バックテスト ティックの割合99.90% を実現するtickstoryを試してみた
| FX・自動売買・システムトレードのすべてがわかるMT4やEAの投資情報サイト【fx-on.com】

閲覧履歴

バックテスト ティックの割合99.90% を実現するtickstoryを試してみた

先日、ある開発者様から『バックテスト ティックの割合99.90% を実現するtickstory』を教えていただきました。

既に知っているEA開発者様も多いと思われますが、お恥ずかしい話、私はそのお話しを伺うまで知らなかったのです。Orz

落胆してもいられませんので、気を取り直して、早速、tickstoryを使ったバックテストを



fx-on.com の最強エンジニア Mr.Kyou が実践してみました。

まず、ティックの割合99.90%がどういうものかというと

開発者HIYOKO 様のEA、HIYOKO v1のバックテストがそれです。



99.90%をクリアしているEAはこちら↓↓↓

http://bit.ly/1jrTygB





早速、再現の様子をご紹介します。

まず、下記のURLで映像をご覧になって下さい。(というか、この動画で設定方法は十分かもしれません。)

https://www.youtube.com/watch?v=R-rMOen4UHg



インストーラーのDLサイト

http://www.tickstory.com から、ツールをダウンロードします。


マニュアル:

http://www.tickstory.com/help/tickstorylite/ です。



セキュリティに関して

ソフトをCドライブにインストールする時やデータをダウンロードする時など アクセスが拒否されるといけません。

拒否になった場合、セキュリティを解除してからやって下さい。



例はWinddow7の場合







セキュリティ回りが一段落して、インストールするとこんなツールが起動します。

実は、Dukascopy のサービスのようです。

Dukascopyからヒストリカルデータをダウンロードします。





サーバからダウンロードできるデータは、2007/4/1 以降のデータですが

サブプライムショック以降の検証ができるので、まあ、十分な期間と考えて良いのではないでしょうか。

指定した期間のデータがなく、ダウンロードができない場合、ログにエラーメッセージが表示されます。

「Shift」キーや「Ctrl」キーを押しながら、複数同時にダウンロードやOUTPUTが行えます。



注意点としては、Tickstoryが作るデータは、ブローカーからダウンロードしたデータ等と混在すると

上手くバックテストが出来ないので、MT4\historyフォルダー内のヒストリカルデータを

一旦、全削除するか、新たにMT4をインストールした方が良いです。



MT4に出力されるヒストリカルデータのボリュームはかなり大きいので、一度に沢山のダウンロード

はやめた方が無難見たいです。





「打ち上げMT4」(日本語訳がおかしい)で設定したMT4を起動できますが、他のMT4が起動してある場合は効きません。





MT4への出力データのタイムゾーンを、使用するブローカーの時間に合わせます。





作業の結果、出力されたヒストリカルデータでバックテストをすると

確かにモデリング品質99.90%になりました!


教えてくださった開発者様は、大体どのEAも下がるとのことでしたが

何故か試したEAでは、モデリング品質と共に総損益も上昇しています。








ぜひ、皆さんもお試しいただいて、フォワードテストとの差なんかも見ていただいて

Tickstoryが良いかどうかも、ぜひ、お問合せ http://fx-on.com/inquiry/ まで

教えていただけると嬉しいです!


written by Hayakawa

関連記事