AM+PM for 1570:現物株のシステムトレード - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

AM+PM for 1570
AM+PM for 1570
AM+PM for 1570
午前と午後最大2回エントリーの超短期売買システム
カテゴリ
TradeStation自動売買システム
出品者
HT Trading
HT Trading
  • 収益額
    190,850円
    収益率
    190.85%
  • ドローダウン(%)
    1.54%
    最大ポジション保有数
    1
  • 勝率
    54.77%
    プロフィットファクター
    1.88
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
取引スタイル
  • [デイトレード]
運用金額
100千円
実績計測銘柄
日経平均レバレッジ・インデックス
【先着5本限定でキャンペーン実施中!】


<システムの概要>
「AM+PM for 1570」は、日経レバレッジ指数ETF(1570)を対象としたロジック非開示型の超短期売買システムです。ポジションは前場中にエントリーから決済、後場中にエントリーから決済と超短期間に抑えることでリスクを低減しています。(エントリは1日最大2回、午前は前場の寄り付き後にエントリーして前場終了までに決済、午後は後場の寄り付き後にエントリーして引けまでに決済。利確、損切も設定可能)


<システムの特徴>
■前場中決済、後場中決済の超短期トレーディングによるリスクの低減
 トレードの勝ち負けに関係なく、特定の時間でポジションを閉じることでリスクを抑えます。また、ポジションを短期間の保有に抑えることで、精神的負担も軽減することができると考えます。

■あらゆる相場環境へ対応した万能型システム
 シンプルなアノマリを利用しているため、トレンド相場でもレンジ相場でも相場環境に関わらず、比較的安定したパフォーマンスを発揮しています。

■マルチロジックポートフォリオによる高い安定性の実現
 本システムは、ロングで8つ、ショートで8つの計16のロジックで構成されています。ストラテジーのポートフォリオ化により、安定性を実現しています。

【マルチロジックポートフォリオのメリット】
 トレーディングシステムにおいて、永遠に機能し続けるロジックは極めて少ないと思われます。マルチロジックポートフォリオにより、例え、あるロジックが機能しなくなったとしても、他のロジックでカバーし合うことで全体としてのパフォーマンスをある程度維持できるものと考えております。


<確定申告による経費申請について>
 本システムの料金は確定申告により、経費として認められる可能性があります。また、本システムをVPSで運用する場合は、VPSの費用も経費として認められる可能性があります。詳細は必ず税務署でご確認ください。


<注意>
・本システムはロング(買い)とショート(売り)を併用したシステムです。ご利用の際は信用口座の開設が必要となります。
・日経レバレッジ指数ETF(1570)専用の自動売買システムです。他銘柄には適用できません。
・日経レバレッジ指数ETF(1570)は現時点で空売り規制銘柄に指定されております。空売り規制銘柄に指定されている場合は、本システムの発注時に50株を超えた空売りはできませんのでご了承ください。



・以下のパフォーマンスは10株で売買を行った場合になります。(手数料、スリッページ、配当、逆日歩は含まれておりません。)2016年11月までの取引実績となります。それ以降の実績はfx-onにてご確認ください。
ampm for 1570 equity.jpgampm for 1570 nenji.jpgampm for 1570 perform.jpg
[2016年12月4日 17時48分] 最新のコメント
2016年12月4日 17時46分 更新
【先着5本限定でキャンペーン実施中!】


<システムの概要>
「AM+PM for 1570」は、日経レバレッジ指数ETF(1570)を対象としたロジック非開示型の超短期売買システムです。ポジションは前場中にエントリーから決済、後場中にエントリーから決済と超短期間に抑えることでリスクを低減しています。(エントリは1日最大2回、午前は前場の寄り付き後にエントリーして前場終了までに決済、午後は後場の寄り付き後にエントリーして引けまでに決済。利確、損切も設定可能)


