荒野浩の『テクニカル・ルームから』:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【GogoJungle】

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
レビュー
素晴らしいです。
荒野氏をMXTVで拝見し、明確な分析を根拠とした予想に感動し、ネット検索をしてこの情報配信を見つけました。3ヶ月お世話になっており...
2016/10/02 02:14  hara705
荒波を進む羅針盤
自分に欠けている客観的な分析を毎回教えていただき本当にありがたい。レポートを参考にして自身の相場観を鍛えています。これからも大...
2016/07/17 10:21  としちゃん
毎回楽しみにしています
荒野さんの説明は論理の飛躍が少なく理解し易いと感じています。1ヶ月移動平均値に25日ではなく20日を用いている理由の説明には目から鱗...
2016/05/13 08:39  kenichi
ファンダメンタルズとテクニカルで頭と尻尾...
テクニカルについては確かに騰落レシオ(20MA)や移動平均線(20MA)はネットに転がってませんが、 自分で場帳を付けExcelで計算すればいい...
2016/04/28 14:58  きしっち
騰落レシオのチャートはネットで見ると25...
20日で言われても、あんまり参考にできないです。25日で言っていただくことは出来ませんでしょうか? だめだとすると、ネット上だとどこ...
2016/03/16 23:02  ありくんです
サンプル1
日本株が上昇した時。今は
配信日:2018年01月21日 14時57分
海外勢の買い越しが持続し、
  円安の助けがなければ、株価は上がれない

 16年度下半期以降で日経平均株価が1,000円
以上値上がりした局面を点検してみました。下記
からも明らかなように株価上昇の背景は例外なく、
「海外勢の連続買い越し」と「円安」が同時に達
成されている時ということになります。

(日本株が上昇した時の
  海外勢の売買行動とドル・円相場の動き)

 安値    高値  日数  上昇幅
16年9/27~11/1
16,285円 17,473円 24日 +1,187円
海外勢 4週連続(10/3~28)+16,479億円
ドル・円 100.08(9/27)~105.53(10/28)

16年11/9~17年1/5
16,111円 19,615円 37日 +3,503円
海外勢 9週連続(11/7~1/06)+41,312億円
ドル・円 101.20(11/9)~118.66(12/15)

17年4/17~5/16
18,224円 19,998円 18日 +1,773円
海外勢 3週連続(4/24~5/12)+24,098億円
ドル・円 108.13(4/17)~114.37(5/10)

17年9/08~11/9
19,239円 23,382円 41日 +4,142円
海外勢 8週連続(9/11~11/2)+54,331億円
ドル・円 107.31(9/08)~114.73(11/6)

(注)高値・安値はザラバベース。
  海外勢の買い越し額は(現物+先物)

 年初からの株価は最初の3営業日で1,085円
上昇した後、勢いが止まっています。これは
1月第1週に2営業日で海外勢が6,809億円買
い越し、ドル・円相場も113円台であったこと
によるものです。

 ところが、第2週は1兆円を超える売り越し
となり、ドル・円相場も110円台と円高気味に
推移しています。上記の日本株上昇の条件をク
リアできていません。ここ2週間、株価の頭が
重い原因となっています。
 海外勢の行動、ドル・円相場に変化がなけれ
ば、上値は突き抜けられないと見込まれます。
サンプル2
米国政府機関閉鎖の影響
配信日:2018年01月21日 08時30分
短期的には影響も、長期化しなければ

 つなぎ予算が成立せず、米国政府機関閉鎖へ
と追い込まれる事態になりました。打開に向け
て努力は続けられていると思われますので、短
期での終息を期待したいところですが、対立点
が移民問題ということから解決は簡単ではない
のかもしれません。
 ただ過去においても政府機関閉鎖は十数回も
経験しているとのことで、重大視しなくてもよ
いのかもしれません。

 政府機関閉鎖は13年10月の16日間以来とい
うことですので、その時の日本株、ドル・円相
場への影響をチェックしてみると、上旬に円高、
株安が進みましたが、すぐに落ち着きを取り戻
し、月間を通しては大きくは影響を受けていな
かったことになります。長期化しなければ、影
響は軽微で済むと考えてよいと思われます。

(2013年(10月の例)
    日経平均   ドル・円
月初  14,484円   97.92円
高値  14,713(22) 98.40(15)
安値 13,853(07) 96.91(07)
月末 14,327 98.33
(注)カッコ内は日にち。

 今回の場合は為替の動きが気になります。円
売りポジションがたまっていることから、1ド
ル=110円を割り込むような動きになった場合、
円の買戻しによって、一気に円高が進んでしま
う懸念が出てきます。
 昨年の例でも1ドル=110円を割り込んだ場合
は株価が上昇するシナリオは消えてしまいます。
週明けのドル・円相場の動きが今週のポイント
です。
 110円を下回って、定着するよなことになれ
ば、上値が重い相場へと戻ってしまうことには
注意を要します。。
サンプル3
高値トライの余地は
配信日:2018年01月19日 19時43分
上に突き抜ける力は弱まっている。

 1月相場も半分(11営業日)を経過し、昨年末
との比較で日経平均は1,043円上昇しています。
年初3日での上昇幅1,085円を考慮すると、1/10
以降の8日では株価は上昇していないことになり
ます。しかもこの8日では終値が5日平均を上回
った日は3日で、5日は下回っています。

