Mrデリバティブの ズバリ先読み!日経225勝利への着眼点:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替口座振替
レビュー
ひまわり証券からのファンです。 この内容で4500円はお買い得だと思います。
2017/04/25 22:55  yamada
冷静になり、やれることをやり続けたら・・...
オプションデビューのこの春、勉強だと理由をつけて自力で始めてスタート時の証拠金は250万から150万に目減りしました。 やはりオ...
2016/11/25 16:22  五右衛門
Mrデリバティブ
よく材料について長々と分析するアナリストがおられますが後講釈のように受け取れます。この点Mrデリバティブはご自身が取引されている...
2016/08/01 11:12  五角不比等
サンプル1
10/13夜 米国株は今夜も堅調 ドル円は112円割れだが、今の日本株は気にしないでしょう
配信日:2017年10月14日 01時18分
01時の日経先物は21155円で30円高の21190円。相変わらずNYダウとナスダックは上げており、今晩は崩れる気配がありません。この調子だと来週の日本株もプラスで始まりそうです。10連騰目ですから全くもって怖い相場でもあります。



変化があったのはドル円で21時半の経済指標が悪く112円を割れ瞬間112.70円割れもありました。前から書いていたように、112円割れは絶好の買い場と考えていたので、我々はしこたまドルを買い込んで112円手前まで戻したところで利食いをして終了。そのあとは週末ということもあって112円まで戻せないドル円もやむなしといったところでしょう。当然米10年債の利回りも低下で、12月利上げ確率は95%になってきていますので、今日の指標で多少予想確率が下がるかも知れません。



この程度の円高気味の動きであれば、全く「今の日本株」は気にしないでしょう。月曜日もプラスの場面はありそうですが、今晩はさすがにコールオプションの反応は悪くなって前日比プラスを維持できなくなってきました。そうそう上がりっ放しはないのは当たり前のことで、上昇が止まったあとの反動(選挙後)はやはり注意でしょうね。ポジション的にはややデルタをプラスにして上昇による利益も取りながら、一方でディープアウトのプットの時間価値の減少もしっかりいただける、悪くない展開であります。



(1)225は20400円で短期買いトレンド↑(現在21155円 +755円)

売り転換は20721円

(2)TOPIXは1676Pで短期買いトレンド↑(現在1708P +32P)

売り転換は1683P

(3)NYダウは22372ドルで短期買いトレンド↑(現在22877ドル +505ドル)

売り転換は22730ドル

(4)ナスダックは6449Pで短期買いトレンド↑(現在6610P +161P)

売り転換は6561P

(5)ドル円は112.32円で短期売りトレンド↓(現在111.86円 +0.48円)

買い転換は112.83円

(6)原油は51.22ドルで短期買いトレンド↑(現在51.46ドル +0.24ドル)

売り転換は49.10ドル



オプション

今日はボラが上昇して引けましたが、来週は必ず相場は止まるはずで、プレミアムは溶けると思います。




11月限 22500コール 買い

11月限 22000コール 売り



11月限 20000プット 買い



11月限 18875プット 売り増し





サンプル2
恐れ入った9連騰での200円高 ドル円が112円割れも為替を気にせず買ってきた仕掛けの買いが成功
配信日:2017年10月13日 15時51分
大引けの日経平均は21155円で200円高。21080円からの先物の買い仕掛けで21110円を抜けてからは大引けまで一回も下回らず21160円で大引けました。先物主導し仕掛けられ、それに伴って裁定買いが入って指数を押し上げましたが、全くもって恐れいった相場の動きでした。



