荒野浩の『テクニカル・ルームから』:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
レビュー
素晴らしいです。
荒野氏をMXTVで拝見し、明確な分析を根拠とした予想に感動し、ネット検索をしてこの情報配信を見つけました。3ヶ月お世話になっており...
2016/10/02 02:14  hara705
荒波を進む羅針盤
自分に欠けている客観的な分析を毎回教えていただき本当にありがたい。レポートを参考にして自身の相場観を鍛えています。これからも大...
2016/07/17 10:21  としちゃん
毎回楽しみにしています
荒野さんの説明は論理の飛躍が少なく理解し易いと感じています。1ヶ月移動平均値に25日ではなく20日を用いている理由の説明には目から鱗...
2016/05/13 08:39  kenichi
ファンダメンタルズとテクニカルで頭と尻尾...
テクニカルについては確かに騰落レシオ(20MA)や移動平均線(20MA)はネットに転がってませんが、 自分で場帳を付けExcelで計算すればいい...
2016/04/28 14:58  きしっち
騰落レシオのチャートはネットで見ると25...
20日で言われても、あんまり参考にできないです。25日で言っていただくことは出来ませんでしょうか? だめだとすると、ネット上だとどこ...
2016/03/16 23:02  ありくんです
サンプル1
3か月線の傾きが最重要
配信日:2017年06月20日 07時20分
上昇基調下での株価下落は軽微

 基調として株価が上向きか下向きかを判断す
る際に最も重要なのは3か月線の向きです。昨
夏以降の3か月線の向きは下記の通りです。

(3か月線の傾き)
      底    天井   期間
上向き 08/26~03/17 136日
      天井   底
下向き 03/17~04/25  26日
      底
上向き 04/25~

 3か月線が下向きで相場が下落基調であった
3月中旬から4月中旬にかけて、株価下落に見
舞われたのは記憶に新しいところです。

 前回3か月線が上向きであった期間(8/26~
3/17)を検証してみると、
              当日の終値
 3か月線の底 08/26 16,360円
  〃  天井 03/17 19,521円

で、7か月弱の期間で3,000円以上上昇したこ
とになります。この間で注目したいのは大きな
下落を経験していないことです。

 この間で1か月移動平均に対するマイナス乖
離率が2%を上回ったのは9/15 11/9 1/17
1/18 1/24のわずかに5営業日しかありません
でした。株価の下振れは軽微で済んでいたこと
になります。

 上記5営業日は9/15は9月の月間安値であり、
11/9はトランプショックの日、1月の3日はい
ずれも19,000円を割り込んだ日でした。その後
の展開を考えれば、押し目買いの絶好のタイミ
ングであったことになります。

 同様のことは上昇基調下にあった
(14年10/28~15年08/18 155日)でも起こ
っています。この155日の間に1か月平均に対
するマイナス乖離が2%を超えたのは12日しか
ありませんでした。

「押し目買い」の法則
 
 昨日の20日平均は19,874円です。▲2%は
400円弱になります。上昇基調が続く限りは下
値は限定され、下振れのリスクは400円程度と
いうことになります。

 4/25に3か月線が上向きに転じてから、終値
が20日線を下回ったのは下記の4日です。
     終 値  乖離率(20日)
 5/29 19,682円 ▲0.00%
 5/30 19,677円 ▲0.13%
 5/31 19,650円 ▲0.39%

 6/15 19,831円 ▲0.03%

 今回はまだ最大マイナス乖離率が0.39%に
とどまっています。上記の直後に日経平均株価
は20,000円を回復しています。3か月線が上向
きの時、即ち上昇基調下では「押し目買い」の
法則は今回も活きています。

 今回は3か月線が4/25に底入れしてからまだ
36日しか経過していませんが、今夏は基調とし
ての上昇相場が続くと想定されます。
 当面下げは限られ、軽微の調整で済むと予想
されます。昨日も書きましたが、「押し目は買
い」で臨みたいと思います。
サンプル2
”下がりにくい”相場を象徴する動き。
配信日:2017年06月19日 07時32分
低い変動率が常態化

 日経平均株価の日々の日中変動幅(高値ー安
値)の動きが乏しい状態が続いています。昨年
の米国大統領が決定した直後(11/09・11/10)
に上下に大きく振れた後は7か月にわたってあ
る意味では静かな動きが続いています。低い変
動率(ボラティリティー)の持続期間としては
14年の5~9月の5か月を抜いて、ここ数年では
最長です。
 昨年12月以降の月次ベースの変動幅と終値で
除した変動率の月次平均は下記の通りです。

(日中変動率の推移)
       変動幅  変動率
16年12月 154円 0.81%
17年01月 167  0.87
   02月 163  0.85
   03月 137  0.71
   04月 155  0.83
   05月 118  0.60

投資家は下値不安を抱えていない?

