荒野浩の『テクニカル・ルームから』:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【GogoJungle】

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
レビュー
素晴らしいです。
荒野氏をMXTVで拝見し、明確な分析を根拠とした予想に感動し、ネット検索をしてこの情報配信を見つけました。3ヶ月お世話になっており...
2016/10/02 02:14  hara705
荒波を進む羅針盤
自分に欠けている客観的な分析を毎回教えていただき本当にありがたい。レポートを参考にして自身の相場観を鍛えています。これからも大...
2016/07/17 10:21  としちゃん
毎回楽しみにしています
荒野さんの説明は論理の飛躍が少なく理解し易いと感じています。1ヶ月移動平均値に25日ではなく20日を用いている理由の説明には目から鱗...
2016/05/13 08:39  kenichi
ファンダメンタルズとテクニカルで頭と尻尾...
テクニカルについては確かに騰落レシオ(20MA)や移動平均線(20MA)はネットに転がってませんが、 自分で場帳を付けExcelで計算すればいい...
2016/04/28 14:58  きしっち
騰落レシオのチャートはネットで見ると25...
20日で言われても、あんまり参考にできないです。25日で言っていただくことは出来ませんでしょうか? だめだとすると、ネット上だとどこ...
2016/03/16 23:02  ありくんです
サンプル1
底値を見極めるためのいくつかの指標
配信日:2018年02月15日 10時02分
多くの指標は底値を示唆

 株価が短期急落した時はテクニカル指標に
「売られ過ぎ」を示唆する指標がいくつか点灯
します。底値を見極めるために常時チェックし
ている指標を見てみました。

(底値を特定するための指標)

 株価安値        2/14
(ザラバ)        2/14
 円高値         2/15
           106.03円
(5日平均)       2/15
           108.04円
新高値数         2/13
(5日平均)        19
新安値数         2/15
(5日平均)       134
空売り比率        2/15
(5日平均)       45.7%
騰落レシオ(20日)   2/15
(5日平均)       73.6%
日経平均VI        2/13
(5日平均)       32.0

 上記の指標は昨年の4/14や9/08の安値
をピンポイントで特定するために有効であった
指標です。
 足元では(すべて5日平均)変動率指数
はピークを付け、新高値数はボトムを付け、新
安値数はほぼピークを付けています。騰落レシ
オはほぼボトム水準で、空売り比率もこれ以上
高まることはなさそうです。

 このように市場内部指標は株価が底値に到達
したことを示していますが、ただ一つ円高進展
だけが止まっていません。

 米国株の戻りに比べて、日本株の戻りが鈍い
要因はこの円高に起因すると考えられます。夜
間に106円ぎりぎりまで円高が進展しています
が、12月中旬の113円台後半から、円高の期間
2か月、変動幅は7.7円に達しています。時間・
変動幅からは円高が一服しても自然な流れだと
考えます。

 円高が止まりさえすれば、株価の戻りに勢い
がつくと考えます。株価は底値に届いたと見込
まれますが、底値圏を脱するにはもう少し時間
が必要ということだろうと思われます。
サンプル2
(対ドルでの)円高への振れ幅は7円?
配信日:2018年02月14日 18時59分
円高一巡?

 昨日は円高が株価の戻りの勢いをそいでしま
うことに触れましたが、ここ1年のドル・円相
場の円高への振れ幅の平均的な姿からは円の高
値は近いのかもしれません。

 一昨年12月に円が118.66円で安値を付けて以
降、円高への振れは4回あり、足元の円高は5回
目ですが、一つの傾向があるようです。下記は
円の安値から高値までの変動幅です。

(円の高値から安値まで)
 安値      高値   変動幅
(16~17年)
118.66(12/15) 111.59(2/07) 7.07
(17年)
115.51(03/10) 108.13(4/17) 7.38
114.37(05/10) 108.83(6/14) 5.54
114.49(07/11) 107.32(9/08) 7.17
(17~18年)
113.74(12/12) 106.72(2/14) 7.02

 円高の期間は1~2か月の範囲に収まってい
ます。円高への振れ幅も昨年5~6月のケース
を除けば、7円強となっています。
 足元でもドル・円相場は2か月で7円の円高
となっています。今回のサイクルでのドル安・
円高は到達点に近づきつつあると考えてもよい
のかもしれません。

