RSIAverageEA:システムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
RSIAverageEA
RSIAverageEA
キャンペーン期間 02月21日 00時00分~03月01日 23時59分
help
RSIAverageEA
順張りでコツコツ利益を積み重ねるEA
カテゴリ
メタトレーダー自動売買システム
BigHead
  • 収益
    14,324
    収益率(全期間)help
    165.09%
  • 推奨証拠金help
    8,676
    勝率
    53.15% (59/111)
  • プロフィットファクター
    1.98
    最大保有ポジション数help
    1
  • リスクリターン率help
    6.83
    最大ドローダウンhelp
    9.71% (2,096)
  • 平均利益
    491
    最大利益
    3,024
  • 平均損失
    -282
    最大損失
    -1,134
  • 口座残高help
    1,014,324
    初期額help
    1,000,000
  • 含み収益
    -
    通貨
    円建て
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
  • MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
  • fx-on Labo
  • fx-on システムトレード ポートフォリオ
通貨ペア
  • [USD/JPY]
取引スタイル
  • [デイトレード]
初期証拠金額
1,000,000
最大ポジション数
1
運用タイプ
1枚運用
最大ロット数
0.01その他:自由な数値に設定可能
使用時間足
M1
最大ストップロス
0その他:自由な数値に設定可能
テイクプロフィット
0その他:自由な数値に設定可能
両建て
なし
出品タイプ
メタトレーダー自動売買システム
その他ファイルの使用
なし
特記事項
ナンピン・マーチンゲールの不採用、必要に応じて適切な損切を行います。
==================================================

【fx-on コミュニティサポート対象商品】

RSIAverageEAの利用者様はfx-onの公式サポートを受けていただけます。
具体的にはfx-onがコミュニティ内におけるご質問に回答し、改善・向上のご要望に対してもしっかりと承ります。
また、回答にあたる者につきましてもRSIAverageEAについて詳細に把握しておりますのでご安心ください。
今後とも皆様からいただいたご意見を参考に作者が各所と相談をしながらバージョンアップを行っていく予定にございます。
利用者様が以前にも増して安心してRSIAverageEAを運用していただくためのサービスとなりますのでご理解ください。

==================================================

【RSIAverageEAとは】

裁量で行っているトレードを再現したEAです。
RSIBandsEAが逆張りを意識したEAであるのに対し、RSIAverageEAは順張りを意識したEAとなっています。
レンジ相場はRB、トレンド相場はRAと両者を組み合わせると非常に相性が良くなります。
RSIBandsEAの利点を生かしたロジックも組み合わせているので、
RSIAverageEAはリリース時から既に完成度が高いものになっています。
今後も裁量トレードの際に得たノウハウをEAに反映させていくのでさらなる向上も期待できます。

【RSIAverageEAの特徴】

ロジックは共通してシンプルであることにこだわり、RSI、ボリンジャーバンド、移動平均線のみを使用しています。
現在もこのロジックに基づく裁量トレードを行っており、経過する年月とともにこのロジックが廃れていないことを考えると、
前作同様に将来の複雑な相場も乗り切れる可能性を秘めています。

・USD/JPY
・1分足
・デイトレード
・順張り仕様
・ナンピン・マーチンゲールの不採用
・独自ロジックによる利確と損切り

【RSIAverageEAのエントリー・エグジット】

三種のインジケーターを組み合わせてトレンドの判定を行い、
方向感を確かめた後にRSIやボリンジャーバンドでタイミングを合わせてエントリーを行います。
エグジットは利確、損きり、トントンの三つのパターンが存在します。
状況に応じて最善の損切りを行うようにプログラミングしておりますが、
自由な損切り水準を設定することもできるようになっております。

【RSIAverageEAのパラメータ】

【基本設定】

・MAGIC= 12345
 マジックナンバーの設定。
 他に運用しているEAとは異なる数値を入力してください。

・Lots = 0.01  
 ロット数の設定
 バックテストの結果を鑑みながら、資金に応じて適切なロットを入力してください。

・StopLoss = 0 //1 = 1pips 
 損切の設定
 EAが最善と考える水準で損切する他、自由に損切までのPipsを設定できます。

・TakeProfit = 0 //1 = 1pips 
 利確設定
 EAが最善と考える水準で利確する他、自由に利確までのPipsを設定できます。

・SpreadLimit = 2.0 //1 = 1pips
 許容最大スプレッド
 入力した数値以上のスプレッドをブローカーが提示している場合にはエントリーしません。

・Slippage = 3 //1 = 1pips
 許容最大スリッページ

【決済方法】

・EarlyExit = false //
 trueに変更すると従来よりも短期間で利確を行います。
 バックテストの結果を鑑みながら、ご自身の好みに合う方を選択してください。
 false設定時とtrue設定時の成績の違いについては下記のバックテスト結果を参照ください。

【時間設定】

・TimeDifference = 3 //1 = GMT+1
 利用業者の提供するMT4サーバーのGMT+を調べて入力してください。
 週末のポジション新規取得の制限と持ち越しの禁止がなされます。

【資金管理】

・MoneyManagement = false
 trueでマネーマネジメントを許可します。

・BaseBalance = 10000 //証拠金10000円ごとに

・BaseLots = 1000 //1000通貨取引数量が増える
 初期設定の場合、証拠金が1000000円なら1.00Lotの取引数量となり、
 以降10000円証拠金が増えるたびに0.01Lot取引数量が増えます。

