志摩力男の実戦リアルトレード:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
プロフィール
志摩力男
慶應義塾大学経済学部卒。
1988年~1995年、ゴールドマンサックスでプロップトレーダー、外資系証券でファンドマネージャーを歴任。2006-2008年、ドイチェ証券でプロップトレーダーを歴任。その後、香港のマクロヘッジファンドでヘッジファンドマネージャーを歴任。独立した後も世界各地のヘッジファンドや外銀トレーダー、有名トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍する。
レビュー
ステマではありません。すごいです!!
嗚呼~、神様、仏様、志摩様(笑)
2017/02/28 03:00  ロビー
サスガスギル!凄スギル!
一生ついて行きます。
2017/01/02 09:34  
お勧めいたします。
相場の動きにたいして、確かな情報で解説いただき、ちょっと自信ない(とご自分がお考えの)情報は正直にそう書いていらっしゃっていて...
2016/12/16 13:19  Amax
テクニカルだけで大きくとるのは個人的には...
自分より相場経験がある人からほぼリアルタイムでメールが来るんです。もちろん外れることもあると思います。相場を完璧に言い当てる人...
2016/12/05 01:08  聖人
絶対にオススメです。
志摩さんのメルマガ購読を初めて2ヶ月。FX初めて6ヶ月ですが、始めた当初はとにかくポジポジ病で損切りもできずいつも含み益を抱えて...
2016/11/21 10:33  まーちゃむ
サンプル1
オプション情報
配信日:2017年04月24日 07時00分
4月24日、NYカットにて行使期限を迎える主なオプションは以下の通りです(公開情報をブルームバーグより引用)



ユーロ・ドル: 1.0800 (5.06億ユーロ)
ドル・円: 108.25 (4.1億ドル)、 109.00 (16億ドル)、 109.50 (5.8億ドル)
注目のストライク: 110.00 (11億ドル 期限4月26日)
ポンド・ドル: 月曜日期限の注目ストライクは無し
ドル・加ドル: 月曜日期限の注目ストライクは無し
注目のストライク: 1.3500 (13億ドル 期限4月25日)


サンプル2
マクロン氏1位との出口調査
配信日:2017年04月24日 03時00分
マーケットではユーロドルが1.08台後半でオープンしそうな気配です。

まだ確定はしてませんが、マクロン氏が1以か2位に入っている可能性が高そうです。そうであれば、リスクオン的にマーケットは動きます。

予想通りだから、あまり動かないのでは?と考えている人も多いですが、事実を待って動かなければならないプレーヤーは多く、それ故BREXITもトランプショックも大きく動きました。

そこまでの動きにはなりませんが、今週は勝負です。
サンプル3
速報:トランプ大統領、来週税制改革案を発表する
配信日:2017年04月22日 02時59分
瞬間、109.30円まで上昇しました。内容次第では、ドル円にはかなりポジティブになると思われます。
サンプル4
フランス大統領選挙前にポイント点検
配信日:2017年04月21日 23時41分
昨日のNYでは、ムニューシン財務長官、ゲーリー・コーン国家経済会議議長という経済のプロ二人が沢山発言し、税制改革法案等を近く発表すると言明し、ドル円は109.50円近くまで上昇しました。黒田さんが量的緩和策を続けると発言したことも、好感されたかもしれません。買い方が大きかったので、大手投資家がフラン大統領選挙前にリスクオフポジションを閉じていたようにも見えます。

しかし、109円ちょうどのオプションも影響したのでしょうか、109円台半ばは重い印象でした。それでも、109円を割ってくると、今度はオプションサイドから買いが入ることになりますので、目先の動きはさほど心配していません。通常であれば、押し目を買いたいところです。本邦機関投資家の買いも下に入っていると観測されてます。

ただ、週末に、今年最大のイベント?フランス大統領選を控えてます。私個人は波乱の可能性は小さいと思ってますが、BREXITやトランプショックを予想できなかった既存の報道機関は「何が起こるかわからない」と煽ってます。「何が起こるかわからない」というのは絶対的に正しいフレーズですが、何の意味もない言葉です。仮にルペン氏とメランション氏が決選投票に進むという最悪のシナリオとなった場合、どうなるのか考えてみましょう。

