偉大な投資家から学ぶ実践的トレード方法とマインドセット

第4回:エド・スィコータ


■損切りは早く、利食いはじっくり、ポジションは小さく、躊躇なくルールに従う、ルールを変えるべきときを知る


この言葉は一般トレーダーやビジネスパーソンが言っていた言葉ではありません。

エド・スィコータというトレーダーご存知ですか?

(引用元:http://www.azquotes.com/)



最初大手証券会社に勤めて

有用なトレーディングシステムを考案し開発しましたが、

経営陣から干渉が始まったため、独立。



独立してからは、

1972年に運用を始めた5000ドルが

16年経った1988年には250000%を超えるまでになりました。




ちなみにMITで学位を取っているので

ただセンスだけで勝負しているわけではないです。




彼にはトレードに対するいくつかの信念がありますが、

私たち一般投資家に役立つ名言があります。



■1 損切りは早く 2 利食いはじっくり 3 ポジションは小さく 4 躊躇なくルールに従う 5 ルールを変えるべき時を知る。



1~3までのルールはわかりやすいと思います。

気になるのは4,5ですね。




4,5はほぼルールに従いながら

相場のことを絶えず研究しより良いルールを発見し

適宜ルールを入れ替えることを指しています。




ちなみにエド・スィコータは他にも名言を残しています。

インタビュアーからこのように質問された時の答えです。



Q 普通のトレーダーに贈るアドバイスとして、一番重要なことは何ですか。




■正直すぎる回答かも。。



That he should find a superior trader to do his trading for him, and then go find something he really loves to do.



これを日本語に訳すと

「彼は優秀なトレーダーにトレードしてもらい、

何か他のすべきことを見つけなさい」

です。



普通のトレーダーはトレードやめなさいってことです。

きっとどうせ勝てないのだろうから、ということでしょう。




もう1つだけ名言を紹介します。



皆、相場から自分の欲しいものを手に入れる



これは強烈なマインドセットになります。



どういうことかというと、

勝ち組トレーダーも負け組トレーダーも

手に入れたいものを手に入れているということです。




勝ち組トレーダーはお金を手に入れてますよね?



負け組トレーダーはお金を失ってるじゃん?

と思うかもしれませんが、

誰も気にしない自尊心やプライドや

自分が正しくて相場が間違っているという

マーケットに対して歪んだものを手に入れています。



ようは自分を大事に思いたい気持ちを手に入れてるんですよね。



その代わりお金を失う。



あなたは相場から何を手に入れたいですか?




このコラムでは、具体的なツールやトレード手法は出せませんが、
ブログなどで質問・問い合わせいただいたら参考になる情報が手に入ります。

ライター:黒田悠介
プロフィール:FXトレーダー兼データサイエンティスト 。国立K大学物理学科 卒業。サラリーマンをしながらFXでお金の不安から自由になれました
ブログ:今から60分後に、トップ5%トレーダーのトレードツールとテクニックを手に入れるための FX,BO情報商材の検証レビューブログ