荒野浩の『テクニカル・ルームから』:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替口座振替
オーナー
レビュー
素晴らしいです。
荒野氏をMXTVで拝見し、明確な分析を根拠とした予想に感動し、ネット検索をしてこの情報配信を見つけました。3ヶ月お世話になっており...
2016/10/02 02:14  hara705
荒波を進む羅針盤
自分に欠けている客観的な分析を毎回教えていただき本当にありがたい。レポートを参考にして自身の相場観を鍛えています。これからも大...
2016/07/17 10:21  としちゃん
毎回楽しみにしています
荒野さんの説明は論理の飛躍が少なく理解し易いと感じています。1ヶ月移動平均値に25日ではなく20日を用いている理由の説明には目から鱗...
2016/05/13 08:39  kenichi
ファンダメンタルズとテクニカルで頭と尻尾...
テクニカルについては確かに騰落レシオ(20MA)や移動平均線(20MA)はネットに転がってませんが、 自分で場帳を付けExcelで計算すればいい...
2016/04/28 14:58  きしっち
騰落レシオのチャートはネットで見ると25...
20日で言われても、あんまり参考にできないです。25日で言っていただくことは出来ませんでしょうか? だめだとすると、ネット上だとどこ...
2016/03/16 23:02  ありくんです
サンプル1
二つの条件が崩れない限りは
配信日:2017年10月15日 08時30分
週明けも上値追いの勢いは残る

 気象現象のいくつかは二つ以上の条件が揃っ
て、始めて起こるそうです。株式市場でも同様
のことが起こります。
 タイトルの「二つの条件」とは
「20日で算出のRSIの80以上が継続するこ
と」と「5日線と20日線がどちらも上向きで、
終値>5日平均>20日平均という状態を維持
すること」です。
 上記二つの条件を維持できるのは値持ちがい
いからで、逆に値持ちがいい限りは二つの条件
は崩れないということになります。

RSI80以上

 RSIは20日合計の上昇幅計を変動幅計で割っ
て求めます。足元では10/04以降7日連続で
80台を維持しています。
 これはトランプ相場で10日連続(12/08~21)
で80以上を記録して以来のことです。この時は
12/20が年間高値で、ザラバ高値は12/21でし
た。80以上が途切れると、株価の勢いも止まる
ことになります。

5日↑ 20日↑ 終値>5日>20日

 上記の条件を9/28以降、11日連続で継続し
ています。これも昨年12月の11日連続
(12/07~21)以来のことです。
 この条件が崩れる時は終値が5日線を下回る
か、5日線が下向きに転じる時です。
 週末の終値は21,155円で、5日平均は20,901
円です。あと数日は上記条件を維持できるもの
と想定されます。

 RSI80台を維持し続けることのハードルは
決して低くはありません。週明けも上値を追う
余地は残っていると想定されます。
 が、足元の株価が天井圏にいることは確かで、
SQを通過したことも含めて、高値近しの時間
帯に入ったと考えています。
サンプル2
株価の勢いがある時間帯に変化
配信日:2017年10月14日 08時24分
絶え間なく、買いを入れる投資家?

 先週・今週と9営業日連続で年初来高値の更
新が続きました。予想以上の強さで金曜日には
あっさりと、21,000円を苦もなくクリアしまし
た。
 同じ高値追いを続けた2週間でも株価に勢い
がある時間帯が大きく異なりました。
 日経平均株価で

 A:寄り付きでの騰落幅(始値ー前日終値)
 B:前場の騰落幅(前場終値ー始値)
 C:後場の騰落幅(当日の終値―前場終値)

の三っつの時間帯に分けて、チェックしてみま
した。

        A B C
10月第1週 +278円 + 2円 + 54円
10月第2週 + 52円 +220円 +192円

 10月第1週の上昇幅334円のうち、83%に
あたる278円を寄り付きの段階で稼いでいまし
た。良好な外部環境が株価上昇のほとんどであ
ったことになります。日中取り引きの時間帯で
の上昇は大きくなかったことになります。

 ところが10月第2週は上昇幅464円のうち、
寄り付き段階での上昇寄与は11%にとどまっ
ており、前後場を問わず、取引時間中の上昇が
大きくなっています。最近では珍しい現象です。

 海外投資家と思われますが、取引時間中に絶
え間なく、買いを入れる投資家の存在が浮かび
上がります。

 9/08安値から1か月強を経過した日柄や、日
本株に影響力の大きいドル・円相場は10/06に
すでに円が安値を付けています。
 加えて今年に入ってからほとんどの月で転換
点となってきたSQ日が昨日でした。
 今回もSQ日前後では転換点を迎えるというの
をメインのシナリオとしてきましたが、先週の
値動きからは相場の勢いは来週に持ち越されそ
うです。

 明日は「二つの条件が崩れない限りは」、と
いうタイトルで、リポートしてみたいと思いま
す。あと1週間(?)程度上値を追う力は残っ
ているということになるだろうと思います。
サンプル3
業種別株価の動きも二極化
配信日:2017年10月13日 07時00分
騰落業種に明確な差