その場合、決選投票で恐らくルペン氏が当選することになるでしょう。では、ユーロ離脱、EU離脱がすぐに可能かというと、それは出来ません。EU加盟はフランス憲法88条で規定されているので、憲法改正が必要となります。

憲法改正には、仏憲法89条に基づく、ちゃんとした方法と(この場合、両院議員の50%以上の賛成で国民投票が可能に)、仏憲法11条を利用する簡便な方法(この場合、両院議員の20%の賛成ないし有権者の10%の署名で”ユーロ”離脱を問う国民投票が可能となります。11条利用の場合は、EU離脱は出来ません。

11条利用が現実的ですが、国民の6-7割がユーロを指示していると言われてます。国民投票にかけても、支持は得られないでしょ。

89条を利用する場合、ルペン氏もメランション氏も自らの党の議員がほとんどいません。よって、両院で50%の賛成は得ることができません。

結局、ルペン氏が大統領になったとしても、国民の6-7割(中道派、すなわちマクロン+フィヨン支持者の合計)がユーロとEU加盟を支持してますから、何も出来ないということになります。

よって、ルペン氏とメランション氏が決選投票という最悪のケースの場合も、ショックは一時的には大きいですが、何も出来ないので、マーケットは自然と元に戻ると思います。

中道派の票がマクロン氏とフィヨン氏に割れていることが問題であって、2/3前後の人々がユーロ、EU支持という事実は大きいと思います。離脱は仏国民のコンセンサスとはかけ離れています。

9割以上の確率でルペン対マクロン、もしくはマクロン対フィヨン、フィヨン対ルペン、という構図になると思いますが、決選投票でルペン氏が勝つ可能性はゼロです。つまり、9割以上の可能性でこの週末でフランス大統領選挙は事実上終わります。

マクロン氏もしくはフィヨン氏が決選投票に進むという結果になれば、ユーロはやはり買い戻されるでしょう。1.08には乗せると思います。ラリーが続くかどうかは自信がないですが、1.08-1.10ぐらいのレンジに移行し、EURGBPも上昇します。ユーロ円も高いでしょう。ドル円はユーロ円の影響で109円台後半からその上に行くのではと期待してます。(もしかすると、GBPUSDはには下落リスクが若干だけあります)。

もし、1割以下と思いますが、ルペン対メランションの決戦投票となれば、ユーロドルは1.05前後、ドル円も一時的に108円を割り込むかもしれません。

ドル円の打診買いロングがありますが、107.80円ストップが付いても痛くない程度の金額でロングキープです。
サンプル5
オプション情報
配信日:2017年04月21日 12時48分
4月21日、NYカットにて行使期限を迎える主なオプションは以下の通りです(公開情報をブルームバーグより引用)

ユーロ・ドル: 1.0600 (11億ユーロ)、 1.0675 (3.04億ユーロ)、1.0680 (3.34億ユーロ)、 1.0700 (13億ユーロ)、 1.0710 (4.43億ユーロ)、 1.0720 (5.4億ユーロ)、 1.0745 (2.65億ユーロ)、 1.0800(6.19億ユーロ)、 1.0850 (2.53億ユーロ)
ドル・円: 108.00 (11億ドル)、 108.50 (5.44億ドル)、 109.00 (6.51億ドル)、 110.00 (7.77億ドル)、 110.25 (5.4億ドル)
注目のストライク: 109.00 (14億ドル 期限4月24日)
ポンド・ドル: 1.2650 (4.29億ポンド)、 1.2675 (3.5億ポンド)、1.2900 (3.15億ポンド)
豪ドル・ドル: 0.7520 (2.02億豪ドル)、 0.7525 (2.71億豪ドル)、0.7570 (2.79億豪ドル)
ドル・加ドル: 1.3300 (2.42億ドル)、 1.3410 (2.1億ドル)、 1.3500(3.22億ドル)、 1.3540 (6.05億ドル)、 1.3600 (2.4億ドル)、 1.3650(2.65億ドル)
注目のストライク: 1.3500 (12億ドル 期限4月25日)
NZドル・ドル: 0.7025 (3.57億NZドル)
ユーロ・ポンド: 0.8465 (4.01億ユーロ)
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事