PIVOTでGO:商品レビュー - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
みんなのレビュー
レビュー数 2
評価 
決して無視できない欧米勢のピボットを意識した動きに追従するには欠かせないツールです。
日々の値動きを注視していると、欧米勢が参入する時間帯になると、一気に値動きが荒くなって、何やら仕掛け的なものに誰もが気付くと思います。

特に EUR/USD を筆頭に、メジャー通貨ペアともなると、その傾向は顕著で、欧米勢はピボットやフィボナッチを意識したトレードをしていることが容易に想像出来ます。

従って、ダラダラとした値動きに終始する日本市場の時間帯(09:00~15:00)に、無作為にエントリーしたとしても、その後に出没する欧州勢に翻弄させられることになるのがオチで、そのようなリスクを回避するには、なんといっても彼等に便乗するのが無難で、しかもピボットやフィボナッチをベースとしたストラテジが理想的だと考えるようになりました。

まさに、そのような要求を満たしてくれるのが「PIVOTでGO」で、一般的なピボットは勿論のこと、フィボナッチ系のインジケータであれば、パラメータの設定の際に TriggerPivotName にインジケータ名を正しく入力することと、TriggerPivotNumber(デフォルトはピボットレベル = 0)の指定を間違えない限り、思惑通りのストラテジで待機状態になります。

実際に試してみたところ、インジケータ名からはピボットやフィボナッチとは無縁のようでも、インジケータの MQL4ファイルを開いてみて、ピボットやフィボナッチがベースロジックとなっていれば、何等不具合なく使えることも確認済みです。

ピボットやフィボナッチの類のインディケータの場合は、15分足以上のチャートで使用すれば問題ないので、実際に表示させて「PIVOTでGO」を稼働させてみると、予め設定した稼働時間外でなければ、終値が指定したトリガーライン(デフォルトはライム色で変更可能)に到達したところで、そのトリガーラインを挟んで発動したOCOラインで一連の挙動を確認できます。

基本的には、ピボットレベルを意識して稼働させたままの[待ち]の使い方になるでしょうから、このように適切な時間帯がデフォルトになっているので、TriggerPivotName に正しいインジケーター名を入力して、lots(デフォルトは0.1)を指定するだけで十分です。

しかし、少々手間が掛かるものの、できれば日々のトレンドによって、その他ピボットやフィボナッチ系のインディケータに狙いを変えていくような柔軟な使い方が有効です。

いずれにしても、使い方次第で、ダマシの洗礼を受け続けた挙句に不信感を持ってしまう並みのEAとは一味違っていることを実感できる筈です。

そして、リリース後しばらくしてからのバージョンアップでは、FUNDAとTrendFollowModeが追加で実装されことで、日々のトレンドから、ブレイクアウトを想定した順張り(STOP = 1)か、押し目買いや戻り売りを狙った逆張り(LIMIT = -1)に絞って設定出来るようになりました。

具体例として、仮に下げトレンドが明らかで、ピボットレベルよりも下で推移している場合、欧米勢の参入時の仕掛け的な値動きの中での戻り売りを想定して、ピボットレベルや各フィボナッチレベル (通常のTriggerPivotNumberは、サポート1 = 1、レジスタンス1 = 2、サポート2 = 3、レジスタンス2 = 4、サポート3 = 5、レジスタンス3 = 6) での逆張り(LIMIT = -1)を設定しておくといった手法です。

このように、刻々と変化する相場環境に応じて、トリガーラインすなわち TriggerPivotNumber の設定値を日々見直す必要があるのですが、これまでのピボットやフィボナッチのトリガーラインを挟んだOCOでの順張り(STOP)という、どちらかといえば[待ち]一辺倒の使い方に対して、取引通貨ペアに対する大まかなトレンドを把握してさえいれば、まさしく[攻め]のストラテジにも対応可能な仕様に仕上がっているので、一段と使い勝手の良い理想的なツールになったと思います。


2017/01/20 22:03
大きく変身し、とても使えるEAになっています。
発売当初、あまりの安さにとびついて購入しました。
しかし、当初はこのEAのせいではないのですが、ピボットの反発がR1、S1ではあまりよくなく、かと言って高確率なR3、S3では滅多に起きない、という感じだったのであまり使用していませんでした。
ですが、去年、爆発的に売れた情報商材「みんなでFX」を購入して気づいたのですが、フィボナッチPivot線の方の利用とうまく対処していけばかなりのPFになる事が裁量運用の結果気づきました。
そういう訳で同じコンセプトのこのEAを思い出し、作者さんに改良をお願いしたのですが、何と心よく改良していただきました(。v_v。)ペコ
これで「みんなでFX」やその他のピボット運用が自動で出来るようになり本当に助かりました。ピボット線利用の運用は裁量部分が少なく、システムトレードになる事が多いので本当に便利です。これなら24通貨ぐらい同時運用が可能になりますのでものすごく監視が楽になりそうです。
Pivotを使われた運用をされていらっしゃる方は多いと思いますので、このEAは本当に便利だと思います。

2017/01/07 20:50
注目のレビュアー一覧 >
fx-on公式twitter
fx-on公式facebook