 ボラティリティーは不安が高まった場面で上
昇する傾向があります。ボラティリティーが低
位で安定しているということは投資家は下値不
安を抱えていないということになります。この
半年の間多くのイベントが懸念されましたが、
値動きには表面化していなかったことになりま
す。

 一般的に株価は上昇より下落の方が値幅が大
きくなる傾向があります。逆に言えば、この7
か月、相場の急落を経験していないことになり
ます。
 株価は相対的に堅調に推移してきたと思われ
ますが、価格変動リスクに見合ったリターンは
得にくい状況が続いていたとも取れます。

 中期線の代表格の3か月線も上向きで、基調
として株価の方向性は「上」です。株価が下が
りにくい状態が続くと想定されますので、
「押し目買い」に徹する時だと思われます。
サンプル3
上値を追う力を見極めるには。
配信日:2017年06月18日 09時25分
新高値数で測る高値を追う力

 6/02に日経平均は20,177円の高値を付けま
した。同じ日に1か月累計の新高値数も3,982
(1日平均199)でピークを打っています。過
去3年の高値時と同様の動きでした。インデッ
クスが高値圏にある以上、高値を追う力がある
かどうかの判断は新高値の数に規定されます。

 2015年の例が参考になります。新高値数の
1か月累計のピークアウトに4日遅れで日経平
均は3/23に19,754円で高値を付けましたが、
その後高値保ち合いが続き、3か月後の6/24
(20,868円)に高値を付けています。この間
63営業日の1日平均の新高値数は141を数え、
インデックスの上値追いをサポートしていま
す。
 日経平均株価が高値を更新したのは4月に
4回、5/20~6/01には9日連続して高値を更
新し、6月に高値を付ける時にも2日続けて高
値を更新しています。
 この間軽い調整を経験したのは下記の2場面
でいずれも5日平均の新高値数が100を下回
った時でした。

(5日平均の新高値数100未満)15年の例
 3/30~4/06(6日)安値 4/01 19,034円
 5/01~5/12(5日)安値 5/07 19,291円

新高値数3桁の維持が条件
 ・・足元は高値を狙える態勢・・

 15年の例からも明らかなように日経平均が高
値を維持し、更に上値を追うためには新高値数
が3桁を維持するということが必要条件となり
ます。

 6/02に高値を記録した後の2週間で、ドル・
円相場が110.08円と円高であったにもかかわら
ず、新高値数は1日平均で136を記録しています。
高値圏に張り付いており、いつでも年初来高値
を更新する態勢にあることになります。

 新高値数が日々3桁(できれば150以上)を
維持していれば、高値挑戦に何ら問題はありま
せん。逆に 5日平均が100を下回るような場面
では15年の例にもあったように軽い調整と見切
り、買いのチャンスでもあります。
サンプル4
110円割れの円高場面を抜け出す
配信日:2017年06月17日 08時36分
株価の下振れ懸念は薄らぐ

 下記のようにドル・円相場の24時間取引で
は連日110円を割り込んできましたが、その流
れが8日で止まりました。株価の頭を押さえて
いたのがドル・円相場の110円割れであったと
推定されるだけに霧が晴れたような感がありま
す。

      円の高値
 6/05 110.31円
 6/06 109.23
 6/07 109.12
 6/08 109.38
 6/09 109.87

 6/12 109.63
 6/13 109.91
 6/14 108.83
 6/15 109.40
 6/16 110.65

 同様のことは4月にも起こっていました。4月
時は(4/11~25)の11日連続で110円を割り込ん
でいました。この時は110円以下の円高場面を
脱してからは(4/25、19,079円)、連休を挟ん
で株価は9営業日で882円上昇しました。

海外勢再び買い姿勢か

 株高の背景には114.3円台まで円安が進んだ
こととそれをベースに海外勢が(現物+先物)
合計で2.49兆円買い越したことがありました。
 今回も更なる株高には円安の進展と海外勢の大
幅買い越しが必要になります。金曜日の空売り
比率が34.9%まで低下しており、海外勢が再び
買い越しに転じた可能性を示唆しています。先行
きに明るい材料です。来週も空売り比率が37%
前後あるいはそれ以下で推移するかどうか注目
ポイントです。
サンプル5
昨日起こった重要な変化
配信日:2017年06月16日 07時20分
111円に乗せれば、持つ意味は小さくはない

 昨晩、米国時間に1円以上ドル高・円安が進
みました。特別な材料が出たわけではなく、想
定通りの結果でFOMCを通過したことによる市
場の反応であったと考えられます。FOMCを境
に流れが変わる可能性について、言及してきま
したが、111円台に乗せることになれば、その
持つ意味は決して小さくはありません。

 足元での20日平均は110.72円で、3か月平
均は110.99円です。今日にもこれらの移動平
均を超える可能性が出てきました。20日平均
を超えれば、5/17以来でドル・円相場の局面
が変わることになります。

 今回の円高場面は5/10の114.37円から6/14
の108.83円で終わったことになり、年初から続
いている1か月リズムからはこれからの1か月
は円安気味で推移すると想定されます。株価の
2万円台固めから上値を追う時のリード役とし
ての役割が期待されます。

騰落レシオに調整終了感

 20日移動平均の騰落レシオは昨日100%を超
えました。100%以下は6/06~14の7日間で終
わりました。上昇基調下での調整は2週間で終
わる法則を裏付けています。加えて騰落レシオ
の1か月平均が3か月平均を再び上回ってきま
した。
 1か月平均104.6% 3か月平均102.0%

 近い将来ほど弱いという状況も脱したことに
なります。先高を示す状況証拠の一つです。

 昨日日経平均の終値は1か月平均を下回りま
したが、前回(5/29~31の3日間)同様今回も
1か月平均を下回る状況を短期で脱し、調整は
軽微で済むことになります。

 株価とドル・円の1か月リズムからは来月中
旬ごろまでは緩やかながらも円安・株高気味で
推移すると想定されます。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事