投資ナビ+ 連載コラム:商品先物のフジトミ - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

フォロー中0
お気に入り0
株式会社フジトミ
リスクについては当社ウェブサイトをご覧ください。金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第1614号 商品先物取引業者:農林水産省指令22総合第1351号経済産業省平成22・12・22商第6号加入協会:日本証券業協会日本商品先物取引協会一般社団法人金融先物取引業協会。https://www.fujitomi.co.jp/trading_risk/
無料
【フジトミ】シカゴ大幅安にも反応は限定的
(第97回)【フジトミ】シカゴ大幅安にも反応は限定的
(東京トウモロコシ) 13日の東京トウモロコシはシカゴ急落で下落も、下げ渋りは否めず。11時現在の期先5月限は前日比200円安の2万2450円。米コーンベルトの今週の降雨予報を嫌気して、週明けのシカゴは急落し、東京も夜間から急落へ。円高とのダブルパンチもあり、2万2200円を試す動きでもおかしく...
無料
【フジトミ】シカゴ穀物は急落、天候改善を嫌気
(第96回)【フジトミ】シカゴ穀物は急落、天候改善を嫌気
(NY貴金属)12日のNY金は続落。NY金期近8月限は前週末比2.5ドル安の1268.9ドル、NY白金期近7月限は同4.2ドル高の944.5ドル。米FOMCでの0.25%の利上げが確実視される中、金利を生まない金は冴えない動きをみせている。ここにきてNY株式市場の先行き不透明さが増しているだけに...
無料
【フジトミ】原油は総じて上伸、石油製品の上昇が目立つ
(第95回)【フジトミ】原油は総じて上伸、石油製品の上昇が目立つ
(東京原油・石油製品)12日の東京原油・石油製品は小反発。原油期先11月限は前週末比330円高の3万3520円、ガソリン期先12月限は同720円高の4万6390円、灯油期先12月限は同850円高の4万7490円。海外石油市場の自律反発の動きを好感して、東京石油市場は週末の夜間取引から戻りをみせて...
無料
【フジトミ】東京金は反落、安全資産としての役割後退へ
(第94回)【フジトミ】東京金は反落、安全資産としての役割後退へ
(東京原油・石油製品)8日の東京原油・石油製品は海外原油の急落を嫌気して急反落。原油期先11月限は前日比880円安の3万3240円、ガソリン期先12月限は同890円安の4万5700円、灯油期先12月限は同900円安の4万6850円。かなり弱気な米EIAの在庫統計を嫌気して、海外石油市場は軒並み急...
無料
【フジトミ】東京トウモロコシは大幅続伸
(第93回)【フジトミ】東京トウモロコシは大幅続伸
(東京トウモロコシ) 8日の東京トウモロコシは大幅続伸。11時現在の期先5月限は前日比360円高の2万2760円。米コーンベルトとプレーンズのホット&ドライを警戒して、シカゴは連日の急伸をみせている。土壌水分が不足しているプレーンズ北部の作柄悪化が特に警戒されているが、まだまだ売り越しているとみ...
無料
【フジトミ】東京金は反発
(第92回)【フジトミ】東京金は反発
(東京原油・石油製品)7日の東京原油・石油製品は高安まちまち。原油期先11月限は前日比110円高の3万4120円、ガソリン期先12月限は変わらずの4万6590円、灯油期先12月限は同110円高の4万7750円。海外原油はテクニカルを背景にした戻りをみせ、東京市場は夜間で急伸する場面もみせた。終了...
無料
【フジトミ】東京金は円高をカバーできず、反落
(第91回)【フジトミ】東京金は円高をカバーできず、反落
(東京原油・石油製品)6日の東京原油・石油製品は円高と海外原油急落のダブルパンチを浴びて大幅続落。原油期先11月限は前日比750円安の3万4010円、ガソリン期先12月限は同800円安の4万6590円、灯油期先12月限は同920円安の4万7640円。東京石油製品は全面安となり、前日昼に強引な戻り...
無料
【フジトミ】日経平均2万円割れ 円高を嫌気、仕掛け売りも観測
(第90回)【フジトミ】日経平均2万円割れ 円高を嫌気、仕掛け売りも観測
 日経平均株価は続落して、前日比190円92銭(0.95%)安の1万9979円90銭で取引を終了した。6月1日以来、2万円台を割り込んだ。東京為替市場でドル円相場が1ドル=109円台後半と110円を割り込み、輸出関連企業中心に売りが優勢となった。終盤にはヘッジファンドなど短期筋の売りが日経先物などから観測され、日経先...
無料
【フジトミ】東京石油市場は大幅続落、円高と海外原油安を受けて
(第89回)【フジトミ】東京石油市場は大幅続落、円高と海外原油安を受けて
(東京原油・石油製品)6日の東京原油・石油製品はダブルパンチを浴びて急落。11時現在の原油期先11月限は前日比880円安の3万3880円、ガソリン期先12月限は同830円安の4万6560円、灯油期先12月限は同960円安の4万7600円。円高と海外原油の急落で東京石油市場は大幅安を強いられている...
無料
【フジトミ】高値から海外原油は大きく値を崩し、続落
(第88回)【フジトミ】高値から海外原油は大きく値を崩し、続落
(NY貴金属)5日のNY金は続伸しているものの、上げ幅を縮小するなど、上値の重さも目立っていたという。NY金期近8月限は前週末比2.5ドル高の1282.7ドル、NY白金期近7月限は同4.2ドル高の957.6ドル。週明けのNY金は1280ドル台で推移することになったが、イマイチ、上値を追っての買い...
無料