志摩力男の実戦リアルトレード:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替口座振替
オーナー
プロフィール
志摩力男
慶應義塾大学経済学部卒。
1988年~1995年、ゴールドマンサックスでプロップトレーダー、外資系証券でファンドマネージャーを歴任。2006-2008年、ドイチェ証券でプロップトレーダーを歴任。その後、香港のマクロヘッジファンドでヘッジファンドマネージャーを歴任。独立した後も世界各地のヘッジファンドや外銀トレーダー、有名トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍する。
レビュー
素晴らしすぎて、無くなってしまうのが恐怖...
テクニカル分析はそれなりにできますが、やはりファンダメンタルズを自身で分析して先読みしたポジションを取るのは、圧倒的に難易度が...
2017/09/28 13:30  いっくん
分かりやすく纏められている
相場観、ニュース等を非常に分かりやすく纏められています。 それだけでも十分価値があると思います。 ただ配信のシグナルだけで勝つの...
2017/09/14 14:06  りゅ
ファンダメンタルを中心にしたメルマガ
とても参考になっています。志摩さんのメルマガを購読してから大きな方向性を間違えることが少なくなりました。テクニカルは自分の裁量...
2017/07/11 22:14  なやまる
儲けに繋がらなかった
アメリカの経済指標が軒並み良かったにも関わらず、ドル円が下がったことがあり、その道のプロの情報があればある程度のことは予想がつ...
2017/06/29 11:01  sala
まったく有効ではない。
有料にしては納得出来るものではないと感じました。 無料のサイトやメルマガでも得れる情報やポジションの目安ばかり。 メルマガのラン...
2017/06/27 09:12  ブル
サンプル1
カプラン、パウエル両氏が反対で12月利上げなしのシナリオも
配信日:2017年10月11日 16時51分
次期FRB議長を占う賭けサイト”Predict It" では、パウエル氏への支持が50%を越えてきました。

https://www.predictit.org/Market/3306/Who-will-be-Senate-confirmed-Fed-Chair-on-February-4%2c-2018

ハト派ということであるなら、ウォーシュ氏よりパウエル氏でしょう。そうした判断がパウエル推しとなっています。市場はウォーシュ氏であればドル買い、パウエル氏であればドル売りと単純に反応するものと思われます。

また、次期FRB議長はまもなく決定される事になりますが、パウエル氏になれば、今は当然視されている12月利上げ利上げも、もしかしたら「ない」という可能性も浮上してきます。

と、いうのは、先日気になったのはカプラン・ダラス連銀総裁の発言。彼は極めてニュートラルな中間派ですが、12月利上げについては「オープン」と発言しました。現在投票権があるのは9人の委員ですが、プレイナード、エバンス、そして最ハトのカシュカリ氏は利上げに反対する可能性がまだあります。それでもタカ派のクォールズ、ハーカー、そしてイエレン、ダドリー、パウエル、カプランが利上げを支持することで12月利上げと市場は見てました。

カプランが反対し、そして新FRB議長(となる可能性が高い)パウエル氏が12月のFOMCにおいて、大統領に気を使い利上げ反対となると、12月利上げは消えることになります。

このシナリオは、全く市場は織り込んでないので、大きなサプライズとなるでしょう。それほど、パウエル氏がFRB議長になるということにはインパクトがあります。


最近、ちょっと不思議にドルが重いのですが、そうした背景がもしかしたらあるのかもしれません。

それと、オプション市場の状況もドル円の頭を抑えます。先程のオプション情報でもお伝えしましたが、112.50,60,80,そして113.00円にかなりの満期の近いストライクを控えます。株価が新高値を更新しても、ドル円は一向に上がりませんが、そうした背景もあります。

また、カタルーニャ州首相プチデモン氏は独立の権利は得たが、宣言は保留すると現実的な対応を示してます。この問題は、そもそもローカルイシューであり、あまり考慮する必要はないと思ってますが、一応、このニュースに安堵してユーロを買い戻す人もいるかもしれません。