<システムの特徴>
■前場中決済、後場中決済の超短期トレーディングによるリスクの低減
 トレードの勝ち負けに関係なく、特定の時間でポジションを閉じることでリスクを抑えます。また、ポジションを短期間の保有に抑えることで、精神的負担も軽減することができると考えます。

■あらゆる相場環境へ対応した万能型システム
 シンプルなアノマリを利用しているため、トレンド相場でもレンジ相場でも相場環境に関わらず、比較的安定したパフォーマンスを発揮しています。

■マルチロジックポートフォリオによる高い安定性の実現
 本システムは、ロングで8つ、ショートで8つの計16のロジックで構成されています。ストラテジーのポートフォリオ化により、安定性を実現しています。

【マルチロジックポートフォリオのメリット】
 トレーディングシステムにおいて、永遠に機能し続けるロジックは極めて少ないと思われます。マルチロジックポートフォリオにより、例え、あるロジックが機能しなくなったとしても、他のロジックでカバーし合うことで全体としてのパフォーマンスをある程度維持できるものと考えております。


<確定申告による経費申請について>
 本システムの料金は確定申告により、経費として認められる可能性があります。また、本システムをVPSで運用する場合は、VPSの費用も経費として認められる可能性があります。詳細は必ず税務署でご確認ください。


<注意>
・本システムはロング(買い)とショート(売り)を併用したシステムです。ご利用の際は信用口座の開設が必要となります。
・日経レバレッジ指数ETF(1570)専用の自動売買システムです。他銘柄には適用できません。
・日経レバレッジ指数ETF(1570)は現時点で空売り規制銘柄に指定されております。空売り規制銘柄に指定されている場合は、本システムの発注時に50株を超えた空売りはできませんのでご了承ください。



・以下のパフォーマンスは10株で売買を行った場合になります。(手数料、スリッページ、配当、逆日歩は含まれておりません。)2016年11月までの取引実績となります。それ以降の実績はfx-onにてご確認ください。
2016年12月4日 17時45分 更新
【先着5本限定でキャンペーン実施中!】


<システムの概要>
「AM+PM for 1570」は、日経レバレッジ指数ETF(1570)を対象としたロジック非開示型の超短期売買システムです。ポジションは前場中にエントリーから決済、後場中にエントリーから決済と超短期間に抑えることでリスクを低減しています。(エントリは1日最大2回、午前は前場の寄り付き後にエントリーして前場終了までに決済、午後は後場の寄り付き後にエントリーして引けまでに決済。利確、損切も設定可能)


<システムの特徴>
■前場中決済、後場中決済の超短期トレーディングによるリスクの低減
 トレードの勝ち負けに関係なく、特定の時間でポジションを閉じることでリスクを抑えます。また、ポジションを短期間の保有に抑えることで、精神的負担も軽減することができると考えます。

■あらゆる相場環境へ対応した万能型システム
 シンプルなアノマリを利用しているため、トレンド相場でもレンジ相場でも相場環境に関わらず、比較的安定したパフォーマンスを発揮しています。

■マルチロジックポートフォリオによる高い安定性の実現
 本システムは、ロングで8つ、ショートで8つの計16のロジックで構成されています。ストラテジーのポートフォリオ化により、安定性を実現しています。

【マルチロジックポートフォリオのメリット】
 トレーディングシステムにおいて、永遠に機能し続けるロジックは極めて少ないと思われます。マルチロジックポートフォリオにより、例え、あるロジックが機能しなくなったとしても、他のロジックでカバーし合うことで全体としてのパフォーマンスをある程度維持できるものと考えております。


<確定申告による経費申請について>
 本システムの料金は確定申告により、経費として認められる可能性があります。また、本システムをVPSで運用する場合は、VPSの費用も経費として認められる可能性があります。詳細は必ず税務署でご確認ください。


<注意>
・本システムはロング(買い)とショート(売り)を併用したシステムです。ご利用の際は信用口座の開設が必要となります。
・日経レバレッジ指数ETF(1570)専用の自動売買システムです。他銘柄には適用できません。
・日経レバレッジ指数ETF(1570)は現時点で空売り規制銘柄に指定されております。空売り規制銘柄に指定されている場合は、本システムの発注時に50株を超えた空売りはできませんのでご了承ください。



