億の手:インジケーター・ツール・電子書籍 - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【GogoJungle】

億の手
参考価格
¥250,000
特別限定価格
¥10,000(税込)
OFF
¥240,000(96%)
※こちらの商品はWeb認証が必要となります。
お支払い方法
銀行振込手数料お戻し中

masterカードvisaカード銀行振込
コンビニ決済コンビニ決済サークルkサンクスコンビニ決済デイリーヤマザキコンビニ決済スリーエフコンビニ決済ヤマザキデイリーストアビットコイン決済
ライントレードの新機軸 大口注文を可視化
出品者
カテゴリ
販売開始日
2018年1月20日 14時19分
期間限定
割引キャンペーン
2018年6月25日 00時00分~2018年8月31日 23時59分
販売実績

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達に教える
大口注文が入った時に、その価格に、即座に水平ラインを引くインジケーターです。

事例

以下のチャートをご覧ください。

下落基調の終盤で、底打ちするかどうかという場面のドル円1分足チャートです。
10本横線が引かれています。
横線は、ツールによって自動的に引かれた大口注文が入った価格になります。
1本色の違う横線は、一番最近引かれたラインになります。

重要なことは、これらのラインは、あとからチャートを元に引かれたものではなくて、価格が反発するより先にリアルタイムに引かれたものであるということです。
001.jpg
前半では、陽線の長さよりも、陰線の長さが明らかに長くなっていて、下落しています。
最も価格が安くなった時には、興味深い形の下ヒゲ陽線、十字、下ヒゲ陰線が出ています。
かなり売り圧力が強いですが、ラインに当たった後、急に上昇に転じて、長い下ヒゲを付けて上昇に転じています。
ちょうど直近のラインで反発している形になっています。

このあと暫く上昇しました。

次のチャートをご覧ください。

前回のチャートの1日後に、同じぐらいの価格帯まで下落して、その後、反発し始めている場面のチャートになります。
001_01.jpg
色の違う直近の線が一番下になっています。

下落が続いてきたことを示しています。

そのあと大口注文が入り、ラインが引かれ、少し上昇した後、下落してラインのところで止まり、再び上昇に転じたところです。

この後、結局ここから約100pips上昇しています。


次のチャートをご覧ください。

時間軸としては、一番最初のチャートと二番めのチャートの間の時間帯のチャートになります。

下落の途中で、大口注文が入り、小さな三つの波で反発している場面の一波目と二波目の前半の部分のチャートです。

002.jpg

次のチャートは、三波目の途中のチャートです。

ラインにタッチしたところです。

003.jpg

ラインにタッチして下落したところです。

004.jpg

ラインにタッチして下落した後、高値更新し、近い価格帯で二本線があるところにタッチするかしないかのところで、下落し始めたチャートです。

二波目高値を割っていますし、ラインも割っていますし、そろそろ下落に転換かという場面です。

005.jpg

ラインのところで、少しもんだ後、下落している場面のチャートです。

006.jpg

ラインのところで反発することなく、ラインのところが抵抗になって、下落している場面のチャートです。

三本ラインがあるところも、一気に抜けて、抵抗になって、下落しています。

007.jpg

次のチャートをご覧ください。レンジを抜けて行く場面になります。

ラインが4本ぐらいある価格帯を抜けて、レンジ抜けをして、その後、押し目をつけて上抜けしています。

上昇する時は、ラインを次々と上抜けしていきます。下のチャートのように、押し目でも大口注文が入ることが多いです。

直近の押し目のラインが、ちょうど、レンジの高値になっています。

008.jpg

次のチャートをご覧ください。ラインが集まっている価格帯にタッチした後、超えられずに下落している場面になります。

ラインが集まっている価格帯が強い抵抗になっている例です。

015.jpg

大体の感じ、お分かり頂けましたでしょうか?

ラインの間を反発したり抜けたり、もんだりを繰り返している様子がお分かり頂けたのではないでしょうか?。

少なくとも、相場がランダムに動いているわけではないことはお分かり頂けたのではないでしょうか?

重要なことなので繰り返しになりますが、ラインはチャートを元に後から引かれたものではなくて、
最初にその価格になった時に、大口注文が入った時に引かれています。

そして、ラインで反発したり、抜けたり、もんだりといった動きをしているのです。

こういった相場の動きを通じて、利益を出していきます。

メリット
このラインツールを使うと、あなたにどんなメリットがあるでしょうか?


すでに何らかのツールや手法で、売りサイン、買いサインを参考にされている場合
今回のツールを併用することで、サインの中身をラインで吟味することができ、実際の相場に即した判断が可能になります。

あらゆる手法の売りサイン、買いサインの中身を、サポート・レジスタンスの考え方で、細かくリアルタイムに見ることが可能です。

結果として、トレードの根拠に大口注文の状況を取り入れることで、エントリーの精度が上がります。

ポジションを持った後は、そのポジションが妥当かどうかを早く正確に分かるようになり、損小利大にすることが可能です。


すでにライントレードのご経験をお持ちの場合
チャートを元に手動で引かれるラインとは異質の、リアルタイムで引かれる高精度のラインを利用することが可能です。


まだ納得行く手法に出会われていない場合
トレードの王道的手法である、価格の抵抗を元にしたライントレードを身に付けることが可能です。


相場に絶対はありませんが、自分のポジションより下や上に、大口注文が入っていて、相場の方向と合っている時は大変心強いものです。

「億の手」を使うことで、相場の方向性に合わせたトレードが可能になります。

また、持ったポジションと逆に動いた場合であっても、離れたところにある直近の高値安値ではなくて、ラインの引かれた大口注文が入った価格を目安に反転の有無を待つことも可能になります。

あなたが、もしこのツールを使用したとしたら、一般には手に入らない情報を味方につけることで、「相場力」がアップして相場に勝ちやすくなることでしょう。

この手法は、小手先の手法ではありません。相場の見方がより深くなり、「相場力」をアップして実力を底上げすることが可能です。

あなたも、このツールを使い、相場の重要局面で売りと買いのどちらが有利なのか、今よりよく分かるようになってみませんか?

はっきりいって、相場が動く半歩前ぐらいにわかるのでヤバイです。
「人の行く 裏に道あり 花の山 いずれを行くも 散らぬ間に行け」

得られる情報の質を考えると100万円以上の価値があるかもしれません。
某プロ用の端末でも得られない情報であるからです。

ピコンと線が出て、上か下かにすぐ動いた場合、順張り方向ならば高確率です。
天井付近や底付近の場合は、逆張り方向が高確率です。(線が出るのはその価格の時ですのでどんなインジケータよりも早くわかります)(バイナリーでも使えます)

もし運良く購入できたら是非トレードに活かしてください!

okunote_0034.jpg
okunote_0035.jpg
okunote_0036.jpg
[2018年6月26日 09時17分] 最新のコメント
metaticksさんの現在販売中の商品
関連商品を探す
FX 電子書籍・ツール・インジケーター >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用まではかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード