志摩力男の実戦リアルトレード:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

閲覧履歴
価格
¥4,500(税込)
毎月自動継続課金
■お支払い方法
masterカードvisaカード口座振替
オーナー
プロフィール
志摩力男
慶應義塾大学経済学部卒。
1988年~1995年、ゴールドマンサックスでプロップトレーダー、外資系証券でファンドマネージャーを歴任。2006-2008年、ドイチェ証券でプロップトレーダーを歴任。その後、香港のマクロヘッジファンドでヘッジファンドマネージャーを歴任。独立した後も世界各地のヘッジファンドや外銀トレーダー、有名トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍する。
レビュー
デイトレーダーには必要ないですが、市場動...
テクニカル分析ができる方なら全く必要はないです。 むしろ、相場の方向性が自分の判断と逆になるとトレードがしづらくなります。 私が...
2017/05/19 21:57  デイトレーダー
ステマではありません。すごいです!!
嗚呼~、神様、仏様、志摩様(笑)
2017/02/28 03:00  ロビー
サスガスギル!凄スギル!
一生ついて行きます。
2017/01/02 09:34  
お勧めいたします。
相場の動きにたいして、確かな情報で解説いただき、ちょっと自信ない(とご自分がお考えの)情報は正直にそう書いていらっしゃっていて...
2016/12/16 13:19  Amax
テクニカルだけで大きくとるのは個人的には...
自分より相場経験がある人からほぼリアルタイムでメールが来るんです。もちろん外れることもあると思います。相場を完璧に言い当てる人...
2016/12/05 01:08  聖人
サンプル1
FOMC後のドル高をどう考える?
配信日:2017年06月16日 10時17分
昨日のドルは大陽線。

直近のインフレ指標、インフレ期待の低下にも関わらず、FRBはイエレン議長退任スケジュールに合わせて着々と政策を打ち出して来ました。市場関係者はそれに対し懸念を感じ、すこしやり過ぎとも感じているわけですが、米国株は底堅い。テクノロジー株の一部に利食いが入っているとは言え、米IT企業の競争力は圧倒的であり、米金融政策との関連性はほとんどないはずです。結局、FRBを咎める動きが為替市場に出てきたということでしょう。

私と同様の理由でドルショートを持っている人が多かった、ということに尽きると思います。では、ここからドルを買えるかというと、昨日までの論理であれば難しい。ただ年内に、もう1回の利上げ、バランスシート調整スタート(9月開始が有力ですが、7月スタートしてもおかしくはない)は、ほぼ決まっています。

あまり難しく考えてないのだと思います。日本の金融政策は当面変わることはない一方、FRBは先進国の中で唯一積極的に利上げしています(市場金利は上がってませんが)。この単純な構図に素直に反応してきたのでしょう。

すこしドル円を打診買いします。ストップは110.50円以下としますが、基本膠着相場と思われるので、伸びがなければすぐやめます。まだ市場にはショート少し残っているでしょう。本日の日銀では、政策変更はほぼないと思われます。
サンプル2
オプション情報
配信日:2017年06月16日 08時56分
6月16日、NYカットにて行使期限を迎える主なオプションは以下の通りです(公開情報をブルームバーグより引用)


ユーロ・ドル: 1.1000 (7.32億ユーロ)、 1.1050 (13億ユーロ)、 1.1075 (6.87億ユーロ)、 1.1080 (2.6億ユーロ)、 1.1085 (4.68億ユーロ)、 1.1100 (19億ユーロ)、 1.1125 (4.86億ユーロ)、 1.1150 (19億ユーロ)、 1.1186 (4.77億ユーロ)、 1.1200 (33億ユーロ)、 1.1250 (27億ユーロ)、 1.1300 (27億ユーロ)
注目のストライク: 1.1250 (16億ユーロ 期限6月19日)
ドル・円: 110.00 (47億ドル)、 110.50 (3.05億ドル)、 110.60 (4.31億ドル)、 110.62 (5.4億ドル)、 112.00 (25億ドル)
ポンド・ドル: 1.2600 (6.88億ポンド)、 1.2700 (6.64億ポンド)、 1.2745 (2.07億ポンド)、 1.2750 (3.63億ポンド)、 1.2760 (2.19億ポンド)
豪ドル・ドル: 0.7500 (6.25億豪ドル)、 0.7550 (3.3億豪ドル)、 0.7615 (4.27億豪ドル)
注目のストライク: 0.7590 (21億豪ドル 期限6月19日)
ドル・加ドル: 1.3250 (7.9億ドル)、 1.3295 (6.3億ドル)、 1.3300 (2.18億ドル)、 1.3350 (2.05億ドル)、 1.3440 (4.2億ドル)