 昨日も指摘しましたように日本株の戻りの勢
いは為替相場次第で、円高が一巡という前提で
行けば、底値確認から、株価は戻りを試す場面
に入ったといえると思われます。
 
サンプル3
円高が株価の戻りを押さえてしまう?
配信日:2018年02月14日 07時30分
株価の戻りには円安への反転が必要

 ドル・円相場は5か月ぶりに1ドル=107円台
の円高を記録しました。昨年9月の場合は1ド
ル=107円台は株価が安値を付けた9/08、1日
だけでしたが、足元では1日で終わらず、今日
で2日目ですし、さらに円高のリスクが残って
います。

 昨日の夜間取引で先物は20,900円まで売ら
れましたが、終値では21,190円まで戻ってい
ます。1ドル=107円台の円高に一応耐えたこ
とになります。

 昨日現在のドル・円相場の短期の移動平均価
格は下記のようになっています。

(ドル・円相場、移動平均価格)
  5日  108.90円
 10日  109.12
 20日  109.66

 これら短期の移動平均がドルの頭を押さえて
いることになります。短期的にはドル高・円安
へのシナリオは描きにくくなっています。

 昨年9月の場合は107円台まで円高が進んだ
後、2営業日後には110円台に戻っており、株
価の戻りをサポートしました。

 株価は底値圏に届きつつあると思いますが、
戻りに勢いを与えるには円安の助けが必要とな
ります。株価が底値を確認できたとしても、
107円台から、さらに円高ということになれば、
株価は底を這うことを余儀なくされてしまいま
す。

 日本株の戻りを取るためには為替相場の反転
待ちで、買い急ぐ必要はないということになっ
てしまいますが。
サンプル4
安値時の投資指標
配信日:2018年02月13日 07時38分
PBR1.2倍が底値?

 変動率や空売り比率などテクニカル要素は底
値に届きつつあることを示していると申してき
ましたが、PER/PBRなどファンダメンタルズ指
標からも探ってみたいと思います。

(安値時のPER・PBR、16~18年)
       株価   PER(予)  PBR
16年2/12 14,952円 12.97倍 0.99倍

 〃6/24 14,952 12.62 1.03

17年4/14 18,335 15.38 1.21

〃 9/08 19,274 13.69 1.22

18年2/09 21,382 13.08 1.23

 16年当時は大幅な円高や原油安の影響を受け、
先行き不安の環境下にあったことから、解散価
値といわれるPBR1倍程度まで株価は売られま
したが、ファンダメンタルズが改善した17年の
安値時にはPBR1.2倍で株価は下げ止まって
います。

 グローバルに好景気が続いており、我が国企
業の業績は史上最高益を継続しています。17年
同様PBR1.2倍を一つの目安としてよいと考
えます。
 結果としてのPER13倍もほぼ底値圏と考えら
れます。今月に入ってから、日経平均ベースの
1株当たり利益は100円上方修正されています。

 この好調な業績が下値を支えてくれるとも考
えられ、2/06(21,078円)、2/09(21,119円)
のザラバ安値を底値の目安と考えます。
 21,000円台前半は売り急いではいけない株価
水準ということになります。

サンプル5
高水準の空売り比率は底が近いことを示唆
配信日:2018年02月12日 08時50分
空売り比率(5日平均)の42%超は
          底入れのタイミング

 昨日は変動率の急上昇が株価の底入れが近い
ことを指摘しましたが、同様のことが売り圧力
の高まりを示す空売り比率からみても当てはま
ります。

 日々ベースの空売り比率でみると、2/09
46.1%、2/08 45.7%と史上2位、3位の高
さを記録しています。5日移動平均でみても、
43.9%と過去最高水準になっています。
 
 空売り比率の5日平均が42%を超えると、株
価は例外なく、安値を付けています。空売り比
率(5日平均)が42%を超えたのは16年に19回、
17年に11回ありましたが、そのうち、1週間以
上、連続して42%を超えたのは過去に3回のみ
で、足元は4回目です。過去3回は安値を記録
しています。

(空売り比率(5日平均)42%
       以上が1週間以上)
42%超の期間 日数   ピーク   安値
16年8/19~26 6日 8/24 43.3% 8/26
17年4/06~12 5日 4/10 43.4% 4/14
17年9/05~11 5日 9/08 43.2% 9/08
18年2/06~09 6日 2/09 43.9% 2/09

 今週中には空売り比率(5日平均)もピークを
付けると想定されます。変動率ががピークを付
け、空売り比率も最高ということになれば、株
価が安値を付ける確率は高まります。今回の急
落場面での底は近いと考えます。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事