Mrデリバティブの ズバリ先読み!日経225勝利への着眼点:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替口座振替
レビュー
ひまわり証券からのファンです。 この内容で4500円はお買い得だと思います。
2017/04/25 22:55  yamada
冷静になり、やれることをやり続けたら・・...
オプションデビューのこの春、勉強だと理由をつけて自力で始めてスタート時の証拠金は250万から150万に目減りしました。 やはりオ...
2016/11/25 16:22  五右衛門
Mrデリバティブ
よく材料について長々と分析するアナリストがおられますが後講釈のように受け取れます。この点Mrデリバティブはご自身が取引されている...
2016/08/01 11:12  五角不比等
サンプル1
12/8 本日のトレンド転換ライン
配信日:2017年12月08日 08時08分
日経先物は22620円で終了。ダウ70ドル高、ナスダック36P高と堅調でした。税制改革の進展を期待した買いが底堅さを演出したようです。米国10年債の利回りも2.362%まで上昇し、ドル円も113円台ですから、本日の日本株も堅調なスタートが想定されます。
SQ値は22600円±100円で決まりそう、おそらく22500円台ではないかと思っています。水曜日にプットサイドで波乱はありましたが、SQ算出に関しては波乱なしの着地となりそうです。



日経平均は25日線を本日超えてくるわけですが、買い転換は鬼門と言われる22800円台にある22864円です。22800円台で新規買うとなると持ち越しが心配になってきますね。さすがに今夜の雇用統計前に22800円を超えてくるとは想定しにくいですが、雇用統計の結果が良くて円安が進行し113.50円方向になるとすると、日経平均の買い転換もナイトセッションでありそうです。



雇用統計を過ぎれば週末です。イスラエルガザ地区ではミサイルが飛び交い、戦闘モードになっています。世界中できな臭い火種が出てきていますので、年末までにはどこかで波乱が再び起こると思っています。1月限のSQまでは5週間と長いですし、年末年始の休みもあります。オプション取引に関して来週一週間くらいは思い切って相場を休んだ方が良いかと思っています。



(1)225は22502円で短期売りトレンド↓(現在22498円 +4円)

買い転換は22864円

(2)TOPIXは1779Pで短期売りトレンド↓(現在1786P -7P)

買い転換は1803P

(3)NYダウは23462ドルで短期買いトレンド↑(現在24140ドル +808ドル)

売り転換は24101ドル

(4)ナスダックは6859Pで短期売りトレンド↓(現在6776P +83P)

買い転換は6900P

(5)ドル円は111.70円で短期買いトレンド↑(現在112.61円 +0.91円)

売り転換は111.99円

(6)原油は57.02ドルで短期売りトレンド↓(現在56.64ドル +0.38ドル)

買い転換は58.35ドル



オプション

12月限 23000C 4円×5枚 売り


サンプル2
大引け 想定以上に戻したがちょうど昨日売り転換したポイントである SQ通過後の動きを注視したい
配信日:2017年12月07日 15時43分
大引けの日経平均は320円高の22498円で終了。昨日の下げ分を3/4取り戻した形になります。朝方の想定よりも相当戻したという感じですが、いかにも昨日の下げが作為的でイカサマっぽい仕掛けだったかがわかります。結構プット売りを買い戻させられて痛い目に遭った投資家は多いのではないでしょうか。



明日のSQはここまで戻した経緯を考えると、着地させたい位置は終値の22500円近辺と考えて問題ないでしょう。さすがに今晩の海外がそれなりに動いても上下で±300円では収まるとみています。日経平均は25日線に頭を押さえられている形になりますので、本日の高安値幅内の22515-22317円の範囲内の可能性が高いと思います。ちなみにアクティブで動かしているオプション取引の方は、上は22875C、下は22000Pを数枚売りで建玉を残しています。



明日のSQ算出以降ですが、まずは25日移動平均線のいる22500円水準を明確に上抜けるかどうか。SQ算出してしまえば先物主導での仕掛けがなくなって全く静かな相場になる可能性もありますし、9月のように年末高を狙って買い仕掛けてくる可能性もありますし、どうですかね。今の段階では何とも推測しようがないですね。



(1)225は22502円で短期売りトレンド↓(現在22498円 +4円)

買い転換は22864円

(2)TOPIXは1779Pで短期売りトレンド↓(現在1786P -7P)

買い転換は1803P

(3)NYダウは23462ドルで短期買いトレンド↑(現在24140ドル +808ドル)

売り転換は23921ドル

(4)ナスダックは6859Pで短期売りトレンド↓(現在6776P +83P)

買い転換は6900P

(5)ドル円は111.70円で短期買いトレンド↑(現在112.61円 +0.91円)

売り転換は111.87円

(6)原油は57.02ドルで短期売りトレンド↓(現在55.96ドル +1.06ドル)

買い転換は58.89ドル



オプション

12月限 23000C 4円×5枚 売り


サンプル3
本日のトレンド転換ライン 昨日下げ過ぎのリバウンドが期待されるが 戻りも限定的か
配信日:2017年12月07日 08時05分
日経先物は22280円で終了。ダウ39ドル安、ナスダック14P高ですから、結局米国市場はエルサレムネタには反応薄でした。ADP雇用統計も無事通過し、米国10年債利回りは低下。ドル円は一時112円を割り込みましたが、現在は112.26円で落ち着いております。



