武者陵司の『Deep in Mind』GOGOJUNGLEオリジナル・プレミアム投資Salon:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

価格
¥3,240(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替口座振替
オーナー
武者陵司の『Deep in Mind』
武者 陵司 プロフィール
05251.jpg
トップダウン・マクロ戦略を主軸としたストラテジー
mus1.jpg
【グローバル・マクロをベースとした中長期経済市場予測とアセット配分戦略の構築を目指す日本株式市場戦略が主軸】

・グローバル・マクロ戦略の策定に当たってのデータベースを活用・グローバルマクロ経済と市場の大枠仮説の提示

・クオリテイティブ・アナリシスによる投資アイディアと注目点の提供・アプローチの特徴 ~高い論理性と独自性~

mus2.jpg
【論理一貫、独立不羈、歴史的・国際的視野をモットーとする】

【仮説の構築】グローバルかつ長期的・歴史的経済事実(データ)に基づき、最も説得力のある仮説の構築に全力を挙げる。
      
【思惑を排除した結論想定】仮説に基づき先入観や経済的利害を排除し、最も論理性のある展望と戦略(ソリューション)を提案する。仮説の変更を伴わない予測や投資戦略の変更は行わない、つまり結論の根拠を事実と論理(仮説)により首尾一貫させる。

【検証に基づく仮説の再構築】仮説の説明力、妥当性を過去の予測精度に基づいて検証し、より説明力の高い仮説を常に装備する。
失敗も成功も過去の検証がより説明力の高い仮説構築の母となる。まず徹底的に市場分析を行い、株式投資を行う環境にあるかを精査する。