ユーロは1.17前後の固さが印象的でした。もし、12月米利上げシナリオに暗雲が灯ると、ユーロ買い戻しが一気に進む可能性もあります。

慎重にドル円ショート、ユーロドルロング維持、少しドル円はオプションをバックに売り上がりました。
サンプル2
オプション情報
配信日:2017年10月11日 14時29分
10月11日、NYカットにて行使期限を迎える主なオプションは以下の通りです(公開情報をブルームバーグより引用)

ユーロ・ドル: 1.1710 (6.23億ユーロ)、 1.1770 (4.78億ユーロ)、 1.1825 (3.1億ユーロ)、 1.1850 (3.34億ユーロ)
ドル・円: 111.00 (4.76億ドル)、 112.80 (13億ドル)、 113.00 (6.4億ドル)
注目のストライク: 112.00 (17億ドル 期限10月12日)、 112.60 (14億ドル 期限10月13日)、 113.00 (22億ドル 期限10月12日)、 113.00 (11億ドル 期限10月13日)
ポンド・ドル: 水曜日期限の注目ストライクは無し
ドル・加ドル: 1.2650 (2.54億ドル)
注目のストライク: 1.2600 (17億ドル 期限10月12日)

ドルカナダの1.26は、万が一ドルカナダがラリーした場合、売り場の目安になりそうです。

ドル円は、112.60/80で合わせて27億ドルと比較的大きめです。112.00も17億ドルと大きめ、この間のレンジに留まっているのは、オプションの影響も多少あるかもしれません。112.80円を抜けても、113.00は合計40億ドル以上、ちょっと大きいので、抜け難いでしょう。

上には書いてありませんが、112.40円に明日9億ドル、112.50円は16日まで考えると22億ドル、112.60円は20億ドル、オプションでガチガチになってます。
サンプル3
Position Update
配信日:2017年10月11日 01時01分
ドル円、ユーロドル、トレンド転換を前提に少しだけドル売り円買い、ドル売りユーロ買いします。ドル円は113円台、この2週間ほど、全て上ヒゲで、滞在時間がほとんどありません。113円台なかばで ストップ・ロスオーダー置きます。
サンプル4
理由のはっきりしないドル下落
配信日:2017年10月11日 00時36分
22時47分頃、米長期金利が2.36%前後から2.32%へと急落し、ドル円も112円を少し割り込む下げとなりました。ユーロドルは現在1.18台前半を回復しています。

ファンダメンタルズの理由を並べても、ドル下落を説明し難いところです。株は強く、12月には利上げが確定的になってます。北朝鮮も静かにしています。円安になる理由だらけですが、円安にならない。これは、何か潮流が変わっているのかもしれません。

パウエル氏が新FRB議長という情報が流れているのでしょうか、それともトランプ税制改革進展に赤信号が灯り始めているのでしょうか。

サイクル的には、今年の反発局面は大概23-27日で終わっているので(外為どっとコム様の雇用統計ライブセミナーでも言及しました。4月17日108.13円から5月10日114.37円まで23日、6月14日108.80円から7月11日114.495円まで27日)、今回9月8日107.32円から先週金曜日までで28日。日足は上ヒゲ長く113円台でクローズした日が一日もありません。

ただ、あまり低いところを売ると、反転にあって失敗しそうな感じもします。戻りを少額売って行きたいなと思います。

ユーロドルは、先週1.17割れを示現しましたが、底値のしっかり感が印象的でした。10月26日ECB理事会に向けて少し反騰局面があると想定してます。






サンプル5
株価堅調だが、ドル円伸びず
配信日:2017年10月10日 17時24分
本日の日本株は好調、TOPIXは10年ぶりの高値である1695、日経平均も2万1千円にあと一歩。北朝鮮からの挑発行為もなく、米金利も高めです。しかしながら、ドル円は伸びません。

何かおかしいなと思うので、112.40円前後でドル円ロングをクローズしました。

ユーロポンドのポジションも閉じてスクエアです。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事