荒野浩の『テクニカル・ルームから』:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
レビュー
素晴らしいです。
荒野氏をMXTVで拝見し、明確な分析を根拠とした予想に感動し、ネット検索をしてこの情報配信を見つけました。3ヶ月お世話になっており...
2016/10/02 02:14  hara705
荒波を進む羅針盤
自分に欠けている客観的な分析を毎回教えていただき本当にありがたい。レポートを参考にして自身の相場観を鍛えています。これからも大...
2016/07/17 10:21  としちゃん
毎回楽しみにしています
荒野さんの説明は論理の飛躍が少なく理解し易いと感じています。1ヶ月移動平均値に25日ではなく20日を用いている理由の説明には目から鱗...
2016/05/13 08:39  kenichi
ファンダメンタルズとテクニカルで頭と尻尾...
テクニカルについては確かに騰落レシオ(20MA)や移動平均線(20MA)はネットに転がってませんが、 自分で場帳を付けExcelで計算すればいい...
2016/04/28 14:58  きしっち
騰落レシオのチャートはネットで見ると25...
20日で言われても、あんまり参考にできないです。25日で言っていただくことは出来ませんでしょうか? だめだとすると、ネット上だとどこ...
2016/03/16 23:02  ありくんです
サンプル1
16年度のEPSの動き
配信日:2017年01月14日 10時23分
利益の上方修正は

 今月下旬から、10~12月期決算の発表が本格
化します。3月期決算は上場企業の約7割を占
めるだけに企業業績の方向性を判断する上では
重要なものととらえられます。
 16年度予想がベースになった5月以降の日経
平均株価ベースの1株当たり利益(EPS)の推移を
決算発表時点ごとに見てみると、以下の通りで
す(数値は各月の15日OR翌営業日)。

3月期決算発表が終わった5月
 5/16  1,197円
4~6月期決算の発表前後
 前 7/15 1,193円
 後 8/15 1,205円
7~9月期決算の発表前後
 前 10/17 1,183円
 後 11/15 1,185円

 3月期決算発表が終わって、EPSの算出
基準が16年度予想に切り替わってからの最高
は8/15時点の1,205円で、週末時点では1,171
円と期初時点からほとんど変わっておらず、や
やジリ貧気味です。

前年同期比ではまだ円安にはなっていない。

 10~12月期決算については市場に上方修正
期待がありますが、ドル・円相場は前年同期の
121.4円に対して、16年10~12月期は109.5
円で、為替相場では12円の円高です。
 足元で円安が進展したことで、市場では期待
が膨らんでいますが、やや過剰かもしれません。
1~3月期でも前年同期が115.3円で、足元の
水準とほぼ同水準です。11月から円安が進展し
たことによる印象ほどは円安メリットが出ない
ことには注意が必要です。

 10~12月期決算発表が終わった2月中旬の時
点での日経平均ベースのEPSが1,200円を超えて
いるかどうかが注目です。来期増益への方向性が
明確になれば、企業業績が株価の買いの材料と
して浮上し、2万円達成への道が開けることに
なります。
サンプル2
ミニデッドクロス(DC)が示現見込み
配信日:2017年01月13日 07時19分
 昨日現在の日経平均株価の5日線(1週線)
は19,355円、20日線(1か月線)は19,346円
でした。今日にも5日<20日の位置関係にな
り、ミニDCが起こる見込みです。

ミニDCの日に安値を記録する傾向

 ミニDCは弱気市場入りではなく、下記にある
ように6/24安値以降の4回のミニDCは即、安
値の傾向を示しています。

(ミニDCと安値)
DC日  株価   DC期間  日数 安値日
8/05 16,254円 8/05~8/09 3日 8/03
 安値はミニDCの2日前
8/24 16,597円 8/24~8/29 4日 8/26
 安値はミニDCの2日後
9/15 16,405円 9/15~10/5 13日 9/15
 安値はミニDCと同日
11/9 16,251円 11/9~11/14 4日 11/9
 安値はミニDCと同日

 3か月線、100日線という重要な中期線の傾
きが「上」に転じてから、即ち、相場が上昇基
調になった8/26以降のミニDC時は同じ日に株
価は安値を記録しています。上昇基調下のミニ
DCは安値近しのシグナルと考えられます。
 トランプ相場下では初のミニDCですが、過
去4回の傾向が今回も活きると推定されます。
19,000円(夜間取引の安値18,940円)を下値
の目安と考えてよいと考えます。狂うとすれば、
一段の円高ということでしょうか。
サンプル3
深押しはないが、一休みか。
配信日:2017年01月12日 07時23分
ドルと株価の頭が重くなってきている

