FXバニラオプションメールマガジン:投資サロン - FX・株・日経225・自動売買・シグナル配信の投資情報総合サイト | MT4やEAのすべてが解かる【fx-on.com】

価格
無料
毎月自動継続課金
■お支払い方法
口座振替
オーナー
プロフィール

FX(外国為替取引)との出会いは1979年の春で米国の名門「The First National Bank of Boston」からスタートし現在までの38年という長い付き合いですが、FXの世界はそれぞれの時代で大きく変化しています。

私の青年期は米系銀行、英系銀行、ドイツ系銀行、オランダ系銀行で、大手企業、機関投資家はもちろん、海外のディーラ、ファンド勢、中銀関係者と親交を深め、積極的に為替相場に参戦してきました。

壮年期になると、FX取引の自由化がスタートしたタイミングで、マージン取引を利用した個人のFX取引会社と親交を深め、現在の個人向け為替取引のフロンティアとして活躍。米系の「Global Future & Forex Trading」では、市場の開拓に努め、現在の個人向けFX取引の拡大に貢献できたと自負しています。

晩年では、自己ポジションでの取引や、雑誌への投稿、セミナーの開催を通じて、個人投資家への啓蒙を深め、現在に至っています。

無料メルマガを受けることによるメリット

世の中に出回っている為替情報の多くは、テクニカルに関連したものや、相場状況の説明に関連するものが大勢を占めています。為替市場の出来高は一日当たり5兆ドル(約550兆円)を上回る取引量の市場は他の市場を圧倒し、個人投資家はまるで手漕ぎボートで太平洋の荒波に立ち向かうようなものです。北進したと思ったら逆に動いていたり、晴天と思って突き進んだら突然の嵐に遭遇し転覆したり、利益を追求する道を探すことは並大抵のことではありません。

一般的に配信されているメルマガ情報は玉石混淆で、テクニカルアナリストが分析した相場見通しや売買情報や、個人投資家が独自に開発したテクニカルシステムに基づいた売買情報を提供するなど有意義なものから、どこかの為替情報をコピーしたものまで千差万別です。

為替相場見通しを考える上で重要なことは、「テクニカル分析をきっちり行い」、「重要な経済指標や要人発言」を注視し、「市場のセンチメントやポジションの偏り」等、相場変動要因をしっかり把握することです。もちろん、これらのことは「言うは易く行うは難し」で、簡単なことではなく、全ての条件を満たすことができたらどんなに素晴らしいことですが、そんなものはありません。

1月2日付の日経新聞の記事では、「外為どっとコム社」のデーターが掲載されていました。それによると2016年に利益を上げた割合は2年連続で減少するも37%が利益とのことで、予想外に利益を上げている人は多く驚いています。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO11146330X21C16A2000000/

私が送りするメルマガでは、過去の経験則から重要な経済指標はもちろん、注目材料や要人発言をできる限りカバーし、テクニカルではやローソク足とトレンドを重視し、ストキャスティクス・RSIと、ボリンジャーバンドで相場の流れ考えを考えます。

それと、最も意識していることは、日中の短期的な相場変動に騙されやすい為替相場の欠点を補う意味で、アップトレンド、ダウントレンド、レンジに合わせたFXオプションの戦略を取り入れ、最小の損と最大の利益を目指していきたいと思っています。

無料メルマがを購読する



なぜ、バニラ・オプションが必要なのか

「相場感は間違っていないのに、いつも損をする」、「儲かっていたのに、利食いせず結局は損をした」、「もっていれば大儲けできたのに、心配で少ない利益で終わってしまう」、「いつも利益は少なく、損失は大きい」、「小幅な変動では儲かるが、大相場で儲けることができない」。

このように思っている市場参加者は多いことでしょう。 これがさらに進むと、「為替取引(FX)は儲からない、取引システム悪い、FXは難しい」といい、ギブアップする方も多いことでしょう。

では、どうしたらよいのでしょうか? 「トレンドや相場変化に戸惑わない、目先の短期的な相場変動に惑わされないこと」が大事です。

ファンドを含めた機関投資家は膨大な資金力と情報網で相場をリードし、個人投資家を含めた取引相手と戦っていますいずれの側にも勝機は公平に存在しますが、為替相場への短期的なインパクトを考えれば、取り扱い金額が桁違いに多く、テクニカルのトレンドを意図的に作ったり、重要なチャートポイントをブレークさせることができる、「ファンドを含めた機関投資家」に分があることは明白です。

FXオプションとは?

「FXオプション」(バイナリー・オプションではありません)という名前を初めて聞いた人も多いことでしょう。日本では取り扱っている会社も限定されていますが、銀行間や大手実需筋や機関投資家では一般的な取引です。

国際決済銀行(BIS)の「Triennial Central Bank Survey of foreign exchange and OTC derivatives markets in 2016」での最新データでは、「オプション・その他のブロダクト」を含めると、FX スポットの規模の約15%程度の取引量があります。http://www.bis.org/publ/rpfx16.htm

個人が取引できるFXオプションは、一般的に「バニラ・オプション」とよばれています。簡単に特徴を説明しますと、通貨ペアを選び、将来のある特定の期日(満期日=数日から数か月間)までに、特定の為替レート(行使価格=スポットレート)で、買う権利、または、売る権利を売買する取引です。

オプションの買い手と売り手

オプションの買い手はプレミアムを支払いますが、思惑に反した場合にはオプションを行使せず最大のリスクは当初に支払ったプレミアム分だけです。逆に、思惑通りに動いた場合にはオプションを行使することで、相場変動に伴って利益を得ることができます。

オプションの売り手はプレミアムを受け取りますが、相場変動のリスクを負い、予想外に一方向に変動した場合には損失は無限となり、買い手がオプションを行使した場合には履行する義務が発生します。

オプションの買い手の手法

オプションの買い手は、損失はプレミアム分に限定し、満期日までに相場の予想外の大変動で想定外の動きとなってもそれ以上の損失は発生しません。逆に、有利に動いた場合には、FXスポットで利益を確定することもでき、それを見合いにして売買を繰り返すことも可能です。

また、オプションを売ることで利益を確定することや、満期日までに保有しインザ・マネー(オプション取引の買方が権利行使をした場合に利益が発生する状態)になれば、スポットのポジションができ、それを決済することで利益を得ることも可能です。

結論

人によっては初めからマイナスでスタートすることを潔いとしない方もいるでしょう!いずれが良いのかはその時々の相場によって変わってきますが、私の戦術はオプションの買いからスタートし、スポットで売買を行い、リスク(損失)を最小限に抑え確定させながら、利益を追求していく手法を目指します。

また、FXオプションのプレミアムの計算根拠として用いられる、ボラティリティー(価格変動の度合い)で通貨ペアの上昇や下降の過熱度を判断することができ、リスクリバーサル(市場センチメントを表す、コールの買いとプットの買いの値から計算したもの)で、市場参加者の方向性を数値で判断することも可能です

「百聞は一見に如かず」のことわざ通り、サクソバンク証券でデモ口座を開設し、実際にオプション取引を試してみてください。通常のFX取引と併用して利用することができ費用は一切かかりません。

無料メルマがを購読するバニラ・オプションが利用できるのはサクソバンクバンク証券だけ!!

サクソバンク証券のデモ口座のお申込みはこちらから





「1。取引口座開設の勧誘につて」を確認して、『□の勧誘を希望する』にチェックをしてください。チェックを入れませんと次に進むことはできません。

「2。個人情報の取扱いについて」を読まれ、『□個人情報の「取り扱いに同意する」にチェックをしてください。チェックを入れませんと次に進むことはできません。

そして、必要項目の氏名、メールアドレス、郵便番号、電話番号をご記入ください。電話番号は、仮に03-1111-XXXXの場合は、そのまま「ゼロ」をつけて031111XXXX記入してください。

サクソバンク証券:各種マニュアル

●取引ツールマニュアル
http://8775118f817e519e.lolipop.jp/saxo/20170227_Saxobank.pdf

●インストールマニュアル
SAXO TRADER のダウンロードリンクは、マイページまたは通常入金で 初回入金をご入金いただいた際にお送りするメールに記載されています。当社の入金確認後に取引システムへのログインが可能となります。
詳しくは、以下のURLをご覧ください。
https://www.home.saxo/ja-jp/-/media/documents/regional/ja-jp/saxotrader-install-manual.pdf

●基本操作マニュアル
SAXO TRADERに関する基本的な操作説明をしています。
詳しくは、以下のURLをご覧ください。
http://jp.saxobank.com/Documents/saxotrader-manual.pdf

●オプションの取引ツールの説明
オプション取引ができるのは、SAXO TRADERに限定されます。また、取引を行うにあたり、「外国為替オプション取引に係る確認書」の提出が必要となります。
詳しくは、以下のURLをご覧ください。

http://jp.saxobank.com/Documents/saxotrader-manual-fxoption.pdf

継続商品のご説明
お支払方法
お支払は、
関連商品を探す
メールマガジン >
メールマガジン >
fx-onを初めてご利用する方へ
商品のご利用までのかんたん3ステップ!
fx-onでは、会員様向けに、あなたの投資生活を豊かにするサービスをご用意しております。
また、商品のご購入は通常会員様に限らさせていただいております。
今すぐ 会員登録 をして、fx-onを活用してみませんか!
  • ユーザー情報を入力し会員登録
  • 案内に従い購入
  • マイページからダウンロード