本日で9連騰となり、まともなら今日で終わりのはず?ですが、今日の余計な買い仕掛けが何を考えて行われたものなのか不明ですし、長~い上髭を引いたわけでもなくやや押し戻された程度で踏みとどまっていますので、本日で目先の天井とも言い切れない感じでしょうか。アベノミクス後の高値超えていますので、戻りの目途としては、4-6月の安値からの上げ幅2100円ですから、9月SQから2100円上げた21300~21400円付近までは見ておく必要はありそうです。連騰で来ていますのでどの位の時間経過で到達するかは読みづらいです。よくわからない時はポジションを傾けず、そして値動きに動じず保守的にポジションを積んでいくしかないでしょう。思い切ってバサッとポジションを傾けてしまうと、迷いが生じますので注意です。



ドル円が112円を割れてきていますので、どこまで押すのか注目です。大した押し目にはならない、ここは押し目買いチャンスとみます。我々も112円割れからドル円の買いを仕込み始めました。ナンピン買い下がりをしていきます。夜の米指標で突っ込めばさらに買い増しの予定です。



(1)225は20400円で短期買いトレンド↑(現在21155円 +755円)

売り転換は20721円

(2)TOPIXは1676Pで短期買いトレンド↑(現在1708P +32P)

売り転換は1683P

(3)NYダウは22372ドルで短期買いトレンド↑(現在22841ドル +469ドル)

売り転換は22730ドル

(4)ナスダックは6449Pで短期買いトレンド↑(現在6591P +142P)

売り転換は6561P

(5)ドル円は112.32円で短期売りトレンド↓(現在112.20円 +0.12円)

買い転換は112.83円

(6)原油は51.22ドルで短期買いトレンド↑(現在50.82ドル -0.40ドル)

売り転換は49.10ドル



オプション

確率へ変動モードで早い値動きになりましたので、18875Pを数枚売り増ししだけでした。




11月限 22500コール 買い

11月限 22000コール 売り



11月限 20000プット 買い



11月限 18875プット 売り増し





サンプル3
日経平均は9連騰目 下げるとすれば週末手控えの後場からか 前場で日銀ETF買いが入る下げ幅となるか注目
配信日:2017年10月13日 10時08分
10時の日経平均は20962円で7円高。TOPIXは2P安。未だ冷めやらず。米株式市場は小幅に下げ、ドル円も112.20円近辺ですが、未だ熱冷めやらず。



SQはファストリが買い気配も神戸鋼が売り気配で寄り付き、平穏な着地の20957円でした。後場からの日銀ETF買いが意識できるTOPIX5P安が前場の攻防でしょう。後場からの値動きが重要で前場から売買することもないでしょう。



(1)225は20400円で短期買いトレンド↑(現在20955円 +555円)

売り転換は20721円

(2)TOPIXは1676Pで短期買いトレンド↑(現在1696P +20P)

売り転換は1683P

(3)NYダウは22372ドルで短期買いトレンド↑(現在22841ドル +469ドル)

売り転換は22730ドル

(4)ナスダックは6449Pで短期買いトレンド↑(現在6591P +142P)

売り転換は6561P

(5)ドル円は112.32円で短期売りトレンド↓(現在112.20円 +0.12円)

買い転換は112.83円

(6)原油は51.22ドルで短期買いトレンド↑(現在50.82ドル -0.40ドル)

売り転換は49.10ドル



オプション

様子見中。




11月限 22500コール 買い

11月限 22000コール 売り



11月限 20000プット 買い



11月限 18875プット 売り




サンプル4
10/13 明日のトレンド転換ライン SQ算出で流れが変わるか 9連騰なら昨年12月以来になる
配信日:2017年10月13日 01時35分
1時の日経先物は21030円。TOPIX先物は1705P。米株式市場はダウ7ドル高、ナスダック8P高と小幅に上昇。日経先物はもたつくドル円を横目にジリジリ上値を切り上げていますね。



ドル円に関しては112.40円から上が重く、米国10年債利回りも前日比変わらずまでで押し戻される展開です。米金利水準は変わっておらず、次の材料の次期FRB議長の決定ニュースがどこで飛び込んでくるかが問題です。



