利機能付き


<<WeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV5>>



 こちらのページにアクセスして頂きありがとうございます。だぶるいー、と申します。
裁量トレーダーとして、2015年に1年間ほど某FX会社のトレードバトルに参戦しました。
pipsランキングで全国10位(約2週間で6000pipsほど獲得)になったこともありました。
…21位、59位にもなり、1年間で3回ほど、約2000人中で上位(100位以内)にランクインしました。

 そんないくつかの手法の中からEA化したものを販売しております。
 (ブログに過去のトレードバトルの履歴をまとめておきました。)
 ↓
 
 ~リンク:裁量トレードpipsランキング履歴~~



①EAの商品概要

■実際の価格レートの位置からトレンドを見極め売られ過ぎ買われ過ぎで売買を行う(終値確定足)
エントリー方向は順張り、エントリータイミングは逆張りで行う正統派・王道手法タイプで、
エントリーしてから含み損を抱えてもプラスで終わらせたり損失が最小限になるように設計いたしました。
■シングルポジション
…ナンピン、マーチンゲール、ピラミッティング、両建ての類なし
■EAクリエイター無料版で原型を作成後に、機能の追加や修正を行い、純益や不具合の改善を図りました。

スキャル系EAは、1回の損失が軽微で精神的に楽だけど、もっとガッツリ利益を狙いたい、どんな口座でも同じパフォーマンスが再現できれば…と考えていらっしゃるそんな方にはおススメです。当EAは、5分足という比較的短い時間枠で細かい分析の基、適切なエントリーと決済を実現し、損失は最小限にとどめ、なおかつ5分足にしては最大利益が50pipsと、ガッツリ取れて満足感があり、将来的に明るい気持ちになれるEAです。
そして!あまり公には現状では言えないのですが、スキャル系EAと当EAは非常に相性が良すぎるのです(逆張り系EAとも非常に相性が良すぎました)。併用されると、純益はそのままに、最大ドローダウンは減少する現象が見られました(後述の記述もご参考になさって下さい)。

②販売価格計算式

■恣意的な販売価格を避けるため、
 バックテスト結果からEAの能力を推し量り公正な価格を
 下記の計算式にて設定しています。

20000(基準価格,単位=円) × 1170(年間平均純益ドル) / 576(MDDドル/10年以上)
=40000円(下3桁切り捨て)

 (※価格の上限30000円制度適用により)
=販売価格30000円でご提供いたします。

 (年間平均獲得1000ドル、MDD1000ドル/10年以上であれば販売価格は基準価格と同じ20000円になります。)

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※掲載バックテストのスプレッド:1.0pips
※ロット=0.1あたり、単利運用の場合
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

--------------------
■ちなみに、
 5000ドルから複利MMパラメーターrisk50
 (1ドル100円のとき資金50万円で2~3万通貨前後の割合で運用スタート)
 で始めた場合のバックテスト結果

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※スプレッド:1.0pips
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

純益:1001788.08ドル(日本円で約1億円)
PF:1.25
最大DD:198309.50ドル(23.75%、約2000万円、資金約8000万円のときに発生)

※あくまでもバックテストの結果から計算したものに過ぎませんが、
人生のうちで3万円を払って50万円で運用して10年で億万長者になれるかも知れないなんて、とても夢のある話だと思います。

※詳しくはブログをご参照ください
 ↓

~リンク:複利運用のバックテスト結果詳細~



--------------------

※当EAは、単利運用の場合、計算上では最大DDが生じた場合、半年でその損失分を解消できます。

※純益と最大DDのバランスからすると、プロフィットファクターはもっと高くてもいいかなと感じますが、1点台前半です。
これは、過去10年間で何回か最大DDに近い損失を計上しながらも打たれ強く利益を伸ばしていっているのかなと思います。
逆に言えば、過度にカーブフィッティングしていない証になるのかな、と思います。
いずれにしましても、シングルポジションのEAで10年間での純益が10000ドル以上で最大DDが500ドル台というのは優秀だと思います。

③主なパラメーター特記事項

■MoneyManage(複利機能)=trueの場合(デフォルト=false)
…RiskRate=50(デフォルト)ならば余剰証拠金20万円につき1万通貨の割合でエントリーします。

…バックテストでは10年間中の最大ドローダウンはおよそ600ドル。その時1ドル150円だったと仮定すると、1万通貨では9万円の損失。必要証拠金はレバレッジ25倍の国内口座なら6万円。それらを足して15万円ですが、余裕を持って20万円で1万通貨(複利運用ならriskパラメーター=50)の運用をしたとします。
そして10年間でおよそ11000ドルの純益なので、年間平均1100ドル。1ドル100円と仮定すると年間11万円。
20万円の運用で11万円の利益ですので、
単利ベースでは年利55%が見込めます。
もちろん、海外口座でレバレッジが高ければ、取れるポジション量は増やせます。
更に、バックテストは1.0pipsでの結果なので、より狭い口座で運用すれば、収益率は増える可能性はあります。

====================

■他のEAとこのEAを同時稼働させる場合には、バックテストをして頂き、レポート保存をしたHTMファイルにて
 reportmanagerで複数のEAのバックテストを結合させた結果をみると、かけられるリスクを判断しやすいかなと思います。
…場合によってはEAの掛け合わせによって純益はそのままに最大ドローダウンが抑えられることもあります。

[その例①…FX-ONで販売されているSuper NOVA 2.0 (開発者のGustさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②Super NOVA 2.0 と一緒に稼働させた場合、
 (Super NOVA 2.0 単体ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約22倍。)
 ↓
③純益17576.68$/最大ドローダウン495.03$(約35倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8788$/最大ドローダウン248$(約35倍))

 と、純益はやや落ちたものの、最大ドローダウンが半減しパフォーマンスが向上しました。

[その例②…FX-ONで販売されているYellowBicycleScalper for USD/JPY v1 (開発者のalienscafeさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 と一緒に稼働させた場合、
 (YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 単体(ただしポジション数1の場合)ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約14倍。)
 ↓
③純益17347.56$/最大ドローダウン534.07$(約32倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8674$/最大ドローダウン267$(約32倍))

 と、こちらも同様にパフォーマンスが向上しました。

 計算上ではEAの掛け合わせによって、よりリスクを取ってもいいかな、ということになります。
(ただし、基本的に同一口座での注文は1回線につき1注文なので、同一時刻に注文が重なった場合はどちらかの注文が遅れるなどの場合があります。同一口座を名前を変えて複数立ち上げれば解消する事もあります。)

 (※詳しくはブログにまとめてみました)
 ↓

~リンク:自作EAとFX-ONで販売されているEAを組み合わせた結果~



 (※自作EAと市販のEAでのリアル複利口座運用状況を公開しています)
 ↓

~リンク:だぶるいーさんのMT4~



====================

他にもパラメーターはありますが、ご購入様には、複利か単利か、
 どのくらいのリスクを取るかをMMパラメーターで設定して頂く以外は、そのままのデフォルト値ですぐにご使用が可能です。

…トレーリングには通常のトレーリングの他、ブレークイーブン、ATRトレーリングを
 ご用意し、その中から選べるようになっておりますが、これもデフォルト値のままご使用ください。
…夏冬時間、曜日の設定ですとかそういった細かい設定は必要なくダウンロードすればサクッとすぐに稼働開始できます。
…ただし、マジックナンバーは他と重複しない設定でよろしくお願い致します。
…また、ロジック上、エントリー中にも何回かエントリー条件を満たす場合があります。
 稼働のタイミングによっては、フォワードテストとエントリータイミングが初めのうちは異なる場合があります。
 (初回エントリーは異なっていた方が良い結果を出しやすいというのはあります)

④注意点

■ドル円5Mでのセッティングでよろしくお願いいたします。

■私自身はEAを作成できません。簡易的にEAクリエイター無料版でEAの原型を作成後、
 プロの方に依頼し機能追加や修正などで収益や不具合を改善したEAです。
■私自身、本業の仕事上、月26日勤務+70h残業というブラックで多忙な毎日を過ごしております。
 (そのため裁量トレーダーからシステムトレーダーに転向しました)

