【フジトミ】NY貴金属や石油全面安ながら、シカゴ穀物は揃って急騰 - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

【フジトミ】NY貴金属や石油全面安ながら、シカゴ穀物は揃って急騰
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える

(NY貴金属)
1日のNY金は急落し、1250ドル台に値を消している。NY金期近6月限は前週末比12.8ドル安の1255.5ドル、NY白金期近7月限は同16.5ドル安の932.2ドル。
金はその他貴金属の値崩れに追随して下げ幅を拡大したという。週明け発表された米ISM製造業景況感指数は54.8で、前月の57.2、事前予想の56.5をいずれも下回っており、米国の景気に対する先行き不透明も台頭。これを嫌気して銀やパラジウムの下げがきつくなり、白金、そして金の値崩れを助長したという。弱気な経済指標にもかかわらず、NYダウの底固い動きもあり、金市場でのリスクをとる向きはみられず。また、前週末に米ミント社が発表した4月のイーグル金貨の販売が前月比70%以上も落ち込んだこともあり、実勢悪を認識して、急落に。政治イベントリスクの前に、整理商いを強いられている。NY銀は5月に入っても下げ止まらず。NY金の値動きを今後とも大きく左右するとみられている。

(WTI原油・NY石油製品・北海ブレント)
1日のWTI原油は反落し、49ドルを再度、下回っている。WTI原油期近6月限は前週末比0.49ドル安の48.84ドル、北海ブレント期近7月限は同0.53ドル安の51.52ドル。RBOBガソリン6月限は同2.09セント安の152.72セント、NYヒーティングオイル期近6月限は同1.94セント安の148.78セント。
前週末は月末要因のポジション調整の動きも影響して買い戻しに反発していたが、あくまでも自律反発に過ぎず、実勢悪からまら売り直されることに。週末に米ベーカー・ヒューズが発表した原油の掘削リグは15週連続の増加となり、米国の原油増産を裏付ける内容に。また、中国の製造業PMIも悪化しており、原油の供給過剰を連想させる結果となった。週明けはまた、NYガソリンの急落が下げのリード役に。米国での原油需要が低迷しており、それを警戒して売り込まれたようだ。さて、ロイター通信は在庫統計に対する事前予想を示しており、原油在庫は前週比220万バレル減としている。一方、ガソリン在庫は同70万バレル増など、石油製品在庫は増加を予想しており、事前予想は支援材料になり切れず。

(CBOT大豆)
1日のCBOT大豆は小麦やコーンの急伸を映した買い戻しに急反発。期近7月限は前週末比13.50セント高の969.75セント、新穀11月限は同10.50セント高の963.75セント。
大豆独自の支援材料もなく、週明けのシカゴ大豆は追随高を演じることとなった。大幅高の様相ながら、コーンや小麦ほど急伸した印象もなく、戻り局面では南米の売りつなぎも膨らみ、期近7月限は9.70ドルを下回って取引を終えた。大豆の主産地であるコーンベルト東部での雨模様の天気がまだしばらく続くとみられているが、コーンからの作付シフト懸念もあるため、天候リスクを買う動きにはなり切れず。

(CBOTコーン)
1日のCBOTコーンは小麦急騰に追随する格好で急反発を演じている。期近7月限は前週末比10.25セント高の376.75セント、新穀12月限は同9.25セント高の394.25セント。
週明けからシカゴコーンは急伸し、シカゴ取引時間帯に上げ幅を拡大している。週末に冬小麦の最大の生産地であるカンザス州で降霜がみられ、作柄悪化が懸念される事態となった。加えて、米南部での竜巻や洪水などが発生したことで、連想買いを誘って、シカゴ小麦は10セント以上も急伸し、シカゴコーン期近7月限は3.70ドル台を回復。3.70ドル割れも一時的にみせたが、小麦のその後の急騰もあり、シカゴコーンは3.70ドル割れの値位置から10セント近くも水準を切り上げることになった。週末に米コーンベルト東部でまとまった雨がみられたが、コーンの主産地である西部では懸念されるほどの降雨にならず。西部では今週、晴天に恵まれる見通しだが、週末にまとまった雨がみられたインディアナやオハイオは今後とも降雨が続くとみられ、来週も雨模様の天候が多いという。米コーンベルトでも西部と東部では天気予報にかなりの違いもあり、上昇局面の中、インディアナやオハイオの長雨を警戒する向きも強まっていた。もし、主産地であるコーンベルト西部の長雨が懸念される状況であれば、期近7月限は3.80ドル台に一気に乗せたともみられている。シカゴ引け後に発表される作付進捗率に対する全米平均の事前予想平均は31%(前週17%)。
https://www.fujitomi.co.jp/?p=14893
written by HK  
合わせて読みたい
コメント