【約10年間分のバックテストから読み解くRSIAverageEAの特徴】
*1分足で使用するEAのためモデリング品質が25%となっております
 これは1分足がMT4における最短であることから生じるものです。

rsiaverageea_ver2.0_tester1.png

裁量トレーダーのリアルなトレードをおおよそ忠実に再現できています。
勝率と負率も現実的であり平均損益を比べても大きな差がないことから、
このロジックに存在する優位性に基づいてコツコツ利益を積み重ねていることがわかります。
また、過度なフィルターやカーブフィッティングを行っていないため、
PFも比較的落ち着いた数値を示しており今後も同等の数値で推移することが予想できます。

スプレッドについては多少の広がりがあっても(下記のグラフ参照)ほぼ同じ曲線を描くため環境による差が生まれにくく、
スプレッドが3Pipsを越える環境であっても右肩上がりの曲線になることを確認しています。
当然スプレッドが狭ければそれに比例して利益も多くなるものの、
長期運用を目的とした1分足のEAでこのスプレッドのゆとりは安心感があります。

【左はスプレッド1.0Pips、右はMMをtrueに設定】

rsiaverageea_ver1_tester2.jpg

【左はスプレッド0.5Pips、右はスプレッド2.0Pips】

rsiaverageea_ver1_tester3.jpg

【決済方法の選択(Ver2.0〜)左はEarlyExitをfalse、右はtrueに設定】

rsiaverageea_ver2.0_tester4.jpg

falseは作者が実際に裁量で使っている手法に近いトレードを再現したものとなり、
利点は大きなトレンドが発生した際にtrue設定時よりも利益を伸ばしやすいことです。
trueは前述のオリジナルの手法に工夫を凝らしたエグジットの機能を追加したものとなり、
利点はトレンドが終了する前に利確するのでレンジ相場の際にも利益を得やすくなります。

falseとtrueを同時に運用していただくのはリスクを分散させる意味でも大変オススメです。
複数の口座にて稼動させる場合はお手数ですが同製品を追加購入していただいた上での運用をお願いいたします。


【ドローダウンについて(共通事項)】

RSIAverageEAは長期でコツコツ利益を積み重ねるEAとなっております。
年間で黒字が出ている状態、これが私の思う「勝ち」でございます。

EAがドローダウンを起こすと使用を止めてしまう方もいらっしゃると思います。
ですが私としては長期的、少なくとも年間を通して判断していただきたいのが本音です。
使い続けていただくためにも開発者には信頼が必要だと考えております。
EAに関するご質問及びご相談はこちらから直接メッセージをいただけますようお願いいたします。
時間帯によってはお時間をいただくこともございますが、丁寧な返信を心がけております。

*バックテストは過去のチャートデータによる検証です。
必ずしも実際の運用での利益を保証するものではなく、リアル口座での積極的な運用を推奨するものではありません。
ご利用の判断は利用者様それぞれに委ねられており開発者が責任を負うものではありません。
RSIAverageEAにはMoneyManagement機能が搭載されています。
この機能を利用していただく際には通常よりも慎重な資金管理が求められますのでご注意ください。

【長く使えるEAを作ることが最大の目標】
●緩やかな右肩上がりを続けて年単位で黒字を積み上げる。
●使用者を不安にさせるようなドローダウンを経験させない。
●ロジックが極めてシンプルであり、複雑な設定を必要としない。

==================================================
[2017年2月20日 01時01分] 最新のコメント
2017年2月12日 18時51分 更新

RSIAverageEA

fx-on コミュニティサポート
対象商品

RSIAverageEAの利用者様はfx-onの公式サポートを受けていただけます。
具体的にはfx-onがコミュニティ内におけるご質問に回答し、改善・向上のご要望に対してもしっかりと承ります。
また、回答にあたる者につきましてもRSIAverageEAについて詳細に把握しておりますのでご安心ください。
今後とも皆様からいただいたご意見を参考に作者が各所と相談をしながらバージョンアップを行っていく予定です。
利用者様が安心してRSIAverageEAを利用していただくためのサービスとなりますのでご理解ください。

RSIAverageEAとは

裁量で行っているトレードを再現したEAです。
RSIBandsEAが逆張りを意識したEAであるのに対し、RSIAverageEAは順張りを意識したEAとなっています。
レンジ相場はRB、トレンド相場はRAと両者を組み合わせると非常に相性が良くなります。
RSIBandsEAの利点を生かしたロジックも組み合わせているので、
RSIAverageEAはリリース時から既に完成度が高いものになっています。
今後も裁量トレードの際に得たノウハウをEAに反映させていくのでさらなる向上も期待できます。

RSIAverageEAの特徴

ロジックは共通してシンプルであることにこだわり、RSI、ボリンジャーバンド、移動平均線のみを使用しています。
現在もこのロジックに基づく裁量トレードを行っており、経過する年月とともにこのロジックが廃れていないことを考えると、
前作同様に将来の複雑な相場も乗り切れる可能性を秘めています。

  • ・USD/JPY
  • ・1分足
  • ・デイトレード
  • ・順張り仕様
  • ・ナンピン・マーチンゲールの不採用
  • ・独自ロジックによる利確と損切り

RSIAverageEAの
エントリー・エグジット

三種のインジケーターを組み合わせてトレンドの判定を行い、
方向感を確かめた後にRSIやボリンジャーバンドでタイミングを合わせてエントリーを行います。
エグジットは利確、損きり、トントンの三つのパターンが存在します。
状況に応じて最善の損切りを行うようにプログラミングしておりますが、
自由な損切り水準を設定することもできるようになっております。

RSIAverageEAのパラメータ

基本設定

MAGIC= 12345
マジックナンバーの設定
他に運用しているEAとは異なる数値を入力してください。
Lots = 0.01
ロット数の設定
バックテストの結果を鑑みながら、資金に応じて適切なロットを入力してください。
StopLoss = 0 //1 = 1pips
損切の設定
EAが最善と考える水準で損切する他、自由に損切までのPipsを設定できます。
TakeProfit = 0 //1 = 1pips
利確設定
EAが最善と考える水準で利確する他、自由に利確までのPipsを設定できます。
SpreadLimit = 2.0 //1 = 1pips
許容最大スプレッド
入力した数値以上のスプレッドをブローカーが提示している場合にはエントリーしません。
Slippage = 1 //1 = 1pips
許容最大スリッページ