 ※よって商品についてのお問い合わせ対応が遅くなる場合がございますので予めご了承ください。
 ご回答を差し上げられるタイミングとしましては、日曜日の夜中になる可能性が高いです。
 (しかしながら「EAクリエイター無料版作成からの超シンプルロジックEA」であり、
 バックテストと実運用との乖離や動作不具合は起こりにくいと考えています。

⑤長所

■シンプルロジックなので長期的に持続的な再現性は高いと思われます。
■EAのロジックやEAの原型を裁量トレード経験のある私が作成し、
 機能の追加や修正を行い純益や不具合の改善をEA作成のプロの方にお願いした事により、
 複数の人間が関わっているため収益性に関しての客観的な信頼性は高いと思われます。

⑥問題点

■問題は、どんなEAにも言えますが、未来に向けて利益が順調に積み重なっていくか、こればかりは誰にもわかりません。
 ただ、その可能性があるだろうという事で販売いたしました。フォワードの結果も踏まえて、どうかご検討の程よろしくお願い申し上げます。

 (※リアルフォワードテストを公開しています)
 ↓

~リンク:WeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV5リアルフォワードテスト~




⑦バージョンアップ情報

■V2…パラメーターMaxSpreadの追加
 (ユーザー様のご要望によりスプレッドがパラメーター値以上にワイドになっている時にはエントリーしないようにする)
 進捗状況→動作確認OK
■V3…パラメーターUseWeekEndClose = true or false及びWeekEndCloseTimeなどの追加
 (ユーザー様のご要望により週末にポジションを持ち越さない機能の追加)
 進捗状況→完成
■V4…EAクリエイター無料版で作成した際の名残のパラメーター「Lots」、その後に機能追加した複利パラメーターのうちの「FixLots」が重複しているため、「Lots」パラメーターの削除
 進捗状況→動作確認OK
■V5…V1~4までのパラメーターの整理、V3のパラメーターの最適値のデフォルト化
 進捗状況→V5までバージョンアップ済み

※週末にポジションを持ち越さない機能の追加

(1)AutoTimeSet // true
(2)ServerTimeGMT // 3
(3)WeekEndClose // false
(4)WeekEndCloseTime // 1.5

(1)…週末にポジションを持ち越さないようにする時にはtrueにして下さい((3)がfalseであれば(1)がtrueでも週末クローズ機能は働きません)。
(2)…お使いのMT4口座のサーバー時間と同期させます。NYクローズを0:00とする一般的な口座であれば、夏時間=3、冬時間=2にします。
(3)…週末にポジションを持ち越さないようにする時にはtrueにして下さい。
(4)…日本時間として金曜日から日付が変わっての土曜日の0:00を基準として何時からポジションを持たなくするかを設定します。
  デフォルトの1.5は週末にポジションを持ち越さない場合の最適化した値で、土曜日の夜中の1:30になります。
  また、-3.0のようにマイナスで入力すると、例えば金曜日の米雇用統計の発表前からポジションを持たないようにもできます。
  (夏時間は-2.5、冬時間は-1.5が金曜日の米雇用統計の発表時間となります)



[2017年2月19日 04時01分] 最新のコメント
2017年2月19日 03時59分 更新


<<WeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV5>>



 こちらのページにアクセスして頂きありがとうございます。だぶるいー、と申します。
裁量トレーダーとして、2015年に1年間ほど某FX会社のトレードバトルに参戦しました。
pipsランキングで全国10位(約2週間で6000pipsほど獲得)になったこともありました。
…21位、59位にもなり、1年間で3回ほど、約2000人中で上位(100位以内)にランクインしました。

 そんないくつかの手法の中からEA化したものを販売しております。
 (ブログに過去のトレードバトルの履歴をまとめておきました。)
 ↓
 
 ~リンク:裁量トレードpipsランキング履歴~~



①EAの商品概要

■実際の価格レートの位置からトレンドを見極め売られ過ぎ買われ過ぎで売買を行う(終値確定足)
エントリー方向は順張り、エントリータイミングは逆張りで行う正統派・王道手法タイプで、
エントリーしてから含み損を抱えてもプラスで終わらせたり損失が最小限になるように設計いたしました。
■シングルポジション
…ナンピン、マーチンゲール、ピラミッティング、両建ての類なし
■EAクリエイター無料版で原型を作成後に、機能の追加や修正を行い、純益や不具合の改善を図りました。

スキャル系EAは、1回の損失が軽微で精神的に楽だけど、もっとガッツリ利益を狙いたい、どんな口座でも同じパフォーマンスが再現できれば…と考えていらっしゃるそんな方にはおススメです。当EAは、5分足という比較的短い時間枠で細かい分析の基、適切なエントリーと決済を実現し、損失は最小限にとどめ、なおかつ5分足にしては最大利益が50pipsと、ガッツリ取れて満足感があり、将来的に明るい気持ちになれるEAです。
そして!あまり公には現状では言えないのですが、スキャル系EAと当EAは非常に相性が良すぎるのです(逆張り系EAとも非常に相性が良すぎました)。併用されると、純益はそのままに、最大ドローダウンは減少する現象が見られました(後述の記述もご参考になさって下さい)。

②販売価格計算式

■恣意的な販売価格を避けるため、
 バックテスト結果からEAの能力を推し量り公正な価格を
 下記の計算式にて設定しています。

20000(基準価格,単位=円) × 1170(年間平均純益ドル) / 576(MDDドル/10年以上)
=40000円(下3桁切り捨て)

 (※価格の上限30000円制度適用により)
=販売価格30000円でご提供いたします。

 (年間平均獲得1000ドル、MDD1000ドル/10年以上であれば販売価格は基準価格と同じ20000円になります。)

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※掲載バックテストのスプレッド:1.0pips
※ロット=0.1あたり、単利運用の場合
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

--------------------
■ちなみに、
 5000ドルから複利MMパラメーターrisk50
 (1ドル100円のとき資金50万円で2~3万通貨前後の割合で運用スタート)
 で始めた場合のバックテスト結果

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※スプレッド:1.0pips
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

純益:1001788.08ドル(日本円で約1億円)
PF:1.25
最大DD:198309.50ドル(23.75%、約2000万円、資金約8000万円のときに発生)

※あくまでもバックテストの結果から計算したものに過ぎませんが、
人生のうちで3万円を払って50万円で運用して10年で億万長者になれるかも知れないなんて、とても夢のある話だと思います。

※詳しくはブログをご参照ください
 ↓

~リンク:複利運用のバックテスト結果詳細~



--------------------

※当EAは、単利運用の場合、計算上では最大DDが生じた場合、半年でその損失分を解消できます。

※純益と最大DDのバランスからすると、プロフィットファクターはもっと高くてもいいかなと感じますが、1点台前半です。
これは、過去10年間で何回か最大DDに近い損失を計上しながらも打たれ強く利益を伸ばしていっているのかなと思います。
逆に言えば、過度にカーブフィッティングしていない証になるのかな、と思います。
いずれにしましても、シングルポジションのEAで10年間での純益が10000ドル以上で最大DDが500ドル台というのは優秀だと思います。

③主なパラメーター特記事項

■MoneyManage(複利機能)=trueの場合(デフォルト=false)
…RiskRate=50(デフォルト)ならば余剰証拠金20万円につき1万通貨の割合でエントリーします。

…バックテストでは10年間中の最大ドローダウンはおよそ600ドル。その時1ドル150円だったと仮定すると、1万通貨では9万円の損失。必要証拠金はレバレッジ25倍の国内口座なら6万円。余裕を持って20万円で1万通貨(複利運用ならriskパラメーター=50)の運用をしたとします。
そして10年間でおよそ11000ドルの純益なので、年間平均1100ドル。1ドル100円と仮定すると年間11万円。
20万円の運用で11万円の利益ですので、
単利ベースでは年利55%が見込めます。
もちろん、海外口座でレバレッジが高ければ、取れるポジション量は増やせます。
更に、バックテストは1.0pipsでの結果なので、より狭い口座で運用すれば、収益率は増える可能性はあります。

