志摩力男の実戦リアルトレード:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
プロフィール
志摩力男
慶應義塾大学経済学部卒。
1988年~1995年、ゴールドマンサックスでプロップトレーダー、外資系証券でファンドマネージャーを歴任。2006-2008年、ドイチェ証券でプロップトレーダーを歴任。その後、香港のマクロヘッジファンドでヘッジファンドマネージャーを歴任。独立した後も世界各地のヘッジファンドや外銀トレーダー、有名トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍する。
レビュー
ステマではありません。すごいです!!
嗚呼~、神様、仏様、志摩様(笑)
2017/02/28 03:00  ロビー
サスガスギル!凄スギル!
一生ついて行きます。
2017/01/02 09:34  
お勧めいたします。
相場の動きにたいして、確かな情報で解説いただき、ちょっと自信ない(とご自分がお考えの)情報は正直にそう書いていらっしゃっていて...
2016/12/16 13:19  Amax
テクニカルだけで大きくとるのは個人的には...
自分より相場経験がある人からほぼリアルタイムでメールが来るんです。もちろん外れることもあると思います。相場を完璧に言い当てる人...
2016/12/05 01:08  聖人
絶対にオススメです。
志摩さんのメルマガ購読を初めて2ヶ月。FX初めて6ヶ月ですが、始めた当初はとにかくポジポジ病で損切りもできずいつも含み益を抱えて...
2016/11/21 10:33  まーちゃむ
サンプル1
オプション情報
配信日:2017年03月20日 12時42分
本日3月20日、NYカットにて行使期限を迎える主なオプションは以下の通りです(公開情報をブルームバーグより引用)。

ユーロ・ドル: 1.0700 (16億ユーロ)、 1.0725 (4.77億ユーロ)
ドル・円: 月曜日期限の注目ストライクは無し
ポンド・ドル: 月曜日期限の注目ストライクは無し
ドル・加ドル: 1.3250 (2.51億ドル)、 1.3340 (3.7億ドル)

サンプル2
再送 3月15日添付資料
配信日:2017年03月18日 13時27分
一部の読者の方から(なんちゃん様)添付資料を開くことができないとのご指摘がありましたので、再送します。ただ、FOMC前の簡単な内容なので、どうしても見なければというほどの内容ではありません。

投資戦略セミナーでも、文章だけでなく、チャートも含めた添付資料の形だと見やすくて良いとのご指摘も受けました。今後、増やしていこうと思います。
サンプル3
訂正 ー 米独首脳会談
配信日:2017年03月18日 13時19分
一つ前のメルマガですが、最後の方に不適切な内容が入っておりました。意味があるものではありません。以下のように訂正します。


記者会見がかなり遅れましたが、現在トランプ大統領とメルケル首相が共同で記者会見に応じてます。なにか不規則発言があって、大きく相場が動くかなと期待した部分もありましたが、今のところ特筆すべきところの何もない会見になっています。

ユーロドルですが、1.08近辺は一気に向けることは難しいので、ある程度利食いを入れて、下を買い戻すというオペレーション。ドル円は113円を割り込んで112.50近辺まで下落しましたが、基本的にベアスタンスなので納得できる動き。112.50以下に本邦から本格的買いオーダーという話です。

ポンドドルが1.24台を伺おうとしてます。BREXITが実現するのは、少なくとも2年以上先。2年後の経済的困窮を先取りしてGBPは落ちたのですが、2年も相場は待てません。本格的な反動局面に入っているのでしょうか?

豪ドル、NZドルは堅調。このところ新興国通貨、経済が好調ですが、豪・NZにも好影響を与えています。

週末にG20 がありますが、貿易を前面に押し出したものにはならない、とすでに米国が通告してますので、週超えで大きな動きにはならないかもしれません。
サンプル4
米独首脳会談
配信日:2017年03月18日 03時48分
記者会見がかなり遅れましたが、現在トランプ大統領とメルケル首相が共同で記者会見に応じてます。なにか不規則発言があって、大きく相場が動くかなと期待した部分もありましたが、今のところ特筆すべきところの何もない会見になっています。

ユーロドルですが、1.08近辺は一気に向けることは難しいので、ある程度利食いを入れて、下を買い戻すというオペレーション。ドル円は113円を割り込んで112.50近辺まで下落しましたが、基本的にベアスタンスなので納得できる動き。112.50以下に本邦から本格的買いオーダーという話です。

ポンドドルが1.24台を伺おうとしてます。BREXITが実現するのは、少なくとも2年以上先。2年後の経済的困窮を先取りしてGBPは落ちたのですが、2年も相場は待てません。本格的な反動局面に入っているのでしょうか?

豪ドル、NZドルは堅調。このところ新興国通貨、経済が好調ですが、豪・NZにも好影響を与えています。

週末にG20 がありますが、貿易を前面に押し出したものにはならない、とすでに米国が通告してますので、週超えで大きな動きにはならないかもしれません。

来週は、日本の年度末フローもかさなり、読み難いところです。結局官僚たちは目を慣らさせるのでしょうが。逆にどういう時に学生服をみんなが追いかけてくるか、観察したトトロ、GDPの75%との試算も入っております。




サンプル5
1.08前後は重要なレジスタンス
配信日:2017年03月17日 17時03分
オランダ選挙で極右政党の勢力が後退したことや、ノボトニー・オーストリア中銀総裁のECB利上げを示唆するなどでユーロが堅調推移してきました。為替相場全体的にトレンドらしい動きがないことから、ユーロドルやユーロ円への期待が少し高まってます。

ユーロ円は123.10円を超えてくると、週足一目均衡表の雲を上抜け、強気シグナルとなります。フランス大統領選挙への懸念が強まったときも、週足基準線(118.10円)でサポートされました。

ユーロドルは、1.08前後が心理的にも、テクニカル的にもレジスタンスとなります。週足基準線が1.0820にあります。

ユーロはこの2年間、1.05-1.15程度のレンジで、相場らしい相場がありませんでした。イタリアやギリシャ等の南欧諸国の経済がよくないことから、超金融緩和を続け、米国が金利上昇局面に入っても1.05をしっかり割っていくことが出来ません。経常収支が大きめの黒字であること、ドイツ経済が好調なこと、あとイタリア・スペインが少し経済的にしっかりしてきたこともあるかもしれません(相対的な話です。イタリアの不良債権問題は依然として深刻です。ギリシャは解決策が見えません。気になるのがフランスの経済が落ち込んでいることです)。

トランプ政権はユーロが安すぎると批判してますし、ドイツ自身ももう少し高いユーロを希望してます。その意味では、動くとすれば上方向なのでしょうか。

オランダの選挙では、右翼政党が伸びませんでしたが、僕としては欧州の政治情勢に対する懸念は行き過ぎのような気はします(もちろん、何が起こるかわかりませんが)。フランスは、ユーロを必要としてます。ユーロがないと、フランス単なる欧州の一小国に成り下がります。大国志向のフランスにとって我慢ならないことでしょう。事情はイタリア、スペインも同様です。

とはいえ、ユーロドルの1.08前後、ユーロ円の123円前後、ここは簡単には抜けないでしょう。ユーロドルのロングを持ってますが、1.08近辺は利食いを入れて、押しを拾う方が良いかなと思います。材料難の金曜日でもあり、既存ポジションの調整に終始しそうです。










関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事