決済方法

EarlyExit = false //
trueに変更すると従来よりも短期間で利確を行います。
バックテストの結果を鑑みながら、ご自身の好みに合う方を選択してください。
false設定時とtrue設定時の成績の違いについては下記のバックテスト結果を参照ください。

時間設定

TimeDifference = 2 //1 = GMT+1
利用業者の提供するMT4サーバーのGMT+を調べて入力してください。
週末のポジション新規取得の制限と持ち越しの禁止がなされます。
StartHour = 0 //1 = 1Hour
StartMinute = 0 //1 = 1Minute
StopHour = 0 //1 = 1Hour
StopMinute = 0 //1 = 1Minute
全ての数値が0(デフォルト)の場合はエントリーの時間を制限しません。
例えばStartHourが17、StartMinuteが30、StopHourが2、StopMinuteが0の場合、
17:30〜02:00の間にエントリーを行い、それ以外の時間はエントリーしません。

資金管理

MoneyManagement = false
trueでマネーマネジメントを許可します。
BaseBalance = 10000 //証拠金10000円ごとに
BaseLots = 1000 //1000通貨取引数量が増える
初期設定の場合、証拠金が1000000円なら1.00Lotの取引数量となり、
以降10000円証拠金が増えるたびに0.01Lot取引数量が増えます。

約10年間分のバックテストから読み解くRSIAverageEAの特徴

*1分足で使用するEAのためモデリング品質が25%となっております。
これは1分足がMT4における最短であることから生じるものです。

裁量トレーダーのリアルなトレードをおおよそ忠実に再現できています。
勝率と負率も現実的であり平均損益を比べても大きな差がないことから、
このロジックに存在する優位性に基づいてコツコツ利益を積み重ねていることがわかります。
また、過度なフィルターやカーブフィッティングを行っていないため、
PFも比較的落ち着いた数値を示しており今後も同等の数値で推移することが予想できます。

スプレッドについては多少の広がりがあっても(下記のグラフ参照)ほぼ同じ曲線を描くため環境による差が生まれにくく、
スプレッドが3Pipsを越える環境であっても右肩上がりの曲線になることを確認しています。
当然スプレッドが狭ければそれに比例して利益も多くなるものの、
長期運用を目的とした1分足のEAでこのスプレッドのゆとりは安心感があります。

左はスプレッド1.0Pips、
右はMMをtrueに設定

左はスプレッド0.5Pips、
右はスプレッド2.0Pips

決済方法の選択(Ver2.0~)
左はEarlyExitをfalse、
右はtrueに設定

falseは作者が実際に裁量で使っている手法に近いトレードを再現したものとなり、
利点は大きなトレンドが発生した際にtrue設定時よりも利益を伸ばしやすいことです。
trueは前述のオリジナルの手法に工夫を凝らしたエグジットの機能を追加したものとなり、
利点はトレンドが終了する前に利確するのでレンジ相場の際にも利益を得やすくなります。

falseとtrueを同時に運用していただくのはリスクを分散させる意味でも大変オススメです。
複数の口座にて稼動させる場合はお手数ですが同製品を追加購入していただいた上での運用をお願いいたします。

ドローダウンについて(共通事項)

RSIAverageEAは長期でコツコツ利益を積み重ねるEAとなっております。
年間で黒字が出ている状態、これが私の思う「勝ち」でございます。

EAがドローダウンを起こすと使用を止めてしまう方もいらっしゃると思います。
ですが私としては長期的、少なくとも年間を通して判断していただきたいのが本音です。

*バックテストは過去のチャートデータによる検証です。
必ずしも実際の運用での利益を保証するものではなく、リアル口座での積極的な運用を推奨するものではありません。
ご利用の判断は利用者様それぞれに委ねられており開発者が責任を負うものではありません。
RSIAverageEAにはMoneyManagement機能が搭載されています。
この機能を利用していただく際には通常よりも慎重な資金管理が求められますのでご注意ください。

長く使えるEAを作ることが
最大の目標

  • ●緩やかな右肩上がりを続けて年単位で黒字を積み上げる。
  • ●使用者を不安にさせるようなドローダウンを経験させない。
  • ●ロジックが極めてシンプルであり、複雑な設定を必要としない。
2017年1月30日 07時17分 更新
==================================================

【fx-on コミュニティサポート対象商品】

RSIAverageEAの利用者様はfx-onの公式サポートを受けていただけます。
具体的にはfx-onがコミュニティ内におけるご質問に回答し、改善・向上のご要望に対してもしっかりと承ります。
また、回答にあたる者につきましてはRSIAverageEAについて詳細に把握しておりますのでご安心ください。
今後とも皆様からいただいたご意見を参考に作者が各所と相談をしながらバージョンアップを行っていく予定にございます。
利用者様が以前にも増して安心してRSIAverageEAを運用していただくためのサービスとなりますのでご理解ください。

==================================================

【RSIAverageEAとは】

裁量で行っているトレードを再現したEAです。
RSIBandsEAが逆張りを意識したEAであるのに対し、RSIAverageEAは順張りを意識したEAとなっています。
レンジ相場はRB、トレンド相場はRAと両者を組み合わせると非常に相性が良くなります。
RSIBandsEAの利点を生かしたロジックも組み合わせているので、
RSIAverageEAはリリース時から既に完成度が高いものになっています。
今後も裁量トレードの際に得たノウハウをEAに反映させていくのでさらなる向上も期待できます。