====================

■他のEAとこのEAを同時稼働させる場合には、バックテストをして頂き、レポート保存をしたHTMファイルにて
 reportmanagerで複数のEAのバックテストを結合させた結果をみると、かけられるリスクを判断しやすいかなと思います。
…場合によってはEAの掛け合わせによって純益はそのままに最大ドローダウンが抑えられることもあります。

[その例①…FX-ONで販売されているSuper NOVA 2.0 (開発者のGustさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②Super NOVA 2.0 と一緒に稼働させた場合、
 (Super NOVA 2.0 単体ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約22倍。)
 ↓
③純益17576.68$/最大ドローダウン495.03$(約35倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8788$/最大ドローダウン248$(約35倍))

 と、純益はやや落ちたものの、最大ドローダウンが半減しパフォーマンスが向上しました。

[その例②…FX-ONで販売されているYellowBicycleScalper for USD/JPY v1 (開発者のalienscafeさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 と一緒に稼働させた場合、
 (YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 単体(ただしポジション数1の場合)ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約14倍。)
 ↓
③純益17347.56$/最大ドローダウン534.07$(約32倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8674$/最大ドローダウン267$(約32倍))

 と、こちらも同様にパフォーマンスが向上しました。

 計算上ではEAの掛け合わせによって、よりリスクを取ってもいいかな、ということになります。
(ただし、基本的に同一口座での注文は1回線につき1注文なので、同一時刻に注文が重なった場合はどちらかの注文が遅れるなどの場合があります。同一口座を名前を変えて複数立ち上げれば解消する事もあります。)

 (※詳しくはブログにまとめてみました)
 ↓

~リンク:自作EAとFX-ONで販売されているEAを組み合わせた結果~



 (※自作EAと市販のEAでのリアル複利口座運用状況を公開しています)
 ↓

~リンク:だぶるいーさんのMT4~



====================

他にもパラメーターはありますが、ご購入様には、複利か単利か、
 どのくらいのリスクを取るかをMMパラメーターで設定して頂く以外は、そのままのデフォルト値ですぐにご使用が可能です。

…トレーリングには通常のトレーリングの他、ブレークイーブン、ATRトレーリングを
 ご用意し、その中から選べるようになっておりますが、これもデフォルト値のままご使用ください。
…夏冬時間、曜日の設定ですとかそういった細かい設定は必要なくダウンロードすればサクッとすぐに稼働開始できます。
…ただし、マジックナンバーは他と重複しない設定でよろしくお願い致します。
…また、ロジック上、エントリー中にも何回かエントリー条件を満たす場合があります。
 稼働のタイミングによっては、フォワードテストとエントリータイミングが初めのうちは異なる場合があります。
 (初回エントリーは異なっていた方が良い結果を出しやすいというのはあります)

④注意点

■ドル円5Mでのセッティングでよろしくお願いいたします。

■私自身はEAを作成できません。簡易的にEAクリエイター無料版でEAの原型を作成後、
 プロの方に依頼し機能追加や修正などで収益や不具合を改善したEAです。
■私自身、本業の仕事上、月26日勤務+70h残業というブラックで多忙な毎日を過ごしております。
 (そのため裁量トレーダーからシステムトレーダーに転向しました)

 ※よって商品についてのお問い合わせ対応が遅くなる場合がございますので予めご了承ください。
 ご回答を差し上げられるタイミングとしましては、日曜日の夜中になる可能性が高いです。
 (しかしながら「EAクリエイター無料版作成からの超シンプルロジックEA」であり、
 バックテストと実運用との乖離や動作不具合は起こりにくいと考えています。

⑤長所

■シンプルロジックなので長期的に持続的な再現性は高いと思われます。
■EAのロジックやEAの原型を裁量トレード経験のある私が作成し、
 機能の追加や修正を行い純益や不具合の改善をEA作成のプロの方にお願いした事により、
 複数の人間が関わっているため収益性に関しての客観的な信頼性は高いと思われます。

⑥問題点

■問題は、どんなEAにも言えますが、未来に向けて利益が順調に積み重なっていくか、こればかりは誰にもわかりません。
 ただ、その可能性があるだろうという事で販売いたしました。フォワードの結果も踏まえて、どうかご検討の程よろしくお願い申し上げます。

 (※リアルフォワードテストを公開しています)
 ↓

~リンク:WeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV5リアルフォワードテスト~




⑦バージョンアップ情報

■V2…パラメーターMaxSpreadの追加
 (ユーザー様のご要望によりスプレッドがパラメーター値以上にワイドになっている時にはエントリーしないようにする)
 進捗状況→動作確認OK
■V3…パラメーターUseWeekEndClose = true or false及びWeekEndCloseTimeなどの追加
 (ユーザー様のご要望により週末にポジションを持ち越さない機能の追加)
 進捗状況→完成
■V4…EAクリエイター無料版で作成した際の名残のパラメーター「Lots」、その後に機能追加した複利パラメーターのうちの「FixLots」が重複しているため、「Lots」パラメーターの削除
 進捗状況→動作確認OK
■V5…V1~4までのパラメーターの整理、V3のパラメーターの最適値のデフォルト化
 進捗状況→V5までバージョンアップ済み

※週末にポジションを持ち越さない機能の追加

(1)AutoTimeSet // true
(2)ServerTimeGMT // 3
(3)WeekEndClose // false
(4)WeekEndCloseTime // 1.5

(1)…週末にポジションを持ち越さないようにする時にはtrueにして下さい((3)がfalseであれば(1)がtrueでも週末クローズ機能は働きません)。
(2)…お使いのMT4口座のサーバー時間と同期させます。NYクローズを0:00とする一般的な口座であれば、夏時間=3、冬時間=2にします。
(3)…週末にポジションを持ち越さないようにする時にはtrueにして下さい。
(4)…日本時間として金曜日から日付が変わっての土曜日の0:00を基準として何時からポジションを持たなくするかを設定します。
  デフォルトの1.5は週末にポジションを持ち越さない場合の最適化した値で、土曜日の夜中の1:30になります。
  また、-3.0のようにマイナスで入力すると、例えば金曜日の米雇用統計の発表前からポジションを持たないようにもできます。
  (夏時間は-2.5、冬時間は-1.5が金曜日の米雇用統計の発表時間となります)



2017年1月29日 22時09分 更新


<<WeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV5>>



 こちらのページにアクセスして頂きありがとうございます。だぶるいー、と申します。
裁量トレーダーとして、2015年に1年間ほど某FX会社のトレードバトルに参戦しました。
pipsランキングで全国10位(約2週間で6000pipsほど獲得)になったこともありました。
…21位、59位にもなり、1年間で3回ほど、約2000人中で上位(100位以内)にランクインしました。

 そんないくつかの手法の中からEA化したものを販売しております。
 (ブログに過去のトレードバトルの履歴をまとめておきました。)
 ↓
 
 ~リンク:裁量トレードpipsランキング履歴~~



①EAの商品概要

■実際の価格レートの位置からトレンドを見極め売られ過ぎ買われ過ぎで売買を行う(終値確定足)
エントリー方向は順張り、エントリータイミングは逆張りで行う正統派・王道手法タイプで、
エントリーしてから含み損を抱えてもプラスで終わらせたり損失が最小限になるように設計いたしました。
■シングルポジション
…ナンピン、マーチンゲール、ピラミッティング、両建ての類なし
■EAクリエイター無料版で原型を作成後に、機能の追加や修正を行い、純益や不具合の改善を図りました。

スキャル系EAは、1回の損失が軽微で精神的に楽だけど、もっとガッツリ利益を狙いたい、どんな口座でも同じパフォーマンスが再現できれば…と考えていらっしゃるそんな方にはおススメです。当EAは、5分足という比較的短い時間枠で細かい分析の基、適切なエントリーと決済を実現し、損失は最小限にとどめ、なおかつ5分足にしては最大利益が50pipsと、ガッツリ取れて満足感があり、将来的に明るい気持ちになれるEAです。
そして!あまり公には現状では言えないのですが、スキャル系EAと当EAは非常に相性が良すぎるのです(逆張り系EAとも非常に相性が良すぎました)。併用されると、純益はそのままに、最大ドローダウンは減少する現象が見られました(後述の記述もご参考になさって下さい)。

