「波動の理論全開のエントリー」なぜ転換を予想できるのか?決して真似できないEA - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
「波動の理論全開のエントリー」なぜ転換を予想できるのか?決して真似できないEA
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える

まずは、自分のEAを宣伝!(笑)

Z_campain

ユーロを咥えたグラサンシロクマこと、「White Bear Z EURJPY」

White Bear Z EURJPY

◆販売スケジュール

3月2日販売開始      販売ページ

3/2(月) 12:00     販売開始

3/16(月) 19:00まで ¥19,800

3/31(火) 19:00まで ¥24,800

3/31(火) 19:00~  定価販売(¥29,800) 

 



プレゼント企画も実施中

RACCOPRESENTBANNER_20150302


3/2~3/31の期間限定で、fx-on さんで販売している私の商品を購入された方に「RaccoV1」をプレゼントします!
※ただし、エントリー数は少ないですし、おまけくらいに思っていただけると助かります。もしくはコレクション?(笑)

 

 


 さて、本題です(笑) 

 

前回の記事から、早いもので20日ほど経ちましたが、その間に予想通りブレイクしたのがまさんどさんのトレンディーワンシリーズのEAです。

 

 

<トレンディワンのロジック解説>

価格変動は、波動の性質をもち、ある基本原則に基づき変化するという概念に沿って開発されたものだそうです。価格の波動は、中期的トレンドを形成する基本波動に短期的波動が合成される。短期的波動のトレンド変化の発生をキャッチして、中期的波動に乗っていくサインを出します。


※私、高校の物理では「波」のところで投げた人なので、波動と言われるとひきますね(^^;
・・・私には100年かかっても作れないかな(笑)

<エントリーの様子>

実際のエントリーの様子を見ていると、1時間足の波の下の方で買いエントリーし(逆張り)、波の上のほうで決済するといった感じです。トレーリングストップにより、利益を確定させ、損失を減らします。

現在のところ、トレンディワンシリーズとしてEURUSDを取引通貨のはコンバイン、レガート、トロイカ、Pro、メニーの5つです。


※と言いつつ、・・・まだありそうですけど、見なかったことに・・・(笑)

早速、コンバインとレガートがブレイクしはじめた感じですね。

 


以下は、実際の私のリアル口座でのレガートのエントリーの様子です。

Legato

 

 

 

 

 

 

 

小さいので一部を拡大すると(^^;

Legato3143

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決済の仕方は、トレーリングストップでストップロス値を切り上げていって、利益確定させるものですので一般的かと思います。

やはり特筆すべきは、


「波動の理論全開のエントリー」でしょうね・・・(^^;

なぜここで転換すると予想できるのか?・・・波が苦手な私にはわかりません。決して真似できないEAだというのが私の感想です。

 

※以下の説明は、ご本人のブログからの引用です。

<共通事項>

トレンディワンシリーズは、すべて、ポジション数は常に1個で、証拠金の効率を高めています。


レガート 勝率重視で設計されています。基本波動として中期の波長を選択し、表層波形として短期の波長を選択して、バランスを重視しています。また、TrailingStop幅を小さくして、勝率を高めています。

トロイカ ストップロスを小さくするように設計されています。基本波動として長期の波長を選択し、表層波形として中期の波長を選択して、取引回数を減らしています。そのため、小さいStopLossでも、利確の確率を高めています。

Pro 長期間の使用に耐えるよう、安定性重視で設計されています。基本波動と、表層波動ともに中期の波長を採用し、細かい価格変化に左右されない、取引チャンスをとらえます。StopLossを120と大き目にとり、TrailingStopを36と大きくし、利確を大きくするように調整しました。シリーズの中で、もっとも長期間の最適化がうまくいっています。

メニー 取引数が多くなるように設計されています。基本波動と、表層波動ともに短期の波長を採用し、線形加重移動平均を用いて、価格変動に敏感に反応します。そのため取引回数が多くなりますが、勝率はレガートほど高くはありません。

コンバイン 収益性と取引数を重視して設計されています。レガート、Pro、トロイカに、カチューシャとスプリングを加えた5個のロジックを融合しています。5個のうちどれかでサインがでれば出動します。しかし、サインが出てもポジションを保有していれば出動しません。常にポジション1個で、取引回数を多くなるように設計されています。ロジックごとに、TakeProfit、StopLoss、TrailingStopが異なるため、ポジションによってTakeProfit、StopLoss、TrailingStopが変わります。

 

このうち私のオススメというか好みは↓ですが、

勝率93.75%、PF 3.26 スイングの安定した実力。
トレンディワン・レガート

ただし、トレード数が 月平均5~6回ですので、少ないと感じる方は、5つのロジックフル装備のこちらがオススメです。

 

5個のロジックを融合して、小さいドローダウン、高収益、高勝率。
トレンディワン・コンバイン FX自動売買ソフトウェア

こちらだと、トレード数は倍以上の月平均13回のトレード数です。

 

いずれも今、絶好調なので、是非、早いうちにどうぞ!

 

値上げあるでしょうし、将来の事はわからない世界ですので、


「儲けられるうちに儲けておけ!」が鉄則だと思います。

 

 

 




関連記事
合わせて読みたい
コメント
 武者 陵司月光為替特集
アクセスランキング
MT4を動かす快適な環境!
MT4を24時間安定稼動「お名前.com」
ピックアップ記事
フィスコ
ピックアップタグ
為替レートは
投稿者ピックアップ
経済指標