ユーロ・ドル、本日1.1150に19億ユーロあります。これまで上値での膠着を演出していた1.1200-1.1300辺りの大きなオプションが大量に期限を迎えます。

ドル円も、離れてしまいましたが、110円47億ドル、本日消滅します。

豪ドル19日期限ですが21億豪ドルあります。これは豪ドルにしては大きい。現状レベルで動き難い状況を演出しそうです。
サンプル3
Position update
配信日:2017年06月16日 08時46分
昨日のドル円は、非常に強い陽線で引けています。少し買われ過ぎではありますが、FOMCという大きなイベントの後の動きであり、尊重しなければならないでしょう。ドル円、ユーロ・ドルのポジションをいったん現状レベルで閉めたいと思います。
サンプル4
ドル上昇
配信日:2017年06月16日 00時15分
欧州、そしてNY参入に伴いドルが上昇してます。

昨日のFOMCですが、このところインフレ関連指標が低下しているので、”Dovish Hike" すなわち利上げはするけれど、低インフレに配慮したハト派的なものになるのではないかと想定してました。しかし議長は足元のインフレ低下は「一時的」と判断してます。しかも早くも、バランスシートの調整の具体的プランまで示しました。プランそのものは極めて小さな金額から始めるので、実際の長期金利への影響はほとんどないでしょう。しかし、プランを早くも示したことはタカ派的判断されます。どうも、2018年2月退任ありきのスケジュール感だけで動いている感じがします。

最近の低CPIを考えると、今年あと1回、来年3回のFRBのプランは「間違っている」と私は思っていたのですが、どうも多くの市場関係者も同様の考えだったようで(今朝のモーニングサテライトで、堀古氏も同様の考えをしめしてました)、その意味ではマーケットはドルショートのようです。

FRBの動きを咎めるとすれば、それは株価の下落で表現されるはずです。実際ダウも100ドル近く落ちているのですが、「咎める」というほどの動きでは今のところありません。また、咎めるような動きになるまでには時間がある程度かかり、その前にこちらのドルショートポジションが咎められる可能性が高いかもしれません。

ユーロ・ドルは、昨日新高値を更新し下げているので、チャート的には少し天井感あります。多くのオシレーター系はダイバージェンスを示してます。1.11-1.13程度のレンジ感になるのでしょうか。ドル円はダウントレンドに入ったと思っています。スタンスとしては戻り売りですが、目先の反発力には強いものがあります。

このドル円が落ちるには、株価の急落を伴わないと少し難しいかもしれません。株価に注目です。

英ポンドですが、英MPCは今回反対が3人も出てました。予想外でした。選挙結果が非常にわるいものだったので、賛成が増えるとはおもいもしませんでした。基本的に売り相場とはいえ、タイミングが難しくなりそうです。
サンプル5
淡々と仕事をこなすイエレン議長
配信日:2017年06月15日 05時07分
FOMCはほぼ予想通りの内容。0.25%利上げし、バランスシートの縮小計画を提示した。

米国債は毎月60億㌦圧縮、3カ月ごとに圧縮幅を60億㌦拡大、ゆくゆくは月300億㌦ずつ圧縮 。MBSは毎月40億㌦ずつ圧縮、3ヵ月ごとに圧縮幅を40億㌦拡大、ゆくゆくは月200億㌦ずつ圧縮

非常にゆっくりに見えるが、人によっては早く感じるかもしれない。市場よりややタカ派的にみえることを議長も会見の中で認めている。

ドルは下落幅を縮小。特にユーロ・ドルは上げのほとんどを消してしまったが、下がり続けるとも思えない。内容を十分消化したら、ドルは下げ始める可能性があると思います。個人的には無理せず、109.50/60円辺りでドル円のポジションを半分に縮小。半分はまだショート。ユーロ・ドルはロングのまま。
関連商品を探す
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード
関連記事