②販売価格計算式

■恣意的な販売価格を避けるため、
 バックテスト結果からEAの能力を推し量り公正な価格を
 下記の計算式にて設定しています。

20000(基準価格,単位=円) × 1170(年間平均純益ドル) / 576(MDDドル/10年以上)
=40000円(下3桁切り捨て)

 (※価格の上限30000円制度適用により)
=販売価格30000円でご提供いたします。

 (年間平均獲得1000ドル、MDD1000ドル/10年以上であれば販売価格は基準価格と同じ20000円になります。)

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※掲載バックテストのスプレッド:1.0pips
※ロット=0.1あたり、単利運用の場合
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

--------------------
■ちなみに、
 5000ドルから複利MMパラメーターrisk50
 (1ドル100円のとき資金50万円で2~3万通貨前後の割合で運用スタート)
 で始めた場合のバックテスト結果

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※スプレッド:1.0pips
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

純益:1001788.08ドル(日本円で約1億円)
PF:1.25
最大DD:198309.50ドル(23.75%、約2000万円、資金約8000万円のときに発生)

※あくまでもバックテストの結果から計算したものに過ぎませんが、
人生のうちで3万円を払って50万円で運用して10年で億万長者になれるかも知れないなんて、とても夢のある話だと思います。

※詳しくはブログをご参照ください
 ↓

~リンク:複利運用のバックテスト結果詳細~



--------------------

※当EAは、単利運用の場合、計算上では最大DDが生じた場合、半年でその損失分を解消できます。

※純益と最大DDのバランスからすると、プロフィットファクターはもっと高くてもいいかなと感じますが、1点台前半です。
これは、過去10年間で何回か最大DDに近い損失を計上しながらも打たれ強く利益を伸ばしていっているのかなと思います。
逆に言えば、過度にカーブフィッティングしていない証になるのかな、と思います。
いずれにしましても、シングルポジションのEAで10年間での純益が10000ドル以上で最大DDが500ドル台というのは優秀だと思います。

③主なパラメーター特記事項

■MoneyManage(複利機能)=trueの場合(デフォルト=false)
…RiskRate=50(デフォルト)ならば余剰証拠金20万円につき1万通貨の割合でエントリーします。

■EAの能力からですと、口座で単体で稼働させる場合、推奨証拠金は0.1ロットあたり18万円以上くらいの割合
 (複利パラメーターは50~60あたり)が安全かなと思われます。
…(1$=150円になったと仮定して1万通貨あたりレバレッジ25倍で必要証拠金6万円、最大ドローダウン600ドル×150円=9万円、最大ドローダウンを計時したのち、次のエントリーで含み損になりSLの210pipsをわずかにかすめずに利食いで終わった場合には2.1万円弱、それらを足して17.1万円弱なので18万円あれば1万通貨運用をして安全かなと推測されます)

====================

■他のEAとこのEAを同時稼働させる場合には、バックテストをして頂き、レポート保存をしたHTMファイルにて
 reportmanagerで複数のEAのバックテストを結合させた結果をみると、かけられるリスクを判断しやすいかなと思います。
…場合によってはEAの掛け合わせによって純益はそのままに最大ドローダウンが抑えられることもあります。

[その例①…FX-ONで販売されているSuper NOVA 2.0 (開発者のGustさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②Super NOVA 2.0 と一緒に稼働させた場合、
 (Super NOVA 2.0 単体ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約22倍。)
 ↓
③純益17576.68$/最大ドローダウン495.03$(約35倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8788$/最大ドローダウン248$(約35倍))

 と、純益はやや落ちたものの、最大ドローダウンが半減しパフォーマンスが向上しました。

[その例②…FX-ONで販売されているYellowBicycleScalper for USD/JPY v1 (開発者のalienscafeさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 と一緒に稼働させた場合、
 (YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 単体(ただしポジション数1の場合)ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約14倍。)
 ↓
③純益17347.56$/最大ドローダウン534.07$(約32倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8674$/最大ドローダウン267$(約32倍))

 と、こちらも同様にパフォーマンスが向上しました。

 計算上ではEAの掛け合わせによって、よりリスクを取ってもいいかな、ということになります。
(ただし、基本的に同一口座での注文は1回線につき1注文なので、同一時刻に注文が重なった場合はどちらかの注文が遅れるなどの場合があります。同一口座を名前を変えて複数立ち上げれば解消する事もあります。)

 (※詳しくはブログにまとめてみました)
 ↓

~リンク:自作EAとFX-ONで販売されているEAを組み合わせた結果~



 (※自作EAと市販のEAでのリアル複利口座運用状況を公開しています)
 ↓

~リンク:だぶるいーさんのMT4~



====================

他にもパラメーターはありますが、ご購入様には、複利か単利か、
 どのくらいのリスクを取るかをMMパラメーターで設定して頂く以外は、そのままのデフォルト値ですぐにご使用が可能です。

…トレーリングには通常のトレーリングの他、ブレークイーブン、ATRトレーリングを
 ご用意し、その中から選べるようになっておりますが、これもデフォルト値のままご使用ください。
…夏冬時間、曜日の設定ですとかそういった細かい設定は必要なくダウンロードすればサクッとすぐに稼働開始できます。
…ただし、マジックナンバーは他と重複しない設定でよろしくお願い致します。
…また、ロジック上、エントリー中にも何回かエントリー条件を満たす場合があります。
 稼働のタイミングによっては、フォワードテストとエントリータイミングが初めのうちは異なる場合があります。
 (初回エントリーは異なっていた方が良い結果を出しやすいというのはあります)

④注意点

■ドル円5Mでのセッティングでよろしくお願いいたします。

■私自身はEAを作成できません。簡易的にEAクリエイター無料版でEAの原型を作成後、
 プロの方に依頼し機能追加や修正などで収益や不具合を改善したEAです。
■私自身、本業の仕事上、月26日勤務+70h残業というブラックで多忙な毎日を過ごしております。
 (そのため裁量トレーダーからシステムトレーダーに転向しました)

 ※よって商品についてのお問い合わせ対応が遅くなる場合がございますので予めご了承ください。
 ご回答を差し上げられるタイミングとしましては、日曜日の夜中になる可能性が高いです。
 (しかしながら「EAクリエイター無料版作成からの超シンプルロジックEA」であり、
 バックテストと実運用との乖離や動作不具合は起こりにくいと考えています。

⑤長所

■シンプルロジックなので長期的に持続的な再現性は高いと思われます。
■EAのロジックやEAの原型を裁量トレード経験のある私が作成し、
 機能の追加や修正を行い純益や不具合の改善をEA作成のプロの方にお願いした事により、
 複数の人間が関わっているため収益性に関しての客観的な信頼性は高いと思われます。

⑥問題点

■問題は、どんなEAにも言えますが、未来に向けて利益が順調に積み重なっていくか、こればかりは誰にもわかりません。
 ただ、その可能性があるだろうという事で販売いたしました。フォワードの結果も踏まえて、どうかご検討の程よろしくお願い申し上げます。

 (※リアルフォワードテストを公開しています)
 ↓

~リンク:WeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV5リアルフォワードテスト~




⑦バージョンアップ情報

■V2…パラメーターMaxSpreadの追加
 (ユーザー様のご要望によりスプレッドがパラメーター値以上にワイドになっている時にはエントリーしないようにする)
 進捗状況→動作確認OK
■V3…パラメーターUseWeekEndClose = true or false及びWeekEndCloseTimeなどの追加
 (ユーザー様のご要望により週末にポジションを持ち越さない機能の追加)
 進捗状況→完成
■V4…EAクリエイター無料版で作成した際の名残のパラメーター「Lots」、その後に機能追加した複利パラメーターのうちの「FixLots」が重複しているため、「Lots」パラメーターの削除
 進捗状況→動作確認OK
■V5…V1~4までのパラメーターの整理、V3のパラメーターの最適値のデフォルト化
 進捗状況→V5までバージョンアップ済み