本日の日経平均は昨日の下げ過ぎの相場の反動から、米国市場が落ち着いていたことを受けて多少のリバウンドが期待できるでしょう。ただしSQ着地点に絡む思惑的な値動きは続くとみて、本日にあえてポジションを積み増して、無理に稼ぎにいこうとするのは手控えた方が良いでしょう。



ここ8営業日の相場のリズムは、3日上げて3日下がるのリズムできています。ここからどちらかにトレンドが発生するとみるよりも、高値圏での揉み合いが継続する可能性の方が高いでしょう。先物オプション取引に関しては、01月限が5週間先と長いのでポジション取りは来週後半になってからで良いでしょう。明日にはSQ算出と夜に雇用統計もありますし、多くの投資家は手控えで無理はしないでしょうから、まずは今日明日の相場の落ち着きを待つことにします。



(1)225は22502円で短期売りトレンド↓(現在22177円 +325円)

買い転換は22995円

(2)TOPIXは1779Pで短期売りトレンド↓(現在1765P +14P)

買い転換は1808P

(3)NYダウは23462ドルで短期買いトレンド↑(現在24140ドル +808ドル)

売り転換は23921ドル

(4)ナスダックは6859Pで短期売りトレンド↓(現在6776P +83P)

買い転換は6900P

(5)ドル円は111.70円で短期買いトレンド↑(現在112.25円 +0.55円)

売り転換は111.87円

(6)原油は57.02ドルで短期売りトレンド↓(現在56.04ドル +0.98ドル)

買い転換は58.89ドル



オプション

SQ値は22500円超えは難しいかと思います。

12月限 23000C 4円×5枚 売り


サンプル4
先物の売り仕掛けで大幅安 SQに絡んだ先物主導の動きで現物株に売りが出ての下げではない
配信日:2017年12月06日 14時42分
14時半の日経平均は416円安の22206円。先物の売り仕掛けが見事に決まり、22500円水準での押し目買い向かった向きの投げ、そして22000円割れはないとみていたプットオプションの売り方が慌てて踏んだ状況となり、下げ幅が拡大しました。



22000P 12000枚

21750P 11400枚

21500P 10000枚

これらは大量に売っていた向きの買い戻しで出来高が増えたと言えます。

現物株の売りは限定的であり、先物主導の売り+ドル円の円高がこの大幅な下げを演じさせたわけです。SQに絡んだ短期の仕掛けの需給だけは予期できないので、落ち着くのを待つしかないですね。基本的にはSQを通過すれば何事もなかったかのように元に戻ると考えています。9月の時も過去3か月の安値を切って下げトレンドが開始されたと認定し、その後にギャップアップの3連ちゃんで上昇開始ですから、今回もそのパターンになる可能性はあると思います。



時間外のNYダウは57ドル安と落ち着いており、エルサレムのネタは前から出ていた話で米国市場は全く反応薄ですから、日本市場は全く酷い値動きです。



(1)225は22502円で短期売りトレンド↓(現在22180円 +83円)

買い転換は22995円

(2)TOPIXは1779Pで短期売りトレンド↓(現在1765P -1P)

買い転換は1808P

(3)NYダウは23462ドルで短期買いトレンド↑(現在24180ドル +808ドル)

売り転換は23921ドル

(4)ナスダックは6859Pで短期売りトレンド↓(現在6804P +55P)

買い転換は6900P

(5)ドル円は111.70円で短期買いトレンド↑(現在112.63円 +0.97円)

売り転換は111.40円

(6)原油は57.02ドルで短期売りトレンド↓(現在57.49ドル -0.54ドル)

買い転換は58.89ドル



オプション

23000円コールを4円で5枚売りました。


サンプル5
トランプ発バッドニュース再び 中東の混乱で地政学リスク 後場の日銀ETF買いでどこまで
配信日:2017年12月06日 12時03分
前引けの日経平均は202円安の22419円。前場終盤戦にトランプの馬鹿がまた余計なことを言い出したようで、エルサレムをイスラエルの首都と認定するらしく、7日未明に演説で発表予定。それが嫌気されたとか。前引け後に先物の売り仕掛けがあり22250円まで先物は下げています。時間外のNYダウは41ドル安でさほど下げてはおらず、中東リスクは意識されても米国市場は反応薄で、日経平均だけ円高に走った影響でやられている感じです。



後場から日銀ETF買いが入るのは確実で、落ち着きを待つしかないでしょう。エルサレムがどうのこうのと言っても、元々アメリカはイスラエルひいきですから、トランプの馬鹿が首都と認定しようが、歴史的背景が良くわからないだけにピンとこないですが。日経先物の仕掛けだけは防ぎようがないですね。



(1)225は22502円で短期買いトレンド↓(現在22419円 +83円)

買い転換は22995円

(2)TOPIXは1779Pで短期売りトレンド↓(現在1780P -1P)

買い転換は1808P

(3)NYダウは23462ドルで短期買いトレンド↑(現在24180ドル +808ドル)

売り転換は23921ドル

(4)ナスダックは6859Pで短期売りトレンド↓(現在6804P +55P)

買い転換は6900P

(5)ドル円は111.70円で短期買いトレンド↑(現在112.63円 +0.97円)

売り転換は111.40円

(6)原油は57.02ドルで短期売りトレンド↓(現在57.49ドル -0.54ドル)

買い転換は58.89ドル



オプション

ポジションなしで、ボラの上昇待ちです。


fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事