ms7.jpg

05252.jpg
05256.jpg
武者 陵司の『Deep in Mind』
推薦者の声①
kawata-san.jpg
川田 重信
エグゼトラスト 社長
『バロンズ拾い読み』発行人
ニューヨーク時代の武者陵司さん
武者さんとは1980年代後半の数年間、同じ証券グループのNYで駐在時期が重なった。当時の私は外国株式のセールス担当でリサーチのヘッドが武者さん。それまで長年、企業やセクターアナリストとして高い評価を確立していた武者さんはNYでストラテジストに“変身”した。この変身は世界の金融の中心地ウォール街が彼に与えた必然なのだろう。当時の米国は87年10月のブラックマンデーを経て東西冷戦終了という歴史的な節目まであと少しのところ。一方、日本では過剰流動性がもたらす株価高騰で日本全体が得体のしれない高揚感に包まれていたようだ。そのためか、日本人が米国株式の魅力に耳を傾ける姿勢は今ほどではなかった。ただしグローバルな投資情報の重要性が認識されていく中で、我々は、武者さんのレポートと定期的な顧客訪問をセットにした。この「武者の定点観測」アプローチで機関投資家、個人投資家を問わず利用者のニーズを確実に掴んでいったと自負する。そのような時代にとりわけ印象に残るのが、東西ドイツの統合に伴う世界の覇権の構図の変化、そしてこれがもたらす株式市場への影響だ。これをすぐに理解することは当時何人にも簡単ではなかったように思う。バブル相場に酔っていた日本人にはなお更だったのではないか?そんな中で武者さんの分析、解説そして投資アドバイスを伝えることで多くの投資家に高い評価を得た我々は本当に幸運だった。その後、武者さんは、外資系証券で日本株のトップストラテジストとして、その地位を不動のものにした。独立した今も、その存在と影響力は絶大だ。
武者リサーチの「トリセツ」
さて、武者さん思考の原点とプロセスを理解することで武者リサーチをより効果的に活用できると思うので、少し説明しよう。武者さんは学生時代から現在に至るまで世界の社会・経済体制を常に歴史的な文脈で読み解くことを基本姿勢としてこられた。そしてその思考の原点は現代社会体制の変遷に対する尽きることなき知的好奇心だ。現時点でその好奇心は最初に米国が最初に来るだろう。次は、共産党支配下・独自の価値観で膨張する中国か。さらに近代における資本主義と民主主義の枠組みを作り上げた欧州にも関心があるだろう。その上で日本経済の今と未来の解明にメスが入る。武者さんは、日本国内のみならずどの国や地域からも一定の距離を置くことで視野狭窄に陥る愚を避けている。さらに個々の事象を高みから俯瞰することで、各事象のつながりを探っている。さらにタイムマシーンで過去と未来を自在に往来する技も、持ち合わせているようだ。そして、それら距離と空間そして時間を縦横無尽に駆け回ることにより、マーケットで起きていることの本質を探るのが武者リサーチの特徴だろう。武者さんの知的好奇心は尽きることが無い。その好奇心が尽きぬ限り恩恵を受けるのは我々である。マーケットの荒波に対峙する時に武者リサーチがあれば勇気と希望が沸いてくる。この喜びを皆さんにも共有してほしいと願っている。
川田 重信(かわた しげのぶ) プロフィール
大手証券に入社後1986年から米国株式を中心に外国株式の営業活動に従事。外資系証券を経て2000年にエグゼトラストを設立。神戸大学経営学部卒業 米国ロチェスター大学MBA。
武者 陵司の『Deep in Mind』
推薦者の声②
k10.jpg
加藤 裕一
GOGOJUNGLE
CCO
強気派のトップランナーとして日本を代表するストラテジスト
1970年代から日本を代表するストラテジストとして活躍してきた武者陵司氏。日本国内がバブル絶頂期には、日本株の悲観論を唱えたあと、2000年代半ばには、中国経済の台頭やグローバリゼーションの進展を背景に強気論に転じるなど大胆な相場予想で知られる存在。
これまでのような中国やグローバリゼーションを考慮しない先進国を中心とした世界経済のジャッジメントやフィロソフィーは、すでに成立しておらず、今までのロジックを全て捨て去ることが必要だと語り、日本株におけるLong Termの強気論を唱えている。LogicとLong Viewで大胆な仮説を展開し勝負していく
40年以上にわたるストラテジストとしての活動のなかで、「歴史とマーケットと経済を考えてきた」と語る武者陵司氏。自分なりに自分で考えている個人投資家の皆さんにマーケットを読み解くロジックや長期的視点の作り方とその背景、投資にかかわる大きなフレームワークをご提供していきたいという、まさに“”武者ロジック“を体感できるのが、今回配信をスタートする武者陵司の「Deep in Mind」なのではないでしょうか。
読者の皆さんが主役となるSNSコミュニティを目指します
Gogojungleオリジナル・プレミアム投資Salon「武者陵司のDeep in Mind」は、読者のみなさんがメインとなるコミュニティを目指しています。投資ロジックや長期的視点に立った武者陵司さんのストラテジーをはじめ世界経済や株式投資に関して語り合えるサロンをご提供したいと考えています。
プレミアム投資SalonのSNSでは、日本をはじめ米国、欧州、中国など世界で“今”起こっている最新の経済状況を武者陵司さんの独特な語り口を皮切りに積極的なディスカッションを展開して読者の皆さんの投資活動に生かしていただければ幸いです。
加藤 裕一 (かとう ゆういち) プロフィール
大学卒業後にラジオ局勤務を経て、98年に米通信社Bloomberg社へ入社。主にテレビ部門でMarket Reportを11年間にわたり担当後、2015年11月までロンドン証券取引所に上場している英国金融情報ベンダーADVFN東京支局のEditor in Chief。Gogojungle入社後は、編集長に就任。2016年5月より Chief Content Officer。現在、東京MXテレビ:Stockvoice International「World Marketz」のMCを月曜・火曜日に担当


無料期間10日間(クーリングオフ期間)のご説明
お支払方法
お支払は、クレジットカード決済、銀行引き落とし(口座振替)からお選びいただけます。
なお、銀行引き落とし(口座振替)のご利用には、3ヶ月分のご購読料と事務手数料(1,000円)を前払いで頂戴いたしております。

【クレジットカード決済】
3,240円のクレジットカード払い

【銀行引き落とし(口座振替)】
初回:3ヶ月分のご購読料 9,720円+事務手数料 1,000円のお振込
4ヶ月目以降:3,240円の口座振替

口座振替依頼用紙をお届けいたします。
大変お手数でございますが、ご記入後ご返送をお願い申し上げます。

クーリングオフお申し出の場合、事務手数料、振込手数料を引いた金額をご返金いたします。
クーリングオフ期間終了後のご解約の場合、初回お振込金額からご解約日を含む月までの月額購読料、事務手数料、振込手数料を引いた金額をご返金いたします。
例:1月24日に初回3ヶ月分ご入金、3月20日にご解約お申し出の場合、10,720円から2ヶ月分の月額購読料、事務手数料、振込手数料を引いた金額をご返金いたします。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事