※週末にポジションを持ち越さない機能の追加

(1)AutoTimeSet // true
(2)ServerTimeGMT // 3
(3)WeekEndClose // false
(4)WeekEndCloseTime // 1.5

(1)…週末にポジションを持ち越さないようにする時にはtrueにして下さい((3)がfalseであれば(1)がtrueでも週末クローズ機能は働きません)。
(2)…お使いのMT4口座のサーバー時間と同期させます。NYクローズを0:00とする一般的な口座であれば、夏時間=3、冬時間=2にします。
(3)…週末にポジションを持ち越さないようにする時にはtrueにして下さい。
(4)…日本時間として金曜日から日付が変わっての土曜日の0:00を基準として何時からポジションを持たなくするかを設定します。
  デフォルトの1.5は週末にポジションを持ち越さない場合の最適化した値で、土曜日の夜中の1:30になります。
  また、-3.0のようにマイナスで入力すると、例えば金曜日の米雇用統計の発表前からポジションを持たないようにもできます。
  (夏時間は-2.5、冬時間は-1.5が金曜日の米雇用統計の発表時間となります)



2016年12月19日 19時00分 更新


<<WeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1>>



 こちらのページにアクセスして頂きありがとうございます。だぶるいー、と申します。
裁量トレーダーとして、2015年に1年間ほど某FX会社のトレードバトルに参戦しました。
pipsランキングで全国10位(約2週間で6000pipsほど獲得)になったこともありました。
…21位、59位にもなり、1年間で3回ほど、約2000人中で上位(100位以内)にランクインしました。

 そんないくつかの手法の中からEA化したものを販売しております。
 (ブログに過去のトレードバトルの履歴をまとめておきました。)
 ↓
 
 ~リンク:裁量トレードpipsランキング履歴~~



①EAの商品概要

■実際の価格レートの位置からトレンドを見極め売られ過ぎ買われ過ぎで売買を行う(終値確定足)
エントリー方向は順張り、エントリータイミングは逆張りで行う正統派・王道手法タイプで、
エントリーしてから含み損を抱えてもプラスで終わらせたり損失が最小限になるように設計いたしました。
■シングルポジション
…ナンピン、マーチンゲール、ピラミッティング、両建ての類なし
■EAクリエイター無料版で原型を作成後に、機能の追加や修正を行い、純益や不具合の改善を図りました。

スキャル系EAは、1回の損失が軽微で精神的に楽だけど、もっとガッツリ利益を狙いたい、どんな口座でも同じパフォーマンスが再現できれば…と考えていらっしゃるそんな方にはおススメです。当EAは、5分足という比較的短い時間枠で細かい分析の基、適切なエントリーと決済を実現し、損失は最小限にとどめ、なおかつ5分足にしては最大利益が50pipsと、ガッツリ取れて満足感があり、将来的に明るい気持ちになれるEAです。
そして!あまり公には現状では言えないのですが、スキャル系EAと当EAは非常に相性が良すぎるのです(逆張り系EAとも非常に相性が良すぎました)。併用されると、純益はそのままに、最大ドローダウンは減少する現象が見られました(後述の記述もご参考になさって下さい)。

②販売価格計算式

■恣意的な販売価格を避けるため、
 バックテスト結果からEAの能力を推し量り公正な価格を
 下記の計算式にて設定しています。

20000(基準価格,単位=円) × 1170(年間平均純益ドル) / 576(MDDドル/10年以上)
=40000円(下3桁切り捨て)

 (※価格の上限30000円制度適用により)
=販売価格30000円でご提供いたします。

 (年間平均獲得1000ドル、MDD1000ドル/10年以上であれば販売価格は基準価格と同じ20000円になります。)

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※掲載バックテストのスプレッド:1.0pips
※ロット=0.1あたり、単利運用の場合
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

--------------------
■ちなみに、
 5000ドルから複利MMパラメーターrisk50
 (1ドル100円のとき資金50万円で2~3万通貨前後の割合で運用スタート)
 で始めた場合のバックテスト結果

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※スプレッド:1.0pips
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

純益:1001788.08ドル(日本円で約1億円)
PF:1.25
最大DD:198309.50ドル(23.75%、約2000万円、資金約8000万円のときに発生)

※あくまでもバックテストの結果から計算したものに過ぎませんが、
人生のうちで3万円を払って50万円で運用して10年で億万長者になれるかも知れないなんて、とても夢のある話だと思います。

※詳しくはブログをご参照ください
 ↓

~リンク:複利運用のバックテスト結果詳細~



--------------------

※当EAは、単利運用の場合、計算上では最大DDが生じた場合、半年でその損失分を解消できます。

※純益と最大DDのバランスからすると、プロフィットファクターはもっと高くてもいいかなと感じますが、1点台前半です。
これは、過去10年間で何回か最大DDに近い損失を計上しながらも打たれ強く利益を伸ばしていっているのかなと思います。
逆に言えば、過度にカーブフィッティングしていない証になるのかな、と思います。
いずれにしましても、シングルポジションのEAで10年間での純益が10000ドル以上で最大DDが500ドル台というのは優秀だと思います。

③主なパラメーター特記事項

■MoneyManage(複利機能)=trueの場合(デフォルト=false)
…RiskRate=50(デフォルト)ならば余剰証拠金20万円につき1万通貨の割合でエントリーします。

■EAの能力からですと、口座で単体で稼働させる場合、推奨証拠金は0.1ロットあたり18万円以上くらいの割合
 (複利パラメーターは50~60あたり)が安全かなと思われます。
…(1$=150円になったと仮定して1万通貨あたりレバレッジ25倍で必要証拠金6万円、最大ドローダウン600ドル×150円=9万円、最大ドローダウンを計時したのち、次のエントリーで含み損になりSLの210pipsをわずかにかすめずに利食いで終わった場合には2.1万円弱、それらを足して17.1万円弱なので18万円あれば1万通貨運用をして安全かなと推測されます)

====================

■他のEAとこのEAを同時稼働させる場合には、バックテストをして頂き、レポート保存をしたHTMファイルにて
 reportmanagerで複数のEAのバックテストを結合させた結果をみると、かけられるリスクを判断しやすいかなと思います。
…場合によってはEAの掛け合わせによって純益はそのままに最大ドローダウンが抑えられることもあります。

[その例①…FX-ONで販売されているSuper NOVA 2.0 (開発者のGustさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②Super NOVA 2.0 と一緒に稼働させた場合、
 (Super NOVA 2.0 単体ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約22倍。)
 ↓
③純益17576.68$/最大ドローダウン495.03$(約35倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8788$/最大ドローダウン248$(約35倍))

 と、純益はやや落ちたものの、最大ドローダウンが半減しパフォーマンスが向上しました。

[その例②…FX-ONで販売されているYellowBicycleScalper for USD/JPY v1 (開発者のalienscafeさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 と一緒に稼働させた場合、
 (YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 単体(ただしポジション数1の場合)ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約14倍。)
 ↓
③純益17347.56$/最大ドローダウン534.07$(約32倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8674$/最大ドローダウン267$(約32倍))

 と、こちらも同様にパフォーマンスが向上しました。

 計算上ではEAの掛け合わせによって、よりリスクを取ってもいいかな、ということになります。
(ただし、基本的に同一口座での注文は1回線につき1注文なので、同一時刻に注文が重なった場合はどちらかの注文が遅れるなどの場合があります。同一口座を名前を変えて複数立ち上げれば解消する事もあります。)

 (※詳しくはブログにまとめてみました)
 ↓

~リンク:自作EAとFX-ONで販売されているEAを組み合わせた結果~



 (※自作EAと市販のEAでのリアル複利口座運用状況を公開しています)
 ↓

~リンク:だぶるいーさんのMT4~



====================

他にもパラメーターはありますが、ご購入様には、複利か単利か、
 どのくらいのリスクを取るかをMMパラメーターで設定して頂く以外は、そのままのデフォルト値ですぐにご使用が可能です。

