White Bear Z USDJPY:商品レビュー - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
みんなのレビュー
White Bear Z USDJPY
ラッコ
レビュー数 6
評価 
大当たりEA
発売後、すぐ購入した

このEAのおかげで口座も収益出ました

多くのはずれEAで損して 一握りの大当たりEAで利益をだす

そのように痛感したEAでした
2016/08/11 14:08
勝率が良く、勝てるEAです。
勝率が良く、ほとんど勝ちます。1日1回がMAXのエントリーです。エントリーしないときもあります。したがって、単利の小ロットだと利益が少ないです。複利で大ロット向けだと思います。最低でも10万通貨で運用した方が良いと思います。
2016/01/18 02:06
購入後稼動6日目
White Bear Z USDJPY を購入稼動して 6日目ですが、実質的な取引は今のところ見受けられません。
今後は、じっくり観察して行きます。
2016/01/12 21:07
今のところ安定してますが
他のwhitebear z 兄弟が不調であることから、こいつもいつかドローダウンが来ると思います。
昔は信頼してましたが、今はたまたまうまいくいってると思ってます。
この方の商品は利小損大なのでドローダウンが立て続けに来るとダメージがでかいです。
ロット数には気をつけたほうがいいと思います。
薄氷の氷の上をあるいているようなものだと言ってる人がいましたが、的を得てると思います。
2015/11/09 13:20
取引回数
最大DDが少なく、勝率が高いということで購入させていただきましたが、
とにかく取引回数が少ないと思います。
購入して1週間たちますがまだ一回も取引していません。
今の相場にあっていないのかもしれませんので、今後に期待したいです。
2015/09/17 23:07
手堅く稼ぐ朝スキャWhiteBear
WhiteBearシリーズと言えば、EURUSDのスキャルとして

人気と実績が抜群です。

そんなWhiteBearシリーズに「Z」と付けられたWhiteBearZ USDJPY

が登場し、発売当時は爆発的な人気を見せていました。

その反動か、最近はあまり注目されていないみたいですが・・・。



そんなWhiteBearZですが、地道に確実に収益を積み上げてくれています。

スキャルなので、LOTを大きくしないと収益「額」としては

大きくならないというのはあります。

公式フォワードでも堅実な結果であることを示していますし、

自分の口座でも、しっかりと利益を積み上げてくれています。



スキャルということで、LOTサイズを大きくしたいので海外口座

を活用というのがシンプルな考え方です。

キャシュバックサービスも活用できますし。

が、トレード時間が日本時間早朝(3:30~8:00)と限定されている

ので、トレード時間が被らないことが明確であれば、必要証拠金

を有効に活用できるということで、他のEAと組み合わせて国内口座でも

充分運用できると考えています。

自分自身、そのような考え方により、国内口座にて運用しています。




本EAは、最大ポジション数を3から5の範囲で変更することができます。

ポジション数によってトレード結果にも特徴が出てくるので、

収益や最大ドローダウン、そしてロットサイズなども絡めて検討する

ことが望ましいと考えます。

それにより、より自分の志向するトレード結果に近づけることが

できるものと考えます。



もちろん、標準設定のままでも問題は無いと思います。



設定と言えば、「Difフィルター」の設定について、標準よりも

若干安全サイドへ振ってファンダメンタルズ要因で大きく動いている

相場で(テクニカルでは対応しにくい)エントリーする可能性をより低くする

という検討もしておく必要があると考えます。

(例えば、dif_5mを標準より1-2割程度小さくする、など)




運用に関しては、朝スキャということで、日本時間早朝での

スプレッドが小さいブローカーが望ましいということになります。

自分の場合、外為ファイネストで運用しています。

早朝にスプレッドが広がる傾向が強いOANDAでも一時期稼動していましたが、

しっかりと利益を積み上げてくれていました。



トレード結果が堅調なので、ロットを大きくしたくなるところですが、

バックテストでの最大ドローダウンがいつ来ても大丈夫な設定を維持する方針です。

それにより、長期にわたり堅実に利益を積み上げてくれるEAであると判断しています。
2015/02/12 11:36
注目のレビュアー一覧 >
fx-on公式twitter
fx-on公式facebook