【Forex Solid】定期検査 -サマータイム検証- - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

【Forex Solid】定期検査 -サマータイム検証-
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える

 ←バックテスト検証記事はこちらから

前回検証記事:【Forex Solid】国内引越選定 その5 -AVA最終確認-

前回検証してから約2ヶ月が経ちました。

世界的には冬時間から夏時間へと以降しました。

私が推奨する国内ブローカーはAVAで変更ありません。

 

今回確認すること

・最新データを使ってTickstoryとAVAでのシンクロ定期検査

・サマータイムに合わせてパラメータを変更する必要があるのか確認

・アルパリMT4ではGMTを標準より-1することで成績が向上していたことを思い出しAVAでどうなるか確認。

*前回データなどと比較することでハッキリします。

 


バックテスト シンクロ定期検査(2014.04.07-2015.03.24)

サマータイム=trueです。

Tickstory GMT=0でAVAMT4使用(お手本1)

ForexSolid1.4-AVA-Tickstory-2014.04.07-2015.03.24

AVA(ライブ口座) GMT=0

ForexSolid1.4-AVA-2014.04.07-2015.03.24

データとしては約2ヶ月分追加されましたが問題なさそうですね!

AVAの方(現実の方)がドローダウン深めなので

管理指標としての想定ドローダウンも少し深めに設定した方が良さそう。

現状で1.17倍くらいと見込む。

 


サマータイム影響確認

前回は冬時間での検証でしたが、今回は夏時間になってからの検証です。

GMTやサマータイムは前回と全く同じパラメータです。

前回とバックテスト結果が変わらないということは、やはり夏でも冬でも同じパラメータを使ってOKです。

手動で変更する方がおかしいです。

夏でも冬でも「サマータイム=true」でOK

 


GMT最適化検証

GMT=-2~+2までの最適化結果を表にしました。











パス‘損益‘総取引数PF期待利得ドローダウン

ドローダウン

最適化

パラメータ
16509.4711181.395.821104.317.02%Gmt=-2
27860.1211691.476.721856.629.92%Gmt=-1
39203.1212781.567.2964.085.58%Gmt=0
48845.1313281.536.66914.326.57%Gmt=1
56889.6113541.415.091024.317.50%Gmt=2

AVA標準のGMT=0が損益もドローダウンも一番優秀なので

夏でも冬でも「GMT=0」のままでOK 

 


長期バックテスト検証(前回記事と同じデータ)

サマータイム=trueです。

ヒストリカルデータ:Tickstory GMT=0でデータ出力

MT4:AVA(アヴァトレード)

 

↓ 2003.06.02-2008.07.10

ForexSolid1.4-AVA-Tickstory-2003.06.02-2008.07.10

↓ 2008.07.10-2012.07.26

ForexSolid1.4-AVA-Tickstory-2008.07.10-2012.07.26

↓ 2012.07.26-2015.02.26

ForexSolid1.4-AVA-Tickstory-2012.07.26-2015.02.26

 


まとめ

スキャ0.2ロット、スイング0.1ロット運用で想定される最大ドローダウンは約15万円程度

(長期バックテストから最大ドローダウン1066$×120円×1.17倍=149,666円)

Tickstoryデータを参考にAVAでトレードしてOK!

サマータイムは夏でも冬でも「true」にしておくこと!

GMTも夏でも冬でも「0」のままにしておくこと!

Forex SolidはAVA以外の国内ブローカーでは酷い成績になる。

AVAで運用する限り長期バックテスト検証のような結果を期待できるでしょう!

Forex Solid fxonへ


AVA口座開設

取引数量に応じてキャッシュバックあります!

AVATRADE


関連記事
合わせて読みたい
関連商品
コメント
 武者 陵司月光為替特集
MT4を動かす快適な環境!
MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
外為オンライン
経済指標