荒野浩の『テクニカル・ルームから』:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【GogoJungle】

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
レビュー
素晴らしいです。
荒野氏をMXTVで拝見し、明確な分析を根拠とした予想に感動し、ネット検索をしてこの情報配信を見つけました。3ヶ月お世話になっており...
2016/10/02 02:14  hara705
荒波を進む羅針盤
自分に欠けている客観的な分析を毎回教えていただき本当にありがたい。レポートを参考にして自身の相場観を鍛えています。これからも大...
2016/07/17 10:21  としちゃん
毎回楽しみにしています
荒野さんの説明は論理の飛躍が少なく理解し易いと感じています。1ヶ月移動平均値に25日ではなく20日を用いている理由の説明には目から鱗...
2016/05/13 08:39  kenichi
ファンダメンタルズとテクニカルで頭と尻尾...
テクニカルについては確かに騰落レシオ(20MA)や移動平均線(20MA)はネットに転がってませんが、 自分で場帳を付けExcelで計算すればいい...
2016/04/28 14:58  きしっち
騰落レシオのチャートはネットで見ると25...
20日で言われても、あんまり参考にできないです。25日で言っていただくことは出来ませんでしょうか? だめだとすると、ネット上だとどこ...
2016/03/16 23:02  ありくんです
サンプル1
空売り比率を基準に(2)
配信日:2017年11月23日 16時20分
空売り比率(5日平均)が40%
  を超えると安値を付けるという関係

 今年年初から、空売り比率(5日平均)が40%
を超えた場面を下表に示しました。16連騰の後で、
売り手に焦りが感じられた10月末を除けば、空
売り比率の5日平均が40%を超えた時には例外
なく安値を記録しています。

(空売り比率(5日平均)が40%を超えた場面)
  期間       日数  ザラバ安値
1/18・19    2日   1/18
2/03~08    4日   2/07
3/31~4/24  17日   4/17
8/14~9/12  22日   9/08
10/31~11/1  3日    ―
11/10~24   10日  11/16

 問題は足元の展開です。昨日まで5日平均が
40%を超えていますが、11/24には40.4%ま
で下がってきています。週明け次第では空売り
比率の5日平均が40%を下回ってきます。
 そうなれば11/16のザラバ安値21,972円が
今回の調整の安値であったことになります。
調整が終わったかどうかの判断は来週にできる
ことになります。

海外勢の売買行動を推定する
    指標としての空売り比率

 海外投資家の売買差額は前週分が4営業日後
に公表されるということでリアルタイムで把握
することには困難を伴います。
 海外勢の売買行動を推定するのには日々公表
される空売り比率が有効な場合があります。

(海外勢が持続的に買い越した時の空売り比率)
(2016~17年)
  買い越し期間   買い越し額  空売り
                  比率
10/03~10/28 4週 1兆6,479億円 37.7%
11/07~01/06 9週 4兆1,313億円 37.0%
04/24~05/12 3週 2兆4,908億円 37.1%
09/11~11/02 8週 5兆4,331億円 38.4%
(注)買い越し額:(現物+先物)

 海外勢が連続して、大きく買い越した時の空
売り比率は37%から38%台前半になっています。
 空売りの過半は海外投資家と推定され、空売
り比率が40%を超えているような場面では海外
勢が買い越していることはなく、上記のように
37%台では買い越しているケースが認められま
す。

 株価の上昇が加速するためには海外勢が大き
く買い越すことが必要であり、空売り比率が
40%を超えている場面では難しくなります。
 来週のポイントは空売り比率がどの程度低下
するかにかかっているといっても過言ではあり
ません。
サンプル2
空売り比率を基準に(1)
配信日:2017年11月23日 16時16分
円高時には売り圧力が強まる

 ドル・円相場は111円ぎりぎりと9月中旬以
来の円高水準になっています。5日移動平均の
傾きは昨日も指摘しましたように11/8をドル高
のピークに円高方向で推移しています。

 5日平均が円高に転じてから10営業日を経過
していますが、この間の空売り比率の平均は
41.4%と極めて高い水準になっています。円高
で強い売り圧力ということになれば、株価の頭
を押さえることは明らかです。

 今年の円高場面での空売り比率の水準をチェ
ックしてみました。

 (ドル・円相場の5日平均
          が下向き=円高の時)
   円高期間    空売り比率
 1/04~2/09  38.9%
 3/15~4/20  40.4%
 5/15~6/12  37.8%
 7/11~9/11  40.1%
11/8~11/22  41.4%

 円高でも5~6月のように売り圧力が強まら
ず、株価もほとんど下げていない時もあります
が、円高で空売り比率の平均が40%を上回った
時は4月安値や9月安値を付けたように株価は
大きく下落しています。

 4月と9月に安値を付けた時には110円を下
回る円高の日が4月には11日、8~9月には29
日ありました。
 今回の円高場面では空売り比率は高い水準で
推移しており、更に110円を割り込むような円
高ということになれば、下値模索が懸念されま
す。

 いずれにしても円高で高い空売り比率が持続
する限りは株価が上昇する期待は持てないこと
になります。あと2~3週間は頭の重い展開が予
想され、円高の水準次第では更なる株価下落も
覚悟しなければならないということになります。
サンプル3
ドル・円相場の短期線の傾きと株価の方向性は一致
配信日:2017年11月23日 10時03分
(タイトルの漢字に間違いがありました。
再送します。短期戦→短期線)

調整気味の保ち合い相場が続く

 下表に示したようにドル・円相場の5日平均
及び10日平均と日経平均株価の天・底、方向
性はほぼ一致しています。
 足元では11/08に5日平均、10日平均ともに
ドル高、円安が頭を打ち、株価も11/07に高値
を付け、円高・株安の傾きになっています。