 日経平均株価は10/11に終値ベースで、15年
6/24の高値を更新し、昨日はザラバベースでも
高値を記録しました。
 日経500種の業種別株価指数(36業種)で高
値更新に寄与した業種をチェックしてみました。
15年6/24と17年10/11の2点間を比較してみ
た結果は下記の通りです。

(2桁以上の上昇業種)
 精密    +42.5%
 建設    +38.1%
 倉庫    +28.2%
 電機    +21.4%
 化学    +20.2%
 通信    +19.9%
 サービス  +18.4%
 石油    +14.9%
 陸運    +14.6%
 その他製造 +12.8%
 パルプ・紙 +10.4%

 10%以上上昇し、高値更新に寄与した業種
は11業種ですが、上昇した背景はそれぞれだ
ろうと思われますが、業界再編を含めて、構
造変化を成し遂げた業種。独自の高収益商品
を持つ業種。陸運・倉庫・建設のように時代
の流れにマッチした業種等があげられます。

 逆に10%以上下落し、足を引っ張った業種、
高値更新を遅らせた業種も下記のように10業種
あります。
 下記リストからはグローバルに競争力を失っ
た業種、低収益業種、構造変化の糸口をつかめ
ないでいる業種等であると考えられます。

(2桁以上の下落業種)
 造船     ▲38.1%
 電力     ▲28.5%
 証券     ▲26.1%
 鉱業     ▲24.0%
 銀行     ▲23.0%
 開運     ▲16.9%
 ガス     ▲14.2%
 輸送用機器  ▲13.8%
 不動産    ▲12.4%
 保険     ▲10.1%

 上記はこの2年間のパフォーマンスですが、
騰落業種の差は明確で、この流れは今後も続く
と考えられます。
 金融も含めて2ケタ下落業種が今後について
も平均を上回るパフォーマンスを上げるとは考
えにくいと思われれます。
 今後も2桁上昇業種から投資対象は選ぶべき
だと考えます。
サンプル4
騰落レシオ&RSIから
配信日:2017年10月12日 07時13分
指標は短期的には高値圏
     に到達していることを示している

 騰落レシオは(一定期間の)値上がり銘柄数
の合計を値下がり銘柄数の合計で除して求めま
す。物色銘柄の広がり、物色意欲の強さを測る
指標です。

 一方のRSIは(一定期間の)上昇幅の合計
を変動幅(上昇幅計+下落幅計)の合計で割っ
て求めます。株価の上昇度合い、上昇速度が分
かることになります。
 どちらも期間は20日で算出しています。

 騰落レシオが高水準を維持し、結果として値
動きに現れ、RSIも高まるという図式になり
ます。
 20日平均の騰落レシオが130%以上で、
RSIが80以上という条件を充足した日数をチ
ェックすると、過去3年では下記のようになっ
ています。

 2015年  9日
 2016年 10日
 2017年  7日

 いずれも株価が短期的には高値を記録した時
に起こっています。
 16年・17年の例を検証してみると、

(騰落レシオ130%以上
   &RSI80を充足した時)

(2016年)
 12/08~21 連続10日
 安値(11/09)から20日目が12/08
 ザラバ高値は12/21

(2017年)
 5/16・5/17の2日
 安値(4/14)から20日目が5/17
 ザラバ高値は5/16

 10/04~11 連続5日
 安値(9/08)から20日目が10/10

 安値から1か月が株価が上昇しやすい時間帯
と前にも述べましたが、上記のように安値から
1か月後には過熱的な状況になっていることが
多く見受けられます。足元でも同様のことが起
こっています。

 騰落レシオとRSIの水準からは短期的な視
点からは高値圏に到達していることは明らかで
す。2~3日のうちには足元での上昇相場は頂上
に達すると予想しています。
 高値到達後も相場は高値保ち合いの展開に移
ると想定され、下値不安は大きくはないと思わ
れます。
サンプル5
連続高値更新をチェックすると、
配信日:2017年10月11日 07時11分
連続高値更新は
    小幅な上昇の積み重ね

 日経平均株価は昨日で6日連続で年初来高値
更新となりました。
 この6日間の上昇幅の合計は467円で、1日
平均にすると78円と決して大きくはなく、小幅
な上昇を積み重ねている形となっています。相
場の底堅さ、堅調さを示しているとも考えられ
ます。
 連続高値更新ということになれば、米国株で
す。今年も何度か連続最高値更新を記録してい
るNYダウで高値更新をチェックしてみると、
以下の通りです。

(NYダウの連続高値更新の状況、ドル)
高値更新期間 日数 上昇幅計 1日平均
2/09~2/27 12日 +783  +65
7/26~8/07 9日 +504  +56
9/12~9/20 7日 +355  +50

 1日平均の上昇幅はNYダウでも50~60ドル
にとどまっており、高値更新の程度は大きくは
ないという現象が見られます。
 もう一つの特徴は連続高値更新が止まると、
次の高値更新までには時間がかかるという傾向
があります。(例、3/01から6/01まで3か月、
8/07から9/12までの期間は1か月強)
 昨晩、NYダウが最高値を更新してきたことは
特筆すべきかもしれません。

 日経平均の連続高値更新も2週間程度とする
なら、SQ週である、今週が一つの山になると考
えられます。短期的な視点からは高値は近いと
予想されます。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事