・以下のパフォーマンスは10株で売買を行った場合になります。(手数料、スリッページ、配当、逆日歩は含まれておりません。)2016年11月までの取引実績となります。それ以降の実績はfx-onにてご確認ください。
2016年12月4日 17時45分 更新
【先着5本限定でキャンペーン実施中!】


<システムの概要>
「AM+PM for 1570」は、日経レバレッジ指数ETF(1570)を対象としたロジック非開示型の超短期売買システムです。ポジションは前場中にエントリーから決済、後場中にエントリーから決済と超短期間に抑えることでリスクを低減しています。(エントリは1日最大2回、午前は前場の寄り付き後にエントリーして前場終了までに決済、午後は後場の寄り付き後にエントリーして引けまでに決済。利確、損切も設定可能)


<システムの特徴>
■前場中決済、後場中決済の超短期トレーディングによるリスクの低減
 トレードの勝ち負けに関係なく、特定の時間でポジションを閉じることでリスクを抑えます。また、ポジションを短期間の保有に抑えることで、精神的負担も軽減することができると考えます。

■あらゆる相場環境へ対応した万能型システム
 シンプルなアノマリを利用しているため、トレンド相場でもレンジ相場でも相場環境に関わらず、比較的安定したパフォーマンスを発揮しています。

■マルチロジックポートフォリオによる高い安定性の実現
 本システムは、ロングで8つ、ショートで8つの計16のロジックで構成されています。ストラテジーのポートフォリオ化により、安定性を実現しています。

【マルチロジックポートフォリオのメリット】
 トレーディングシステムにおいて、永遠に機能し続けるロジックは極めて少ないと思われます。マルチロジックポートフォリオにより、例え、あるロジックが機能しなくなったとしても、他のロジックでカバーし合うことで全体としてのパフォーマンスをある程度維持できるものと考えております。


<確定申告による経費申請について>
 本システムの料金は確定申告により、経費として認められる可能性があります。また、本システムをVPSで運用する場合は、VPSの費用も経費として認められる可能性があります。詳細は必ず税務署でご確認ください。


<注意>
・本システムはロング(買い)とショート(売り)を併用したシステムです。ご利用の際は信用口座の開設が必要となります。
・日経レバレッジ指数ETF(1570)専用の自動売買システムです。他銘柄には適用できません。
・日経レバレッジ指数ETF(1570)は現時点で空売り規制銘柄に指定されております。空売り規制銘柄に指定されている場合は、本システムの発注時に50株を超えた空売りはできませんのでご了承ください。



・以下のパフォーマンスは10株で売買を行った場合になります。(手数料、スリッページ、配当、逆日歩は含まれておりません。)2016年11月までの取引実績となります。それ以降の実績はfx-onにてご確認ください。
2016年12月4日 17時39分 更新
【先着5本限定でキャンペーン実施中!】


<システムの概要>
「AM+PM for 1570」は、日経レバレッジ指数ETF(1570)を対象としたロジック非開示型の超短期売買システムです。ポジションは前場中にエントリーから決済、後場中にエントリーから決済と超短期間に抑えることでリスクを低減しています。(エントリは1日最大2回、午前は前場の寄り付き後にエントリーして前場終了までに決済、午後は後場の寄り付き後にエントリーして引けまでに決済。利確、損切も設定可能)


<システムの特徴>
■前場中決済、後場中決済の超短期トレーディングによるリスクの低減
 トレードの勝ち負けに関係なく、特定の時間でポジションを閉じることでリスクを抑えます。また、ポジションを短期間の保有に抑えることで、精神的負担も軽減することができると考えます。

■あらゆる相場環境へ対応した万能型システム
 シンプルなアノマリを利用しているため、トレンド相場でもレンジ相場でも相場環境に関わらず、比較的安定したパフォーマンスを発揮しています。

