FXや日経225取り引きの余剰資金を運用しているソーシャルレンディングで、

古くから業務を行っていて最も信用できると言われているmaneo
金利が高く、案件が出たら下手すると数分で完売してしまうラッキーバンク

に続く3つ目の業者にトラストレンディング「Trust Lending」を選んだことは前回述べた通りです。

そして投資するに当たり、2点ほど質問をぶつけてみました。
今回はその一つ目のやり取りを紹介します。


質問:直接振り込みについてお聞きしたいのです

他のソーシャルレンディングと違って、トラストレンディング様は預かり口座がなく直接振り込みとなっています。 その為、案件申込時は希望の金額を入力し、その後に直接振り込みになります。

これだと客が申込んだけど振込がなかった。
或いは嫌がらせで何百万とか申し込んでおいて意図的に振り込まないと言った客が出てきたら、
たいへん困ると思うのですが、今まで大丈夫だったのでしょうか?
お教えください。


回答: お申込みの翌日から起算し3営業日後の16時がご入金期限となります。
ご入金いただけなかった場合には、お申込みの取消し処理を行います。
そうすることで該当ファンドの募集金額が増え、別の会員様による投資が可能となります。

嫌がらせなどの悪意あるお申込みに関しましては、
当該会員様とのお取引を制限(新規の投資ができないなど)するなどの対応をいたします。



補足:預かり口座が無いからこそ、直接自分の銀行口座に振り込んでくれる→出金手続きも不要だし、分配金の反映直後から銀行金利が付く …これが私にとっては大きなメリットだった訳ですが、逆に出資申し込みの時は、

一般的なソーシャルレンディング:預かり口座に存在する金額でしか投資申し込みが出来ない。 そして申し込むと即座に預かり口座から資金が引き抜かれる。

トラストレンディング:投資可能額3000万円の案件に、3000万(満額)の投資手続きをすると即座に残りの投資枠は0円になる。 …でもお金は後日トラストレンディングに振り込みます。 じゃあ営業妨害目的で投資額を全部抑えて振り込みをしないような奴がいたら…

と思ったのですが、申し込みから募集の終了日まで振り込みを待つのでは無く、3営業日に限定しているのでそれを過ぎたら投資できるようになる。 募集日程は2週間ぐらいは有るので、その内の3日間が封じられるだけだから大丈夫ってことですね。

実際に私が30万投資した時も募集終了までまだ10日は有るのに、入金期限は3日ほどしか無くて何で? と思ったのですが、納得しました。

 
2つ目は 「ほとんどリスク無しで年利6~8%になるかも?」 と思って投げかけた質問でしたが、これに関しては次回にでも… 


昔、投資しようとしても借り手が現れずに資金を引き上げたSBIソーシャルレンディングですが、今は借り手を「個人から事業主に変更」していて、個人の貸し手の時に発生していた貸し倒れもなくなっています。 それに加え、今は金利が高い案件も出てきたようで、6~7%の案件も目にするようになりました… 一度口座を閉めてしまったのですが、こうなるとSBIの信用力がある分魅力を感じますね。 ポイントサイトあるしもう一度開設してみようかな



ハピタスならSBIソーシャルレンディングの案件もあります
カードを作ったり、FX口座の開設をすれば1万円越えの高額報酬が貰えます
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
【ポイントサイトの ハピタス】