【RSIAverageEAの特徴】

ロジックは共通してシンプルであることにこだわり、RSI、ボリンジャーバンド、移動平均線のみを使用しています。
現在もこのロジックに基づく裁量トレードを行っており、経過する年月とともにこのロジックが廃れていないことを考えると、
前作同様に将来の複雑な相場も乗り切れる可能性を秘めています。

・USD/JPY
・1分足
・デイトレード
・順張り仕様
・ナンピン・マーチンゲールの不採用
・独自ロジックによる利確と損切り

【RSIAverageEAのエントリー・エグジット】

三種のインジケーターを組み合わせてトレンドの判定を行い、
方向感を確かめた後にRSIやボリンジャーバンドでタイミングを合わせてエントリーを行います。
エグジットは利確、損きり、トントンの三つのパターンが存在します。
状況に応じて最善の損切りを行うようにプログラミングしておりますが、
自由な損切り水準を設定することもできるようになっております。

【RSIAverageEAのパラメータ】

【基本設定】

・MAGIC= 12345
 マジックナンバーの設定。
 他に運用しているEAとは異なる数値を入力してください。

・Lots = 0.01  
 ロット数の設定
 バックテストの結果を鑑みながら、資金に応じて適切なロットを入力してください。

・StopLoss = 0 //1 = 1pips 
 損切の設定
 EAが最善と考える水準で損切する他、自由に損切までのPipsを設定できます。

・TakeProfit = 0 //1 = 1pips 
 利確設定
 EAが最善と考える水準で利確する他、自由に利確までのPipsを設定できます。

・SpreadLimit = 2.0 //1 = 1pips
 許容最大スプレッド
 入力した数値以上のスプレッドをブローカーが提示している場合にはエントリーしません。

・Slippage = 1 //1 = 1pips
 許容最大スリッページ

【決済方法】

・EarlyExit = false //
 trueに変更すると従来よりも短期間で利確を行います。
 バックテストの結果を鑑みながら、ご自身の好みに合う方を選択してください。
 false設定時とtrue設定時の成績の違いについては下記のバックテスト結果を参照ください。

【時間設定】

・TimeDifference = 2 //1 = GMT+1
 利用業者の提供するMT4サーバーのGMT+を調べて入力してください。
 週末のポジション新規取得の制限と持ち越しの禁止がなされます。

・StartHour = 0 //1 = 1Hour
・StartMinute = 0 //1 = 1Minute
・StopHour = 0 //1 = 1Hour
・StopMinute = 0 //1 = 1Minute
 全ての数値が0(デフォルト)の場合はエントリーの時間を制限しません。
 例えばStartHourが17、StartMinuteが30、StopHourが2、StopMinuteが0の場合、
 17:30〜02:00の間にエントリーを行い、それ以外の時間はエントリーしません。

【資金管理】

・MoneyManagement = false
 trueでマネーマネジメントを許可します。

・BaseBalance = 10000 //証拠金10000円ごとに

・BaseLots = 1000 //1000通貨取引数量が増える
 初期設定の場合、証拠金が1000000円なら1.00Lotの取引数量となり、
 以降10000円証拠金が増えるたびに0.01Lot取引数量が増えます。

【約10年間分のバックテストから読み解くRSIAverageEAの特徴】
*1分足で使用するEAのためモデリング品質が25%となっております
 これは1分足がMT4における最短であることから生じるものです。

rsiaverageea_ver2.0_tester1.png

裁量トレーダーのリアルなトレードをおおよそ忠実に再現できています。
勝率と負率も現実的であり平均損益を比べても大きな差がないことから、
このロジックに存在する優位性に基づいてコツコツ利益を積み重ねていることがわかります。
また、過度なフィルターやカーブフィッティングを行っていないため、
PFも比較的落ち着いた数値を示しており今後も同等の数値で推移することが予想できます。

スプレッドについては多少の広がりがあっても(下記のグラフ参照)ほぼ同じ曲線を描くため環境による差が生まれにくく、
スプレッドが3Pipsを越える環境であっても右肩上がりの曲線になることを確認しています。
当然スプレッドが狭ければそれに比例して利益も多くなるものの、
長期運用を目的とした1分足のEAでこのスプレッドのゆとりは安心感があります。

【左はスプレッド1.0Pips、右はMMをtrueに設定】

rsiaverageea_ver1_tester2.jpg

【左はスプレッド0.5Pips、右はスプレッド2.0Pips】

rsiaverageea_ver1_tester3.jpg

【決済方法の選択(Ver2.0〜)左はChangeをfalse、右はtrueに設定】

rsiaverageea_ver2.0_tester4.jpg

falseは作者が実際に裁量で使っている手法に近いトレードを再現したものとなり、
利点は大きなトレンドが発生した際にtrue設定時よりも利益を伸ばしやすいことです。
trueは前述のオリジナルの手法に工夫を凝らしたエグジットの機能を追加したものとなり、
利点はトレンドが終了する前に利確するのでレンジ相場の際にも利益を得やすくなります。

falseとtrueを同時に運用していただくのはリスクを分散させる意味でも大変オススメです。
複数の口座にて稼動させる場合はお手数ですが同製品を追加購入していただいた上での運用をお願いいたします。


【ドローダウンについて(共通事項)】

RSIAverageEAは長期でコツコツ利益を積み重ねるEAとなっております。
年間で黒字が出ている状態、これが私の思う「勝ち」でございます。

EAがドローダウンを起こすと使用を止めてしまう方もいらっしゃると思います。
ですが私としては長期的、少なくとも年間を通して判断していただきたいのが本音です。

*バックテストは過去のチャートデータによる検証です。
必ずしも実際の運用での利益を保証するものではなく、リアル口座での積極的な運用を推奨するものではありません。
ご利用の判断は利用者様それぞれに委ねられており開発者が責任を負うものではありません。
RSIAverageEAにはMoneyManagement機能が搭載されています。
この機能を利用していただく際には通常よりも慎重な資金管理が求められますのでご注意ください。

