インジケーターは『モノサシ』である。

たとえば、

『過去の一定期間における最高値と最安値のレンジの中で、現在の価格がどこに位置するか

を計算させる』

『移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を描画させる​』

など、人間がいちいち計算していては面倒な作業を代行させているだけにすぎないのです。


そのインジケーターという『モノサシ』を使う人間が重要であると思っています。


チャートの方向性を正しく認識し、『モノサシ』を正しく使う。

それがFTNSのコンセプトです。



”フェーズ(=局面)とボリューム、勢い、方向性を合わせるだけ”
相場で勝つにはそれ以外にありません。

FTNSで使用されているインジケーターはそれぞれを的確に分析するためのツールに過ぎません。




相場を分析するのに大きく4つのポイントがあります。

【1】局面(フェーズ)
アップトレンドなのかダウントレンドなのか? それを素早く把握することがまずは重要です。
ステージは自分のトレードしたい時間足のどれでも結構です。通貨ペアにもよりますが1時間足か、
15分足が最適です。 

【2】方向性(平均足)
方向性(平均足) フェーズを確認したら、そのフェーズでの相場のリズムを確認しましょう。
相場についていくための押し目のポイントを目で確認する必要があります。
そこで平均足のインジケーターを使います。 

【3】ボリューム(取引高)
ボリュームはとても重要な指標です。 取引高が多いということは、参加者が多く、そこが転換ポイントになる可能性を秘めており ます。

【4】勢い(ADX)
さらにエントリーの確率を上げるため、また流れの初動をとらえるため、 相場の勢いを味方につけます。
 
【エントリーのセットアップ】
根拠1.フェーズの確認
根拠2.ボリュームスパイクの確認
根拠3.平均足カラーチェンジの確認
根拠4.ADXの確認



【利益ターゲット】
損切りは直近安値、
利益ターゲットは15Mで75PipsもしくはピボットR2、S2


ここまでが基本ルールになります。
さらに応用編では、いろいろな場面でのトレード方法を解説しています。


【応用編①】

1 短期逆張り

2 調整(反転)短期逆張り

3 レンジ逆張り

4 レンジ順張り



【応用編②】

5 トレンドに追随、増し玉

6 マルチタイムフレーム

7 複数通貨の監視

8 リスク管理

9 ポジション管理

10 ストップロスの設定をどこにするか



相場を俯瞰し、エントリーの根拠をきちんと決めること、損切りルールを決めること、

至極まっとうなことですが、選りすぐられたインジケーターと論理的なマニュアルにより、

今、自分がどの局面をトレードしようとしているのかがわかるようになります。


■セット内容
・ストラテジーマニュアル(基礎)×1
・ストラテジーマニュアル(応用1)×1
・ストラテジーマニュアル(応用2)×1
・MT4用インジケーターセット(ADX系、サプライデマンド(抵抗帯)系、平均足改良版
突出したボリュームを把握する、チャート上に通貨ペア名を表示する、自動ピボット
チャートオーバーレイ)


チャートを倍速で走らせてみれば、どこが売買ポイントになるのか、一目瞭然です!



========================================

fx-on総評(筆者の個人的な感想):

ボリュームをエントリーの根拠にしているところが、なるほど!と感じたところでした。

抵抗帯(グレーの帯)のインジケーターもついているのですが、

自動で抵抗帯が描画されるので上昇中の押し目や、下降中の戻り目の目安にできたり、

抵抗帯に挟まれているときはレンジだな、と分かったりして便利です。

さらに上位足のチャートも表示すれば、より大きな抵抗帯がわかりますので目線の固定に役立ちます。


応用編にある通貨の強弱のインジケーターを使えば、ボラティリティの出てている通貨ペアが

わかり、今日はずっとレンジでトレードできないな・・・ということがなくなります。


どのインジケーターも詳しい説明がされており、トレードする根拠がとても飲み込みやかったです。


========================================



販売ページはこちらから

↓↓↓
こんな手法、知らなかった方がよかったかも。いままでの無駄な時間を後悔すること必至。
流行に流されないトレード手法「FTN」
流行に流されないトレード手法「FTN」 | fx-on.com

検証動画はこちらからご覧いただけます♪

↓↓↓