荒野浩の『テクニカル・ルームから』:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替口座振替
オーナー
レビュー
素晴らしいです。
荒野氏をMXTVで拝見し、明確な分析を根拠とした予想に感動し、ネット検索をしてこの情報配信を見つけました。3ヶ月お世話になっており...
2016/10/02 02:14  hara705
荒波を進む羅針盤
自分に欠けている客観的な分析を毎回教えていただき本当にありがたい。レポートを参考にして自身の相場観を鍛えています。これからも大...
2016/07/17 10:21  としちゃん
毎回楽しみにしています
荒野さんの説明は論理の飛躍が少なく理解し易いと感じています。1ヶ月移動平均値に25日ではなく20日を用いている理由の説明には目から鱗...
2016/05/13 08:39  kenichi
ファンダメンタルズとテクニカルで頭と尻尾...
テクニカルについては確かに騰落レシオ(20MA)や移動平均線(20MA)はネットに転がってませんが、 自分で場帳を付けExcelで計算すればいい...
2016/04/28 14:58  きしっち
騰落レシオのチャートはネットで見ると25...
20日で言われても、あんまり参考にできないです。25日で言っていただくことは出来ませんでしょうか? だめだとすると、ネット上だとどこ...
2016/03/16 23:02  ありくんです
サンプル1
買い方は苦境?
配信日:2017年08月16日 07時32分
昨日は買戻しで上昇しましたが

 昨日の日経平均株価は前日比で+216円
(+1.11%)と大幅に上昇しました。前日比
1%を超える上昇は2万円台に乗せた6/02
(+1.60%)以来のことでした。
 前々日まで北朝鮮リスクを売り込んでいた短
期筋が買い戻しに走ったことによるもので、そ
れも午前中に終わった印象があります。持続性
という点では疑問符が付く上昇であったことに
なります。今日は再び動きが小さい相場に戻る
ことが想定されます。

売り方には余裕

 信用取引の評価損益率をチェックしてみると、
保ち合い相場が続いた5月以降の買い方・売り
方の評価損益率は下記の範囲で推移してきまし
た。

(5/12~8/04,13週間の評価損益率)
         評価損益率
 買い方  ▲6.42~▲9.24%
 売り方  +1.55~▲3.55%

 最新データ(8/04)では買い方▲9.20%、
売り方▲0.33%となっており、足元では買い
方の評価損率は10%を超え、売り方の評価はプ
ラスに転じていると推定されます。

 買い方の評価損率2桁は昨年年初からトラン
プ相場がスタートする11/11まで続いた記録が
あります。この期間は年間高値を更新できなか
った期間と重なります。

 評価損を多く抱えた投資家の存在は株価の頭
を重くします。足元では19,900円台を走ってい
る1か月線や3か月線が戻りの壁になることが
懸念されます。
サンプル2
下値模索を示唆する現象
配信日:2017年08月15日 07時23分
中期線を下回る

 昨日は終値ベースで先週の3か月線に続いて、
100日線も6か月線も下回りました。日経平均
株価が安値を付けた4月には終値が100日線を
下回った日数は17日で、6か月線を下回った
日数は10日でした。この2本の中期線が株価
の頭を押さえることになるとデータは示してい
ます。
 4月には下回らなかった200日線を今回も
守れるかどうかも注目ポイントです。

(8/14の株価水準)
          株価
 1か月平均  19,971円
 3か月平均  19,969円
  5日平均  19,811円
100日平均  19,624円
 6か月平均  19,588円
   終値   19,537円
200日平均  19,198円
  1年平均  18,740円

調整場面入りを示唆?

 昨日は調整相場入りを示唆するような現象が
相次ぎました。以下にそれを列挙しました。

新高値数と新安値数が逆転
 新高値数 66  新安値数 118
 5/18以来のことで、新高値数の2桁は3日
 連続で、高値圏から離れつつあることを示
 しています。

新安値数が3桁
 ザラバ安値を付けた4/17の400以来。
 新安値数の3桁が続くようであれば、
 下値模索。

空売り比率40%超が3日連続
 4/21までの5日連続以来。
 空売り比率40%超は株価下落につなが
 ります。

1か月移動平均の騰落レシオが100%割れ
 6/14以来のこと

 上記の現象が継続するようであれば、下値模
索から株価下落につながることになります。
上記の指標はこれから2~3週間、分析上、
重視したい指標ということになります。
サンプル3
売り圧力の強さは。
配信日:2017年08月14日 07時25分
空売り比率と騰落レシオで測る売り圧力