…トレーリングには通常のトレーリングの他、ブレークイーブン、ATRトレーリングを
 ご用意し、その中から選べるようになっておりますが、これもデフォルト値のままご使用ください。
…夏冬時間、曜日の設定ですとかそういった細かい設定は必要なくダウンロードすればサクッとすぐに稼働開始できます。
…ただし、マジックナンバーは他と重複しない設定でよろしくお願い致します。
…また、ロジック上、エントリー中にも何回かエントリー条件を満たす場合があります。
 稼働のタイミングによっては、フォワードテストとエントリータイミングが初めのうちは異なる場合があります。
 (初回エントリーは異なっていた方が良い結果を出しやすいというのはあります)

④注意点

■ドル円5Mでのセッティングでよろしくお願いいたします。

■私自身はEAを作成できません。簡易的にEAクリエイター無料版でEAの原型を作成後、
 プロの方に依頼し機能追加や修正などで収益や不具合を改善したEAです。
■私自身、本業の仕事上、月26日勤務+70h残業というブラックで多忙な毎日を過ごしております。
 (そのため裁量トレーダーからシステムトレーダーに転向しました)

 ※よって商品についてのお問い合わせ対応が遅くなる場合がございますので予めご了承ください。
 ご回答を差し上げられるタイミングとしましては、日曜日の夜中になる可能性が高いです。
 (しかしながら「EAクリエイター無料版作成からの超シンプルロジックEA」であり、
 バックテストと実運用との乖離や動作不具合は起こりにくいと考えています。

⑤長所

■シンプルロジックなので長期的に持続的な再現性は高いと思われます。
■EAのロジックやEAの原型を裁量トレード経験のある私が作成し、
 機能の追加や修正を行い純益や不具合の改善をEA作成のプロの方にお願いした事により、
 複数の人間が関わっているため収益性に関しての客観的な信頼性は高いと思われます。

⑥問題点

■問題は、どんなEAにも言えますが、未来に向けて利益が順調に積み重なっていくか、こればかりは誰にもわかりません。
 ただ、その可能性があるだろうという事で販売いたしました。フォワードの結果も踏まえて、どうかご検討の程よろしくお願い申し上げます。


⑦バージョンアップ情報

■V2…パラメーターMaxSpreadの追加
 (ユーザー様のご要望によりスプレッドがパラメーター値以上にワイドになっている時にはエントリーしないようにする)
 進捗状況→動作確認OK
■V3…パラメーターUseWeekEndClose = true or false及びWeekEndCloseTimeなどの追加
 (ユーザー様のご要望により週末にポジションを持ち越さない機能の追加)
 進捗状況→完成
■V4…EAクリエイター無料版で作成した際の名残のパラメーター「Lots」、その後に機能追加した複利パラメーターのうちの「FixLots」が重複しているため、「Lots」パラメーターの削除
 進捗状況→動作確認OK
■V5…V1~4までのパラメーターの整理、V3のパラメーターの最適値のデフォルト化
 進捗状況→V5までバージョンアップ済み

※週末にポジションを持ち越さない機能の追加

(1)AutoTimeSet // true
(2)ServerTimeGMT // 3
(3)WeekEndClose // false
(4)WeekEndCloseTime // 1.5

(1)…週末にポジションを持ち越さないようにする時にはtrueにして下さい((3)がfalseであれば(1)がtrueでも週末クローズ機能は働きません)。
(2)…お使いのMT4口座のサーバー時間と同期させます。NYクローズを0:00とする一般的な口座であれば、夏時間=3、冬時間=2にします。
(3)…週末にポジションを持ち越さないようにする時にはtrueにして下さい。
(4)…日本時間として金曜日から日付が変わっての土曜日の0:00を基準として何時からポジションを持たなくするかを設定します。
  デフォルトの1.5は週末にポジションを持ち越さない場合の最適化した値で、土曜日の夜中の1:30になります。
  また、-3.0のようにマイナスで入力すると、例えば金曜日の米雇用統計の発表前からポジションを持たないようにもできます。
  (夏時間は-2.5、冬時間は-1.5が金曜日の米雇用統計の発表時間となります)



2016年12月11日 23時23分 更新


<<WeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1>>



 こちらのページにアクセスして頂きありがとうございます。だぶるいー、と申します。
裁量トレーダーとして、2015年に1年間ほど某FX会社のトレードバトルに参戦しました。
pipsランキングで全国10位(約2週間で6000pipsほど獲得)になったこともありました。
…21位、59位にもなり、1年間で3回ほど、約2000人中で上位(100位以内)にランクインしました。

 そんないくつかの手法の中からEA化したものを販売しております。
 (ブログに過去のトレードバトルの履歴をまとめておきました。)
 ↓
 
 ~リンク:裁量トレードpipsランキング履歴~~



①EAの商品概要

■実際の価格レートの位置からトレンドを見極め売られ過ぎ買われ過ぎで売買を行う(終値確定足)
エントリー方向は順張り、エントリータイミングは逆張りで行う正統派・王道手法タイプで、
エントリーしてから含み損を抱えてもプラスで終わらせたり損失が最小限になるように設計いたしました。
■シングルポジション
…ナンピン、マーチンゲール、ピラミッティング、両建ての類なし
■EAクリエイター無料版で原型を作成後に、機能の追加や修正を行い、純益や不具合の改善を図りました。

スキャル系EAは、1回の損失が軽微で精神的に楽だけど、もっとガッツリ利益を狙いたい、どんな口座でも同じパフォーマンスが再現できれば…と考えていらっしゃるそんな方にはおススメです。当EAは、5分足という比較的短い時間枠で細かい分析の基、適切なエントリーと決済を実現し、損失は最小限にとどめ、なおかつ5分足にしては最大利益が50pipsと、ガッツリ取れて満足感があり、将来的に明るい気持ちになれるEAです。
そして!あまり公には現状では言えないのですが、スキャル系EAと当EAは非常に相性が良すぎるのです(逆張り系EAとも非常に相性が良すぎました)。併用されると、純益はそのままに、最大ドローダウンは減少する現象が見られました(後述の記述もご参考になさって下さい)。

②販売価格計算式

■恣意的な販売価格を避けるため、
 バックテスト結果からEAの能力を推し量り公正な価格を
 下記の計算式にて設定しています。

20000(基準価格,単位=円) × 1170(年間平均純益ドル) / 576(MDDドル/10年以上)
=40000円(下3桁切り捨て)

 (※価格の上限30000円制度適用により)
=販売価格30000円でご提供いたします。

 (年間平均獲得1000ドル、MDD1000ドル/10年以上であれば販売価格は基準価格と同じ20000円になります。)

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※掲載バックテストのスプレッド:1.0pips
※ロット=0.1あたり、単利運用の場合
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

--------------------
■ちなみに、
 5000ドルから複利MMパラメーターrisk50
 (1ドル100円のとき資金50万円で2~3万通貨前後の割合で運用スタート)
 で始めた場合のバックテスト結果

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※スプレッド:1.0pips
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

純益:1001788.08ドル(日本円で約1億円)
PF:1.25
最大DD:198309.50ドル(23.75%、約2000万円、資金約8000万円のときに発生)

※あくまでもバックテストの結果から計算したものに過ぎませんが、
人生のうちで3万円を払って50万円で運用して10年で億万長者になれるかも知れないなんて、とても夢のある話だと思います。

※詳しくはブログをご参照ください
 ↓

~リンク:複利運用のバックテスト結果詳細~



--------------------

※当EAは、単利運用の場合、計算上では最大DDが生じた場合、半年でその損失分を解消できます。

※純益と最大DDのバランスからすると、プロフィットファクターはもっと高くてもいいかなと感じますが、1点台前半です。
これは、過去10年間で何回か最大DDに近い損失を計上しながらも打たれ強く利益を伸ばしていっているのかなと思います。
逆に言えば、過度にカーブフィッティングしていない証になるのかな、と思います。
いずれにしましても、シングルポジションのEAで10年間での純益が10000ドル以上で最大DDが500ドル台というのは優秀だと思います。

③主なパラメーター特記事項

■MoneyManage(複利機能)=trueの場合(デフォルト=false)
…RiskRate=50(デフォルト)ならば余剰証拠金20万円につき1万通貨の割合でエントリーします。