     (ドル・円相場)
    5日平均 10日平均  日経平均
 天  1/04   1/04  1/04
     ↓26日      ↓    ↓
 底  2/09   2/13  2/09
     ↑      ↑    ↑
 天  3/15   3/15  3/13
     ↓26日      ↓    ↓
 底  4/20   4/25  4/14
     ↑      ↑    ↑
 天  5/15   5/17  5/11
     ↓20日      ↓    ↓
 底  6/12   6/16  6/15
     ↑      ↑    ↑
 天  7/11   7/15  7/11
     ↓43日      ↓    ↓
 底  9/11   9/11  9/08
     ↑      ↑    ↑
 天  11/8   11/8  11/7 
     ↓      ↓    ↓

(注)↓ は円高・株安。↑ は円安・株高

 5日平均でみると、今年に入ってからの円高
場面は1~2か月続いています。
 昨晩のNY時間の取引では111.14円まで円高が
進んでいます。もう少し円高場面は継続すると
想定されます。

 4月、9月に株価が安値を付ける過程では円
が安値を付けた直後は株価は調整気味の保ち合
い相場の展開となり、ドル・円相場が110円を
割り込んだ時に下値模索と変わり、株価は安値
を記録しています。

 円高気味の推移はあと2~3週間は続くと予
想され、株価の底の深さはドル・円相場が110
円を割り込むかどうかにかかっていると思われ
ます。

 上がりにくい米国金利と投機筋の円売りポジ
ションが4年ぶりの高さになっていることを考
えれば、円高のリスクは高まっています。
 来月のSQ算出日(12/8)ごろまでは株価も軟
調な展開を前提に戦略を練りたい。
サンプル4
ドル・円相場の短期戦の傾きと株価の方向性は一致
配信日:2017年11月23日 09時19分
調整気味の保ち合い相場が続く

 下表に示したようにドル・円相場の5日平均
及び10日平均と日経平均株価の天・底、方向
性はほぼ一致しています。
 足元では11/08に5日平均、10日平均ともに
ドル高、円安が頭を打ち、株価も11/07に高値
を付け、円高・株安の傾きになっています。

     (ドル・円相場)
    5日平均 10日平均  日経平均
 天  1/04   1/04  1/04
     ↓26日      ↓    ↓
 底  2/09   2/13  2/09
     ↑      ↑    ↑
 天  3/15   3/15  3/13
     ↓26日      ↓    ↓
 底  4/20   4/25  4/14
     ↑      ↑    ↑
 天  5/15   5/17  5/11
     ↓20日      ↓    ↓
 底  6/12   6/16  6/15
     ↑      ↑    ↑
 天  7/11   7/15  7/11
     ↓43日      ↓    ↓
 底  9/11   9/11  9/08
     ↑      ↑    ↑
 天  11/8   11/8  11/7 
     ↓      ↓    ↓

(注)↓ は円高・株安。↑ は円安・株高

 5日平均でみると、今年に入ってからの円高
場面は1~2か月続いています。
 昨晩のNY時間の取引では111.14円まで円高が
進んでいます。もう少し円高場面は継続すると
想定されます。

 4月、9月に株価が安値を付ける過程では円
が安値を付けた直後は株価は調整気味の保ち合
い相場の展開となり、ドル・円相場が110円を
割り込んだ時に下値模索と変わり、株価は安値
を記録しています。

 円高気味の推移はあと2~3週間は続くと予
想され、株価の底の深さはドル・円相場が110
円を割り込むかどうかにかかっていると思われ
ます。

 上がりにくい米国金利と投機筋の円売りポジ
ションが4年ぶりの高さになっていることを考
えれば、円高のリスクは高まっています。
 来月のSQ算出日(12/8)ごろまでは株価も軟
調な展開を前提に戦略を練りたい。
サンプル5
足元でのチェックポイント
配信日:2017年11月22日 07時13分
保ち合いの展開に

 先週10週ぶりに株価は下落した後、今週に入
ってからは日中取引では陰線で、夜間取引は陽
線という形で、再び外部環境、特に欧米株価に
左右されやすい展開に戻ってしまっています。
 株価の先行きを占ううえで、いつも以上にチ
ェックすべきポイントを箇条書きにしてみまし
た。

(短期線との絡み方)
 昨日現在の5日平均は22,290円、20日平均
は22,320円で、デッドクロス状態にあります。
今日はまた5日>20日に戻りますが、今月に
入ってから、終値が5日線を上回ったのが8日
で、下回ったのが6日と典型的な保ち合い相場
の展開になっています。方向性が明確になるの
にはもう少し日柄が必要になると思われます。

(円高気味のドル・円相場)
 月曜日・火曜日と111~112円台での動きと
なっており、短期線も円高方向への傾きになっ
ています。しかも円売りポジションが今年の最
高レベルになっており、何かのきっかけでは買
戻しが円の急上昇を招く懸念を孕んでいます。
株価の頭を重くする材料です。

(高水準の空売り比率)
 空売り比率の5日平均は11/10以降、40%を
超えたままで、売り圧力の強さが持続していま
す。高水準の空売り比率は海外勢の売買動向を
示唆するものでもあり、空売り比率の低下、海
外勢の買い越しの復活が待たれます。

(高い変動率)
 日経平均の日中値幅はまだ拡大中です。変動
率の高まりは株価の下振れ時に起こるのが普通
であり、値幅の拡大が一日も早く落ち着くこと
が最低条件です。

 上記のチェックポイントはすべて株価の頭を
押さえる方向に効いています。これらに変化が
出てくることが必要であり、変化がなければ、
上下に振れても株価は保ち合い商状が継続する
ことになります。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事