米国大統領選挙が混とんとしてきました。


トランプ氏の勝利はリスクと認識され、日本の株式市場は調整に入っています。


こうなると、選挙前後でどちらが勝ってもポジションを傾けやすい銘柄を探す必要が出てきます。


今回紹介する日立建機(6305)は、両候補が公約している公共事業投資の恩恵銘柄として買われてきました。


そのため、選挙後も株価の動きは一方行に限定されそうです。


業績面、株価面を確認し、ポジションの取り方について紹介します。