「White Bear Z EURJPY」から学ぶ歴代「White Bear」の歩み「ラッコ祭り」に「特別限定価格」も見逃せない! - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

「White Bear Z EURJPY」から学ぶ歴代「White Bear」の歩み「ラッコ祭り」に「特別限定価格」も見逃せない!
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える


fx-onさんを知ったのはかなり前ですが、実際に使い始めたのはわりと最近。そして常駐するようになったのはここ1ヶ月という新参者でございます。

最近でこそ色々なところでお見かけするEAも増えてきましたが(人間は覚えるものです)、はじめは何も分からずただただ立ち尽くしておりました(精確には座り尽くしておりました)。

そんな中、かわいいアイコンで目を引かれたのが今思うとBandCrossさんとラッコさん。

今回はそのおひとりであるラッコさんの新作EA「White Bear Z EURJPY」を見ていきたいと思います。


ラッコさんの最新作「White Bear Z EURJPY」


White Bear Z EURJPY

「White Bear Z EURJPY」は2015年3月2日に販売が開始されたEAです。

ラッコさんはfx-onを愛用している方はご存知の通り、800本を超える売り上げを記録する「Forex White Bear V3」の作者さんでもあります。

すごいですよね。49,800円の800本…39,840,000円。

先日ご紹介した「コツコツEURUSD」と同じように、「今売れた商品」を「White Bear Z EURJPY」一色に染めてしまうほどの圧倒的な人気ぶりを見せています。


今売れた商品

「White Bear Z EURJPY」29,800円のところ、2015年3月16日19時00分までは19800円で購入できるので、未チェックという方はぜひ3月16日19時00分までに(細かい)ご検討ください。

続いては驚異的な人気EAを作る「ラッコ」さんについて見ていきましょう。


800本以上の売り上げを記録するEAを開発したラッコさん


ラッコ

「相場にいる時間が長ければ長いほどリスクも高まる」というのが自分の信条で、短期決戦のスキャルピングを主流としています。

超短期決戦のスキャルピングをメインに作っているとのことです。

ご存じの方も多い通り、今回ご紹介している「White Bear Z EURJPY」のほかにも「Racco」「Fukurou」シリーズなどのEAを開発されています。

コレクター精神からシリーズ化されるとつい手にとりたくなりますよね。

販売本数と比べてレビューが少ない気がしますが、ここでは「White Bear」シリーズに寄せられたレビューを引用したいと思います。

スプレッドの狭いブローカーはホント相性が良いような気がします。(ハイビスカスさん)

大きく2連敗したため回復不能なほどのダメージが発生してしまいました。細かく取って大きく負けるという基本的な性質があることは理解した上で運用された方が良いかと思います。(backtreadさん)

地道に確実に収益を積み上げてくれています。スキャルなので、LOTを大きくしないと収益「額」としては大きくならないというのはあります。(yasiさん)

トレードコンディションが悪いときは数日一切エントリーせず,無駄がない。 逆に良いときに応じて保有するポジションが少ないときと多いときがある。 上記の点でメリハリがあって良いと思います! 当EAの実績により,ポジポジ病を脱することができました!(takaさん)


手動にしろ自動売買にしろ全勝するということはないため、あくまで勝って負けてを繰り返してトータルでプラスにするという意識を持ってEAを運用するのが良いのかもしれません。


「White Bear」シリーズを学ぶ

White Bearシリーズ

「White Bear Z EURJPY」は販売開始して間もなく大ヒットEAとなり、「Forex White Bear V3」は800本以上の売り上げを記録するということで、どれだけ人気を持つEAかはお分かりいただけたかと思います。