■EAの能力からですと、口座で単体で稼働させる場合、推奨証拠金は0.1ロットあたり18万円以上くらいの割合
 (複利パラメーターは50~60あたり)が安全かなと思われます。
…(1$=150円になったと仮定して1万通貨あたりレバレッジ25倍で必要証拠金6万円、最大ドローダウン600ドル×150円=9万円、最大ドローダウンを計時したのち、次のエントリーで含み損になりSLの210pipsをわずかにかすめずに利食いで終わった場合には2.1万円弱、それらを足して17.1万円弱なので18万円あれば1万通貨運用をして安全かなと推測されます)

====================

■他のEAとこのEAを同時稼働させる場合には、バックテストをして頂き、レポート保存をしたHTMファイルにて
 reportmanagerで複数のEAのバックテストを結合させた結果をみると、かけられるリスクを判断しやすいかなと思います。
…場合によってはEAの掛け合わせによって純益はそのままに最大ドローダウンが抑えられることもあります。

[その例①…FX-ONで販売されているSuper NOVA 2.0 (開発者のGustさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②Super NOVA 2.0 と一緒に稼働させた場合、
 (Super NOVA 2.0 単体ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約22倍。)
 ↓
③純益17576.68$/最大ドローダウン495.03$(約35倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8788$/最大ドローダウン248$(約35倍))

 と、純益はやや落ちたものの、最大ドローダウンが半減しパフォーマンスが向上しました。

[その例②…FX-ONで販売されているYellowBicycleScalper for USD/JPY v1 (開発者のalienscafeさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 と一緒に稼働させた場合、
 (YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 単体(ただしポジション数1の場合)ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約14倍。)
 ↓
③純益17347.56$/最大ドローダウン534.07$(約32倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8674$/最大ドローダウン267$(約32倍))

 と、こちらも同様にパフォーマンスが向上しました。

 計算上ではEAの掛け合わせによって、よりリスクを取ってもいいかな、ということになります。
(ただし、基本的に同一口座での注文は1回線につき1注文なので、同一時刻に注文が重なった場合はどちらかの注文が遅れるなどの場合があります。同一口座を名前を変えて複数立ち上げれば解消する事もあります。)

 (※詳しくはブログにまとめてみました)
 ↓

~リンク:自作EAとFX-ONで販売されているEAを組み合わせた結果~



 (※自作EAと市販のEAでのリアル複利口座運用状況を公開しています)
 ↓

~リンク:だぶるいーさんのMT4~



====================

他にもパラメーターはありますが、ご購入様には、複利か単利か、
 どのくらいのリスクを取るかをMMパラメーターで設定して頂く以外は、そのままのデフォルト値ですぐにご使用が可能です。

…トレーリングには通常のトレーリングの他、ブレークイーブン、ATRトレーリングを
 ご用意し、その中から選べるようになっておりますが、これもデフォルト値のままご使用ください。
…夏冬時間、曜日の設定ですとかそういった細かい設定は必要なくダウンロードすればサクッとすぐに稼働開始できます。
…ただし、マジックナンバーは他と重複しない設定でよろしくお願い致します。
…また、ロジック上、エントリー中にも何回かエントリー条件を満たす場合があります。
 稼働のタイミングによっては、フォワードテストとエントリータイミングが初めのうちは異なる場合があります。
 (初回エントリーは異なっていた方が良い結果を出しやすいというのはあります)

④注意点

■ドル円5Mでのセッティングでよろしくお願いいたします。

■私自身はEAを作成できません。簡易的にEAクリエイター無料版でEAの原型を作成後、
 プロの方に依頼し機能追加や修正などで収益や不具合を改善したEAです。
■私自身、本業の仕事上、月26日勤務+70h残業というブラックで多忙な毎日を過ごしております。
 (そのため裁量トレーダーからシステムトレーダーに転向しました)

 ※よって商品についてのお問い合わせ対応が遅くなる場合がございますので予めご了承ください。
 ご回答を差し上げられるタイミングとしましては、日曜日の夜中になる可能性が高いです。
 (しかしながら「EAクリエイター無料版作成からの超シンプルロジックEA」であり、
 バックテストと実運用との乖離や動作不具合は起こりにくいと考えています。

⑤長所

■シンプルロジックなので長期的に持続的な再現性は高いと思われます。
■EAのロジックやEAの原型を裁量トレード経験のある私が作成し、
 機能の追加や修正を行い純益や不具合の改善をEA作成のプロの方にお願いした事により、
 複数の人間が関わっているため収益性に関しての客観的な信頼性は高いと思われます。

⑥問題点

■問題は、どんなEAにも言えますが、未来に向けて利益が順調に積み重なっていくか、こればかりは誰にもわかりません。
 ただ、その可能性があるだろうという事で販売いたしました。フォワードの結果も踏まえて、どうかご検討の程よろしくお願い申し上げます。


⑦バージョンアップ情報

■V2…パラメーターMaxSpreadの追加
 (ユーザー様のご要望によりスプレッドがパラメーター値以上にワイドになっている時にはエントリーしないようにする)
 進捗状況→動作確認OK
■V3…パラメーターUseWeekEndClose = true or false及びWeekEndCloseTimeの追加
 (ユーザー様のご要望により週末にポジションを持ち越さない機能の追加)
 進捗状況→ほぼ完成
■V4…EAクリエイター無料版で作成した際の名残のパラメーター「Lots」、その後に機能追加した複利パラメーターのうちの「FixLots」が重複しているため、「Lots」パラメーターの削除
 進捗状況→動作確認OK
■V5…V1~4までのパラメーターの整理、V3のパラメーターの最適値のデフォルト化
 進捗状況→V3機能の動作確認は、週末営業日にしか確認できないため待機確認中



2016年12月11日 23時16分 更新


<<WeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1>>



 こちらのページにアクセスして頂きありがとうございます。だぶるいー、と申します。
裁量トレーダーとして、2015年に1年間ほど某FX会社のトレードバトルに参戦しました。
pipsランキングで全国10位(約2週間で6000pipsほど獲得)になったこともありました。
…21位、59位にもなり、1年間で3回ほど、約2000人中で上位(100位以内)にランクインしました。

 そんないくつかの手法の中からEA化したものを販売しております。
 (ブログに過去のトレードバトルの履歴をまとめておきました。)
 ↓
 
 ~リンク:裁量トレードpipsランキング履歴~~



①EAの商品概要

■実際の価格レートの位置からトレンドを見極め売られ過ぎ買われ過ぎで売買を行う(終値確定足)
エントリー方向は順張り、エントリータイミングは逆張りで行う正統派・王道手法タイプで、
エントリーしてから含み損を抱えてもプラスで終わらせたり損失が最小限になるように設計いたしました。
■シングルポジション
…ナンピン、マーチンゲール、ピラミッティング、両建ての類なし
■EAクリエイター無料版で原型を作成後に、機能の追加や修正を行い、純益や不具合の改善を図りました。

スキャル系EAは、1回の損失が軽微で精神的に楽だけど、もっとガッツリ利益を狙いたい、どんな口座でも同じパフォーマンスが再現できれば…と考えていらっしゃるそんな方にはおススメです。当EAは、5分足という比較的短い時間枠で細かい分析の基、適切なエントリーと決済を実現し、損失は最小限にとどめ、なおかつ5分足にしては最大利益が50pipsと、ガッツリ取れて満足感があり、将来的に明るい気持ちになれるEAです。
そして!あまり公には現状では言えないのですが、スキャル系EAと当EAは非常に相性が良すぎるのです(逆張り系EAとも非常に相性が良すぎました)。併用されると、純益はそのままに、最大ドローダウンは減少する現象が見られました(後述の記述もご参考になさって下さい)。

②販売価格計算式

■恣意的な販売価格を避けるため、
 バックテスト結果からEAの能力を推し量り公正な価格を
 下記の計算式にて設定しています。

20000(基準価格,単位=円) × 1170(年間平均純益ドル) / 576(MDDドル/10年以上)
=40000円(下3桁切り捨て)