 トランプ氏の会見で円高・株安に大きく振れ、
その一部を戻した形で、東京市場は寄り付きを
迎えることになります。円安の勢いが鈍り、株
価も天井圏からは離れつつある微妙な位置関係
にあるだけに調整色が強まる可能性も懸念され
ます。大きな下げにはつながらないとは思いま
すが。

上値追いの力は弱まる

 1/10のリポートでインデックスの天井圏を
複合レシオ、20日で算出の(騰落レシオ+RSI)
が200以上と定義しましたが、今週に入ってその
200を下回ってきています。いつでも高値を更
新できるという株価の位置からは離れつつある
ことになります。

(騰落レシオ+RSI、20日)
      期間   日数 高(安)値
200以上 12/02~26 16日  19,592円
200未満 12/27~30 4日  18,991円
200以上 01/04~06 3日  19,615円
200未満 01/10~11 2日  19,255円

200を上回っている期間に株価は高値を付け、
200を下回ると、株価は一服しています。
 ドル・円相場は昨日現在、5日平均が116.4
円、20日平均が116.7円とミニデッドクロス状
態にあります。ドルも足元では調整商状です。
 ドル高・円安が日本株高をリードしてきただ
けにドル高の勢いが鈍れば、日本株高も一服とい
う流れになります。

 調整は大きくはなく、長期化もしないと考え
ますが、一休みということを前提に考えたい。
サンプル4
17年も株価上昇のけん引役は海外勢
配信日:2017年01月11日 07時09分
海外勢の売り越しを吸収した16年

 16年の投資主体別売買動向が出揃いました。
主要な投資家の売買差額は以下の通りです。

(2016年売買差額、兆円)
        差額
 海外投資家 ▲3.68
 個人投資家 ▲3.16
  (現金) ▲3.81
  (信用) +0.65
 信託銀行  +3.26
 事業法人  +2.22
(注)日銀のETF購入4.60兆円

 15年末と16年末の株価は下記のようにほぼ
横ばいでした。
       15年末  16年末
 日経平均 19,033円 19,114円
 TOPIX   1,547 1,518

 上記の需給バランスで株価を維持できたこと
になります。
 ここで特筆すべきは海外勢が3.68兆円と大幅
に売り越しながら、株価が下がらなかったこと
で、日銀のETF買いの役割が大きかったことに
なります。

(10~12月)に5兆円強買い越した海外勢

 現時点で判断すると、個人投資家、年金が主
の信託銀行、自社株買いの事業法人の17年は
16年並みと前提を置いても問題はないと考えま
す。日銀のETF買いは1.4兆円増加の年間6兆円
になります。これだけで株価は下がりようがな
いと推定されます。

 新年度も株価上昇に勢いを与える存在は海外
勢ということになります。(10~12月)の四半
期で日経平均は2,664円上昇しましたが、その
原動力は先物と現物合計で5.07兆円と大幅に
買い越した海外勢でした。

 世界景気が回復傾向にある17年に海外勢が昨
年のように大きく売り越すとは考えにくく、悪
くても売り・買いトントン、数兆円の買い越し
も見込めると推定されます。2万円乗せのけん
引役はやはり海外勢ということになります。
サンプル5
複合レシオにみる株価の現在地
配信日:2017年01月10日 07時40分
株価の位置を複合レシオで判断

 高値圏で株価の強さを測るのにいくつかの有
用な指標がありますが、今日は1か月(20日)
平均の騰落レシオとRSI(上昇幅計÷変動幅計、
20日で算出)を複合して、株価の現在地をみ
たいと考えます。
 指標の算出方法から考えて、騰落レシオは
100%、RSIは50が1か月前の株価との比較で
中立な水準と考えられます。騰落レシオとRSI
の和としては150が中立ということになります。
 先週末段階では騰落レシオは132.2%、RSI
は74.4、和は206.6となっています。ここ2か
月の複合レシオの水準と株価の位置をチェック
してみたいと思います。

複合レシオ  期間     日数 
200以上 10/27~11/01   4日 
高値は17,473円(11/1)

180~200 11/02      1日
180未満 11/04~11/11   6日
180~200 11/14~12/01  13日

200以上  12/02~12/26 16日
 高値は 19,592円(12/21)

180~200 12/27~30    4日

200以上 1/04~1/06 3日
高値は 19,615円(1/05)

200以上なら、高値を試す可能性も

 データ的には180以上が高値圏、200以上が
天井圏と位置付けられます。足元では大発会か
ら200を超えています。200を超えている限り
は高値を試す可能性を秘めていますが、株価
上昇をリードしてきた円安進展が止まってきて
いるのは気になるところです。
 複合レシオが200台を維持できるのか、再び
118円から119円へと円安進展が起こるのかが
注目ポイントですが、ドルと株価の上値が重く
なってきていることも事実です。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事