【長く使えるEAを作ることが最大の目標】
●緩やかな右肩上がりを続けて年単位で黒字を積み上げる。
●使用者を不安にさせるようなドローダウンを経験させない。
●ロジックが極めてシンプルであり、複雑な設定を必要としない。

==================================================
2017年1月27日 10時34分 更新
==================================================

【fx-on コミュニティサポート対象商品】

RSIAverageEAの利用者様はfx-onの公式サポートを受けていただけます。
具体的にはfx-onがコミュニティ内におけるご質問に回答し、改善・向上のご要望に対してもしっかりと承ります。
また、回答にあたる者につきましてはRSIAverageEAについて詳細に把握しておりますのでご安心ください。
今後とも皆様からいただいたご意見を参考に作者が各所と相談をしながらバージョンアップを行っていく予定にございます。
利用者様が以前にも増して安心してRSIAverageEAを運用していただくためのサービスとなりますのでご理解ください。

今回、新しいサービスの開始により商品価格が変更になる可能性がございます。
改めてアナウンスはいたしませんのでご検討中の方はお早めにご入手くださいますようお願い申し上げます。

==================================================

【RSIAverageEAとは】

裁量で行っているトレードを再現したEAです。
RSIBandsEAが逆張りを意識したEAであるのに対し、RSIAverageEAは順張りを意識したEAとなっています。
レンジ相場はRB、トレンド相場はRAと両者を組み合わせると非常に相性が良くなります。
RSIBandsEAの利点を生かしたロジックも組み合わせているので、
RSIAverageEAはリリース時から既に完成度が高いものになっています。
今後も裁量トレードの際に得たノウハウをEAに反映させていくのでさらなる向上も期待できます。

【RSIAverageEAの特徴】

ロジックは共通してシンプルであることにこだわり、RSI、ボリンジャーバンド、移動平均線のみを使用しています。
現在もこのロジックに基づく裁量トレードを行っており、経過する年月とともにこのロジックが廃れていないことを考えると、
前作同様に将来の複雑な相場も乗り切れる可能性を秘めています。

・USD/JPY
・1分足
・デイトレード
・順張り仕様
・ナンピン・マーチンゲールの不採用
・独自ロジックによる利確と損切り

【RSIAverageEAのエントリー・エグジット】

三種のインジケーターを組み合わせてトレンドの判定を行い、
方向感を確かめた後にRSIやボリンジャーバンドでタイミングを合わせてエントリーを行います。
エグジットは利確、損きり、トントンの三つのパターンが存在します。
状況に応じて最善の損切りを行うようにプログラミングしておりますが、
自由な損切り水準を設定することもできるようになっております。

【RSIAverageEAのパラメータ】

【基本設定】

・MAGIC= 12345
 マジックナンバーの設定。
 他に運用しているEAとは異なる数値を入力してください。

・Lots = 0.01  
 ロット数の設定
 バックテストの結果を鑑みながら、資金に応じて適切なロットを入力してください。

・StopLoss = 0 //1 = 1pips 
 損切の設定
 EAが最善と考える水準で損切する他、自由に損切までのPipsを設定できます。

・TakeProfit = 0 //1 = 1pips 
 利確設定
 EAが最善と考える水準で利確する他、自由に利確までのPipsを設定できます。

・SpreadLimit = 2.0 //1 = 1pips
 許容最大スプレッド
 入力した数値以上のスプレッドをブローカーが提示している場合にはエントリーしません。

・Slippage = 3 //1 = 1pips
 許容最大スリッページ

【決済方法】

・Change = false //
 trueに変更すると従来よりも短期間で利確を行います。
 バックテストの結果を鑑みながら、ご自身の好みに合う方を選択してください。
 false設定時とtrue設定時の成績の違いについては下記のバックテスト結果を参照ください。

【時間設定】

・TimeDifference = 3 //1 = GMT+1
 利用業者の提供するMT4サーバーのGMT+を調べて入力してください。
 週末のポジション新規取得の制限と持ち越しの禁止がなされます。

【資金管理】

・MoneyManagement = false
 trueでマネーマネジメントを許可します。

・BaseBalance = 10000 //証拠金10000円ごとに

・BaseLots = 1000 //1000通貨取引数量が増える
 初期設定の場合、証拠金が1000000円なら1.00Lotの取引数量となり、
 以降10000円証拠金が増えるたびに0.01Lot取引数量が増えます。

【約10年間分のバックテストから読み解くRSIAverageEAの特徴】
*1分足で使用するEAのためモデリング品質が25%となっております
 これは1分足がMT4における最短であることから生じるものです。

rsiaverageea_ver2.0_tester1.png

裁量トレーダーのリアルなトレードをおおよそ忠実に再現できています。
勝率と負率も現実的であり平均損益を比べても大きな差がないことから、
このロジックに存在する優位性に基づいてコツコツ利益を積み重ねていることがわかります。
また、過度なフィルターやカーブフィッティングを行っていないため、
PFも比較的落ち着いた数値を示しており今後も同等の数値で推移することが予想できます。

スプレッドについては多少の広がりがあっても(下記のグラフ参照)ほぼ同じ曲線を描くため環境による差が生まれにくく、
スプレッドが3Pipsを越える環境であっても右肩上がりの曲線になることを確認しています。
当然スプレッドが狭ければそれに比例して利益も多くなるものの、
長期運用を目的とした1分足のEAでこのスプレッドのゆとりは安心感があります。