 (※価格の上限30000円制度適用により)
=販売価格30000円でご提供いたします。

 (年間平均獲得1000ドル、MDD1000ドル/10年以上であれば販売価格は基準価格と同じ20000円になります。)

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※掲載バックテストのスプレッド:1.0pips
※ロット=0.1あたり、単利運用の場合
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

--------------------
■ちなみに、
 5000ドルから複利MMパラメーターrisk50
 (1ドル100円のとき資金50万円で2~3万通貨前後の割合で運用スタート)
 で始めた場合のバックテスト結果

※バックテスト期間:2006.01.01~2015.12.31(10年間)
※スプレッド:1.0pips
※ヒストリカルデータはFXDDティックを使用

純益:1001788.08ドル(日本円で約1億円)
PF:1.25
最大DD:198309.50ドル(23.75%、約2000万円、資金約8000万円のときに発生)

※あくまでもバックテストの結果から計算したものに過ぎませんが、
人生のうちで3万円を払って50万円で運用して10年で億万長者になれるかも知れないなんて、とても夢のある話だと思います。

※詳しくはブログをご参照ください
 ↓

~リンク:複利運用のバックテスト結果詳細~



--------------------

※当EAは、単利運用の場合、計算上では最大DDが生じた場合、半年でその損失分を解消できます。

※純益と最大DDのバランスからすると、プロフィットファクターはもっと高くてもいいかなと感じますが、1点台前半です。
これは、過去10年間で何回か最大DDに近い損失を計上しながらも打たれ強く利益を伸ばしていっているのかなと思います。
逆に言えば、過度にカーブフィッティングしていない証になるのかな、と思います。
いずれにしましても、シングルポジションのEAで10年間での純益が10000ドル以上で最大DDが500ドル台というのは優秀だと思います。

③主なパラメーター特記事項

■MoneyManage(複利機能)=trueの場合(デフォルト=false)
…RiskRate=50(デフォルト)ならば余剰証拠金20万円につき1万通貨の割合でエントリーします。

■EAの能力からですと、口座で単体で稼働させる場合、推奨証拠金は0.1ロットあたり18万円以上くらいの割合
 (複利パラメーターは50~60あたり)が安全かなと思われます。
…(1$=150円になったと仮定して1万通貨あたりレバレッジ25倍で必要証拠金6万円、最大ドローダウン600ドル×150円=9万円、最大ドローダウンを計時したのち、次のエントリーで含み損になりSLの210pipsをわずかにかすめずに利食いで終わった場合には2.1万円弱、それらを足して17.1万円弱なので18万円あれば1万通貨運用をして安全かなと推測されます)

====================

■他のEAとこのEAを同時稼働させる場合には、バックテストをして頂き、レポート保存をしたHTMファイルにて
 reportmanagerで複数のEAのバックテストを結合させた結果をみると、かけられるリスクを判断しやすいかなと思います。
…場合によってはEAの掛け合わせによって純益はそのままに最大ドローダウンが抑えられることもあります。

[その例①…FX-ONで販売されているSuper NOVA 2.0 (開発者のGustさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②Super NOVA 2.0 と一緒に稼働させた場合、
 (Super NOVA 2.0 単体ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約22倍。)
 ↓
③純益17576.68$/最大ドローダウン495.03$(約35倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8788$/最大ドローダウン248$(約35倍))

 と、純益はやや落ちたものの、最大ドローダウンが半減しパフォーマンスが向上しました。

[その例②…FX-ONで販売されているYellowBicycleScalper for USD/JPY v1 (開発者のalienscafeさんから承諾を得ました)と一緒に稼働させた場合]

①元々のWeStreetPMArinaFilterUSDJPY5mV1が
 純益11000$/最大ドローダウン570$(約19倍、1万通貨運用)
 だったものが、
 ↓
②YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 と一緒に稼働させた場合、
 (YellowBicycleScalper for USD/JPY v1 単体(ただしポジション数1の場合)ですと10年間あたりの純益/最大ドローダウンが約14倍。)
 ↓
③純益17347.56$/最大ドローダウン534.07$(約32倍、2万通貨運用)
 (2つのEA合計で1万通貨単位で運用だと純益8674$/最大ドローダウン267$(約32倍))

 と、こちらもパフォーマンスが向上しました。

 計算上ではEAの掛け合わせによって、よりリスクを取ってもいいかな、ということになります。

 (※詳しくはブログにまとめてみました)
 ↓

~リンク:自作EAとFX-ONで販売されているEAを組み合わせた結果~



 (※自作EAと市販のEAでのリアル複利口座運用状況を公開しています)
 ↓

~リンク:だぶるいーさんのMT4~



====================

他にもパラメーターはありますが、ご購入様には、複利か単利か、
 どのくらいのリスクを取るかをMMパラメーターで設定して頂く以外は、そのままのデフォルト値ですぐにご使用が可能です。

…トレーリングには通常のトレーリングの他、ブレークイーブン、ATRトレーリングを
 ご用意し、その中から選べるようになっておりますが、これもデフォルト値のままご使用ください。
…夏冬時間、曜日の設定ですとかそういった細かい設定は必要なくダウンロードすればサクッとすぐに稼働開始できます。
…ただし、マジックナンバーは他と重複しない設定でよろしくお願い致します。
…また、ロジック上、エントリー中にも何回かエントリー条件を満たす場合があります。
 稼働のタイミングによっては、フォワードテストとエントリータイミングが初めのうちは異なる場合があります。
 (初回エントリーは異なっていた方が良い結果を出しやすいというのはあります)

④注意点

■ドル円5Mでのセッティングでよろしくお願いいたします。

■私自身はEAを作成できません。簡易的にEAクリエイター無料版でEAの原型を作成後、
 プロの方に依頼し機能追加や修正などで収益や不具合を改善したEAです。
■私自身、本業の仕事上、月26日勤務+70h残業というブラックで多忙な毎日を過ごしております。
 (そのため裁量トレーダーからシステムトレーダーに転向しました)

 ※よって商品についてのお問い合わせ対応が遅くなる場合がございますので予めご了承ください。
 ご回答を差し上げられるタイミングとしましては、日曜日の夜中になる可能性が高いです。
 (しかしながら「EAクリエイター無料版作成からの超シンプルロジックEA」であり、
 バックテストと実運用との乖離や動作不具合は起こりにくいと考えています。

⑤長所

■シンプルロジックなので長期的に持続的な再現性は高いと思われます。
■EAのロジックやEAの原型を裁量トレード経験のある私が作成し、
 機能の追加や修正を行い純益や不具合の改善をEA作成のプロの方にお願いした事により、
 複数の人間が関わっているため収益性に関しての客観的な信頼性は高いと思われます。

⑥問題点

■問題は、どんなEAにも言えますが、未来に向けて利益が順調に積み重なっていくか、こればかりは誰にもわかりません。
 ただ、その可能性があるだろうという事で販売いたしました。フォワードの結果も踏まえて、どうかご検討の程よろしくお願い申し上げます。


⑦バージョンアップ情報

■V2…パラメーターMaxSpreadの追加
 (ユーザー様のご要望によりスプレッドがパラメーター値以上にワイドになっている時にはエントリーしないようにする)
 進捗状況→動作確認OK
■V3…パラメーターUseWeekEndClose = true or false及びWeekEndCloseTimeの追加
 (ユーザー様のご要望により週末にポジションを持ち越さない機能の追加)
 進捗状況→ほぼ完成
■V4…EAクリエイター無料版で作成した際の名残のパラメーター「Lots」、その後に機能追加した複利パラメーターのうちの「FixLots」が重複しているため、「Lots」パラメーターの削除
 進捗状況→動作確認OK
■V5…V1~4までのパラメーターの整理、V3のパラメーターの最適値のデフォルト化
 進捗状況→V3機能の動作確認は、週末営業日にしか確認できないため待機確認中



口座開設キャンペーン
購入
購入
help
EAクリエイター無料版からの超シンプルロジックEA(WSPMUJ5M1)
販売開始日
2016年11月28日 14時46分
利用者数
7 help
¥30,000(税込)
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済
バージョンアップ
更新日時
2017年1月26日
バージョン情報
V5