荒野浩の『テクニカル・ルームから』:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替口座振替
オーナー
レビュー
素晴らしいです。
荒野氏をMXTVで拝見し、明確な分析を根拠とした予想に感動し、ネット検索をしてこの情報配信を見つけました。3ヶ月お世話になっており...
2016/10/02 02:14  hara705
荒波を進む羅針盤
自分に欠けている客観的な分析を毎回教えていただき本当にありがたい。レポートを参考にして自身の相場観を鍛えています。これからも大...
2016/07/17 10:21  としちゃん
毎回楽しみにしています
荒野さんの説明は論理の飛躍が少なく理解し易いと感じています。1ヶ月移動平均値に25日ではなく20日を用いている理由の説明には目から鱗...
2016/05/13 08:39  kenichi
ファンダメンタルズとテクニカルで頭と尻尾...
テクニカルについては確かに騰落レシオ(20MA)や移動平均線(20MA)はネットに転がってませんが、 自分で場帳を付けExcelで計算すればいい...
2016/04/28 14:58  きしっち
騰落レシオのチャートはネットで見ると25...
20日で言われても、あんまり参考にできないです。25日で言っていただくことは出来ませんでしょうか? だめだとすると、ネット上だとどこ...
2016/03/16 23:02  ありくんです
サンプル1
「戻りは売り」の局面入り
配信日:2017年12月05日 07時20分
1か月平均が1か月前比較
        で底入れするまでは

 先週末の米国での税制法案の上院での可決に
欧州株は大幅高で反応しましたが、東京は前日
比マイナスで終わり、地合いの弱さが明らかに
なりました。

 一昨日、1か月(20日)平均の1か月(20日)
前比較の騰落率がピークアウトすると、上値を
追う勢いが弱まるとリポートしました。

 ピークアウトしてから既に3週間を経過しま
したが、この騰落率が底入れするまでは相場の
局面としては「戻り売り」の局面ということに
なります。
 下記に1か月平均の1か月前比較の騰落率と
株価の天・底を示しました。

(1か月平均の1か月前比較と株価)
  1か月前比較・騰落率    株価
天 +7.80%(12/28) 01/04

底 ▲1.51%(02/10) 02/09

天 +1.51%(03/10) 03/13

底 ▲3.42%(04/25) 04/14

天 +5.36%(06/02) 06/20

底 ▲2.55%(09/08) 09/08

天 +7.77%(11/10) 11/07

  +4.92%(12/04)

 上記のように1か月平均の1か月前比較が底
入れするまでは軟調相場が続くことになります。
足元では4.92%まで低下してきていますが、更
なる低下が想定されます。

 11月上旬までの「順張り」相場、「押し目
買い」局面からは明らかに局面転換しており、
騰落率が底入れするまで、当面は「戻り売り」
に徹するべきと思われます。
サンプル2
この1か月(11月)で起こった特別なこと
配信日:2017年12月03日 11時15分
高値追いは上旬まで
      中・下旬は保ち合い相場

 25年10か月ぶりの高値を記録しましたが、
月間でザラバベースで23,000円を超えたのは
1日のみで、22,000円を下回ったのも1日の
みでした。月中平均も22,525円で、22,000円
台を固めた月ということになります。

上下に振れた

 騰落銘柄数の「変わらず」の数が今年最少を
記録しました。このことは株価が上下に振れ、
メリハリの利いた相場展開を意味しています。
結果として11月の日中値幅は272円と今年最大
になりました。株価が上下に振れ、高値波乱の
動きであったことになります。

高値波乱で大商い

 株価が上下に振れたことを背景に売買代金は
1日平均3.22兆円と大きく膨らみました。3兆
円超えは株価が乱高下した13年4~5月以来のこ
とです。相場が落ち着きを取り戻すには商いの
鎮静化も必要になると思われます。

それなりに売り圧力は強かったが・・

 売り圧力の強さを示す空売り比率は11月の平
均で40.1%と8月並み(40.6%)でそれなりに売
り圧力は強かったことになります。逆に言えば、
強い売り圧力にしては値持ちがよかったことに
なり、下値の固さを示していることになります。

大幅に上方修正されたが、
        PERでは評価されず

 9月決算期間中に日経平均株価ベースの1株
当たり利益は約100円上方修正されましたが、
11月の平均PERは10月とほぼ同一で、利益の
伸びを評価してのPERの拡大にはつながって
いません。

 上記のような特色の11月でしたが、11月
の動きは一過性のものと考えるべきだと考えま
す。今月は年末でもあり、後半に向かって商い
は細り、動きも乏しくなっていくものと想定さ
れます。閑散・小動きの方向に向かうものと予
想され、中小型株が相対的には物色されるもの
と思われます。
サンプル3
株価上昇の「勢い」を測る
配信日:2017年12月02日 15時35分
1か月(20日)平均の1か月(20日)前比

 相場上昇の勢いを測るのに有効なのは1か月
(20日)移動平均(MA)の1か月(20日)前比較で
す。この数値がピークアウトすると、相場上昇の
勢いは急速に衰えてしまっています。

 トランプ相場時と今年4月安値からの上昇時
の例を下記に示しました。

(1か月平均の1か月前比較
           のピークと高値)

        その前の  その後の
  ピーク    高値    高値
 +7.80%  19,494円  19,594円
  (12/28) (12/20) (01/04)