 株価は調整場面を迎えていると考えられます。
売り圧力の強弱の度合いが株価下落の程度を決
めることになります。
 売り圧力を測る指標としては空売り比率と騰
落レシオが考えられます。

 今年の調整場面であった3~4月においては
週平均の空売り比率で3月の最終週から4月第
3週まで40%を上回っていました。
 1か月平均の騰落レシオは20日間連続で
100%を下回り、最低は59.9%でした。

 足元での空売り比率は8/09(41.6%) 8/10
(41.0%)と連続して40%を超えてきています。
40%超えが継続するかどうかが当面の分析の
ポイントです。
 一方の1か月平均の騰落レシオは週末時点で
まだ105.6%と100%台を維持していますが、
今週には100%を割り込んでくると考えられま
す。
 空売り比率(5日平均)の40%台と1か月平
均の騰落レシオの100%割れが同時に進行して
いる時は株価の調整が継続中と判断できます。
 1か月平均の騰落レシオの底≒株価の底です。
それまでは株価が戻る場面では「戻り売り」で
対処したいと思います。
サンプル4
株価の谷の深さはドル・円相場次第
配信日:2017年08月13日 08時00分
ドル・円相場のサイクル

 今年に入ってからのドル・円相場の円高場面
の期間、騰落幅を示しました。

(円高場面)
  期間     日数  変動幅
 1/03~2/07  25日 ▲7.01円
 3/10~4/17  26日 ▲7.38円
 5/10~6/14  25日 ▲5.54円
 7/11~8/11  23日 ▲5.79円

 足元は7/11の114.49円をドル高、円安のピ
ークにしての円高の方向にあります。今年のリ
ズムからは日柄は25~6日に集中しており、値
幅も含めてドル安、円高の最終場面に入りつつ
あると考えられます。

 問題は4月(108.13円)、6月(108.83円)
に次いで108円台を記録していることです。
円高期間が拡大し、今年の円の高値を更新する
ようなことになれば、株価の谷が深くなる懸念
が出てきます。

株価が下落基調では円高も進んでしまう?

 日経平均株価の3か月線は先週、ピークを打
ち、株価は下落基調にあります。
 3月中旬から4月中旬にかけて、足元と同様
に株価は下落基調にありましたが、上記のよう
にその時には円高が同時進行していました。

 株価の調整程度はここからどこまで円高が進
むかにかかっています。
 8月下旬のジャクソンホールから9月の米・
FOMCへの金融イベントの中でドル金利が低
下するようなことになれば、9月上中旬に向か
って、株価は下値を模索することになります。
サンプル5
ミニデッドクロス(DC)状態が長期化
配信日:2017年08月12日 09時21分
下落相場入り、戻りは売りの局面に

 ミニDC状態を解消できないでいたところで
の大幅安から、調整は長引く傾向を示していま
す。ミニDC状態は7/18から持続しており、
既に18日を経過しています。これは3~4月
の調整時(3/23~4/25)の24日を上回る可能性
が出てきています。

 週末の日経平均の先物価格は19,300円台まで
低下しています。この水準は100日平均や6か
月平均も下回る価格です。
           価格
 100日平均  19,624円
 6か月平均   19,586円

 19,600円台前後を走っているこの中期線の
水準で、調整の間株価の頭を押さえられること
になります。
 19,600円台は1~3月の保ち合い相場での
ザラバ高値で6回記録した水準でもあります。

 3か月線の傾きが下向きに変わり、下落相場
入りで、戻りは売りの局面に入ったと申し上げ
ました。
 3~4月の例で、3か月線がピークアウトし、
安値を付けるまで(3/21~4/14)の日々の前日比
騰落幅を順を追ってチェックしてみました。

(3/21~4/14)
 前日比下落幅       前日比上昇幅
▲65円 ▲414円  →  +43円 +177円

▲276円      →   +217円 +14円

▲154円 ▲153円 →   +73円

▲172円      →   +51円

▲264円      →   +67円 +133円

▲50円 ▲195円 ▲125円 ▲91円

 下落場面でも戻る日はありますが、戻りは
2日までで、直前下落分を埋めたことはありま
せん。「戻りは売り」は明らかです。
 安値を確認できるまでは「戻りは売り」に徹
したいと思います。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事