 前にも何度か書きましたが、保ち合い相場は5
日平均を出入りする相場という観点からは株価は
1月第2週から既に保ち合い相場に入っていたこ
とになります。

 基調を示す3か月平均が上向きで、1か月平
均の1か月前比較の傾きが上向きである局面で
は相場の方向性は「上」であり、足元はまだ上
昇局面にあることになります。
 この組み合わせがどちらも「上」である期間
は少なくとも1月いっぱいは続くことが見込ま
れます。その点からは上値を追う余地は残され
ていることになります。

24,000円をクリアするためには
     円安と海外勢の大幅な買い越し

 昨日も指摘しましたように上値を追う勢いは
新高値数や、1か月平均との乖離率からは弱ま
りつつあると思われます。
 日経平均は高値圏にあるだけに株価が上に突
き抜けるためには個別銘柄物色の結果として新
高値数は平均して、200を超えることが必要に
なります。昨日の新高値数は88どまりでした。
上値を追う力が弱まっている証拠です。

 24,000円台を近いうちに超えるためには円安
方向への展開と高値を買いあがる海外勢の大幅
買い越しが必要になります。
 1月第1週にわずか2営業日で(現物+先物)
合計で6,809億円買い越した海外勢が、1月第2
週には4営業日で1兆 72億円売り越したました。
海外勢の売買行動が上昇力を弱めたことになり
ます。

 1ドル=110円台に定着しつつあるドル・円相
場も気になります。昨年の例でも1ドル=110円
を割り込むと、株価は上昇できないからです。
 市場内部の指標では黄信号がともってきてい
るだけに外部環境頼みになってしまうのは仕方
がないということでしょうか。
サンプル4
高値圏での保ち合い相場に移行か
配信日:2018年01月19日 07時20分
昨年11月にも類似の経験

 昨日は寄りから24,000円台に乗せて始まりま
したが、大台を維持できずに結果として前日比
下落で取引を終えました。高値24,082円、安値
23,699円と日中値幅は385円まで拡大しました。

 我々は昨年11/9にも同様の経験をしています。
昨年一度だけ23,000円台に乗せた日ですが、
この日は高値23,382円、安値22,522円と値幅
860円と高値波乱となりました。その後、年末
までは23,000円が上値の壁となり、一度も超え
ることはできませんでした。
 気になるデータです。

強調相場の維持に警戒信号

 昨年11月には強い相場の証であったテクニカ
ル指標に微妙な変化が現れた時期でもありまし
た。
(昨年11/9前後の動き)

高値(終値)    11/07
高値(ザラバ)   11/09
20日平均の20日前
比較ピーク     11/10
20日平均に対する
乖離率+2%割れ  11/13
新高値20日平均
ピーク       11/09

 強調相場の証であった三つのテクニカル指標
が転換点を迎えた時期で、堅調相場から高値保
ち合いへと移行した時期になりました。

 足元でも昨年11月と同様の変化が現れつつ
あります。

高値(終値)      1/16
高値(ザラバ)     1/18
20日平均の20日前
比較          上昇中
20日平均に対する
乖離率+2%割れ     1/18
新高値数20日平均
ピーク          1/18

 相場の勢いを測る20日平均の20日前比較が
まだ上昇中であることは救いですが、上値を追
う力に黄信号が灯りつつあると考えられます。
来週中に大幅高があれば、別ですが、高値圏で
の保ち合い相場に移行しつつあることは想定し
ておきたい。

 当然のことながら、上値は重くなっても本格
的な下落相場に転じるわけではないので、保ち
合い相場での対応(逆張り)に舵を切っていく
タイミングに近づきつつあることを考えたい。

サンプル5
下がらない(下げない)強さ
配信日:2018年01月18日 07時29分
下げたら、買い

 110.19円まで進んだ円高が1ドル=110円を
割り込むことなしに111円を回復してきました。
昨日も書きましたように株価上昇の勢いを弱め
る障害であった一段の円高が一服したことはひ
とまず安心材料ということになります。

 年初来昨日まで9営業日を経過しましたが、
日経平均株価の騰落は5勝4敗でほぼ互角の星
取りです。ただ、4回の下げは終値ベースでみ
ると100円未満と大きな下げは経験していませ
ん。一方上昇5回のうち4回は3桁の上昇とな
っています。

(1/04~17)
  上昇幅計   下落幅計
 +1,383円 ▲279円

 これをRSI(上昇幅計÷騰落幅計)として算出
すると、83.2となります。上昇の勢いの強さ、
あるいは下げない相場の強さが明らかです。

強調相場の証

 (20日移動平均の20日前比較が上向き)で
(20日移動平均に対する乖離率が+2%超を維持)

の二つの条件を同時に満たしている状態を「強
調相場」とします。
 この「強調相場」は16年の11~12月、昨年の
9~11月にも見られた現象です。上記と同様に
期間中の騰落幅をチェックしてみると、

(16年11/10~12/20 28日 22勝6敗)
 上昇幅計  下落幅計  RSI
 +3,569円 ▲326円  91.6
(17年9/11~11/7 39日 32勝7敗)
 上昇幅計  下落幅計  RSI
+4,007円 ▲344円  92.1

 上記のように「強調相場」の二つの条件を充
足している状況下では下値は堅く、下げない強
さが明白です。今月中は「強調相場」が続く可
能性は高く、「下げたら、買いのチャンス」と
考えてよいと思われます。



関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事