 +5.36%  20,177円  20,230円
  (06/02) (06/02) (06/20) 

 昨年12月の場合は1か月平均の1か月前と
の比較がピークを打った後はその直前の高値を
更新できたのはわずかに100円で、今年4月安
値からの上昇でも1か月平均が1か月前との比
較でピークを打った後はわずかに53円しか上抜
けができていません。
 1か月平均の前月比上昇率がピークを打つと
上値を追う勢いが急速に弱まっていることは明
らかです。

 足元では1か月平均の前月比上昇率がピーク
を打ったのは11/10(+7.77%)で、その直前の
高値(11/7 22,937円)を終値ベースではほぼ
1か月超えられていません。

 これまで同様、1か月平均の前月比上昇率が
ピークを打った後は上値が重いというデータが
活きていることを前提にすれば、23,000円が厚
い壁として、立ちはだかることになってしまい
ます。

 1か月平均の1か月前比較の騰落率をチェッ
クポイントして加えたい。上昇率の低下に歯止
めがかかるまでは株価の上値は重いという展開
が続くことになります。

サンプル4
米国発の波乱が頭を押さえる
配信日:2017年12月01日 08時39分
下値のめどは22,400~22,500円
   だが、米国政治の行方次第では

 昨日は波乱の展開となりました。日中取引で
は先物価格が23,000円まで上昇しながら、夜間
取引では22,370円の安値を記録、630円幅の大
変動でした。
 NYダウの変動幅も400ドルを超えました。ロ
シア疑惑と税制改革法案に翻弄された1日でし
た。ロシア疑惑がどこまで深堀りされるか不透
明な段階では週明けも変動率の高いマーケット
が懸念されます。
 再び、頭の重い展開が想定されますが、下値
の固さも健在です。

下値支持線、1か月(20日)平均 

 11月第3週以降、株価は調整気味で推移して
きましたが、終値で1か月平均を下回ったのは
11/15、11/20の2日のみで、下値支持線とし
て機能しています。

 ほかにザラバベースの安値が1か月線を下回
ったのは11/16 11/24 11/27 11/28 11/30
と5日ありますが、すべて終値では1か月平均
を回復しています。
 昨日現在で1か月平均は22,545円まで上昇
してきており、下値が切り上がってきているこ
とになります。

 別の視点からも株価の下値を探ってみると、
一つは前にもリポートしましたが、空売り比率
(5日平均)が40%を上回り、売り圧力が強か
った期間(11/10~27)の平均価格で22,406円。

 先週も海外投資家は売り越しました。最近の
3週間で(現物+先物)の合計で8,366億円の
売り越しを記録しています。
 この間(11/06~24)の日経平均は22,517円で
した。株価上昇を主導してきた海外投資家が大
きく売り越しても維持してきた株価水準とも考
えられます。

 NYダウが引けで戻したことは救いだが、週
明けも不安定な展開は覚悟すべきか。日中値幅
は大きくなるも振り返ってみれば、22,500円
前後の株価水準を維持しているという展開か。
サンプル5
データを素直に読むと、
配信日:2017年12月01日 07時22分
乏しい下値不安、強保ち合いへ

 NYダウは3日連続で、3桁高を記録し、昨日
の上昇幅は今年最大になりました。日本株にと
っては強い追い風が米国から吹いてきているこ
とになります。
 金融市場からは日々、メッセージが発せられ
ます。我々はそのメッセージをデータとして受
け取り、分析の対象とします。
 分析にあたって、我々は上下どちらかへのバ
イアスをかけて見がちです。ここ1週間リポー
トした内容をもう一度チェックしてみると、下
値不安の乏しさ、上値トライの可能性が出てき
ていることが分かります。

底値圏でしか買わない個人の(現金)勘定

 個人の(現金)勘定が11月第3週に1,342億
円の大幅な買い越しを記録しました。週間ベー
スで1,000億円を超える買い越しは今年2度目
で、昨年からのデータを見てもこの事象は安値
圏で起こり、相場の転換点になっていることが
ほとんどです。
 この一事を以って、株価は底値に届いており、
下値不安は乏しくなっていると考えられます。

売り圧力も和らぐ

 空売り比率(5日平均)の40%超えは11/10
~11/27の11日連続で終わり、売り圧力は和ら
いできています。
 強い売り圧力で、株価が安値を付けた4月や
9月の場合には直後に蓄積した売りがばねにな
り、株価は急速に戻しています。海外勢の買い
越しが背景にあったことは言うまでもありませ
んが。
 海外勢の行動が変われば、上値が軽くなるき
っかけになると思われます。

ドル・円の5日線の傾きと株価の方向性は一致

 ドル・円相場の5日線は11/08をピークに円
高方向で推移してきましたが、11/29には底を
打ち、円安方向へ転換しました。為替も株安要
因ではなくなりました。再び113円方向へ向か
うことになれば、23,000円乗せへの原動力に
なると思われます。

 和らいだ売り圧力や為替相場の方向転換等か
らは下値不安は小さくなっています。乏しい下
値不安の下では市場は上値トライへと舵を切る
ことになります。
 昨日当面の保ち合い価格帯を22,400~23,000
円としましたが、夜間取引ではほぼ上限に近づ
いてきました。上昇加速には海外勢の買い越し
が必要だとは考えられますが、23,000円台をト
ライする動きが表面化してくると思われます。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事