■マルチロジックポートフォリオによる高い安定性の実現
 本システムは、ロングで8つ、ショートで8つの計16のロジックで構成されています。ストラテジーのポートフォリオ化により、安定性を実現しています。

【マルチロジックポートフォリオのメリット】
 トレーディングシステムにおいて、永遠に機能し続けるロジックは極めて少ないと思われます。マルチロジックポートフォリオにより、例え、あるロジックが機能しなくなったとしても、他のロジックでカバーし合うことで全体としてのパフォーマンスをある程度維持できるものと考えております。


<確定申告による経費申請について>
 本システムの料金は確定申告により、経費として認められる可能性があります。また、本システムをVPSで運用する場合は、VPSの費用も経費として認められる可能性があります。詳細は必ず税務署でご確認ください。


<注意>
・本システムはロング(買い)とショート(売り)を併用したシステムです。ご利用の際は信用口座の開設が必要となります。
・日経レバレッジ指数ETF(1570)専用の自動売買システムです。他銘柄には適用できません。
・日経レバレッジ指数ETF(1570)は現時点で空売り規制銘柄に指定されております。空売り規制銘柄に指定されている場合は、本システムの発注時に50株を超えた空売りはできませんのでご了承ください。



・以下のパフォーマンスは10株で売買を行った場合になります。(手数料、スリッページ、配当、逆日歩は含まれておりません。)2016年11月までの取引実績となります。それ以降の実績はfx-onにてご確認ください。
2016年9月27日 17時37分 更新
<システムの概要>
「AM+PM for 1570」は、日経レバ(1570)を対象としたロジック非開示型の超短期売買システムです。ポジションは前場中にエントリーから決済、後場中にエントリーから決済と超短期間に抑えることでリスクを低減しています。(エントリは1日最大2回、午前は前場の寄り付き後にエントリーして前場終了までに決済、午後は後場の寄り付き後にエントリーして引けまでに決済。利確、損切も設定可能)

<システムの特徴>
■前場中決済、後場中決済の超短期トレーディングによるリスクの低減
 トレードの勝ち負けに関係なく、特定の時間でポジションを閉じることでリスクを抑えます。また、ポジションを短期間の保有に抑えることで、精神的負担も軽減することができると考えます。

■あらゆる相場環境へ対応した万能型システム
 シンプルなアノマリを利用しているため、トレンド相場でもレンジ相場でも相場環境に関わらず、比較的安定したパフォーマンスを発揮しています。

■マルチロジックポートフォリオによる高い安定性の実現
 本システムは、ロングで8つ、ショートで8つの計16のロジックで構成されています。ストラテジーのポートフォリオ化により、安定性を実現しています。

【マルチロジックポートフォリオのメリット】
 トレーディングシステムにおいて、永遠に機能し続けるロジックは極めて少ないと思われます。マルチロジックポートフォリオにより、例え、あるロジックが機能しなくなったとしても、他のロジックでカバーし合うことで全体としてのパフォーマンスをある程度維持できるものと考えております。

*本システムの料金は確定申告により、経費として認められる可能性があります。詳細は税務署にお問合せください。

<注意>
・本システムはロング(買い)とショート(売り)を併用したシステムです。ご利用の際は信用口座の開設が必要となります。
・日経レバ(1570)での運用を想定しております。その他の銘柄では検証しておりません。
・以下のパフォーマンスは10株で売買を行った場合になります。(手数料、スリッページ、逆日歩は含まれておりません。)お好きな取引株数を設定可能です。
購入
購入
AM+PM for 1570
販売開始日
2016年9月26日 23時35分
在庫数
5
5本まで特別限定価格
¥79,800  ¥59,800(税込)
■お支払い方法
masterカードvisaカードjcbカード銀行振込コンビニ決済コンビニ決済サークルkサンクスコンビニ決済デイリーヤマザキコンビニ決済スリーエフコンビニ決済ヤマザキデイリーストアビットコイン決済