EA自動売買の撤退戦略の検討 - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
EA自動売買の撤退戦略の検討
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える


今までボヤ〜〜としていた、成績が優れないEAについて、『いつEAの稼働を止めるか』を決めました。

まずは、メモとして記事にまとめて、今後は固定系のページに転記します。
 

前提条件:


・リスク管理方法は、オプティマルfを用いる (原則、日ベースで逆マーチンゲール方式によりリスク調整する)
・EA・通貨ペア毎に予算を割り振る方式で、資金管理を行う

 

撤退条件:


1. 初期配分予算の15%以下の金額まで、資産が目減りした時点で破綻とする (EA・通貨ペア毎に管理する)

2. 破綻後は、当初配分予算の一定金額まで復活させ、オプティマルfのリスク値を上げて再挑戦する(ダメならきっぱり止めれるようにする)

3. 3回目の破綻が発生した時点で、そのEA・通貨ペアの稼働を停止し、未来永劫再稼働しない(ようにしたい。。。)

4. 仮に、稼働停止に至る前までの破綻後に、最初の破綻前の2倍まで資産が回復した場合は、破綻回数を0回に戻し、リスク値も標準設定とし、晴れて名誉挽回とする

 
 
こんな感じでいこうと思います。
 
2015/2/1から、EAのリスク調整はオプティマルfベースにしていますが、10日程経過した時点で、破綻に向かってまっしぐらな危険信号EAが、、、あります。

Storm、目を覚ま、、、してくれーーーー!!
 
 

EA自動売買の成績(2015/2/11時点)


・全ての項目はご参考です
・金額系の集計は、2015/2/1からのものです(僅か1週間程度の成績ですので信頼性は皆無です)
・表の初期ソートは、収益率の悪い方から並べています(下に行くほど好成績)
・初期投資額は、2月月初から若干の調整を実施しています
・オプティマルf (所謂、掛け率)、幾何平均(1トレードあたりの資産成長率)

EA通貨ペア1日あたりの想定最大損失(Pips)リスク低減調整済みオプティマルf(自分用)幾何平均(ご参考)初期投資額(円)現在残高(円)初期投資額に対する収益率(%)1日あたり0.1ロットでトレードするのに必要な金額(円:ご参考)


 
 
合わせて読みたい
コメント