【左はスプレッド1.0Pips、右はMMをtrueに設定】

rsiaverageea_ver1_tester2.jpg

【左はスプレッド0.5Pips、右はスプレッド2.0Pips】

rsiaverageea_ver1_tester3.jpg

【決済方法の選択(Ver2.0〜)左はChangeをfalse、右はtrueに設定】

rsiaverageea_ver2.0_tester4.jpg

falseは作者が実際に裁量で使っている手法に近いトレードを再現したものとなり、
利点は大きなトレンドが発生した際にtrue設定時よりも利益を伸ばしやすいことです。
trueは前述のオリジナルの手法に工夫を凝らしたエグジットの機能を追加したものとなり、
利点はトレンドが終了する前に利確するのでレンジ相場の際にも利益を得やすくなります。

falseとtrueを同時に運用していただくのはリスクを分散させる意味でも大変オススメです。
複数の口座にて稼動させる場合はお手数ですが同製品を追加購入していただいた上での運用をお願いいたします。


【ドローダウンについて(共通事項)】

RSIAverageEAは長期でコツコツ利益を積み重ねるEAとなっております。
年間で黒字が出ている状態、これが私の思う「勝ち」でございます。

EAがドローダウンを起こすと使用を止めてしまう方もいらっしゃると思います。
ですが私としては長期的、少なくとも年間を通して判断していただきたいのが本音です。

*バックテストは過去のチャートデータによる検証です。
必ずしも実際の運用での利益を保証するものではなく、リアル口座での積極的な運用を推奨するものではありません。
ご利用の判断は利用者様それぞれに委ねられており開発者が責任を負うものではありません。
RSIAverageEAにはMoneyManagement機能が搭載されています。
この機能を利用していただく際には通常よりも慎重な資金管理が求められますのでご注意ください。

【長く使えるEAを作ることが最大の目標】
●緩やかな右肩上がりを続けて年単位で黒字を積み上げる。
●使用者を不安にさせるようなドローダウンを経験させない。
●ロジックが極めてシンプルであり、複雑な設定を必要としない。

==================================================
2017年1月19日 16時54分 更新
==================================================

【fx-on コミュニティサポート対象商品】

RSIAverageEAの利用者様はfx-onの公式サポートを受けていただけます。
具体的にはfx-onがコミュニティ内におけるご質問に回答し、改善・向上のご要望に対してもしっかりと承ります。
また、回答にあたる者につきましてはRSIAverageEAについて詳細に把握しておりますのでご安心ください。
今後とも皆様からいただいたご意見を参考に作者が各所と相談をしながらバージョンアップを行っていく予定にございます。
利用者様が以前にも増して安心してRSIAverageEAを運用していただくためのサービスとなりますのでご理解ください。

今回、新しいサービスの開始により商品価格が変更になる可能性がございます。
改めてアナウンスはいたしませんのでご検討中の方はお早めにご入手くださいますようお願い申し上げます。

==================================================

【RSIAverageEAとは】

裁量で行っているトレードを再現したEAです。
RSIBandsEAが逆張りを意識したEAであるのに対し、RSIAverageEAは順張りを意識したEAとなっています。
レンジ相場はRB、トレンド相場はRAと両者を組み合わせると非常に相性が良くなります。
RSIBandsEAの利点を生かしたロジックも組み合わせているので、
RSIAverageEAはリリース時から既に完成度が高いものになっています。
今後も裁量トレードの際に得たノウハウをEAに反映させていくのでさらなる向上も期待できます。

【RSIAverageEAの特徴】

ロジックは共通してシンプルであることにこだわり、RSI、ボリンジャーバンド、移動平均線のみを使用しています。
現在もこのロジックに基づく裁量トレードを行っており、経過する年月とともにこのロジックが廃れていないことを考えると、
前作同様に将来の複雑な相場も乗り切れる可能性を秘めています。

・USD/JPY
・1分足
・デイトレード
・順張り仕様
・ナンピン・マーチンゲールの不採用
・独自ロジックによる利確と損切り

【RSIAverageEAのエントリー・エグジット】

三種のインジケーターを組み合わせてトレンドの判定を行い、
方向感を確かめた後にRSIやボリンジャーバンドでタイミングを合わせてエントリーを行います。
エグジットは利確、損きり、トントンの三つのパターンが存在します。
状況に応じて最善の損切りを行うようにプログラミングしておりますが、
自由な損切り水準を設定することもできるようになっております。

【RSIAverageEAのパラメータ】

【基本設定】

・MAGIC= 12345
 マジックナンバーの設定。
 他に運用しているEAとは異なる数値を入力してください。

・Lots = 0.01  
 ロット数の設定
 バックテストの結果を鑑みながら、資金に応じて適切なロットを入力してください。

・StopLoss = 0 //1 = 1pips 
 損切の設定
 EAが最善と考える水準で損切する他、自由に損切までのPipsを設定できます。

・TakeProfit = 0 //1 = 1pips 
 利確設定
 EAが最善と考える水準で利確する他、自由に利確までのPipsを設定できます。

・SpreadLimit = 2.0 //1 = 1pips
 許容最大スプレッド
 入力した数値以上のスプレッドをブローカーが提示している場合にはエントリーしません。

・Slippage = 3 //1 = 1pips
 許容最大スリッページ

【決済方法】

・Change = false //
 trueに変更すると従来よりも短期間で利確を行います。
 バックテストの結果を鑑みながら、ご自身の好みに合う方を選択してください。
 false設定時とtrue設定時の成績の違いについては下記のバックテスト結果を参照ください。

【時間設定】

・TimeDifference = 3 //1 = GMT+1
 利用業者の提供するMT4サーバーのGMT+を調べて入力してください。
 週末のポジション新規取得の制限と持ち越しの禁止がなされます。