明日のSQ算出は21000円前後で決まりそうですが、ファストリの寄り付きの成り行き注文株価がSQ値を上振れさせそうな気配です。決算発表では利益は伸びていますが、アナリスト予想には届かない数字でした。21:45にPTS市場において1530円高でわずか100株だけ約定していますが、100株ではあてになりませんし、仮に1500円高で寄りつくとするとファストリだけで日経平均を約60円押し上げるはずです。その辺りを含んで先物は20030円ですから、さすがに21100円には届かないとみますがどうでしょうか。あまり高く寄り付きすぎるとSQ値が目先の天井となる可能性がありますかね。



本日のニュースでは選挙で与党が安定多数確保の予想が出ていました。選挙までは株価は高いとの予想がありましたが、与党が余裕の勝利となると今後期待される新たな経済対策などが出てきにくくなるとの懸念もあります。いずれにしろ明日で9連騰となると、昨年12月以来の9連騰ですから、これ以上の連騰を期待するのも少々無理がある、というか一度21000円で止まって揉み合ってもらわないと反動が怖くなります。



(1)225は20400円で短期買いトレンド↑(現在20931円 +531円)

売り転換は20721円

(2)TOPIXは1676Pで短期買いトレンド↑(現在1700P +24P)

売り転換は1683P

(3)NYダウは22372ドルで短期買いトレンド↑(現在22872ドル +500ドル)

売り転換は22730ドル

(4)ナスダックは6449Pで短期買いトレンド↑(現在6609P +160P)

売り転換は6561P

(5)ドル円は112.32円で短期売りトレンド↓(現在112.39円 -0.07円)

買い転換は113.44円

(6)原油は51.22ドルで短期買いトレンド↑(現在50.72ドル -0.50ドル)

売り転換は49.10ドル



オプション

明日の状況を見ながら現在ややプラスのデルタをどうするか考えます。




11月限 22500コール 買い

11月限 22000コール 売り



10月限 20375プット 売り

10月限 20250プット 売り

10月限 20000プット 買い

10月限 19875プット 買い



11月限 20000プット 買い



11月限 18875プット 売り





サンプル5
上値志向の意識が強いが 本日或いはSQ算出で流れが変わる可能性も 若干の買いポジで様子見中
配信日:2017年10月12日 10時19分
10時10分の日経先物は50円高、TOPIXは3P高。20980円の高値を付けた後は大台手前に利食い売りで押し戻される展開。10月に入ってから8連騰目で下げなしの状態ですから、SQを前に慎重になるのはやむなし。21000円までつけたくない抵抗勢力もいるでしょうから揉み合いとなりそうです。



ドル円に関しては112円割れず112.50円台まで戻して112.40円台。米金利水準は変わっておらず、次の材料の次期FRB議長の選択肢で変わってきそうです。



我々は若干の買いポジション(デルタプラス)を維持していますが、本日或いはSQ算出後に方向性に変化が出てくる可能性が高く、様子見の状態です。



(1)225は20400円で短期買いトレンド↑(現在20931円 +531円)

売り転換は20602円

(2)TOPIXは1676Pで短期買いトレンド↑(現在1700P +24P)

売り転換は1680P

(3)NYダウは22372ドルで短期買いトレンド↑(現在22872ドル +500ドル)

売り転換は22655ドル

(4)ナスダックは6449Pで短期買いトレンド↑(現在6603P +154P)

売り転換は6547P

(5)ドル円は112.32円で短期売りトレンド↓(現在112.39円 -0.07円)

買い転換は113.44円

(6)原油は51.22ドルで短期買いトレンド↑(現在51.07ドル -0.15ドル)

売り転換は49.10ドル



オプション

様子見です。




11月限 22500コール 買い

11月限 22000コール 売り



10月限 20375プット 売り

10月限 20250プット 売り

10月限 20000プット 買い

10月限 19875プット 買い



11月限 20000プット 買い



11月限 18875プット 売り




fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事