それではここで「White Bear」とはどういう特性を持ったEAなのか、改めて見ていきたいと思います。


■WhiteBearV1
WhiteBearV1

「WhiteBearV1」はEUR/USDの5分足を使ったスキャルピングタイプのEAです。

30分足と1時間足で順張り、5分足で逆張りにエントリーするという、いわゆる長期のトレンドに逆らわないというロジック。

トレード時間は日本時間の22時45分〜8時45分。

最大保有ポジションが5(こちらは変更可能です)ということから、コツコツと利益を出せることがメリットの反面、負けるときはドカンになります。

現在の入手方法は、有料販売はなく、FX会社(Forex.com、FXCM、FXTF、OANDA)の口座開設キャンペーンで無料で入手することができます。


■WhiteBearV1EX
WhiteBearV1EX

「WhiteBearV1EX」は「WhiteBearV1」の潮流として開発されたEAです。

「WhiteBearV1」がニューヨーク時間のみのトレードだったのに対し、「WhiteBearV1EX」では日本時間の18時00分〜翌14時00分。ロンドン市場のオープン時間を除いた20時間でトレードが可能となりました。

また、最大保有ポジションが「5」から「3」に変更され損切りになったときのリスクが減ったことも特徴にあげられます。

現在の入手方法は、おなじく有料販売はなく、FX会社(FXCM、OANDA)の口座開設キャンペーンで無料で入手することができます。


■Forex White Bear V3
Forex White Bear V3

そして、800本以上の販売本数を持つのが「Forex White Bear V3」。

「あれ?V2は?」となりますが、「Forex White Bear V2」は「Forex White Bear V3」に無償バージョンアップとなり現在は販売終了しています。

「Forex White Bear V3」はトレード時間が短縮され、最大で9ポジションの保有が可能となりました。

また、内部パラメータの設定をすることで(「V1_mode」を「True」にする)、「WhiteBearV1」としても稼働させることができます(これは嬉しいです!)。

最大保有ポジションは許容リスクに応じて自分で変更することも可能です。


トレード時間を日本時間の早朝に限定する「White Bear Z」シリーズ


White Bear Z

ここまで「White Bear」シリーズを見てきました。

「V1」からトレード時間を変更したり、最大保有ポジションを変更したりと様々な改良が加えられていることが分かります。

続いては「White Bear」シリーズのトレード時間を日本時間の早朝に限定した「White Bear Z」シリーズです。


■White Bear Z USDJPY
White Bear Z USDJPY

「White Bear Z USDJPY」はこれまでの「White Bear」シリーズと同様、長い時間足で順張り方向に、短い時間足で逆張り方向にエントリーします。

通貨ペアはこれまでのEUR/USDではなく日本人にもっとも人気の高いUSD/JPYとなります。

使用時間足はおなじく5分足です。

エントリー時間は日本時間の3時30分〜8時00分、いわゆる早朝アジア時間に限定されます。

最大保有ポジションは3となり、こちらは3〜5の間で変更することも可能です。


■White Bear Z EURJPY
White Bear Z EURJPY

そして、満を持して販売開始されたのが今回の目玉でもある「White Bear Z EURJPY」。

ここまでお読みいただいた方ならお分かりの通り、「White Bear」シリーズのトレード時間を日本時間の早朝に限定した「White Bear Z」のEUR/JPY版となります。

エントリー時間や、最大保有ポジションなどはUSD/JPY版と同様です。


ラッコ祭りで「Racco V1」がもらえる!


Racco V1

「White Bear」シリーズを各種見てきました。

現在、3月2日〜3月31日の期間限定で、ラッコさんの商品をお買い上げの方は「Racco V1」を無料でもらえる「ラッコ祭り」を開催中です。

「Racco V1」はEUR/USDの5分足でトレードするEA。2010年に作られたロジックの復刻版になります。

数々の人気EAを作り出したラッコさんのEAが無料で貰えるチャンスなので、迷っている方はお見逃しなく!

合わせてお得に使いたい「White Bear Z EURJPY」の特別限定価格のキャンペーンは、3月16日19時00分までです。

ラッコ祭り


まとめ


今回は長くなりましたが、ラッコさんの新作EA「White Bear Z EURJPY」からはじまり、「White Bear」シリーズのおさらいをしてきました。

EA「RaccoV1」が無料で貰える「ラッコ祭り」に1万円引きでEAが購入できる「特別限定価格キャンペーン」とお得にEAを手に入れて、ポートフォリオを強固なものに致しましょう。



written by すべてがFXになる  
関連記事
合わせて読みたい
コメント