【資金管理】

・MoneyManagement = false
 trueでマネーマネジメントを許可します。

・BaseBalance = 10000 //証拠金10000円ごとに

・BaseLots = 1000 //1000通貨取引数量が増える
 初期設定の場合、証拠金が1000000円なら1.00Lotの取引数量となり、
 以降10000円証拠金が増えるたびに0.01Lot取引数量が増えます。

【約10年間分のバックテストから読み解くRSIAverageEAの特徴】
*1分足で使用するEAのためモデリング品質が25%となっております
 これは1分足がMT4における最短であることから生じるものです。

rsiaverageea_ver2.0_tester1.png

裁量トレーダーのリアルなトレードをおおよそ忠実に再現できています。
勝率と負率も現実的であり平均損益を比べても大きな差がないことから、
このロジックに存在する優位性に基づいてコツコツ利益を積み重ねていることがわかります。
また、過度なフィルターやカーブフィッティングを行っていないため、
PFも比較的落ち着いた数値を示しており今後も同等の数値で推移することが予想できます。

スプレッドについては多少の広がりがあっても(下記のグラフ参照)ほぼ同じ曲線を描くため環境による差が生まれにくく、
スプレッドが3Pipsを越える環境であっても右肩上がりの曲線になることを確認しています。
当然スプレッドが狭ければそれに比例して利益も多くなるものの、
長期運用を目的とした1分足のEAでこのスプレッドのゆとりは安心感があります。

【左はスプレッド1.0Pips、右はMMをtrueに設定】

rsiaverageea_ver1_tester2.jpg

【左はスプレッド0.5Pips、右はスプレッド2.0Pips】

rsiaverageea_ver1_tester3.jpg

【決済方法の選択(Ver2.0〜)左はChangeをfalse、右はtrueに設定】

rsiaverageea_ver2.0_tester4.jpg

falseは作者が実際に裁量で使っている手法に近いトレードを再現したものとなり、
利点は大きなトレンドが発生した際にtrue設定時よりも利益を伸ばしやすいことです。
trueは前述のオリジナルの手法に工夫を凝らしたエグジットの機能を追加したものとなり、
利点はトレンドが終了する前に利確するのでレンジ相場の際にも利益を得やすくなります。

falseとtrueを同時に運用していただくのはリスクを分散させる意味でも大変オススメです。
その際にはお手数ですが同製品をもう一度ご入手いただいた上での運用をお願いいたします。


【ドローダウンについて(共通事項)】

RSIAverageEAは長期でコツコツ利益を積み重ねるEAとなっております。
年間で黒字が出ている状態、これが私の思う「勝ち」でございます。

EAがドローダウンを起こすと使用を止めてしまう方もいらっしゃると思います。
ですが私としては長期的、少なくとも年間を通して判断していただきたいのが本音です。

*バックテストは過去のチャートデータによる検証です。
必ずしも実際の運用での利益を保証するものではなく、リアル口座での積極的な運用を推奨するものではありません。
ご利用の判断は利用者様それぞれに委ねられており開発者が責任を負うものではありません。
RSIAverageEAにはMoneyManagement機能が搭載されています。
この機能を利用していただく際には通常よりも慎重な資金管理が求められますのでご注意ください。

【長く使えるEAを作ることが最大の目標】
●緩やかな右肩上がりを続けて年単位で黒字を積み上げる。
●使用者を不安にさせるようなドローダウンを経験させない。
●ロジックが極めてシンプルであり、複雑な設定を必要としない。

==================================================
2017年1月19日 16時46分 更新
==================================================

【fx-on コミュニティサポート対象商品】

RSIAverageEAの利用者様はfx-onの公式サポートを受けていただけます。
具体的にはfx-onがコミュニティ内におけるご質問に回答し、改善・向上のご要望に対してもしっかりと承ります。
また、回答にあたる者につきましてはRSIAverageEAについて詳細に把握しておりますのでご安心ください。
今後とも皆様からいただいたご意見を参考に作者が各所と相談をしながらバージョンアップを行っていく予定にございます。
利用者様が以前にも増して安心してRSIAverageEAを運用していただくためのサービスとなりますのでご理解ください。

今回、新しいサービスの開始により商品価格が変更になる可能性がございます。
改めてアナウンスはいたしませんのでご検討中の方はお早めにご入手くださいますようお願い申し上げます。

==================================================

【RSIAverageEAとは】

裁量で行っているトレードを再現したEAです。
RSIBandsEAが逆張りを意識したEAであるのに対し、RSIAverageEAは順張りを意識したEAとなっています。
レンジ相場はRB、トレンド相場はRAと両者を組み合わせると非常に相性が良くなります。
RSIBandsEAの利点を生かしたロジックも組み合わせているので、
RSIAverageEAはリリース時から既に完成度が高いものになっています。
今後も裁量トレードの際に得たノウハウをEAに反映させていくのでさらなる向上も期待できます。

【RSIAverageEAの特徴】

ロジックは共通してシンプルであることにこだわり、RSI、ボリンジャーバンド、移動平均線のみを使用しています。
現在もこのロジックに基づく裁量トレードを行っており、経過する年月とともにこのロジックが廃れていないことを考えると、
前作同様に将来の複雑な相場も乗り切れる可能性を秘めています。

・USD/JPY
・1分足
・デイトレード
・順張り仕様
・ナンピン・マーチンゲールの不採用
・独自ロジックによる利確と損切り

【RSIAverageEAのエントリー・エグジット】

三種のインジケーターを組み合わせてトレンドの判定を行い、
方向感を確かめた後にRSIやボリンジャーバンドでタイミングを合わせてエントリーを行います。
エグジットは利確、損きり、トントンの三つのパターンが存在します。
状況に応じて最善の損切りを行うようにプログラミングしておりますが、
自由な損切り水準を設定することもできるようになっております。

