荒野浩の『テクニカル・ルームから』:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
レビュー
素晴らしいです。
荒野氏をMXTVで拝見し、明確な分析を根拠とした予想に感動し、ネット検索をしてこの情報配信を見つけました。3ヶ月お世話になっており...
2016/10/02 02:14  hara705
荒波を進む羅針盤
自分に欠けている客観的な分析を毎回教えていただき本当にありがたい。レポートを参考にして自身の相場観を鍛えています。これからも大...
2016/07/17 10:21  としちゃん
毎回楽しみにしています
荒野さんの説明は論理の飛躍が少なく理解し易いと感じています。1ヶ月移動平均値に25日ではなく20日を用いている理由の説明には目から鱗...
2016/05/13 08:39  kenichi
ファンダメンタルズとテクニカルで頭と尻尾...
テクニカルについては確かに騰落レシオ(20MA)や移動平均線(20MA)はネットに転がってませんが、 自分で場帳を付けExcelで計算すればいい...
2016/04/28 14:58  きしっち
騰落レシオのチャートはネットで見ると25...
20日で言われても、あんまり参考にできないです。25日で言っていただくことは出来ませんでしょうか? だめだとすると、ネット上だとどこ...
2016/03/16 23:02  ありくんです
サンプル1
短期線でみたドル・円と株価
配信日:2017年02月22日 07時26分
並行して動くドル・円と株価

 ドル・円相場と日経平均株価の5日線と20
日線の関わり方をチェックすると、ほぼ連動し
ていることが分かります。

 ドル・円相場      日経平均株価

 5日>20日       5日>20日
  10/05~01/10    10/06~01/12
(11/8~10の3日は (11/9~14の4日は
   5日<20日)     5日<20日)

 5日<20日       5日<20日
               1/13~27
  01/11~02/15 5日>20日
               1/30~2/02
              5日<20日
               2/03~10

 5日>20日       5日>20日
  02/16~         02/13~

 上記から分かることは10月上旬から3か月
間、ドル・円と日経平均はともにゴールデンク
ロス(GC)状態にあり、ドル高・円安、株高が同
時進行していたことが分かります。しかもトラ
ンプショック(11/09)で一服したのも全く一緒
でした。

 1月中旬にともにデッドクロス(DC)してから
はほぼ1か月間、為替はドル安・円高で、株価
の方はGCとDCを頻繁に繰り返すレンジ相場に
あります。

ドル・円も株価同様レンジ相場入り?

 ところが先週ともにGCしました。状況は円安
・株高に戻ったことになりますが、足元の流れ
からは昨年10月から年明けまでの3か月間の
ような力強さは感じられません。

 ドル高・円安の流れが止まったのは年が明け
てからです。1/11のトランプ氏の1回目の会見
以降で、トランプ氏の通商政策が明確になって
からと思われます。

 短期線の関わり方からは円安、株高の期待が
浮上しますが、株価同様にドル・円相場もレン
ジ相場入りしたと考えるのが妥当ではないでし
ょうか。

 ドル高・円安の流れが復活するのは米国利上
げの期待が現実化するのを待たなければならな
いと予想されます。
サンプル2
円安進展時にしか上値を追えない日本株
配信日:2017年02月21日 07時09分
株価の高値(安値)と円の安値(高値)が一致

 米国株の最高値更新、企業業績の上方修正な
ど好環境下でも株価の頭の重い展開が続いてい
ます。株価が上値を追うには何かが欠けている
ことになります。
 思い当たるのは為替相場の動きです。昨年後
半株高をもたらしたドル高・円安が止まってし
まったことが響いていると考えられます。

 昨年6/24に安値を付けて以降の株価上昇場面
をチェックしてみると、株価が上昇しているの
はいつも円安が進展していた時であることが分
かります。

(昨年後半3回の上昇場面
   の日経平均とドル・円相場、円)

   安値     高値    上昇幅
 14,864(6/24) 16,938(7/21) +2,074
99.00(6/24) 107.49(7/21) +8.49

16,285(9/27) 17,461(10/28) +1,176
100.08(9/27) 105.53(10/28) +5.45

16,111(11/9) 19,615(1/05) +3,504
101.20(11/9) 118.66(12/15) +17.46

 6~7月、9~10月の上昇相場では(株価
の安値、円の高値)&(株価の高値、円の安値)
の日付けがぴたりと一致しています。トランプ
ラリー下では株価の高値と円の安値にずれがあ
りますが、年明け直後にドル・円相場は118.60
円を付けており、円の安値、株価の高値が一致
する流れは変わりません。

円安進展がなければ、20,000円も近くはない

 株価上昇と円安進展が一致する流れは変わっ
ていないと考えられます。足元でのドル・円相
場の1か月平均は113.45円で、円安の動きは止
まってしまっています。昨年後半の動きをベー
スに考えるなら、115円を超えて、118円方向
への円安が現実化しない限りは20,000円大台も
近くて、遠い存在になってしまいます。
サンプル3
投資主体としての日銀
配信日:2017年02月20日 07時16分
株価水準に関係なく、行動
 …株価への影響は想定より大きい

