志摩力男の実戦リアルトレード:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【GogoJungle】

価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
プロフィール
志摩力男
慶應義塾大学経済学部卒。
1988年~1995年、ゴールドマンサックスでプロップトレーダー、外資系証券でファンドマネージャーを歴任。2006-2008年、ドイチェ証券でプロップトレーダーを歴任。その後、香港のマクロヘッジファンドでヘッジファンドマネージャーを歴任。独立した後も世界各地のヘッジファンドや外銀トレーダー、有名トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍する。
レビュー
トレードが下手
この人、とにかくトレードが下手ですね。センスが感じられません。 これでよく外銀でトレーダーが務まったものだと思います。 過去のメ...
2018/04/13 02:35  Boss
プロの思考方法・ポジションの取り方が学べ...
このレビューでも色々な意見が散見されますね。それを踏まえて敢えて言えば、メルマガ通りのポジションテイクで勝てるほど甘い世界では...
2018/04/12 14:00  hirot1
勉強になります。
勝てるかどうかは、別にしてプロの考え方が分かり勉強になります。
2018/03/25 05:20  まさ
トレード歴2ヶ月
初心者で、少し稼げるようになってきたなと思って来た矢先に、大損してから奈那子さんの本に志摩力男さんが出てきたので私も情報にコス...
2017/12/01 10:25  だい
素晴らしすぎて、無くなってしまうのが恐怖...
テクニカル分析はそれなりにできますが、やはりファンダメンタルズを自身で分析して先読みしたポジションを取るのは、圧倒的に難易度が...
2017/09/28 13:30  いっくん
サンプル1
Position Update
配信日:2017年11月28日 01時38分
ミサイル報道があるので、ドル円をショートにしてます。ユーロドルと違い、こちらは短期売買です。実際に発射されたり、状況次第で直ぐに買戻します。
サンプル2
北朝鮮ミサイル準備報道でドル円下落
配信日:2017年11月28日 01時27分
久しぶりに北朝鮮関連の報道が出てます。

これがインパクトを持つかどうか疑問ではありますが、理財商品に絡む中国経済不安や日銀オペに絡み日本の金融政策が緩やかにテーパリングしているという市場の懸念もあり、本日はどこかでドル円をショートにすべきだった、少なくともユーロ円のポジションを閉じておくべきでした。

ユーロ円ロングのポジションを現状の132.30円で閉じます。

ユーロドルのロングのみです。
サンプル3
今週の展望 ー イベントの多い週
配信日:2017年11月27日 12時37分
マネック証券サイトの動画がアップされました。ご参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=chmNwvpw528


今週はイベントが多い週です。

28日(火)パウエル新FRB議長 上院公聴会出席
29日(水)イエレン議長 議会証言  (日銀 中曽副総裁講演)
30日(木)クオールズFRB副議長 講演 
     欧州圏 11月消費者物価指数

そして、今週から税制改革法案上院での審議が始まります。今週中もしくは来週には上院での採決があり、イベントとなるでしょう。

先週金曜日、薄い中ユーロが急騰しました。特に対円で上昇しました。薄い中の動きなので、単に強調されたと思われる方も多いでしょう。そうかもしれません。ただ、薄い中で動く方向こそ、正しい方向というのも真実ということを経験的に知ってます。ポジションの傾きがそちらの方(つまり、ユーロショートで、ユーロ上昇方向の準備が出来てない)ということです。

個人的にはユーロ上昇が来年の相場の柱と思ってます。

しかし、短期的には米税制改革によるフローが左右するでしょう。つまり、米企業によるドル買いが今年はないので、ドル売りになります。それは特に対ユーロで顕著になると思われます(反対に、来年は1月1日からドル上昇と考えております)。

個々のイベントでどの様に動くことが予想されるか、それは今後のメルマガ上で解説していきたいと思います。

ユーロドルロング、ユーロ円ロングのポジションです。


サンプル4
オプション情報
配信日:2017年11月27日 12時22分
11月27日、NYカットにて行使期限を迎える主なオプションは以下の通りです(公開情報をブルームバーグより引用)


ユーロ・ドル: 1.1860 (3.8億ユーロ)、 1.1900 (4.84億ユーロ)、 1.1950 (2.69億ユーロ)
注目のストライク: 1.1800 (15億ユーロ 期限11月28日)、 1.2000 (10億ユーロ 期限11月28日)
ドル・円: 112.30 (3.8億ドル)
注目のストライク: 111.00 (10億ドル 期限11月29日)、 112.00 (11億ドル 期限11月28日)
ポンド・ドル: 月曜日期限の注目ストライクは無し
ドル・加ドル: 1.2745 (2.1億ドル)
ユーロ・ポンド: 0.8950 (5.02億ユーロ)


相場に影響を与えそうな大きなものは特にありません。
サンプル5
本田悦朗氏が次期日銀総裁?
配信日:2017年11月24日 18時53分
昨日は米感謝祭。海外市場ではほとんどマーケットは動きませんでした。しかしそうした中でも、ドイツSPD(社会党)がメルケル首相をサポートする意向を示し、これまで通りの大連立で政局が安定するとの見通しからユーロが買い戻されました。

政局不安さえなければ、ユーロは堅調でしょう。先月のECB理事会で資産買い入れが半額に留まったことで、超金融緩和政策が来年9月まで続くとあって、やや失望からユーロは売られましたが、長続きしませんでした。GDP2.5%と欧州経済が好調なこと、経常収支黒字が大きいこと、遅かれ早かれ金融政策は転換されることから、ユーロは今後も堅調でしょう。

モーサテの佐々木アナは事あるごとに「ユーロの上昇が今年最大のサプライズ」と言ってますが、サプライズでも何でもない、本来あるべきレベルに戻っているだけです。来年もユーロ上昇が相場の柱になるのではないかと期待してます。1.3方向でしょうか。

本日驚いたのは、本田悦朗氏が安倍首相を訪問したこと。「お友達」同士なので訪問しても不思議ではないですが、次期日銀総裁人事が迫っているので憶測を呼びます。現在市場では黒田総裁続投がコンセンサスになってますが、問題は黒田総裁が受けるかどうか。私個人の感触で言えば、やりたくないのではないかと思います。経済が好転したということに関しては、黒田総裁の貢献は大きいですが、そのためにハチャメチャな政策を取りました。「出口」は困難です。誰かにやらせて責任逃れが最上の方法ではないでしょうか。

日銀内部の方々からすると、本田悦朗総裁だけは勘弁してほしいというところではないでしょうか。本日も「日銀が理論を理解してないから」「デフレから脱却しない」と発言されてます。どちらがわかってないのか、マーケットはどう判断するでしょうか。

本田悦朗日銀総裁となれば、マーケットは動きます。トレーディングという意味では本田総裁バンザイですが、日本に税金を納める一市民としては、本田総裁は最悪の選択となるでしょう。黒田総裁はきちんとわかった上でギリギリの政策を採られ、首相にも説明されましたが、首相も総裁もわけ分からずハンマーを振り回すような状況になった場合、大変心配になります。これも自民大勝、国民の選択の結果です。

ユーロドルロング、ユーロ円ロングですが、暫くこのポジションで行きたいと思います。ドル円は少し売られ過ぎなので、ゆっくり反発を期待したいです。ただ、市場がロングであるので反発がどこまでか見極めたいですね。

関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事