【RSIAverageEAのパラメータ】

【基本設定】

・MAGIC= 12345
 マジックナンバーの設定。
 他に運用しているEAとは異なる数値を入力してください。

・Lots = 0.01  
 ロット数の設定
 バックテストの結果を鑑みながら、資金に応じて適切なロットを入力してください。

・StopLoss = 0 //1 = 1pips 
 損切の設定
 EAが最善と考える水準で損切する他、自由に損切までのPipsを設定できます。

・TakeProfit = 0 //1 = 1pips 
 利確設定
 EAが最善と考える水準で利確する他、自由に利確までのPipsを設定できます。

・SpreadLimit = 2.0 //1 = 1pips
 許容最大スプレッド
 入力した数値以上のスプレッドをブローカーが提示している場合にはエントリーしません。

・Slippage = 3 //1 = 1pips
 許容最大スリッページ

【決済方法】

・Change = false //
 trueに変更すると従来よりも短期間で利確を行います。
 バックテストの結果を鑑みながら、ご自身の好みに合う方を選択してください。
 false設定時とtrue設定時の成績の違いについては下記のバックテスト結果を参照ください。

【時間設定】

・TimeDifference = 3 //1 = GMT+1
 利用業者の提供するMT4サーバーのGMT+を調べて入力してください。
 週末のポジション新規取得の制限と持ち越しの禁止がなされます。

【資金管理】

・MoneyManagement = false
 trueでマネーマネジメントを許可します。

・BaseBalance = 10000 //証拠金10000円ごとに

・BaseLots = 1000 //1000通貨取引数量が増える
 初期設定の場合、証拠金が1000000円なら1.00Lotの取引数量となり、
 以降10000円証拠金が増えるたびに0.01Lot取引数量が増えます。

【約10年間分のバックテストから読み解くRSIAverageEAの特徴】
*1分足で使用するEAのためモデリング品質が25%となっております
 これは1分足がMT4における最短であることから生じるものです。

rsiaverageea_ver2.0_tester1.png

裁量トレーダーのリアルなトレードをおおよそ忠実に再現できています。
勝率と負率も現実的であり平均損益を比べても大きな差がないことから、
このロジックに存在する優位性に基づいてコツコツ利益を積み重ねていることがわかります。
また、過度なフィルターやカーブフィッティングを行っていないため、
PFも比較的落ち着いた数値を示しており今後も同等の数値で推移することが予想できます。

スプレッドについては多少の広がりがあっても(下記のグラフ参照)ほぼ同じ曲線を描くため環境による差が生まれにくく、
スプレッドが3Pipsを越える環境であっても右肩上がりの曲線になることを確認しています。
当然スプレッドが狭ければそれに比例して利益も多くなるものの、
長期運用を目的とした1分足のEAでこのスプレッドのゆとりは安心感があります。

【左はスプレッド1.0Pips、右はMMをtrueに設定】

rsiaverageea_ver1_tester2.jpg

【左はスプレッド0.5Pips、右はスプレッド2.0Pips】

rsiaverageea_ver1_tester3.jpg

【決済方法の選択(Ver2.0〜)左はChangeをfalse、右はtrueに設定】

rsiaverageea_ver2.0_tester4.jpg

falseは作者が実際に裁量で使っている手法に近いトレードを再現したものとなり、
利点は大きなトレンドが発生した際にtrue設定時よりも利益を伸ばしやすいことです。
trueは前述のオリジナルの手法に工夫を凝らしたエグジットの機能を追加したものとなり、
利点はトレンドが終了する前に利確するのでレンジ相場の際にも利益を得やすくなります。

falseとtrueを同時に運用していただくのはリスクを分散させる意味でも大変オススメです。
その際にはお手数ですが同製品をもう一度ご入手いただいた上での運用をお願いいたします。


【ドローダウンについて(共通事項)】

RSIAverageEAは長期でコツコツ利益を積み重ねるEAとなっております。
年間で黒字が出ている状態、これが私の思う「勝ち」でございます。

EAがドローダウンを起こすと使用を止めてしまう方もいらっしゃると思います。
ですが私としては長期的、少なくとも年間を通して判断していただきたいのが本音です。
使い続けていただくためにも開発者には信頼が必要だと考えております。
EAに関するご質問及びご相談はこちらから直接メッセージをいただけますようお願いいたします。
時間帯によってはお時間をいただくこともございますが、丁寧な返信を心がけております。

*バックテストは過去のチャートデータによる検証です。
必ずしも実際の運用での利益を保証するものではなく、リアル口座での積極的な運用を推奨するものではありません。
ご利用の判断は利用者様それぞれに委ねられており開発者が責任を負うものではありません。
RSIAverageEAにはMoneyManagement機能が搭載されています。
この機能を利用していただく際には通常よりも慎重な資金管理が求められますのでご注意ください。

【長く使えるEAを作ることが最大の目標】
●緩やかな右肩上がりを続けて年単位で黒字を積み上げる。
●使用者を不安にさせるようなドローダウンを経験させない。
●ロジックが極めてシンプルであり、複雑な設定を必要としない。

==================================================
BigHeadさんの現在販売中の商品
¥29,800
¥24,800
¥29,800
¥24,800
口座開設キャンペーン
購入
購入
help
RSIAverageEA
販売開始日
2016年11月7日 17時09分
利用者数
115 help
特別限定価格
¥29,800  ¥24,800(税込)
DVD郵送オプション対応
DVDに記録してお届け(+540円) 詳細
■お支払い方法
masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済
バージョンアップ
更新日時
2017年2月8日
バージョン情報
2.2