 先週の木曜・金曜日にも日銀は704億円ずつ
ETFを購入、年間6兆円ベースでの購入を粛々
と進めています。購入する日は東証株価指数の
前場終値が前日比マイナスの日に限定されてお
り、なんとなく株価が低い水準で購入されてい
るという勘違いが生じていると思われます。

 株価が保ち合いに転じた12月以降、日銀の
ETF購入が当日の終値で行われたという前提で
その平均価格と月中平均を比較してみると、日
銀の購入価格は市場平均価格並みとなっていま
す。
 前日比マイナスということへの原則はあって
も株価水準に関係なく、行動していることにな
ります。

 株価水準に関係なく行動する投資家としては
裁定業者が浮かび上がります。彼らは利ザヤを
得ることが目的であり、売りも買いも株価水準
に関係なく行動し、株価騰落に大きな影響を与
えています。

 株価水準に関わらず、行動している日銀の株
価に与える影響も想定より、大きくなっている
と考えられます。株価を支えるというよりも上
げる役割を果たしているといっても過言ではな
いと思われます。

     購入価格  月中平均
 12月 19,117円 19,066円
  1月 19,086円 19,194円
  2月 19,161円 19,144円

 今年に入ってから、目立った買い主体はなく、
ETFという形にせよ、日銀が唯一の買い手とい
えます。下値の堅さは日銀のなせる業というこ
とになります。
 強力な売り材料が出現しない限りは底割れの
懸念は薄く、足元の保ち合い相場は持続すると
想定されます。
サンプル4
決算発表で見えたこと
配信日:2017年02月19日 09時33分
収益力は大きく改善 

 3月期本決算企業の10~12月期決算が揃いま
した。
 10~12月期決算は前年同期比で12円の円高で
あったにもかかわらず、二ケタの経常増益率を
達成しており、好決算であったといえます。
 10~12月期決算は減収増益であり、収益力の
改善はみられるが、必ずしも成長力が戻ってい
るとは言えないとも考えられます。
 収益力向上には昨秋から進んでいる円安や
資源高の効果に加えて、構造改革によるコスト
削減、M&Aの効果などが寄与していると推定さ
れます。

(四半期別の増減率)
    売上高  経常利益  純利益
04~06 ▲5.7% ▲16.7% ▲20.5%
07~09 ▲6.9% ▲ 7.8% ▲ 0.4%
10~12 ▲2.2% +10.1% +25.4%

 期を追うごとに利益の状況の改善が進んでい
ることが分かります。10~12月期決算では売上
高経常利益率は前年同期の6.7%から7.5%へと
大きく上昇しています。年度の上半期では利益
率は低下していただけに大きな変化です。

純利益増加額1.94兆円の
  ほとんどは商社と石油の2業種による

 日経の集計では、年度予想では前年度比で
  3.3%の減収、0.6%の経常増益
と減収、利益横ばいとなっています。

 一方で純利益は前年度の 巨額の特別損失の反
動もあり、10.5%の増益が見込まれています。
 純利益の総額は前年度比で1.94兆円の増加が
見込まれていますが、この増加額のうち、前期
資源安の影響を大きく受けた商社と石油の2業
種で1.86兆円とほとんどを占める予想です。

 10~12月期決算発表の進展とともに日経平均
株価ベースの1株当たり利益も上方修正されま
したが、株価に素直に反映されていないのはこ
れらの特殊な状況によるものと推定されます。

新年度も企業は慎重な見通しか

 次に企業業績が注目されるのは新年度入り後
の来年度の見通しになりますが、欧米の政治の
方向性など外部環境が不透明で、企業は例年通
り、慎重な姿勢をとると思われます。
 市場では来年度二ケタ増益を前提にしている
こともあり、想定通りでない場合の反動も留意
しておく必要があると思われます。
サンプル5
方向感のないマーケット
配信日:2017年02月18日 08時36分
乏しい値動き

 NYダウが連日の最高値更新となった今週、東
京市場は値動きの乏しい1週間でした。1日平
均の日中値幅は143円にとどまり、変動率(日
中値幅÷終値)は0.74%の低さでした。
 しかも日中の値動きを見ると、5日とも日中
高値は前場で、そのうち4日は日中安値も前場
でした。後場は狭い範囲の中での横ばいに終始
していたことになります。自律的に動く能力を
失ってしまった感があります。

気になるNT(日経平均÷TOPIX)倍率の低下

 今年に入ってからのNT倍率の推移をみると、
NT倍率が12.5倍を下回った時には調整場面入
りしています。市場全体が上昇傾向を示す時に
は日経平均が上昇をリードしていることの裏返
しでもあります。

(NT倍率が12.5倍未満の期間)

 1/11~24 10日
  19,047円 1,526 12.48倍
 2/03~09 5日
  18,944円 1,517 12.48倍
 2/16~    2日

(注)株価は期間中の平均

 NT倍率は2/16 12.47倍、2/17 12.45倍と
12.5倍を下回ってきています。データ上は上値
を追う力は弱く、調整場面入りを示しています
が、夜間取引での安値は19,020円まで下げてお
り、上記の調整期間中の株価から判断してもこ
こからの深押しもないと考えられます。
 週明けは弱保ち合いスタートで短期的な底
値を探る展開だと思われます。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事